愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 大学野球


    球速早いですね。

    1 マングース ★ :2022/12/28(水) 08:27:38.61
    大学球界の新星が覚醒だ。
    東北福祉大の1年生右腕・堀越啓太投手(19)が最速162キロをマークしたことが27日、分かった。
    非公式ながらプロ野球日本投手歴代最速の大谷翔平投手(28=現エンゼルス)の165キロ、2位のロッテ・佐々木朗希投手(21)の164キロにも迫る球速。

    最速147キロだった花咲徳栄(埼玉)時代は無念のドラフト指名漏れを経験したが、1年で15キロ球速アップを果たし「大谷超え」も視野に捉えた。
    忘れられない一球がある。堀越が中1だった16年10月16日、埼玉県飯能市の実家で見ていた日本ハム―ソフトバンク戦。大谷翔平が計測した日本人最速165キロ。
    テレビの前で「世界レベルだ」と衝撃を受け「自分には無理だ」と思った。
    それから6年。
    大谷との距離は確実に近くなった。
    茨城県つくば市のトレーニング施設での22日の自主トレ。
    スリークオーターの右腕をしならせると、測定分析機器ラプソードで162・4キロを計測した。
    「生涯で目指す数字と考えていた」という大台を160・4キロ、160・2キロと3度も叩き出した。
    埼玉の名門・花咲徳栄では、最速147キロ右腕としてプロ注目の存在だったが、昨秋のドラフトでは無念の指名漏れ。
    進学した宮城の東北福祉大では救援右腕として1年春からリーグ戦に登板し、最速155キロを計測した。
    今年はリーグ戦通算8試合で10回1/3を投げ17奪三振をマークして防御率0・87。
    全国デビューした6月の全日本大学野球選手権では、大会最速の154キロで注目を浴びた。
    西武時代、外野手として活躍した大塚光二監督の「彼は怪物。160キロは多分いくと思う」という予言が的中した。
    約1年での球速15キロアップ。花咲徳栄で引退後に行っていた自主練習が転機となった。30メートルの距離で行う「バレーボール投げ」だ。
    野球のボールよりも大きなバレーボールは握ることができないため、肩や腕に頼らず全身を使わないと遠く、強く投げることができない。
    これにより大胸筋など大きな筋肉のパワーを生かす体の使い方のコツをつかんだ。

    さらにロッテ・佐々木朗を参考に、足を高く上げるフォームに変更。爆発的な力をボールに伝えるすべを身につけ、球速アップにつなげた。
    体重も高校時代の87キロを、一時は92キロまで増量しパワーアップ。ただ、効率のいいフォームを手に入れ、現在は2キロ減の90キロでも球速は伸び続けている。
    手応えの162キロ。
    「試合で見てもらいたい。勝利が一番大事だけどホームランや球速は勝敗を超えて魅力的なもの」。
    6年前に「自分には無理だ」と思った少年が、夢を与える存在になる。(柳内 遼平)

    ◇堀越 啓太(ほりこし・けいた)
    2003年(平15)7月15日生まれ、埼玉県飯能市出身の19歳。
    加治小2年時に飯能リトルで野球を始め、加治中時代は所沢南リトルシニアに所属。

    花咲徳栄(埼玉)では2年秋からベンチ入りし、甲子園出場はなし。
    球種は直球、スライダー、フォーク。50メートル走6秒6。
    遠投110メートル。1メートル84、90キロ。右投げ右打ち。
    ▽ラプソード シンガポールに本社を置くラプソード社が開発した3Dトラッキングシステム。
    レーダーとカメラを組み合わせ、詳細なデータを測定。ピッチング用は球速やボールの回転数、回転軸、変化量などを即座に数値化することができる。
    MLB全30球団が導入しており、パドレスのダルビッシュは個人で購入し、自主トレなどで使用。日本でもNPB球団や筑波大などのアマチュアチームでも活用されている。

