愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > その他


    「直メジャー」接触ルール徹底へ日本野球連盟が通達(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
    社会人野球を統括する日本野球連盟は、米大リーグ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を交わしたパナソニック・吉川峻平投手(23)が、契約時の規定違反で「永久追放 ...
    (出典:Yahoo!ニュース)



    (出典 portal.st-img.jp)


    ルール違反は駄目ですね。ちゃんとルールを周知徹底しないとね。

    1 鉄チーズ烏 ★

    社会人野球を統括する日本野球連盟は、米大リーグ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を交わしたパナソニック・吉川峻平投手(23)が、契約時の規定違反で「永久追放処分」を受けたことで、大リーグ球団との接触ルールの徹底を求める通達を加盟全チームに出したことが13日、分かった。

    大リーグは12年から「海外アマ選手登録制度」を導入。日本高野連も注意喚起を行うなど、日本のプロ野球を経ずに大リーグに挑戦する“直メジャー”は転換期を迎えている。

       ◇   ◇   ◇

    ダイヤモンドバックスとマイナー契約を交わした吉川は、契約時の規定違反で社会人野球から「永久追放処分」という極めて重いペナルティーを受けた。

    日本野球連盟の登録規定では、毎年7月に開幕する都市対抗野球大会が終わるまで、国内外のプロ球団とは接触できない。吉川は1月からダ軍スカウトと複数回、接触。しかも登録抹消届を提出する前に、正式契約まで結んでいた。

    社会人野球の名門チームで、なぜこのような事態が起こったのか? 根底には、ルールを「正確に」理解していない認識の甘さがある。同連盟は再発防止のため、全チームにルール順守を求める通達を行った。

    高校生、大学生は、9月1日のプロ野球志望届提出後からプロ側との接触が認められる。

    日本高野連は、11月の都道府県連盟理事長会議で注意喚起した。竹中雅彦事務局長は「都道府県の理事長を通じ、接触ルールに関して加盟校に注意喚起しました。5月に(大リーグ入りの)意思表示をすると、夏の大会に出られなくなってしまう」と説明した。

    5月とする背景には、大リーグが12年から導入している「海外アマ選手登録制度」がある。関係者も見落としがちなこのルールが“直メジャー”へのハードルを従来より高くしている。

    95年9月1日以降に生まれた日本のアマチュア選手を獲得するためには、毎年5月15日までに事前登録する必要がある。登録された選手は米大リーグ機構(MLB)から6月に公示され、7月2日から各球団との契約が可能になる。

    登録には書類の提出が必要で、仮に現役の高校生、大学生、社会人が事前登録された場合は、5月以前に大リーグ側と接触したことが明るみに出る。規定違反となり、高校生なら地方大会や夏の甲子園への出場資格を失う。大リーグが導入した制度と絡み合い“直メジャー”は新たな局面を迎えている。


    12/14(金) 4:48配信 日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00418467-nksports-base


    【【何と】社会人野球「直メジャー」接触ルール徹底へ日本野球連盟が通達!!】の続きを読む



    (出典 www.softbankhawks.co.jp)


    これは監督の問題では無いと思う。

    1 砂漠のマスカレード ★

    今オフのストーブリーグは巨人が大型補強で話題をさらっている。
    FA権を行使した広島・丸佳浩、西武・炭谷銀仁朗を口説き落とし、オリックスを自由契約になった中島裕之、米国・マリナーズを退団した岩隈久志、
    パドレスから獲得した新外国人の長距離砲、クリスチャン・ビヤヌエバを獲得するなど、5年ぶりの覇権奪回へビッグネームをなりふり構わず補強している。

    巨人とは対照的に、FA戦線で惨敗を喫したのがソフトバンクだ。
    西武からFA宣言した浅村栄斗の獲得に動いたが、楽天との争奪戦に敗れて交渉の席すら着かせてもらえず。
    先発ローテーションの一角で計算が立つオリックス・西勇輝も獲得に名乗りを挙げたが、阪神にかっさらわれた。

    ソフトバンクは昨季、今季と2年連続日本一に輝き、常勝軍団の地位を築きつつある。豊富な資金力を盾に選手の年俸も高い。昨オフは4億円選手が8人にも上った。
    他の11球団で4億を超えている選手は計5人しかいない中で驚異的ともいえる。野球に打ち込む環境も他球団の選手がうらやむほど充実しているだけに、今オフの「FA惨敗」は球団フロントもショックが大きい。

    浅村には4年28億円と破格の大型契約を準備したと報じられていたが、思いは届かなかった。
    在京球団や地元の大阪でプレーしたい思いが理由ならあきらめもつくが、選択したのは仙台を本拠地に置く楽天。石井一久GMとのパイプが強かったのが大きな理由だが、それだけではないという。

