愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > その他


    日本に戻って来るのかな。

    1 愛の戦士 ★ :2022/09/16(金) 13:36:02.00
    AERA dot. 9/16(金) 11:30

     レンジャーズ・有原航平がメジャー選手登録の40人枠から外れたことが、現地時間の9月11日に球団から発表された。事実上の戦力外で、今後ウェーバーで獲得を希望する球団がなければマイナー契約を結ぶか、自由契約となる。

    昨季に日本ハムからポスティング・システムでレンジャーズに入団。開幕から先発ローテーションに入り、2勝を挙げるなど幸先良いスタートを切ったが、5月下旬に右肩動脈瘤の手術を受けて戦線離脱。9月に復帰したが結果を残せず、メジャーの40人枠から外れてマイナー降格した。今年8月に約1年ぶりにメジャー復帰。同月21日のツインズ戦で7回途中4安打無失点の好投で489日ぶりの白星をマークしたが、今月10日のブルージェイズ戦で4回途中11失点KO。5試合登板で1勝3敗、防御率9.45と防御率が大幅に悪化し、メジャー枠から外れる形となった。

    「他球団でメジャー昇格を目指す道もありますが、目立った実績を残していないので厳しい。来季は日本球界に復帰の可能性が十分にあると思います。まだ30歳と若いですし、先発要員で十分に投げられる。複数球団による争奪戦になるのではないでしょうか」(米国駐在の通信員)

     日本球界復帰で移籍先の最有力候補として考えられるのが、古巣の日本ハムだ。有原は2019年に15勝を挙げるなどエース格として活躍していた。新庄剛志監督が就任した今年、チームは最下位に低迷する状況で、即戦力の先発は喉から手が出るほど欲しい。先発陣の陣容を見ると、伊藤大海、上沢直之、加藤貴之、ポンセの4人は計算できるが、5人目以降が苦しい。上原健太、根本悠楓と伸びしろ十分の投手たちがいるが、経験豊富な有原が戻ってくれば大きなプラスアルファになる。

     先発投手が補強ポイントのチームは他にも見られる。下位に低迷している巨人は戸郷翔征がチームトップの11勝を挙げているが、エースとして活躍してきた菅野智之は陰りが見える。山崎伊織、堀田賢慎、赤星優志と将来性豊かな若手が台頭しているが、一本立ちするにはもう少し時間がかかるだろう。今季は先発が早い回でマウンドを降り、救援陣に負担が掛かるケースが少なくなかった。スタミナ十分で1年通じて先発で6年間稼働してきた実績がある有原は、獲得を検討する価値が十分にあるだろう。

    ※続きはリンク先で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f60bb8b557b8a6cff4783109572bf5ba84b8f9c7

    【有原航平がレンジャーズを事実上の戦力外 日本復帰なら巨人、ヤクルトが獲得検討か〈dot.〉】の続きを読む


    依頼有るのかな。

    1 jinjin ★ :2022/09/15(木) 23:56:45.85
    鳥谷敬氏 阪神の監督を「やりたくない」理由とは?
    「あそこを歩いてる時の歴代の監督の…」


    元阪神で現パナソニック野球部コーチの鳥谷敬氏(41)が14日放送のMBSテレビ「東野&吉田のほっとけない人」に出演。
    自身の阪神監督就任の可能性について語った。

    MCの東野幸治から「いずれは監督やりたいですか?」と聞かれ、鳥谷氏は「できたら…やりたくないです」と明*。


    東野が驚きつつ「みんなやりたいって言いますよ。自分が思うようにできるならやりたいって、板東英二さんも言ってましたよ」と告げたが、鳥谷氏の気持ちは変わらず。

    「阪神の場合、監督になる時は本当に素晴らしいぐらい歓迎してくれますけど、辞める時、素晴らしいぐらい叩かれて辞めるんですよ。それをたくさん見てきてるので、ちょっとこれは厳しいな、みたいな…」と理由を告げた。


    さらに具体例を挙げ、「神宮球場はファンの前を引き上げるんですけど、あそこを歩いてる時の歴代の監督の野次の言われようを聞いてたら、これはちょっと…。あんなにみんな歓迎してたのに、いつからこうなったんだろうって」と苦笑いで回想。

