愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > トレード


    中日トレード発動ですね。

    1 ひかり ★ :2022/11/18(金) 11:34:30.92
     中日・京田陽太内野手(28)とDeNA・砂田毅樹投手(27)の交換トレードが成立したことが18日、分かった。近く両球団から発表される。手薄な左の中継ぎを強化したい中日と、遊撃手を中心とした戦力強化を狙うDeNAの思惑が一致した。

     京田は2016年ドラフト2位で日大から中日に入団。1年目から堅実な守備を武器に遊撃のレギュラーを獲得するなど活躍して新人王を獲得。その後も順調にチームの中心選手に成長し、不動の遊撃手として貢献し、20年からは選手会長も務めている。今季も開幕からスタメンに名を連ねたが、打撃不振が続き、攻守に精彩を欠いた5月4日のDeNA戦(横浜)では立浪監督から「戦う顔をしていない」と試合中に2軍降格を告げられ、強制送還された。結局、最後まで力を発揮できず、43試合出場で打率・172、3本塁打、8打点と入団以来ワーストの成績に終わっていた。

     砂田は2013年育成ドラフト1位でDeNAに入団。左腕から繰り出す切れの良い速球とスクリューボールを武器に15年6月に支配下登録を勝ち取った。当初は先発での起用が中心だったが、16年途中から中継ぎに転向してブレーク。17年62試合、18年70試合に登板するなどブルペンを支えた。昨年も58試合とフル回転。今季は15試合の登板にとどまり防御率5・68と力を発揮できていなかった。

     今季、最下位に終わった中日は立浪監督が勝負の2年目へ向け、チーム改革を進めている。15日の阿部と楽天・涌井のトレードに続いて早くも今オフ2件目のトレード成立、2人目の生え抜き主力内野手の放出となった。

     ◆京田 陽太(きょうだ・ようた) 1994年4月20日生まれの28歳。石川県出身。青森山田、日大を経て16年ドラフト2位で中日に入団。堅実な守備を買われて1年目から遊撃のレギュラーに定着。141試合に出場して打率・264、4本塁打、36打点で新人王を獲得。通算成績は700試合出場で647安打、打率・246、22本塁打、181打点。1メートル84、90キロ。右投げ左打ち。

     ◆砂田 毅樹(すなだ・よしき) 1995年7月20日生まれの27歳。北海道出身。明桜(現ノースアジア大明桜)から13年育成ドラフト1位で入団。15年6月から支配下登録。16年途中から中継ぎに転向し、17、18、21年と50試合以上に登板。通算成績は269試合に登板して9勝13敗72ホールド、防御率3・67。1メートル80、85キロ。左投げ左打ち。

    スポニチ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/44e278561d3d32584f6cac4b1d624d817a7fe279

    【中日・京田とDeNA・砂田の交換トレード成立】の続きを読む


    ビックリなトレードかな。

    1 ひかり ★ :2022/11/16(水) 00:13:14.76
     阪神のスペシャルアシスタント(SA)を務める藤川球児氏(42)が15日、自身のツイッターを更新。楽天・涌井秀章投手(36)と中日・阿部寿樹内野手(32)の交換トレードに驚きを見せた。

     トレード発表間近の一報を聞きつけた藤川氏は「ドラゴンズ阿部選手がトレード!?」として驚いた様子をまずは投稿。そのうえで、今季は打率・270、9本塁打、57打点と勝負強い打撃で打線の中軸を担い、本塁打、打点はともにビシエドに次ぐチーム2位の成績だった阿部について言及。「めちゃ打撃も良いし守備も良い!!右打者で中々あそこまでの選手いないと思う。。」と、高く評価していたことを明かした。

     トレード発表前の投稿で「まだトレード確定かは??です」と語る一幕もあったが、ほどなくトレード成立は両球団から発表。藤川氏も驚く緊急トレードだったようだ。

    スポニチ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5abeed43afc648adbb33bbf85a5a3687d4394b21

    【藤川球児氏もビックリ 中日・阿部の緊急トレード「右打者で中々あそこまでの選手いないと思う」】の続きを読む


    トレードですね。

    1 ひかり ★ :2022/11/15(火) 19:45:16.90
    中日・阿部寿樹内野手(32)と楽天・涌井秀章投手(36)の交換トレードが成立し、15日に両球団から発表された。阿部は球団を通じて「7年間中日ドラゴンズでお世話になり、人間としても野球人としても成長させてもらいました。本当に感謝しかありません。応援していただいたファンの皆さまにもとても感謝しています。東北楽天ゴールデンイーグルスでも頑張ります」とコメントした。

    阿部はホンダから2016年ドラフト5位で中日に入団。今季は133試合に出場し、打率・270、9本塁打、57打点だった。

    サンスポ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5c6ed38a9cbc9ba9f01b86a9ba3f6583ff393a1b


    前スレ
    【野球】中日・阿部寿樹内野手と楽天・涌井秀章投手がトレード [ひかり★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1668481779/

    【中日・阿部寿樹内野手と楽天・涌井秀章投手がトレード】の続きを読む


    戻って来たね。

    1 それでも動く名無し :2022/11/03(木) 16:39:31.22
    【広島】長野久義が涙、涙で鯉党に感謝「来年はカープとジャイアンツで優勝争いを」