    球界関係者は声を潜めて言う。

    「浅村は2010年の1年間だけ、現役晩年の工藤監督と一緒に西武でプレーしています。
    まだ高卒1年目でファームにいる期間が長かったのですが、そこで工藤監督と当時の2軍打撃コーチだったデーブ大久保が菊池雄星に対して『あたり』が強かったのを見ていた。
    当時の若手たちは口うるさい工藤監督を嫌がっていましたが、浅村も印象はよくないでしょう」

    工藤監督はソフトバンク監督に15年から就任以来4年間で3度の日本一。名将としてその手腕は高く評価されているが、意外にも選手の評判は芳しくないという。

    「先発が崩れだすと序盤でも次々に投手をつぎ込むので救援陣に負荷がかかり、何人もの投手が勤続疲労で長期の戦線離脱をしています。
    こうした状況に不満を漏らす選手がいることは事実です。
    コーチともコミュニケーションがうまく取れず、毎年辞めていきます。他球団の選手もこうした情報は耳に入っていますし、当然不安になるでしょう」(前述の球界関係者)

    日本一になったが戦力は決して盤石ではない。今季のシーズンは西武にリーグ制覇を許し、内川聖一、松田宣浩ら主力も高齢化で成績が落ちてきている。
    投打の核になり得る浅村、西にフラれたのは痛いが、生え抜きの若手たちは大きなチャンスだ。

    「勝てば官軍」という言葉があるように、勝ち続ければ不満は抑えられる。来季も工藤監督の手腕に要注目だ。(取材班)


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181216-00000006-sasahi-base
    12/16(日) 10:24配信


    【【FA失敗】工藤監督は選手に不評?ソフトバンクがFA争奪戦で全敗した真相は?】の続きを読む


    落合博満氏 最近の野球用語に疑問「縦のスライダーって何?縦ならカーブでいい」 - スポニチアネックス Sponichi Annex
    元中日監督で野球解説者の落合博満氏(65)が14日、CBCラジオの中日応援番組「ドラ魂(ダマ)KING」(火〜金曜後6・00)に生出演。放送時間の1時間を目いっぱい使っ ...
    (出典:スポニチアネックス Sponichi Annex)



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    変化球の名前は多いね。変化球の定義をもう一度見直した方が良いかもです。

    1 シャチ ★

    元中日監督で野球解説者の落合博満氏(65)が14日、CBCラジオの中日応援番組「ドラ魂(ダマ)KING」(火~金曜後6・00)に生出演。放送時間の1時間を目いっぱい使って球界のあれやこれやをぶっちゃけまくった。


     自身がゲストだというのに、番組開始直前に局内で見かけた旧知の夫婦デュエット「チェリッシュ」を“ゲストのゲスト”としてスタジオに招き入れ、しばし思い出話に花を咲かせるというさすがの“オレ流采配”を見せた落合氏。

     現役時代には、ヒーローインタビューで打ったボールの球種を聞かれると決まって「真ん中まっすぐ」と答えるのも落合流だった。どんなコースのどんな変化球を打っても「真ん中まっすぐ」と答えていたのは、次からも続く相手との駆け引きの意味合いだったのかと問われると「いちいち球種なんて覚えてらんない」とあっさり。

     そこから話はちょっとばかり脱線し、日ごろ感じている疑問も口にした。「スライダーは(横に)スライドするからスライダーだろ?縦のスライダーって何?縦ならカーブでいいんじゃないの?」。そして、「オレはまっすぐしか待ってない」とし、「曲がってようが、来たところを打つだけだから。それに面倒くさいじゃん、いちいち。だから“真ん中まっすぐ”って」と振り返った。

    ソース スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000129-spnannex-base


    【【どうなの】落合博満氏、野球用語に疑問「縦のスライダーって何?縦ならカーブでいいんじゃないの?」! 】の続きを読む


    巨人・阿部、大田泰示は巨人在籍時「悲壮感しかなかった」 - SANSPO.COM
    巨人・阿部慎之助内野手(39)が14日、北海道遠征の際に立ち寄る札幌市内の居酒屋「ろばた焼き 大助」を貸し切り、90人のファンを招いてトークショーを行った。 …
    (出典:SANSPO.COM)



    (出典 yomiuri.konowadai.com)


    大田泰示は日ハムに行って良かったんじゃないかなと思う。

    1 ひかり ★

     巨人・阿部慎之助内野手(39)が14日、北海道遠征の際に立ち寄る札幌市内の居酒屋「ろばた焼き 大助」を貸し切り、90人のファンを招いて
    トークショーを行った。

