愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心にスポーツや
話題がない時は芸能、ニュースも取りあげて、
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 個人タイトル


    新人王はセがDeNA・東、パは楽天・田中に決定 新人王はセがDeNA・東、パは楽天・田中に決定
    …◆NPB AWARDS 2018 supported by リポビタンD(27日・グランドプリンスホテル新高輪) 新人王はセ・リーグがDeNA・東克樹投手(22)、パ・リーグは楽天・田中和基外野手(2…
    (出典:野球(スポーツ報知))



    (出典 portal.st-img.jp)


    おめでとうございます。投手の受賞頑張って多い様な気がします。

    1 鉄チーズ烏 ★

    ◆NPB AWARDS 2018 supported by リポビタンD(27日・グランドプリンスホテル新高輪)

     新人王はセ・リーグがDeNA・東克樹投手(22)、パ・リーグは楽天・田中和基外野手(24)が受賞した。

     東は昨年のドラフト1位で立命大からDeNAに入団。開幕ローテ入りを射止め、4月12日の巨人戦(東京D)で初勝利を挙げた。6月までに6勝で監督推薦で球宴にも出場。特に巨人戦は5戦5勝(最終的には6戦5勝)をマークするなど、絶対的な強さを誇る「巨人キラー」ぶりも発揮した。チーム唯一の2ケタ勝利となる11勝(5敗)で防御率は2・45。左肘の炎症で辞退はしたが、日米野球の侍ジャパンにも選出された。

     田中は16年のドラフト3位で立大から楽天に入団。1年目の昨季は新人王の資格(60打席)を失うギリギリの59打席だったため、今季に資格を残していた。5月下旬から中堅の定位置をつかむと、一気にブレイク。「1番・中堅」に定着して105試合で18本塁打、45打点、21盗塁、2割6分5厘の成績を残した。日米野球の侍ジャパン入りも果たし、楽天の野手では史上初めての新人王となった。

     DeNA・東「今年しか取れない賞なので取れて率直にうれしいです。原動力は筒香さんの『お前は考えながら野球をやっている』という一言。その一言がシーズン中ずっと心の中にあったので考えながら野球を出来たと思う」

     楽天・田中「正直自分が取れるとは思っていなかったので素直にうれしいです。取れた要因はシーズン中盤までのいい結果だと思う。あしたも試合に出たい、あしたも試合に出たいという気持ちが今シーズン頑張れたかなと思います」

     ◆東 克樹(あずま・かつき)1995年11月29日、三重・四日市市生まれ。22歳。三重北小1年から「三重クラブ野球少年団」で野球を始め、大池中時代は「四日市トップエースボーイズ」に所属。愛工大名電高では1年夏からベンチ入りし、甲子園に春夏通算3度出場。立命大では2度の無安打無得点を記録。関西学生リーグ通算19勝。170センチ、76キロ。左投左打。年俸1500万円。背番号11。

     ◆田中 和基(たなか・かずき) 1994年8月8日、福岡市生まれ。24歳。高取小1年から軟式で野球を始め、高取中まで投手。西南学院高では捕手で高校通算18本塁打。立大に進学し、1年夏に外野手転向。2年秋からベンチ入りし、東京六大学通算9本塁打、16盗塁をマークした。17年は51試合で1本塁打2打点、打率1割1分1厘。181センチ、75キロ。右投両打。年俸1300万円。背番号25。


    11/27(火) 18:16配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000104-sph-base


    【【一生に一度】新人王はセがDeNA・東、パは楽天・田中に決定!!!】の続きを読む


    MVP発表 セは広島・丸が2年連続、パは西武・山川が初受賞 MVP発表 セは広島・丸が2年連続、パは西武・山川が初受賞
    …◆NPB AWARDS 2018 supported by リポビタンD(27日・グランドプリンスホテル新高輪) 広島・丸佳浩外野手(29)が球団史上初となる2年連続2度目のセ・リーグ最優秀選手(MV…
    (出典:野球(スポーツ報知))



    (出典 baseballking.jp)


    MVPは順当だったかな。西武は結構選ぶのがたいへんだったかも知れないね。

    1 鉄チーズ烏 ★

    ◆NPB AWARDS 2018 supported by リポビタンD(27日・グランドプリンスホテル新高輪)

     広島・丸佳浩外野手(29)が球団史上初となる2年連続2度目のセ・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いた。セで2年連続受賞は藤田元司、王貞治、ラミレス(いずれも巨人)以来4人目(王は4度)。パ・リーグは西武・山川穂高内野手(27)がMVPを初受賞した。

     丸は今季打率3割6厘、リーグ2位の39本塁打、自己最多97打点でチームをリーグ3連覇にけん引。山川は両リーグ最多47本塁打を放ち、打率2割8分1厘、リーグ2位の124打点で10年ぶりのリーグ制覇に導いた。