    ここで東野が「言葉が悪いですけど、*、ボケ、アホカス」と言うと、鳥谷氏は「そんなん、もう普通に出てるんで」と首を縦に振る。
    続けて「*マヨネーズ」の吉田敬が「生まれてきたことを後悔させたるからな!」と口にすると、「そこまでは聞いたことないですけど…」と、やんわり否定していた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/c1a7e878107e5dfcd7110710a2f79fe39659f5f6

    【鳥谷敬氏 阪神の監督を「やりたくない」理由とは? 「神宮球場、あそこを歩いてる時の歴代の監督への野次を聞いてたら…」】の続きを読む


    村上凄いですね。

    1 ネギうどん ★ :2022/09/15(木) 11:55:31.91
    東京ヤクルトスワローズ・村上宗隆選手が驚異的な快進撃を続けている。その一方、同じ左打ちの背番号55にして、これまで「21世紀最強の左スラッガー」と名高かった〝ゴジラ〟こと松井秀喜氏の実績が、まさに〝遠い日の花火〟となりつつあるようだ。

    今シーズンの村上選手は打ちに打ちまくり、9月5日現在で打率.341、51本、125打点と大暴れ。日本人選手としては松井氏以来、実に20年ぶりの50本塁打を達成し、松井氏が惜しくも果たせなかった三冠王もほぼ確実に獲得する勢いだ。

    「若くから活躍した高卒スラッガーといえば松井氏、清原和博氏、王貞治氏らが代表ですが、左打ち、背番号55といった共通点から、村上選手は松井氏とよく比較されます。しかし、松井氏が28歳で達成した50本塁打を6歳も若く上回り、王氏すら越えて史上最年少のシーズン50号・通算150号記録を塗り替えたのですから、もはや村上選手の方が圧倒的に上。松井氏が最後までつかめなかった三冠王を獲得すれば、松井氏のファンだって反論はできないでしょう」(スポーツ紙記者)

    実際、松井氏の成績を見てみると、村上選手とは比較にならないことが浮き彫りになってくる。

    「松井氏のルーキーイヤーはわずか57試合の出場ながら、高卒新人では異例の二桁11本塁打と、同じく1年目で6試合1本の村上選手に完勝。しかし、2、3年目はともに20本ほどで、30本は4年目、100打点は5年目にようやく達成。一方、村上選手は2年目に早くも36本を放ち、100打点も4年目にクリアしている。松井氏は40本以上打ったのも7年目がやっとで、今年5年目で到達した村上選手の足下にも及ばない。結局のところ、日本最終年に記録した50本塁打のインパクトが強いだけでしたが、そのアイデンティティーも村上選手に塗り替えられてしまいました」(同・記者)

    このことについて、野球ファンは辛らつ。ネット上には、

    《松井さんが持ち上げられていた時代って何だったんだろうなあ》

    《メジャーの30本も大谷が2年連続で打っちゃった*…しかも二刀流だよw》

    《松井は引っ張りがメインだったけど村上はもうどこでも打てる》

    《松井が国民栄誉賞とかもはやギャグだよね》

    《村上見てると松井なんかを凄いホームランバッターだと思っていた幼少期が恥ずかしい》

    《昔の飛ぶボール時代で50本が最高の松井とかショボ過ぎ》

    などといった意見が確認できる。村上選手、あるいは米MLBで大活躍中の大谷翔平選手という〝本物〟を目の当たりにし、今思えば松井氏は〝大したことなかった〟などと目を覚ましているのだ。

    「松井氏が過大評価だったかどうかはさまざまな意見があるようですが、国民的人気があったころの巨人に属していたからこそ、各メディアで実力以上に持ち上げられていたところはあったでしょう。当事は今より野球のレベルも低いですし、スラッガーとしては村上選手はおろか埼玉西武ライオンズの中村剛也選手、山川穂高選手にも及ばないともっぱら。同年代で見ても、広い球場やレベルの高いパ・リーグで同じくらい打っていた松中信彦氏の方が秀でていましたね」(野球ライター)

    何はともあれ、松井氏の二つ名がゴジラなら、それを越える村上選手は真のゴジラ『シン・ゴジラ』と言っていいかも!?

    https://weekly-jitsuwa.jp/archives/77124

    【松井秀喜氏に野球ファン辛辣…ヤクルト村上宗隆が“シン・ゴジラ”過ぎる!】の続きを読む


    珍記録有りますね。

    【【必見】プロ野球約90年の歴史上1度しか達成されていない珍記録ランキングベスト10】の続きを読む


    コロナの影響も有りそう。

    1 愛の戦士 ★ :2022/09/09(金) 18:13:18.02
    プロ野球ファンに異変…パ・リーグ大混戦でも“球場観戦に行かない”、なぜ? 球団広報のため息「訴求してはいるものの…」《客足回復のカギとは》

