愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > ドラフト



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    巨人がドラフトで大阪桐蔭の根尾を1位で指名する事を決めた。
    これでくじ引き確定かな?

    1 ひかり ★ :2018/10/24(水) 14:28:13.87 ID:CAP_USER9.net

     巨人は24日、東京・大手町の球団事務所でスカウト会議を開き、大阪桐蔭高の根尾を1位指名することを決めた。長谷川スカウト部長は
    「1位は根尾でいきます。全員の総意。原監督を含め、映像を確認して、どんなことがあっても1位で入札することを決定しました」と明かした。

     投手、野手の二刀流の根尾。プロ入り後のビジョンについては「基本的にはショートですが、本人が投手をやりたいということなら、
    彼の意向に沿うと監督もいっていました」と二刀流を容認する考え。

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-00000535-sanspo-base


    【【ドラフト】巨人、大阪桐蔭の根尾を1位指名「どんなことがあっても1位で入札する」!!】の続きを読む


    ドラフトの目玉・吉田輝星が「お母さんありがとう」で葛藤を告白
    ドラフトの目玉・吉田輝星が「お母さんありがとう」で葛藤を告白  ニフティニュース
    (出典:ニフティニュース)



    (出典 www.hochi.co.jp)


    明日のドラフトで特番が有るが、それに金足農の吉田投手が出演。
    何処が指名するか楽しみですね。

    1 ばーど ★ :2018/10/24(水) 09:13:58.50 ID:CAP_USER9.net


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


     TBSでは25日「プロ野球ドラフト会議2018」(後4時50分)の模様を生中継する。そして同日7時からは、MCに中居正広(46)を迎え「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう」を放送する。

     番組では今夏の第100回全国高等学校野球選手権記念大会で準優勝に輝き、そのプレーで一躍注目の的となった金足農業の吉田輝星投手がプロ入りを表明するまでの葛藤を独占告白する。プロ入りに反対だった父にその強い思いを訴えた息子、そんな困惑する父と子を見守りながら、母が取った行動と息子へのアドバイス。甲子園での大フィーバーから激変した本人を取り巻く環境、家族の戸惑いなどプロ入り決断に至るまでを再現ドラマを交えて放送する。

     この他にもプロを目指し壮絶な苦難を乗り越えてきたドラフト候補選手たちと、その息子を支え続けた家族との涙無しでは語れない感動秘話を含んだ3時間にわたる生放送となっている。

    10/24(水) 7:13
    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000126-sph-ent


    【【テレビ】金足農・吉田輝星が「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう」で葛藤を告白(10月25日19時放送)】の続きを読む


    「吉田輝星」バブル崩壊? 球児が「阪神1位指名」敬遠のワケ TVには映らない「ドラフト」群像劇
    「吉田輝星」バブル崩壊? 球児が「阪神1位指名」敬遠のワケ TVには映らない「ドラフト」群像劇  デイリー新潮
    (出典:デイリー新潮)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    阪神は嫌われているのかな? エリート高校生に敬遠されているそうです。
    ドラフトはどうなるか、楽しみですね。

    1 pathos ★ :2018/10/24(水) 00:22:44.61 ID:CAP_USER9.net

    10/23(火) 8:02配信 デイリー新潮

    医師の父は内心複雑? 根尾の6球団競合

     吉田とは逆に、より評価を高めたのが、大阪桐蔭、根尾昂(あきら)。ショートでクリーンナップを務めるなど攻守の要ながら、投手としても150キロを投げる驚異の「二刀流」である。

    「しかも、マジメで頭も良いという、“非の打ちどころがない”選手です」

     とは、ノンフィクションライターの柳川悠二氏。

    「彼は岐阜の出身ですが、両親は医者。それも『Dr.コトー』のような僻地診療所の医師です。中学時代、オール5だったというのは有名な話ですが、ピッチング練習の時も何事か呟きながら投げる『理論派』です。遅くまで室内練習場に残り、部屋に帰ってもストレッチに励む、練習の虫でもある」

     もともと高校No.1選手と言われていたが、評価はうなぎ上りで既に「1位指名に6球団競合」と書くスポーツ紙も出たほどだ。

     安倍氏も言う。

    「春頃、根尾くんにバッティングについて、アドバイスをしたことがありました。そしたら、“ビビッと来ました”“すごく打ちたくなってきたんで、15分だけ時間をいただけますか”と言って、練習に行ってしまったんです。“明日からやってみます”というのは普通ですが、今ここで、というのが根尾。狂気を感じました」

     兄も医学部生、姉も看護師という、まさに「医者一家」の根尾家だけに、父も彼に同じ道を望んでいたというが、ここまで野球に秀でてしまえば、それも詮方無いことか。内心複雑な思いであるかもしれないが……。

    引きずる“虎ウマ”

     この吉田、根尾と並んで「高校BIG4」と評されたのが、大阪桐蔭の藤原恭大(きょうた)と、報徳学園の小園海斗(こぞのかいと)。いずれも1位指名が予想されている。

    「藤原は甲子園通算5本塁打の強打者で足も速い。根尾と反対に、押しが強く、目標を公言するタイプで、早くから“ドラフト1位でプロに行きたい”と言っていました」(柳川氏)

