愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 大学野球



    (出典 sports-pctr.c.yimg.jp)


    「野球オタク出身の新たな投手コーチが就任したことは、京大野球部にとって大きな変化となるでしょう。彼の情熱と徹底した分析力で、選手たちの成長をサポートしてくれることに期待が高まります」

    1 征夷大将軍 ★ :2023/09/30(土) 13:14:24.33
    https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/2023091200004-spnavi
    2023年9月30日 10:45

    「近田さんは監督をすることを考えていますか?」

     リーグ戦の試合会場へと向かう車中で青木から問われた近田は、「機会があれば、ゆくゆくはしたいと思っています」と答えた。

     2020年の夏までボランティアで指導していた近田だったが、その力量と功績が認められて同年9月からJRの出向扱いで京大の助監督に就任していた。つまり、京大野球部の指導が近田の本職になったのだ。指導者としてのやりがいを感じていた近田は、いずれ監督としてオファーがもらえたら勝負してみたいという心境になっていた。

     ただし、京大での監督就任は想定していなかった。自分は高卒の外様であり、何よりも青木が精力的に指揮をとっていたからだ。青木は塾経営を引退し、監督業に専念していた。「*時はグラウンドで死にたい」と冗談めかして語ったこともある。

     その会話を交わした翌日、再び車に同乗した近田は、青木からこう告げられた。

    「近田さんがやる気であれば、思いきって替わりましょうか」

     実は青木のなかでは「長くてもあと1年でやめよう」と決め、妻にも伝えていたのだった。翌2022年のチームは能力の高い投手が多く、「打線次第ではいける」と青木はにらんでいた。いわば集大成のチームだったが、青木にはこんな思いもあった。

    「2年前の秋に4位になって以来、コロナで思うように練習ができないシーズンが続いている。でも、このタイミングでトップが替わることで、また違った目が出るかもしれない」

     11月18日、青木の意を汲んで、近田は監督に就任する。31歳の青年監督の誕生だった。監督を退いた青木は総監督に就いている。

     西日本最難関と言われる大学の監督が高卒、という奇妙な状況に近田は戸惑った。

    「高卒でプロに進んだ選択に後悔はないんですけど、学歴コンプレックスは僕のなかにあると思います。京大生の語彙力はすごいなと感じますし、彼らを教えていると『もう少し自分に学力があればな』と思うこともありますから」

     新監督になった近田は、選手たちにこう宣言している。

    「野球をやっている以上、優勝を目指していこう。オレはてっぺんを獲らない限り、価値を見出せないと思ってる。京大野球部の歴史を変えて、ともに喜びを味わおう」

     コーチ就任当時、近田は京大生の根強い「私学コンプレックス」を感じていた。

    「私学と自分たちは別世界」「やっぱり関大は違うよな」

    ※以下リンク先で

    【【大学野球】京大野球部に“高卒・元プロ”の新監督が誕生 「野球オタク」もついに投手コーチへ就任】の続きを読む



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    井端弘和氏のコーチ就任、まさに的確な選択だと思います。彼の指導力と緻密な戦術は、選手たちに確実に影響を与えることでしょう。亜大の野球部はますます躍進すること間違いなしです!

    【【仰天】亜大硬式野球部、井端弘和のコーチ就任を発表】の続きを読む



    (出典 full-count.jp)


    「東大の強さが再び感じられましたね。39年ぶりの快挙には、私も興奮しました。今後も期待しています。」

    1 征夷大将軍 ★ :2023/05/06(土) 17:43:41.92
    8回2死満塁で8番打者の山口真之介が右翼スタンドにグランドスラム

     東大は6日、東京六大学春季リーグの立大1回戦を6-6で引き分けた。5点ビハインドで迎えた8回に1点を返した後、8番打者の山口真之介内野手(3年)が右翼席へ起死回生の同点グランドスラム。勝ち切ることはできなかったが、衝撃の一発にスタンドは騒然となった。

     初回に先制を許し、2回には3失点。6回まで3イニング連続で立大に得点を奪われた。東大打線は4回に1点を返すも、大量ビハインドで試合終盤へ。敗色濃厚かと思われたが、8回に怒涛の粘りを見せた。犠飛で4点差にすると、なおも2死満塁で山口の痛烈な一振りで試合を振り出しに戻した。

     東大の満塁本塁打は、1984年春の法大2回戦で朝木秀樹が打って以来、チーム39年ぶり2本目となった。山口は東京・都小山台高出身で、二塁の守備力を買われてスタメン出場しており、今季リーグデビューしたばかり。大学初本塁打だった。試合後は場内から大きな拍手が送られていた。

    (Full-Count編集部)2023.05.06
    https://full-count.jp/2023/05/06/post1376748/

    【東大39年ぶりチーム史上2本目の満塁弾 場内騒然の猛追アーチ…立大に引き分け/立教6-6東大】の続きを読む


    背番号3は清原正吾選手にとって「好きな数字」なんですね。そういう思い入れのある背番号で初安打を飾れたというのは、なんだか嬉しくなりますね。慶大の試合で清原選手の活躍を見るのがますます楽しみになってきました。

    1 征夷大将軍 ★ :2023/04/10(月) 18:10:48.69
    日刊スポーツ[2023年4月10日16時18分]
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/202304100000686.html

    <東京6大学野球:法大-慶大>◇第1週最終日◇10日◇神宮

    プロ通算525本塁打を誇る清原和博氏(55)の長男、慶大・清原正吾内野手(3年=慶応)に、待望の初安打が生まれた。

    「全部の球に食らいついていく気持ちでした。結果はついてくるものだと思っていた。1打席1打席、一発勝負の気持ちでした」と話した。

    「7番一塁」で3試合連続でスタメン出場。1点を追う2回2死一塁。今秋ドラフト候補の最速150キロ左腕、法大・尾崎完太投手(4年=滋賀学園)に2球で追い込まれたが、カウント0-2からの4球目、外角129キロにうまくバットを合わせて遊撃手の脇を抜ける左前打を放った。この試合のチーム初安打となり、一塁上で手をたたいて喜び、3日続けて観戦に訪れた父和博氏もスタンドで笑顔を見せた。

    正吾の背番号「3」は、和博氏が西武時代に着けていた思い出深い番号。その背番号を選んだ理由について「僕の好きな数字です。(父の影響は)多少はあります」と明かした。

    【慶大・清原正吾、背番号3をつけて初安打!父・和博氏の思いも胸に】の続きを読む


    47人誰が選んだのかな。

    1 征夷大将軍 ★ :2023/02/21(火) 07:23:04.49
    スポニチ2023年2月21日 04:00
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/02/21/kiji/20230220s00001089685000c.html

     東京六大学野球連盟は20日、47都道府県の出身または出身校の東京六大学野球OB、OGの47人がキャッチボールでつなぐ動画を作成したと発表した。
     YouTube上の東京六大学野球連盟公式チャンネルで、21日の午前10時に公開される。茨城出身の明大OB・広澤克実氏(本紙評論家)、群馬出身の早大OB・斎藤佑樹氏、千葉出身の慶大OB・高橋由伸氏、愛知出身の法大OB・稲葉篤紀氏、広島出身の法大OB・山本浩二氏ら豪華メンバーが出演する。

    【東京六大学出身者 豪華メンバー47人が“つなぐ” 東京六大学野球連盟公式チャンネルで公開】の続きを読む

    このページのトップヘ