    ≪10球お願いも…7球で手が真っ赤になり降参≫
    11年から16年までNPB審判員を務めた記者は当時、日本ハムに在籍していた大谷(現エンゼルス)を名護キャンプのブルペンで、2軍戦のウエスタンリーグではソフトバンク・千賀(現メッツ)を球審として判定した。堀越のキャッチボールを見て「ジャッジ魂」に火が付き、相手を務めていた神田幸聖マネジャーと交代。「10球でいいので力を入れて投げてみて!」。1分後、この言葉を後悔した。5球も受けると左手は悲鳴を上げて真っ赤に。しかも直球はナチュラルに変化してグラブの芯で捕ることすらできない。痛みに耐えきれず7球目で「もう大丈夫!」と降参した。(アマチュア野球担当・柳内 遼平)

    12/28(水) 5:00 Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d89aed79ae888c5496b4c3b697a0393ccfd6a066

    【大学生1年生右腕が衝撃の162キロ! 大谷超え狙える「怪物」東北福祉大・堀越啓太、ラプソードで計測】の続きを読む


    東大勝ったんだね。

    1 ぐれ ★ :2022/09/17(土) 13:43:58.72
    ※[2022年9月17日13時31分]日刊スポーツ

    <東京6大学野球:東大4-3慶大>◇第2週第1日◇17日◇神宮

    東大が、慶大から今季初勝利を挙げた。東大のリーグ戦勝利は、昨秋の9月26日立大戦(7-4)以来。

    初回に暴投で1点を先制。1-1で迎えた5回も暴投で1点を追加し、さらに林遼平内野手(4年=甲陽学院)が右前適時打を放った。

    3-2で迎えた7回2死二塁で、宮崎湧外野手(4年=開成)の二塁打でさらに1点を追加し、慶大を突き放した。

    続きは↓
    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202209170000527_m.html?mode=all

    【【六大学野球】東大が2季ぶり勝利 プロ志望届提出の井沢駿介が6回2失点で2勝目 慶大からの白星は5年ぶり】の続きを読む


    東大も大変だね。

    1 征夷大将軍 ★ :2022/08/24(水) 14:15:13.75
    ナンバー2022/08/22 17:02
    https://number.bunshun.jp/articles/-/854333

    (前略)
    ■「花巻東からも1人入部しました」
     しかも、その中には甲子園経験者も複数含まれているのだから、見事な成果だろう。なにしろ東大野球部100年あまりの歴史の中で、甲子園経験者はたったの24人しかいないのだ。

    「現在の東大野球部には静岡と東筑(福岡)の甲子園経験者が1人ずつ在籍し、甲子園のベンチに入れなかった同校出身者(静岡2人、東筑1人)もいます。また、昨年には、甲子園出場者ではありませんが、強豪校の花巻東からも1人入部しました」

     静岡は春夏あわせて43回の甲子園出場を誇り、夏の大会で優勝1回、準優勝2回という実績を持つ。東筑は春夏合わせて9回甲子園に出場しており、近鉄やオリックスの監督を歴任した仰木彬(故人)の母校でもある。

     ただ、両校は野球の強豪であるとともに県内トップの進学校でもあり、勉強の環境としてはじゅうぶん。その選手ともなれば東大へ入れるポテンシャルをもともと備えていても不思議はない。特筆すべきは花巻東のケースだ。

    ■「大巻くんはリアル『ドラゴン桜』でした」
     花巻東といえば、大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)や菊池雄星(トロント・ブルージェイズ)などを輩出した岩手の強豪校。同校野球部に所属していた大巻将人(2年)は、2浪の末に昨年東大に合格した。同校からの東大合格は史上初。浜田にとっても、スカウト活動の中で最も印象に残っている球児だという。

    「大巻くんは奇跡的で、リアル『ドラゴン桜』でしたね。なにしろ、東大の受験に必要な科目である日本史Bが、花巻東のカリキュラムには入っていないんです。マイナスからのスタートでしたが、花巻東の佐々木洋監督らのサポートもあり、浪人はしましたがよく合格したと思います」

     大巻は中学時代から成績はトップで、岩手一の進学校である盛岡一に合格できるレベルだった。しかし、甲子園に行きたいという夢を叶えるため、花巻東に入学したという。そんな折、懇意にしていた佐々木監督から浜田に連絡が入った。

    「勉強ができる子がいるが、どういう指導をしたらいいのかと佐々木監督から尋ねられたので、会いに行きました。本人は東大を目指したいとのことだったので、受験対策をレクチャーし、佐々木監督に頼んで彼専用の勉強部屋を寮に作ってもらいました。彼がときどき東京に来た際には、東大野球部の寮で部員による勉強指導を受けさせたり、練習に参加させたりしましたね。彼には常に『次は赤門で会おう』と声をかけていました」