     家庭環境もこれまた対照的で、藤原の父は、機械プラントの会社を経営する傍ら、焼き鳥屋も営む。母も元モデルの華やかな人だとか。

     他方の小園は、

    「俊足巧打で、プロでも打率3割、30本塁打、30盗塁の『トリプルスリー』が狙える存在」(安倍氏)

     父は整体院を営み、母は元女子サッカーリーグの選手だったという。

     実は、この2人、中学時代、同じチームに属し、家族ぐるみの付き合いだとか。

     藤原の父に、ドラフト直前の心境を尋ねると、

    「僕は緊張していますが、息子は“やることはやったんで”と落ち着いています。昔からソフトバンクの柳田選手に憧れていましたが、息子も誰かの憧れとなる選手に育ってほしいですね」

     どの球団が指名するのか注目だが、

    「実はエリート高校生に敬遠されているのが、阪神に指名されることなんです」

     とは、先のデスクである。

    「阪神はここ数年、若手がほとんど育たず、“育成できない球団”との評価が定着しています。とりわけ大阪桐蔭の関係者は“あそこには絶対に行かせたくない”と漏らしている。かつて4番だった萩原誠は鳴かず飛ばずで終わり、エースだった藤浪晋太郎もここ数年、成績が振るわず……」

     阪神に潰された。関係者はそんな“虎ウマ”を引きずっているそうだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181023-00550544-shincho-base&p=2


    【【ドラフト間近】球児が「阪神1位指名」敬遠のワケ TVには映らない「ドラフト」群像劇!!】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    金足農の吉田投手、ドラフト1位で指名は有るのか?

    1 pathos ★ :2018/10/23(火) 17:31:22.61 ID:CAP_USER9.net

    ょっとしたら、金足農のエース吉田輝星は、どこも1位で指名しないのではないか――。25日のドラフトを目前に控え、スカウトの間ではこんな見方が強まっている。

     現に担当した選手が新人王を獲得した某セ球団スカウトも「吉田の1位指名がゼロでもおかしくはない」と断言する。「人気優先で指名するところがあっても1~2球団ぐらいじゃないか。外れ1位で競合しても3球団程度だろう」と言うのだ。

     なぜ、そこまで評価が急落したのかと聞くと「いや、吉田の“正味の評価”は、最初からその程度だったんです」と、このスカウトは言う。

    「吉田が甲子園で三振を取った高めの真っすぐは、プロの打者は振ってくれません。平均速度も140キロ台半ばなので、あと5~6キロは速くならないと厳しい。ウイニングショットになる変化球もないから、これから覚える必要がある。吉田が一軍の先発の柱になるには、恐らく3年はかかるでしょう」

     同じ3年かかるなら、「将来性でも潜在能力でも浦和学院のエース渡辺勇太朗のほうが上でしょうね」とは、別の球団のスカウトの証言。

    「渡辺は体格的(190センチ、90キロ)に吉田(176センチ、81キロ)より一回り大きい。真っすぐのスピードもコンスタントに150キロ出る。スケールの大きさからいっても、吉田より渡辺ですよ」

     一方、今年最多の1位指名競合が見込まれているのが、大阪桐蔭の内野手兼投手“二刀流”の根尾昂である。こちらは1位指名を公表している中日をはじめ巨人、阪神、楽天、オリックスなど、4~5球団がクジ引きに参戦するともっぱらだ。が、野手と投手のどちらで育てるべきかとなると、見方は真っ二つに分かれている。

     巨人、阪神が早くから「ショートで使いたい」としているのに対して、DeNAは「投手としても魅力的。以前は“野手投げ”だったが、投手として質のいい球を投げられるようになった」(吉田スカウト部長)。ヤクルトも「投手としてのポテンシャルも相当高い」(斉藤スカウト)としており、吉田以上の高評価を受けている。

     もっとも、競合の可能性が低いのならと、吉田を1位指名して“一本釣り”をもくろむ球団があるかもしれない。それが巨人なら面白いが…と思うのは私だけか。
    https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1164610/


    【野球】金足農・吉田の球を専門家が分析 ダルビッシュ、大谷翔平を陵駕
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1540115299/
    【野球】松坂を育てた元横浜高校の小倉さん「金足農・吉田輝星は松坂より上 」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1539590853/


    【【どうなる】金足農・吉田輝星ドラフト1位指名球団ゼロの可能性も?@@】の続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)


    大阪桐蔭の根尾はドラフトで何処が指名するか、楽しみですね。

    1 ひかり ★ :2018/10/23(火) 15:45:56.89 ID:CAP_USER9.net

     ヤクルトは23日、都内で衣笠球団社長、小川監督を含めたスカウト会議を行い、大阪桐蔭高・根尾昂内野手(18)を
    ドラフト1位指名することを最終決定した。

     約2時間の会議を終えた小川監督は「根尾を1位でいくことに決定しました。一番いい選手にいこうということ。それだけです」。
    当初は明言する方針ではなかったが、すでに中日が指名方針を明らかにしていることから公表に踏み切った。
    くじ引きは通算3勝5敗の小川監督が務める。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181023-00000100-sph-base


    【【ドラフト】ヤクルト 大阪桐蔭高・根尾の1位指名を最終決定!!】の続きを読む

    このページのトップヘ