愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 個人タイトル



    (出典 baseballking.jp)


    ゴールデン・グラブ賞が発表されました。受賞した人達おめでとう。

    1 ひかり ★

     第47回三井ゴールデン・グラブ賞が8日に発表され、セ・リーグは阪神・梅野隆太郎捕手(27)が初受賞するなど、4ポジションが初受賞する
    フレッシュな顔ぶれとなった。

     最多受賞は広島・菊池、丸、中日・大島の6回だった。

     受賞者と得票数上位は以下の通り。

     【投手】◎菅野智之(巨人)163票=3年連続3回目

     (2)大瀬良大地(広島)86票(3)ジョンソン(広島)13票

     【捕手】◎梅野隆太郎(阪神)101票=初受賞

     (2)小林誠司(巨人)74票(3)会沢翼(広島)68票

     【一塁手】ロペス(DeNA)174票=3年連続4回目

     (2)ビシエド(中日)43票(3)岡本和真(巨人)38票

     【二塁手】菊池涼介(広島)256票=6年連続6回目

     (2)山田哲人(ヤクルト)20票(3)該当者なし

     【三塁手】宮崎敏郎(DeNA)120票=初受賞

     (2)マギー(巨人)79票(3)大山悠輔(阪神)28票

     【遊撃手】田中広輔(広島)102票=初受賞

     (2)坂本勇人(巨人)96票(3)京田陽太(中日)68票

     【外野手】◎丸佳浩(広島)230票=6年連続6回目

     ◎大島洋平(中日)177票=2年ぶり6回目

     ◎平田良介(中日)139票=初受賞

     (4)鈴木誠也(広島)102票(5)野間峻祥(広島)61票

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000113-spnannex-base


    【【タイトル】ゴールデン・グラブ賞発表、セは阪神・梅野など4ポジションが初受賞!!www】の続きを読む


    巨人・菅野が文句なしの沢村賞!2年連続は史上5人目、全項目クリアは8人目の快挙
    巨人・菅野が文句なしの沢村賞!2年連続は史上5人目、全項目クリアは8人目の快挙  Yahoo!ニュース 個人
    (出典:Yahoo!ニュース 個人)



    (出典 portal.st-img.jp)


    巨人の菅野投手が沢村賞を受賞しました。来季も又頑張ってください。

    1 ひかり ★

     2018年度の「沢村栄治賞」受賞選手が29日に発表され、巨人の菅野智之が2年連続で受賞した。

     日本における投手最高の栄誉として知られる沢村賞。今年はセ・リーグ最優秀防御率・最多勝利・最多奪三振の三冠に輝いた菅野智之が昨年に続いての受賞。
    2年連続の沢村賞受賞は杉下茂、金田正一(※3年連続)、村山実、斎藤雅樹に次ぐ史上5人目の快挙である。

     沢村賞には選考基準が設けられており、『25試合登板以上』・『15勝以上』・『防御率2.50以下』・『投球回数200イニング以上』・『150奪三振以上』・
    『10完投以上』・『勝率6割以上』という7つの項目をベースに選考委員会で協議の上で決定される。

     今季の菅野は28試合に登板して15勝、防御率2.14。202回を投げて200奪三振、10完投に勝率.652と7項目すべてをクリア。基準をすべてクリアしての受賞は
    2011年の田中将大(楽天)以来で史上8人目の快挙となった。


    ▼ 菅野智之
    [今季成績/規定]
    (1)15勝 /15勝以上 [○]
    (2)200奪三振 /150奪三振以上 [○]
    (3)10完投 /10完投以上 [○]
    (4)防御率2.14 /防御率2.50以下 [○]
    (5)202回 /200投球回以上 [○]
    (6)28試合 /25試合以上 [○]
    (7)勝率.652 /勝率6割以上 [○]
    ―――――
    ☆7項目すべてクリア

    直近10年の沢村賞投手

    <2017年>
    菅野智之
    25登板 17勝 防御率1.59 171奪三振 187回1/3 6完投 勝率.773

    <2016年>
    クリス・ジョンソン(広島)
    26登板 15勝 防御率2.15 141奪三振 180回1/3 3完投 勝率.682

    <2015年>
    前田健太(広島)
    29登板 15勝 防御率2.09 175奪三振 206回1/3 5完投 勝率.652

    <2014年>
    金子千尋(オリックス)
    26登板 16勝 防御率1.98 199奪三振 191回 4完投 勝率.762

    <2013年>
    田中将大(楽天)
    28登板 24勝 防御率1.27 183奪三振 212回 8完投 勝率1.000

    <2012年>
    摂津 正(ソフトバンク)
    27登板 17勝 防御率1.91 153奪三振 193回1/3 3完投 勝率.773

    <2011年>
    田中将大(楽天)
    27登板 19勝 防御率1.27 241奪三振 226回1/3 14完投 勝率.792

    <2010年>
    前田健太(広島)
    28登板 15勝 防御率2.21 174奪三振 215回2/3 6完投 勝率.652

    <2009年>
    涌井秀章(西武)
    27登板 16勝 防御率2.30 199奪三振 211回2/3 11完投 勝率.727

    <2008年>
    岩隈久志(楽天)
    27登板 21勝 防御率1.87 159奪三振 201回2/3 5完投 勝率.840


    ※所属は当時

    BASEBALL KING

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00170630-baseballk-base


    【【おめでとう】巨人・菅野が文句なしの沢村賞!2年連続は史上5人目、全項目クリアは8人目の快挙!!】の続きを読む



    (出典 baseballgate.jp)