     ◆丸 佳浩(まる・よしひろ)1989年4月11日、千葉・勝浦市生まれ。29歳。千葉経大付で2年夏、3年春に甲子園出場。2007年高校生ドラフト3巡目で広島入団。13年盗塁王、17年最多安打、今季は最高出塁率のタイトルを獲得。14、16~18年にベストナイン。13年から6年連続ゴールデン・グラブ賞。侍ジャパンで14年日米野球出場。177センチ、90キロ。右投左打。

     ◆山川 穂高(やまかわ・ほたか)1991年11月23日、沖縄・那覇市生まれ。27歳。中部商、富士大を経て、2013年ドラフト2位で西武入団。昨季78試合で23本塁打を放ち、今季は全試合4番を務めた。通算285試合出場、打率2割7分7厘、86本塁打、221打点。17年アジアプロ野球チャンピオンシップ、18年日米野球で侍ジャパン入り。176センチ、108キロ。右投右打。


    11/27(火) 18:43配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00000117-sph-base


    【【おめでとう】MVP発表 セは広島・丸が2年連続、パは西武・山川が初受賞!!】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    西武の人数凄い多いね。それだけ活躍したって事かな。

    1 ひかり ★

     セ、パ両リーグは26日、今季のベストナインを発表した。セ投手は巨人・菅野で2年連続3度目の受賞。リーグ3連覇の広島からは捕手・会沢、
    外野で丸、鈴木の3人が選出された。パは10年ぶりにリーグ制覇した西武から菊池―森のバッテリーに、一塁・山川、二塁・浅村、遊撃・源田、
    外野・秋山と計6人が選ばれた。

     なお新人王、最優秀選手(MVP)は27日の「NPB AWARDS」で発表される。

    <セ・リーグ>有効投票数282

    ▼投手=菅野智之(29=巨人)2年連続3度目 243票 次点・大瀬良大地(広島)39

    ▼捕手=会沢翼(30=広島)2年連続2度目 248票 次点・梅野隆太郎(阪神)27

    ▼一塁=ダヤン・ビシエド(29=中日)初 174票 次点・岡本和真(巨人)95

    ▼二塁=山田哲人(26=ヤクルト)2年ぶり4度目 263票 次点・菊池涼介(広島)19

    ▼三塁=宮崎敏郎(29=DeNA)2年連続2度目 250票 次点・岡本和真(巨人)23

    ▼遊撃=坂本勇人(29=巨人)2年ぶり4度目 264票 次点・田中広輔(広島)18

    ▼外野=丸佳浩(29=広島)3年連続4度目 271票 鈴木誠也(24=広島)3年連続3度目 213票 
    ネフタリ・ソト(29=DeNA)初 108票 次点 ウラディミール・バレンティン(ヤクルト)76

    <パ・リーグ>有効投票数251

    ▼投手=菊池雄星(27=西武)2年連続2度目 135票 次点・多和田真三郎(西武)65

    ▼捕手=森友哉(23=西武)初 179票 次点・甲斐拓也(ソフトバンク)54

    ▼一塁=山川穂高(27=西武)初 243票 次点・中田翔(日本ハム)5

    ▼二塁=浅村栄斗(28=西武)3年連続3度目。一塁で1回 251票(満票)

    ▼三塁=松田宣浩(35=ソフトバンク)初 162票 次点・中村剛也(西武)67

    ▼遊撃=源田壮亮(25=西武)初 248票 次点・今宮健太(ソフトバンク)2

    ▼外野手=柳田悠岐(30=ソフトバンク)2年連続4度目 251票 秋山翔吾(30=西武)2年連続3度目 250票 
    吉田正尚(25=オリックス)初 174票 次点・西川遙輝(日本ハム)36

    ▼DH=近藤健介(25=日本ハム)初 122票 次点 アルフレッド・デスパイネ(ソフトバンク)104票

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00000141-spnannex-base


    【【朗報】ベストナイン発表!10年ぶりリーグ制覇の西武から6人、3連覇の広島勢は丸ら3人選出!!】の続きを読む



    (出典 baseballking.jp)


    ゴールデン・グラブ賞が発表されました。受賞した人達おめでとう。

    1 ひかり ★

     第47回三井ゴールデン・グラブ賞が8日に発表され、セ・リーグは阪神・梅野隆太郎捕手(27)が初受賞するなど、4ポジションが初受賞する
    フレッシュな顔ぶれとなった。

