愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 侍ジャパン


    どこまで出来るかな。

    1 Egg ★ :2022/01/18(火) 23:02:15.04

    野球の日本代表「侍ジャパン」で新たに指揮を執る栗山英樹監督(60)がインタビューに応じた。プロ野球日本ハムを10年間率いて、2016年には日本一も経験。日本ハムでプロ生活をスタートした大谷翔平(エンゼルス)の二刀流を育んだ。昨夏の東京五輪で金メダルに輝いた地盤を引き継ぎ、熟成させる使命を担う。23年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に向けた強化策や自身が描く日本球界の未来像などについて、熱い口調で語った。

    〔写真特集〕「初めての頂点」 WBC2006

    ◇ ◇ ◇
     
     新監督は21年12月に就任。3大会ぶりの世界一奪還を目指すWBCが最大のターゲットとなる。そこをにらみ、22年を重要な1年と位置づける。新年の目標を示す漢字は「備」の一文字。各球団の春季キャンプ視察に始まり、3月に東京ドームで予定されている台湾チームとの強化試合2連戦が初陣となる。これまでと同様に侍ジャパンの活動、強化機会が限られる中で、文字通り、さまざまな備えをしていく構えだ。

     「3月の戦い、秋の戦いとも大事。ただ、23年3月のWBCに向かって全員が集中し、どれだけ備えることができるか。データも人も選手も含め、最大限の準備をしたい。『生涯、あれほどしっかり準備した1年間はなかったな』となるよう、全力を尽くしてやっていく」

     日本は06年の第1回WBCで初代王者に輝き、09年に連覇。その後は2大会続けて4強止まりとなっている。米大リーグ勢との対決も視野に、終着点を目指す。

     「勝ち切って金メダルを取る。これは本当に悲願。特に前回大会は米国が優勝したこともあり、大リーガーも出てくるはず。メジャーを相手に勝負を仕掛け、日本の野球は世界一なんだと言えるなら、日本球界にとってこんなに素晴らしいことはない」

    ◇夢を与えられるチームに

     東京五輪で日本が頂点に立ち、野球ファンを感動させた。野球人気の底上げや競技の裾野を広げることも、侍ジャパンの重要なミッションとなる。当然、任務の重みを感じる。

     「日本ハムの監督を終え、子どもや高校球児らと話していると、この五輪での金メダルを受けて、野球が本当に面白く、これからたくさんの人たちが楽しんだりプレーしたり、となってもらえそう。そういう意味で、次のWBCは非常に大切になると感じている。その責任をしっかりと果たすため、全力を尽くさないといけないというプレッシャーはものすごくある」

     「今は野球をやらない層もあるし、スポーツ全体を含めていろんなエンターテインメントが広がる時代。僕らの時は、先輩方のおかげで子どもの頃から野球に夢を見ることができた。いい形で次の世代に伝えていく責任がある。僕ができるのは、みんなが夢見るようなチームをつくること。少しでも恩返しがしたい」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9637bed6893e7a4f2949c5feaf346deb6d7b1489?page=1


    【<「侍」栗山英樹監督>野球人気の底上げや競技の裾野を広げることも、侍ジャパンの重要なミッションとなる。】の続きを読む


    これイマイチかな。

    1 風吹けば名無し :2022/01/08(土) 08:15:06.20

    野球日本代表・侍ジャパンのユニホームのデザインが一新されることが7日、分かった。紺をメインにサイドと袖に赤が配色されたビジター用は、06年第1回、09年第2回とWBCを連覇した当時のイメージを引き継いだ。栗山英樹新監督(60)が“連覇ユニ”に身を包み、23年の春開催を目指すWBCで3大会ぶりの覇権奪回を目指す。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4be9999abf998104be10842c56126f033949138f


    (出典 i.imgur.com)


    【野球日本代表のユニホーム少しかっこよくなる】の続きを読む


    果たして出るかな。

    1 Egg ★ :2022/01/03(月) 20:06:44.56

    野球日本代表「侍ジャパン」の栗山英樹監督(60)が、デイリースポーツの新年インタビューに応じた。23年にも開催される予定の第5回WBCへ向け、09年以来となる同大会制覇へ、エンゼルスの大谷翔平投手(27)を含むメジャー組の招集にも意欲を見せた

      ◇  ◇

     -夢のあるチームといえば大谷らメジャー組の招集も気になるところ。大谷の成長をどう見ているか。

     「彼の能力を一番間近で見て来て、本当に世界一の選手になると思って5年で(メジャーへ)送り出した。彼の天井の高さは僕が一番高く見積もっていると思っています」

     -高く見積もった天井のどこまで大谷は到達しているのか。

     「彼が持っている(能力の)片りんが見え始めた。大事なのはこれを続けること。本人も自分の能力の高さを分かっていないところがあると思っていて、本人がちょっとでも安心したらそこで止まってしまう。ですから、そこはまだ半分ぐらいですわ!の雰囲気で表現していますけど。とにかく安心させない、常に宿題を与え続ける方が良いタイプの選手だと思いますね」

     -ダルビッシュもWBC優勝の経験もあり、米国での環境にも順応した選手。

     「能力は高いし、経験はある。ただ僕は、ダルの魂みたいなものをすごく買っているというか。ダルのその思いは信じています」

     -メジャー組はWBCで戦う上で必要な存在か。

     「最後に米国をやっつけるイメージでチームを作ろうと思っている。当然メジャーの経験、米国のボールや球場での経験は必要だと思っている。できる限り、ぶつかっていきますよ。僕の魂は、それぞれの選手にぶつけたいと思っています」