    Number Web 9/8(木) 11:02

     今年のパ・リーグは、史上空前の「大混戦」になっている。9月5日月曜日の時点で、首位・ソフトバンク、2位・西武、3位・オリックスがゲーム差「0」、勝率2厘差の中に上位3チームがひしめく状況だった。

    熱戦が続いた“首位攻防戦”
     9月2日~4日には、福岡PayPayドームでソフトバンク対西武の首位攻防3連戦が行われた。

     初戦はソフトバンクが5回裏、今宮健太が4号ソロを放って先制。チーム31イニングぶりの得点で勢いを取り戻すと、一昨年から6連敗を喫していた西武先発の松本航を攻略して4-0と完勝した。2戦目の9月3日は「ホームラン記念日」(1977年の同日、王貞治が通算ホームラン数・世界新記録となる756本目を放った日)らしく一発の応酬だ。先行したのは西武で初回に森友哉が7号ソロ。だが、ソフトバンクが2回裏に今宮の2戦連発5号ソロですぐさま追いつく。さらに3回裏に飛び出したデスパイネの8号2ランが決勝点となり、ソフトバンクが5-2で勝って連勝した。

     もし、そのままソフトバンクがカード3連勝を果たしていれば、この歴史的混戦から頭ひとつ抜け出すキッカケになったかもしれない。しかし、3戦目は獅子が意地を見せた。0-0の投手戦で迎えた7回表、西武・外崎修汰が11号2ランを放って均衡を破るとその後も得点を重ねて鷹のエース・千賀滉大を沈め、3戦目は4-1で西武が勝利した。

     まだ「天王山」と呼ぶには早い。だけど、両チームからは独特の熱量が伝わってきた。まさに首位攻防戦の名にふさわしい熱戦の連続だった。

     なのに、この反比例は一体どういうわけか。

     スタンドが寂しいのだ。

    以前はあり得なかった観客「2万人台」も
     2日初戦のPayPayドームの来場者は2万8308人。3、4日は土日のデーゲームだったが、3万2954人と3万3742人だった(NPB公式サイト参考)。

     PayPayドームの野球興行時の定員は今季の場合4万人ちょうど。つまり、2日金曜日のナイターは7割程度の入りだった。バックネット裏の記者席から眺めても、かなり空席が目立って見えた。

     プロ野球は今季、3年ぶりに観客の人数制限を設けずにシーズンを戦うことが出来ている。

     だがしかし、「コロナ以前」の客入りに戻らないまま、今シーズンはついに佳境を迎えようとしている。

     ソフトバンクでいえば、2019年シーズンは主催試合で球団史上最多(2005年の実数発表以降)の265万6182人を動員した。1試合平均で3万6891だった(主催72試合、本拠地以外も含む)。

     それが今シーズンは9月5日終了時点で1試合平均3万849人と激減している。ちなみに、2019年シーズンのソフトバンクは日本一にこそ輝いたが、レギュラーシーズンでは西武に2ゲーム差の2位に終わっていた。にもかかわらず、激アツな優勝争いを繰り広げている今季の方が3年前より約6000人も動員を減らしているのだ。

     今季のPayPayドームは前述したように、以前はあり得なかった「2万人台」も珍しくなくない。さらには「プラチナチケット」「ドル箱カード」と言われた試合でも不入りだと感じたことが多々あった。たとえば3月25日の開幕戦。相手は日本ハムで、つまり新庄剛志BIGBOSSの初陣だった。両チームファンのみならず日本中の野球ファンの熱視線が注がれたのは確かだったが、蓋を開けてみれば当日券が売れ残る状態。3万5141人しか入らなかった。また、レプリカユニフォームなどが無料配布されることで大好評な「タカガールデー」や「鷹の祭典」でもチケットは余った。かつては定員いっぱいの超満員になるのが当たり前だったが……。

    ※続きはリンクで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1584ffdf5f0a8cb35d78f3e6f0e82ca00a9ea11d

    【プロ野球ファンに異変…パ・リーグ大混戦でも“球場観戦に行かない”、なぜ? 球団広報のため息「訴求してはいるものの…」】の続きを読む

    このページのトップヘ