     最多受賞は広島・菊池、丸、中日・大島の6回だった。

     受賞者と得票数上位は以下の通り。

     【投手】◎菅野智之(巨人)163票=3年連続3回目

     (2)大瀬良大地(広島)86票(3)ジョンソン(広島)13票

     【捕手】◎梅野隆太郎(阪神)101票=初受賞

     (2)小林誠司(巨人)74票(3)会沢翼(広島)68票

     【一塁手】ロペス(DeNA)174票=3年連続4回目

     (2)ビシエド(中日)43票(3)岡本和真(巨人)38票

     【二塁手】菊池涼介(広島)256票=6年連続6回目

     (2)山田哲人(ヤクルト)20票(3)該当者なし

     【三塁手】宮崎敏郎(DeNA)120票=初受賞

     (2)マギー(巨人)79票(3)大山悠輔(阪神)28票

     【遊撃手】田中広輔(広島)102票=初受賞

     (2)坂本勇人(巨人)96票(3)京田陽太(中日)68票

     【外野手】◎丸佳浩(広島)230票=6年連続6回目

     ◎大島洋平(中日)177票=2年ぶり6回目

     ◎平田良介(中日)139票=初受賞

     (4)鈴木誠也(広島)102票(5)野間峻祥(広島)61票

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000113-spnannex-base


    【【タイトル】ゴールデン・グラブ賞発表、セは阪神・梅野など4ポジションが初受賞!!www】の続きを読む


    巨人・菅野が文句なしの沢村賞!2年連続は史上5人目、全項目クリアは8人目の快挙
    巨人・菅野が文句なしの沢村賞!2年連続は史上5人目、全項目クリアは8人目の快挙  Yahoo!ニュース 個人
    (出典:Yahoo!ニュース 個人)



    (出典 portal.st-img.jp)


    巨人の菅野投手が沢村賞を受賞しました。来季も又頑張ってください。

    1 ひかり ★

     2018年度の「沢村栄治賞」受賞選手が29日に発表され、巨人の菅野智之が2年連続で受賞した。

     日本における投手最高の栄誉として知られる沢村賞。今年はセ・リーグ最優秀防御率・最多勝利・最多奪三振の三冠に輝いた菅野智之が昨年に続いての受賞。
    2年連続の沢村賞受賞は杉下茂、金田正一(※3年連続)、村山実、斎藤雅樹に次ぐ史上5人目の快挙である。

     沢村賞には選考基準が設けられており、『25試合登板以上』・『15勝以上』・『防御率2.50以下』・『投球回数200イニング以上』・『150奪三振以上』・
    『10完投以上』・『勝率6割以上』という7つの項目をベースに選考委員会で協議の上で決定される。

     今季の菅野は28試合に登板して15勝、防御率2.14。202回を投げて200奪三振、10完投に勝率.652と7項目すべてをクリア。基準をすべてクリアしての受賞は
    2011年の田中将大(楽天)以来で史上8人目の快挙となった。


    ▼ 菅野智之
    [今季成績/規定]
    (1)15勝 /15勝以上 [○]
    (2)200奪三振 /150奪三振以上 [○]
    (3)10完投 /10完投以上 [○]
    (4)防御率2.14 /防御率2.50以下 [○]
    (5)202回 /200投球回以上 [○]
    (6)28試合 /25試合以上 [○]
    (7)勝率.652 /勝率6割以上 [○]
    ―――――
    ☆7項目すべてクリア

    直近10年の沢村賞投手

    <2017年>
    菅野智之
    25登板 17勝 防御率1.59 171奪三振 187回1/3 6完投 勝率.773

    <2016年>
    クリス・ジョンソン(広島)
    26登板 15勝 防御率2.15 141奪三振 180回1/3 3完投 勝率.682

    <2015年>
    前田健太(広島)
    29登板 15勝 防御率2.09 175奪三振 206回1/3 5完投 勝率.652

    <2014年>
    金子千尋(オリックス)
    26登板 16勝 防御率1.98 199奪三振 191回 4完投 勝率.762

    <2013年>
    田中将大(楽天)
    28登板 24勝 防御率1.27 183奪三振 212回 8完投 勝率1.000

    <2012年>
    摂津 正(ソフトバンク)
    27登板 17勝 防御率1.91 153奪三振 193回1/3 3完投 勝率.773

    <2011年>
    田中将大(楽天)
    27登板 19勝 防御率1.27 241奪三振 226回1/3 14完投 勝率.792

    <2010年>
    前田健太(広島)
    28登板 15勝 防御率2.21 174奪三振 215回2/3 6完投 勝率.652

    <2009年>
    涌井秀章(西武)
    27登板 16勝 防御率2.30 199奪三振 211回2/3 11完投 勝率.727

    <2008年>
    岩隈久志(楽天)
    27登板 21勝 防御率1.87 159奪三振 201回2/3 5完投 勝率.840


    ※所属は当時

    BASEBALL KING

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00170630-baseballk-base


    【【おめでとう】巨人・菅野が文句なしの沢村賞!2年連続は史上5人目、全項目クリアは8人目の快挙!!】の続きを読む

    このページのトップヘ