愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 侍ジャパン


    悩んでますね。

    1 首都圏の虎 ★ :2022/11/27(日) 15:29:37.42
    悩める胸中「もちろん出たい気持ちもありますが、球団との兼ね合いもある」

     カ*の鈴木誠也外野手が27日、来年3月の第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への出場について「それはまだわからない。いろいろ話し合って……。僕だけで決められることではない」と言うにとどめた。鈴木は2017年第4回WBC、第2019年WBSCプレミア12、2021年東京五輪に出場。プレミアと東京五輪では全試合で4番を務めた。

    心が揺れている。「もちろん出たい気持ちもありますが、球団との兼ね合いもある。栗山さんも米国に来てくれて、お食事をさせてもらって、いろいろなお話聞かせてもらって、すごくいい人だと思いました」と状況を説明。日の丸を背負う意義も、誇りも知っているが「球団の意向も尊重しなければならない立場で、しっかり契約もしてもらっていますし、僕の意見だけを突き通せる立場ではない」と複雑な心境を明かした。

     迫る決断の時。「結構悩んでいます。年内までには……。年内には球団と話すと思う。栗山さんもいろいろ考えていると思うので、なるべく早めに答えを出したい」と見通した。

     メジャー1年目の今季は、故障に見舞われながらもカ*の右翼レギュラーとして111試合14本塁打46打点、打率.262をマーク。この日は、 MLBジャパンが沖縄セルラースタジアム那覇で開催した草野球の全国決勝大会「MLBドリームカップ2022」にスペシャルゲストとして参加。草野球チームの投手との真剣勝負、かつて日米を股にかけて活躍した野球解説者・岡島秀樹氏を投手役にしてのホームラン競争参戦、決勝戦のライブ配信の解説などに取り組んだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f5b03075291e92ae6b757b40544dd468cb73a156

    【鈴木誠也、WBC出場は「結構悩んでいます」 揺れる心境…決断は「年内までには」】の続きを読む


    ゲームの話しですね。

    1 それでも動く名無し :2022/11/24(木) 09:56:27.58
     ロールプレーイングの「人狼ゲーム」は、見た目が人間だが実は狼(オオカミ)であるキャラクターが平和な村に紛れ込み村人と戦うゲーム。

     今永はDeNAの後輩・牧と宿舎の自室から突然内線電話を使い、「人狼ゲームできますか。ゲームできるなら10分後に来て」と誘い、6、7人で楽しんだという。

    【巨人大勢、侍ジャパンで孤立してしまう】の続きを読む


    本人の確認これからか。

    1 首都圏の虎 ★ :2022/11/19(土) 07:16:09.13
    2023年3月開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の予備メンバーに、パドレスのダルビッシュ有投手(36)、カブスの鈴木誠也外野手(28)、ともに日系のカージナルスのラーズ・ヌートバー外野手(25)とガーディアンズのスティーブン・クワン外野手(25)がリスト入りする見込みであることが18日、分かった。

    4選手は本人の意思確認が必要となり、母が日本人のヌートバーと祖父母が日本出身のクワンは日本代表としての出場資格を精査する。出場が認められなかった場合は代替選手をメンバー入りさせることができるもよう。栗山監督は8月に米大リーグの試合を視察した際、「日本人絡みのメジャーにいる選手は調べてと言っている」と語っていた。外国籍選手を招集すれば初めて。

    また、本大会のメンバーは第2―4回大会までの28人から30人に拡大する見込みであることも判明した。11月の強化試合は28人を選出。枠が増えることで米国に戦いの場を移す準決勝からメジャー組を加えるなど、戦術面で幅が広がりそうだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/197f6b09babe5cc74fe0a7b2fe10561d6842c2fd

    【WBC侍ジャパン、ダルビッシュ&鈴木誠也に加え日系メジャー2選手もリスト入りへ 選手枠30人に拡大か】の続きを読む


    坂本呼ぶのかな。

    【鳥谷「代表戦の重圧は想像を絶する。メンタルの強い坂本勇人は絶対必要。精神的支柱になる」】の続きを読む


    大谷出場ですね。

    1 ひかり ★ :2022/11/17(木) 23:19:18.54
    ◆ 愛弟子と共に世界一奪還へ

     エンゼルスの大谷翔平選手が来年3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に参戦する意思を表明したことを受け、野球日本代表・侍ジャパンを率いる栗山英樹監督が17日、コメントを寄せた。

     栗山監督は「大谷選手から直接、WBCへ出場する意向であるとの連絡があり、日の丸を背負う意義、侍ジャパンに対する魂を感じ、受け止めました。メジャーリーグでの激闘を終えたばかりのオフ、来シーズンへ向けての難しいコンディショニング調整をしている中で、早い段階で決断してくれたことは本当にありがたいですし、敬意を表します」と、日本ハム時代にともに戦った愛弟子の決断に感謝。

     続けて、「本人とはWBC出場に関してのお願い、話を重ねてきました。日本のために、日本の野球のために、そして日本の子供たちのために、この決断をしてくれたことは、とてもうれしく思うとともに、さらに侍ジャパンを率いる責任を噛みしめています」と話した。

     WBCは20カ国が本大会に参加し、来年3月8日に開幕。侍ジャパンは一次ラウンドでプールBに入り、9日から中国、韓国、チェコ、オーストラリアと4連戦を戦う。準々決勝は東京ドーム、準決勝以降は米マイアミで開催され、現地3月21日に決勝戦が行われる。
    BASEBALL KING

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6001f47b64335963d4bf781b0ccb662389e41aec

    【大谷のWBC参戦表明に侍J栗山監督「魂を感じ、受け止めました」】の続きを読む

    このページのトップヘ