    パリーグの個人タイトルが確定しました。則本の5年連続最多奪三振は凄いですね。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/10/13(土) 18:21:04.35 ID:CAP_USER9.net

     パ・リーグは13日、ロッテ―楽天戦を行い、今季の全日程を終え、個人タイトルが確定した。

     ソフトバンクの柳田が、・352で3年ぶり2度目の首位打者に輝いた。柳田は最高出塁率のタイトルも獲得した。西武の山川が47本で初の本塁打王となった。投手部門では、西武の多和田が16勝を挙げ、初の最多勝。最優秀防御率には2.72で楽天の岸が輝いた。また、楽天の則本は史上3人目となる5年連続の最多奪三振を記録している。

    【パ・リーグ個人タイトル一覧】

    ▽首位打者  柳田悠岐(ソ).352(2)
    ▽最多安打  秋山翔吾(西)195(3)
    ▽最多本塁打 山川穂高(西)47(1)
    ▽最多打点  浅村栄斗(西)127(2)
    ▽最高出塁率 柳田悠岐(ソ).431(4)
    ▽最多盗塁  西川遥輝(日)44(3)

    ▽最優秀防御率 岸孝之(楽)2.72(1)
    ▽勝率第1位  ボルシンガー(ロ).867(1)
    ▽最多勝利   多和田真三郎(西)16(1)
    ▽最多セーブ  森唯斗(ソ)37(1)
    ▽最優秀中継ぎ 宮西尚生(日)41(2)
    ▽最多奪三振  則本昂大(楽)187(5)

     ※カッコ内の数字は獲得回数

    [ 2018年10月13日 17:44 ]
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/10/13/kiji/20181013s00001173284000c.html


    【【タイトル】パ・リーグ個人タイトル確定 柳田が首位打者、山川が本塁打王、則本5年連続最多奪三振!】の続きを読む


    セ個人タイトル確定 巨人菅野が3冠、中日ビシエド2冠&燕バレが打点王
    セ個人タイトル確定 巨人菅野が3冠、中日ビシエド2冠&燕バレが打点王  ニフティニュース
    (出典:ニフティニュース)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    セリーグの個人タイトルが確定しました。ヤクルト山田は3度目のトリプルスリー。

    1 shake it off ★ :2018/10/13(土) 17:35:47.01 ID:CAP_USER9.net

    ■ 燕バレンティンは独走131打点、広島大瀬良は最多勝&最高勝率の2冠

    13日の中日-阪神戦でセ・リーグのレギュラーシーズンの全日程が終了し、個人タイトルが確定した。

     パ・リーグの打撃部門では中日のビシエドが打率、最多安打の2冠。打率.348、178安打はいずれも来日4年目で自己最高の成績となった。
    打率では、.345の坂本勇人(巨人)を抑えて首位打者に輝いた。DeNAのソトは6月中旬に1軍に定着し、驚異のペースでホームランを量産。

    107試合で41本塁打を放ち、広島の丸佳浩(39本)を上回った。また、バレンティンは本塁打は38本で及ばなかったものの、打点131は2位の岡本和真(巨人)に「31」の差をつける独走。2013年に史上最多の60本塁打を放った大砲だが、打点王のタイトルは意外にも初だ。

     史上初の3度目のトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)を達成した山田哲人(ヤクルト)は自身3度目の盗塁王。また、最高出塁率を記録した丸は.468という驚異の数字をマークした。

     投手部門では、巨人の菅野智之が最優秀防御率、最多勝、最多奪三振の3冠。完封数は実に「8」を数え、自身初の200イニングにも到達(202回)。
    最優秀防御率は3年連続4度目、最多勝は2年連続2度目、最多奪三振は2年ぶり2度目と圧巻のシーズンとなった。大瀬良大地(広島)も15勝を挙げ、菅野とともに最多勝に輝いた。大瀬良は13勝以上が対象となる最高勝率にも輝き2冠。DeNAの守護神・山崎康晃は自身初の最多セーブを記録。獅子奮迅の活躍を見せたヤクルトの近藤一樹が最優秀中継ぎに輝いた。

    【セ・リーグ】
    ◯打撃部門
    首位打者:ビシエド(中日) .348
    最多本塁打:ソト(DeNA) 41本
    最多打点:バレンティン(ヤクルト) 131打点
    最多安打:ビシエド(中日) 178安打
    最多盗塁:山田哲人(ヤクルト) 33盗塁
    最高出塁率:丸佳浩(広島) .468
    ◯投手部門
    最優秀防御率:菅野智之(巨人) 2.14
    最多勝利:菅野智之(巨人)、大瀬良大地(広島) 15勝
    勝率1位:大瀬良大地(広島) .682
    最多セーブ:山崎康晃(DeNA) 37セーブ
    最優秀中継ぎ:近藤一樹(ヤクルト) 42HP
    最多奪三振:菅野智之(巨人) 200奪三振

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00226797-fullcount-base


    【【タイトル】プロ野球・ セ個人タイトル確定 巨人菅野が3冠、中日ビシエド2冠&燕バレが打点王!】の続きを読む

    このページのトップヘ