    以下、主な一問一答。

     ―心境は。

     「球団間で話し合っていただいて、僕の将来のことを考えていただいた結果だと思います」

     ―野球人生において広島での4年間は。

     「やっぱり最初の不安というのが、一から人間関係を構築するという、それが一番最初は不安だったんですけど、気がつけば4年間で、倍の信頼できる仲間たちができたのが一番良かったと思います」

     ―カープファンも温かく迎えていた、声援どう感じていた。

     「本当に家族のように迎え入れてくれたので、いい時も悪い時も常に声をかけていただいて、本当にこの4年間で…(声を詰まらせて)そうですね、本当に、ありがたかったですね」

     ―松田オーナーとはどういう話を。

     「『頑張ってくれ。しっかり体を鍛えて、向こうにいくときにビックリさせてやれ』と言われました」

     ―広島で得たものは。

     「本当に素晴らしい球団関係者の方たち、チームメート、ファンの皆さんに会えたことが一番僕の財産になったと思います」

     ―広島との対戦はイメージできるか。

     「楽しみな対戦になりますし、またマツダスタジアムに戻ってこられるようにしっかりと頑張りたいと思います」

     ―若手へのメッセージは。

     「いい若い選手はいっぱいいるので、このままみんな明るくやって欲しいと思いますし。送別会は受け付けていないので。それだけは書いておいてください。また本当にグラウンドで会えることを楽しみにしています」

     ―来季に向けて。

     「カープとジャイアンツで優勝争いできるように頑張りたいと思います。オーナーは『カープ戦、打つなよ』と。お手柔らかにお願いしますと伝えました」

     ―カープファンへ。

     「カープファンのみなさん、4年間ご声援ありがとございました。(2軍本拠地の)由宇にまで応援に来てくださった方もいらっしゃったので…(涙を浮かべ、しばらく無言)本当にここだったり東京ドームで受けた声援は忘れません」

    https://hochi.news/articles/20221102-OHT1T51139.html?page=1

    【長野久義が涙、涙で鯉党に感謝「来年はカープとジャイアンツで優勝争いを」WW】の続きを読む


    戻って来ますね。

    1 ひかり ★ :2022/11/02(水) 18:09:24.72
     広島、巨人両球団は2日、長野久義外野手(37)の巨人への移籍が合意に達したと正式発表した。

     長野はこの日、マツダスタジアムへ訪れ、関係者らへ挨拶した。その後、報道陣への取材ではチームやファンへの思いを問われて、涙を流して感謝。「送別会は受け付けません」と、チームメートへの配慮を忘れない長野らしさ全開の対応となった。

     長野は19年1月、巨人がFAで獲得した丸佳浩の人的補償で広島に移籍。4年間を広島で過ごしたが、5年ぶりとなる古巣への電撃復帰が決まった。

     長野の一問一答は以下。

     -心境は。

     「球団間で話しあっていただいて、僕の将来のことを考えていただいた結果だと思います」

     -野球人生において広島での4年間は

     「そうですね、やっぱり最初の不安というのが、一から人間関係を構築するという、それが一番最初は不安だったんですけど、気がつけば4年間で、倍の信頼できる仲間たちができたのが一番よかったと思います」

     -カープファンも温かく迎えていた、声援をどう感じていた。

     「本当に家族のように迎え入れてくれたので、いいときもわるいときも常に声をかけていただいて、本当にこの4年間で…。本当に、ありがたかったですね」

     -今オーナーと話して、どういう話を。

     「頑張ってくれ、と。とりあえずここの施設も12月いっぱい使っていいという風にいっていただいて、しっかり体を鍛えて、向こうにいくときにびっくりさせてやれと言われました」

     -広島で得たものは。

     「本当に素晴らしい球団関係者の方たち、チームメート、ファンの皆さんに会えたことが一番僕の財産になったと思います」

     -思い出の試合は。

     「思い出の試合ですか、思い出の試合は特にないですね…。いやいや、最初のマツダスタジアムで最初に、、。あれ僕代打で出ましたっけ、初出場?絶対に?全然違ったら恥ずかしいからやめてくださいよ(笑)そうですね、一番最初の試合ですかね、デーゲームの」

     -広島との対戦はイメージできるか

     「楽しみな対戦になりますし、またマツダスタジアムに戻ってこられるようにしっかりと頑張りたいと思います」

     -若手へのメッセージを

     「いい若い選手はいっぱいいるので、このままみんな明るくやってほしいと思いますし。送別会は受け付けていないので。それだけは書いておいてください。また本当にグラウンドで会えることを楽しみにしています」

     -FA権を保有していたが

     「全然考えていなかったです。スポーツ紙も不明と書いていたので、そのままだと思います」

     -来季に向けて

     「カープとジャイアンツと優勝争いできるように頑張りたいと思います。オーナーは「カープ戦、打つなよ」と。お手柔らかにお願いしますと伝えました」

     -カープファンへ

     「カープファンのみなさん、4年間ご声援ありがとございました。由宇にまで応援に来てくださった方もいらっしゃったので…。そうですね…」

     -ひとりひとりのファンの声援が?励みになった?

     「そうですね」(泣いて沈黙)

     「まさか泣くとは思わなかったので、ちょっとごめんなさい(泣く)。よかったカメラいなくて。そうですね、本当にここだったり東京ドームで受けた声援がね、忘れません」

    デイリー

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9d36ec7b44360c2164735553dc21278914a5b106

    【涙の長野久義 らしさ全開でカープに別れ「送別会は受け付けません」】の続きを読む

    このページのトップヘ