     晴れて合格した大巻を、花巻東は最大限の栄誉をもって称えた。大谷翔平や菊池雄星のメジャーでの活躍を祝福する垂れ幕とともに、花巻東の校舎に「祝合格 東京大学」という垂れ幕がかかったのである。花巻東を訪ねた際にこれを目にした浜田は、すこぶる気分爽快だったという。大巻の後輩も東大を志望しており、良い先例を作ることができたと、浜田は目を細めていた。

    ■「根尾くんが本気で勉強すれば、おそらく東大に合格していた」
     大巻に限らず、中学時代の成績優秀者が強豪校に進んだと聞けば、浜田は全国に飛んで行く。中学時代はオール5だった根尾昂(中日ドラゴンズ)にも、もちろん勧誘を持ちかけている。

    「根尾くんとは直接会ってはいませんが、彼が中学3年生で大阪桐蔭への入学が決まっていた際、同校野球部の西谷浩一監督に声をかけたことがあります。大阪桐蔭は進学コースと体育・芸術コースが分かれているので『根尾くんは勉強ができるそうなので、進学コースに入れてみてはいかがでしょう』と。ただ、よく聞くと、大阪桐蔭の進学コースのカリキュラムは厳しく、野球の練習時間がほぼ取れなくなるそうなんです。野球一本でやりたいというご本人の希望もあって、東大受験は実現しませんでした。ですが、彼が本気で勉強すれば、おそらく東大に合格していたと思いますよ」

     根尾という大魚は逃したが、これを縁として、浜田は毎年の正月明けに、欠かさず大阪桐蔭野球部の部室に詣でるようになった。そこには、西谷監督の大好物のベビースターラーメンが大量に置いてあり、浜田はこれを食べて勝ち運をわけてもらう代わりに、前編記事で紹介した「東大」ハチマキを部室に置いて帰るのである。

    ■「僕が死ぬまでに、東大野球部になんとか優勝してほしい」
     ここまでの労を重ねて強豪校とのパイプをつなぎ、選手を勧誘するのは、当然、東大野球部の強化につながるからだ。しかし、ここで疑問が生じる。彼らのような野球エリートたちが入部すれば、東大野球部の多くを占める、1回戦ボーイたちの居場所がなくなってしまうのではないか。

    ※以下リンク先で

    【東大野球部は大阪桐蔭・根尾昂を誘っていた「彼が本気で勉強すれば東大合格していた」東大の新スカウト戦略で甲子園経験者増加中】の続きを読む


    東大も大変なんだね。

    1 征夷大将軍 ★ :2022/08/23(火) 17:40:15.86
    大学野球プレス2022/08/22 17:00
    https://number.bunshun.jp/articles/-/854332

    ■「東大合格当日に、湘南高校の宮台くんに会いに行った」
     東大野球部は弱い弱いとよく言われるが、いったいどのくらい弱いのか。2013年から2019年まで、監督として東大野球部の指揮を執っていた浜田一志は、こう言う。

    「東大と他5大学の戦力差は、おそらく20倍あるでしょう。東大を除く5大学からプロ野球のドラフトで指名されるのは、毎年10人ほど(社会人経由も含む)ですから、各大学が2人としましょう。それに対して、東大からプロ入りするのは、10年に1人、つまり1年に0.1人にすぎません。この人数の差が大学の戦力の差を表していると考えると、基準としてわかりやすい」

     東京ヤクルトスワローズの宮台康平(2018年卒部・湘南)は、今年7月に一軍のマウンドに上がって話題を呼んだが、それも東大出身のプロ野球選手が超希少だからこそ。宮台の前の該当者となると、横浜ベイスターズにドラフト9位で入団した、松家卓弘(2005年卒部・高松)までさかのぼらねばならない。

     だが、松家から13年ぶりとなるプロ級の選手を、じつは東大はただ待っていたわけではなかった。

    「宮台くんは、中学生の頃から話題になっていた左腕の好投手。文武両道で知られる湘南高校に進学したと聞いて、同校野球部の川村靖監督に電話で問い合わせたところ、学業成績も優秀とのこと。将来は東大野球部に来てくれると期待していました。2014年の東大の合格発表日には、湘南高校に宮台くんを訪ね、東大野球部の入部届にサインをしてもらいましたよ」