     -2月に日本のキャンプを視察予定だが、米国への視察も。

     「それはコロナ次第ですね。とにかく、日本の選手として出られる選手は真っ平らに見ていきたい。視察できる状況であるならば、しなければいけないと思っています」

     -東京五輪で金メダルを取った後だからこそ感じる重圧は。

     「これからたくさんの人に野球を楽しんでもらう意味で、五輪の金メダルを受けて、このWBCは非常に大切なものになってくる。しっかり責任を果たさないといけないというプレッシャーはすごくありますね」

     -22年への思いを漢字一文字にすると。

     「『備』ですね。来年の3月に向け、どれだけの準備ができるか。今まで(10年間の日本ハム監督で)やってきたことは、ここに生*ためだったというぐらいに思って動いています。生涯あの1年間ぐらいしっかり準備したことはなかったとなるように、全力を尽くしたいと思います」


    ディリースポーツ 1/3(月) 8:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7b9f680b371b02744f82c4453e87cce887cf8aaa

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=497&h=640&exp=10800


    【<侍ジャパンの栗山監督>23年にも開催される予定の第5回WBCへ向け、大谷、ダルらMLB組招集へ「僕の魂ぶつけていく」】の続きを読む


    侍ジャパン呼ぶ選手で変わるね。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/01/01(土) 15:11:50.42

    1/1(土) 15:00配信 朝日新聞デジタル 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ac5b35671f7d42026845d63b58f62ef107b96242

     昨夏、国民を沸かせた野球の日本代表「侍ジャパン」。チームが再び稼働する新たな年を迎え、栗山英樹新監督(60)が掲げたのは、あの恩師の言葉だった。世界一奪還を誓うワールド・ベースボール・クラシック(WBC)へのかじ取りについて語った。

     ――東京五輪金メダルのチームを引き継ぐ重圧は

     「もちろん(ある)。北海道日本ハムファイターズの監督を終えて、色んな人に野球の話を聞いた。たくさんの人に野球を楽しんでもらい、野球をプレーしてもらう意味では、五輪の金メダルを受けての2023年に行われるWBCは非常に大切だと感じた。しっかりと責任を果たせるよう全力を尽くさないといけない」

     ――その信念を漢字一字で表すと

     「『備(そなえ)』(現役時代にヤクルトスワローズで教わった故・野村克也さんが大切にしていた言葉)。強化試合が予定される、3月も、秋も、大事だが、23年へ向けて全員が集中する。それまで、どれだけ準備ができるか。『あれをやっておけば良かった』と、ならないような1年にしていきたい」

     ――選手選考がポイントになる。2月の春季キャンプを視察する予定は

     「全球団を回ります。僕は当然、パ・リーグの選手の方がイメージ含めて分かるけど、セ・リーグは全部分かっているわけじゃない。(各球団の)監督やコーチ、選手と話をして把握しないといけない。最後は自分がどう感じるかが重要」

     ――大学生や社会人も侍候補か

     「それぐらい幅を広げています。先入観なく選手を見ないといけない。アマチュア選手の中にも可能性があるというぐらい間口を広げて真っ平らに見る」

     ――複数ポジションを守れる選手は貴重な存在なのでは

     「全部が全部というわけにはいかないが、複数ポジションとか代打や守備固め。プラスアルファたくさんできる方が良いに決まっている。スピードのある選手は必要なんだろうな、と思っていますけど」

     ――どうやってメンバーを絞り込むか

     「春、秋と練習試合はあるが、本番しかイメージを持っていない。そこへ向けて試行錯誤していく。シーズンと違って一発勝負。ある程度の点を取る必要もあるし、守り切る方が勝ちやすいのか、色んなパターンを考えていく。相手に対応して勝ちきらないといけない」

     ――気をつけたり、試したりしたい采配は

     「(日本シリーズやクライマックス・シリーズを戦い)シーズンと短期決戦は明らかに違うものであると経験して、要因は伝えられないが、ここが大事とか感じているものはある。日本のプロは相手を知って戦うのが習慣づいている。ただ国際試合は何が起こるか、相手の状況はもっとわからない。そういう中で、どの選手が国際試合に強いのかというイメージは何となくある」

     ――世界一になった1回目と2回目のWBCで印象に残ったシーンは

     「イチローが苦しんでいるとき、チームのみんなが心を一つにしてズボンの裾をあげて、ストッキングを見せる。最後にそういう思いがイチロー選手のヒットにつながる流れとか、ダルビッシュが抑えにまわる経緯とか、勝負どころでどう判断すべきかとか。代表選手をかかえて最初のイメージを変えたりする難しさを感じました」

     ――3月の台湾代表との試合はどうなりそう?

     「ファンにジャパン楽しみだねって思ってもらうのが大前提。ただ、昨シーズンは長かったし、五輪とか色んな経緯があって、球界の状況や選手のコンディションに関して気になる。まず、楽しくてしょうがないなと伝えられるように、しっかりとやっていく」

     ――あらためて新年の抱負を

     「10年間、良い野球をやりたいと思って(日本ハムの監督を)やらせてもらい、その経験を生*ために(侍ジャパンに)来たんだと思って、12月から動いている。WBCを経験した選手にも話を聞こうと思っていますし、できるだけ準備をして向かいたい。生涯、あの1年ぐらいしっかり準備した1年はなかったと思えるぐらい、全力を尽くしたい」((聞き手・福角元伸、室田賢))


    【2023年WBCへ、侍ジャパン・栗山新監督が独自プラン語る】の続きを読む


    大谷呼べるのかな。

    1 風吹けば名無し :2022/01/01(土) 07:52:41.60

    侍ジャパン・栗山監督、大谷翔平ら大リーガー招集へ「何でもする」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/06ed4a3c8f0fdeec9fa7e45a783cc8cf81552434


    【侍ジャパン栗山監督「大谷翔平を招集するためなら何でもやる」】の続きを読む

    このページのトップヘ