    ■灘や開成などの超進学校は“スカウト対象外”
     有望な選手に早くから目をつけ、在籍する高校の指導者を通じて東大野球部への入部をプッシュするのは、まさにスカウトである。浜田は2006年からこの活動に関わり始め、監督在任中も含め、現在に至るまでも精力的に取り組んでいるという。

    「東大野球部のOB会の中で、野球部員をもっと補強しようという声が出たのが、2006年のことでした。当時、部員数が1学年10人前後だったこともあり、部員数を増やし、同時に野球が上手い子をもっと入学させようということで、スカウト事務局が作られました。といっても、大学公式のものではなくOB会のボランティア活動です。東大のスカウト=入試対策でもあるので、学習塾の経営をしている私が適任だろうと、OB会長のご指名を受けたわけです」

     浜田は1983年に土佐高校から東大に進み、4年時には野球部主将を務めた。大学院卒業後は、新日鉄に入社。1994年に独立し、文武両道を目指す「部活をやっている子専門の学習塾」Ai西武学院を創業。2013~2019年の東大野球部監督時代は、通算9勝をあげている。

    「2007年から、スカウトのために各地の高校野球部を回るようになりました。訪問先は、基本的には、本気で甲子園を目指している地方の進学校ですね。1~2カ月に1校のペースで回り、およそ10年程度で47都道府県をコンプリートしました。最初はツテなんてありませんから、飛び込みの電話から始まります。『東京大学野球部のスカウトの浜田と申しますが、文武両道の高校とお聞きしているので、一度練習を見学させてもらえませんか』と直接学校の事務室に連絡するんです。スカウト活動の予算はほぼないので、『訪問した際、文武両道について講演する。その代わりに、旅費を出してほしい』という交渉もしましたよ」

     高校訪問で細やかな東大受験対策を指導しているわけではない。浜田にとってのスカウト活動を端的に言うと、「東大受験のモチベーションを高める全国規模の活動」なのだとか。

    「東大受験なんて考えてもいない子に、東大に行きたいと思ってもらうことが主眼ですので、黙っていても東大に多数入学してくる灘や開成などの超進学校は対象外です。秋田、静岡、東筑、彦根東、米子東など甲子園出場経験のある地方の進学校を訪問して、選手と話すケースが多いです。そのような学校の野球部員はみな文武両道を目指していますから、『東大野球部で文武両道のテッペンを目指しませんか』と声をかける。やはり、テッペンという言葉は男の子の心理をくすぐりますからね。さらには、『慶應などで控えになるより東大でレギュラーになって、初優勝の立役者にならないか』などと口説きます」

    ■「現役東大生が家庭教師に」夏休み2週間の合宿勉強会
     こうした地道な訪問活動は、高校野球界で話題を呼んだ。やがて2013年に監督に就任する頃には、高校野球関係者の人脈もすっかり広がり、各地の高校から有望選手の情報が集まるようになっていた。

    ※以下リンク先で

    【「慶應は…本当に嫌いですね」東大野球部のスカウトが語るスポーツ推薦も内部進学もない東大の努力「夏休みは高校球児に勉強合宿で口説く】の続きを読む


    やる人が少ないんじゃないかな。

    1 征夷大将軍 ★ :2022/07/03(日) 19:03:41.60
    SPAIA2022 7/3 06:00
    https://spaia.jp/column/student/baseball/18326

    ■ソフトボール部兼任と合わせて部員21人でスタート
    神奈川県に所在する明治大学生田キャンパス。緑豊かな多摩丘陵の高台にあるグラウンドで、今春創設されたばかりの女子硬式野球クラブが週3日、活動を行っている。

    部員は12名、ソフトボール部との兼任を合わせると21名いるが、平日は授業との兼ね合いで練習に集まるのは数名程度。男子の生田硬式野球部の練習に混ざりながら、打撃練習や守備練習などで汗を流す。

    元々は生田硬式野球部にマネージャーとして入部した仲ひよりさん(1年)は「面白そうだったから」と体験入部。野球は未経験ながら、左打席から快音を響かせる。川嶋亜莉沙さん(1年)は「SNSで(女子硬式野球クラブの創設を)見かけたから」と入部を決めた。こちらも野球をやるのは始めてだが、二塁のポジションで軽快にノックを受ける。ソフトボール部と兼任で「どちらもやりたいです」と意欲を語った。

    ■藤崎匠生監督「勝ち負けじゃない部分を大切にしてやりたい」
    クラブを立ち上げた藤崎匠生監督(24)は、硬式球を追う女子部員の姿を笑顔で見つめる。「野球をやったことのない素人の子が大学で野球を始めるということがうれしいです。このクラブを作った目的は勝つとかじゃない。まずは勝ち負けじゃない部分を大切にしてやりたいな、と思います」

    自身も明治大学の1年生として、生田硬式野球部に所属しながら女子硬式野球クラブの監督を兼任し、部員のサポートを行っている。

    藤崎監督は高知中央高校で主に外野手としてプレー。卒業後は地元の高知県などで消防士として働いていたが、2019年、母校が女子硬式野球部を立ち上げ、恩師だった西内友広さんの監督就任に伴い、外部コーチに就任した。

    「ビックリしましたね。バッティングはどうしても男子に劣るんですけど、守備が本当に上手でした」。それからは仕事と両立する形で本気で部員と向き合い、自身の技術や経験を伝えてきた。

    ■高知中央高外部コーチ時代の甲子園準優勝が転機
    高知中央は創部3年目の2021年8月23日、史上初めて甲子園で行われた全国高校女子野球選手権の決勝に進出した。神戸弘陵(兵庫)に0-4で敗れ準優勝に終わったが、スタンドから教え子たちの活躍を見守った藤崎監督は、人生の大きな決断を下すことになる。

    「言葉では言い表せないくらい感動しました。この経験はお金では買えない。この甲子園の試合を見て、女子野球の発展に携わっていきたいと決めました」

    高校卒業後も硬式野球を続けたい女子部員の選択の場は限られてくる。2009年に創設された日本女子プロ野球機構は2021年に無期限の活動休止を発表。阪神、西武、そして巨人が参入を決めたNPB球団公認チームもあるが、入団できるのはほんの数人、大学野球部も8校しかなく、狭き門となっている。

    ■明治大学特別試験合格、消防士の職を捨て高知から神奈川へ
    藤崎監督は女子選手が勉強と野球を両立できるような環境を作りたいと考え、明治大学農学部の特別入試受験を決意した。そして2021年秋、1次試験の書類選考を突破し、2次試験では「農業と女子野球のコラボレーションによって新しい価値を生み出す」というテーマを掲げ、10分間のプレゼンテーションを行い、見事合格を勝ち取った。

    消防士の職を辞することを家族から心配されたが「自分の人生は自分で決めるタイプなので。やり切ると決めて家族と話をしました」。東京六大学初となる女子硬式野球部の創設へ向け、明治大学入学前からSNSなどで創設を積極的に宣伝。体育会硬式野球部の田中武宏監督や善波達也前監督の協力も取り付け、2022年4月、女子硬式野球クラブが結成された。

    ■「将来的に東京六大学リーグが創設されたら」
    藤崎監督は「僕が声を上げたことがきっかけとなって、10年後、20年後、30年後、将来的に東京六大学リーグが創設されたら」と壮大な夢を語る。そのためには、今後2年間の活動実績を作り、大学公認サークル、そして体育会の正式な部へと昇格する必要がある。

    野球未経験者が多く、まだ他校と試合を行う目処は立っていないが、地道な営業活動が実り、既にスポンサーも数社獲得。当面の目標である来年5月の全日本大学女子野球選手権出場へ向け、レベルアップの日々が続く。

    「まずは野球を好きになってもらうことが希望です。素人でも野球を始めて野球を好きになってもらって、将来お母さんになった時に子供に野球をやらせることで、女子も男子も野球人口が増えていってくれることを期待しています」

    歴史に彩られた東京六大学で新たな伝統を作るべく、明治大学女子硬式野球クラブは着実に歩を進めていく。

     ※一部略

    【明治大学に女子硬式野球クラブ誕生!元消防士監督の夢は「東京六大学女子リーグ」】の続きを読む

    このページのトップヘ