     今季を振り返り、捕手に復帰する来季への意気込みなど、約1時間、軽妙なトークで楽しませた。話題は2016年に巨人からトレードで日本ハムに
    移籍した後輩、大田泰示外野手(28)にも及んだ。

     ドラフト1位で巨人に入団するも伸び悩んだが、日本ハム移籍後はレギュラーの座をつかみ、今季も打率・274、14本塁打、59打点と急成長。
    かつてグアム自主トレに同行させたこともある後輩の活躍を「泰示はハムに来てよかった。うち(巨人)にいたときは悲壮感しかなかった。彼は今、
    野球の楽しさを見つけたと思う。本当によかった」と喜んだ。

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000546-sanspo-base

    (出典 www.sanspo.com)


    【【思い出】巨人・阿部、大田泰示は巨人在籍時の事を回想「悲壮感しかなかった」!】の続きを読む



    (出典 scontent-sea1-1.cdninstagram.com)


    球団の買収とか難しいのかも知れないですね。

    1 砂漠のマスカレード ★

    球界再編ということは、なさそうである。

    大手ファッション通販サイト『ZOZO TOWN』を運営する前澤友作社長がプロ野球チーム保有の夢を「いったん断念することにしました」と報告した(12月11日)。
    今年7月、自らのツイッターで「プロ野球球団を持ちたい」と”願望”を語っていた。
    千葉ロッテマリーンズの本拠地球場のネーミングライツ権をすでに購入していること、
    そして、同社長が郷里・千葉県への強い愛着が持っていることもあって、各メディア、ファンは「ロッテ球団を買収か!?」と大騒ぎとなった。

    月旅行のための開発費50億ドル(約5600億円)の支援、アーティストら9人を同行させるための旅費約9億ドルの支出の公約。
    今年9月の壮大な夢の発表もあっただけに、プロ野球球団の買収は時間の問題とも目されていた。
    ケタ違いのスケールからしても、今回の“挫折”には疑問が残る。

    パ・リーグに詳しいプロ野球解説者がこう言う。

    「来季、ロッテ球団は『ロッテオリオンズ』誕生から数えて、50周年のメモリアルを迎えます。
    関連企業や地元企業には、2、3年前から『大々的にイベントを仕掛けていく』と伝えていました。だから、球団買収の噂を向けられたとき、球団関係者が激昂したんですよ」

    前澤社長は意味シンなこともツイートしていた。

    <複数の球団オーナー様や野球関係者様との面会を通し、球団保有の可能性を探ってきましたが、近々での球団保有はいったん断念することにしました>

    球団買収の話を持ちかけ、断られていたようだ。

    「前澤氏に対し、12球団が申し合わせて無下にしたような情報も交錯しています」(球界関係者)

    12球団の関係者には失礼な話になるが、資金力豊富で野球好き、地元愛の強い起業家が参画してくれれば、プロ野球界は今以上に盛り上がるだろう。
    NPBの関係者も分かっていたはずだ。球団オーナーに迎えられないとしても、プロ野球興行を盛り上げるための協力関係は築けたはずだが…。

    「プロ野球界に新規参入するにあたって、読売新聞主筆・渡辺恒雄氏に挨拶したのかどうかが重要になるとも言われています。

    渡辺氏は巨人オーナーの職を退いて久しいですが、存在感は今も健在なので」(前出・同)

    渡辺氏は92歳とご高齢だ。政財界にも広いネットワークを持ち、オーナー時代にはドラフト制度、フリーエージェント、国際試合などの改革案も牽引してきた。
    酔った勢いでの失言、暴言もあったが、今も強い権限持っているとする話はマンザラでもないようだ。

    NPB関係者によれば、渡辺氏は野球協約を完全に暗記しているという。
    オーナー会議で強いイニシアティブを握っていたのは、「野球協約の…」と、具体的に論じることができたからだそうだ。
    後にも先にも野球協約を暗記していたオーナーは渡辺氏だけだという。

    「プロ野球の世界は閉鎖的で、新参者を受け入れにくい傾向にあります。
    04年の球界再編時、IT企業やインターネット関連の事業者が『新しい企画』を訴えましたが、聞いている側はオジイチャンたちばかりでした」(ベテラン記者)

    前澤氏は「シーズンオフ後に球界へ提案するためのプランを作ります」とも綴っていた(直後に「シーズン後」に修正)が、閉鎖的な世界の息苦しさを痛感していたのではないだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1611211/
    2018.12.15 06:00 リアルライブ


    【【何と】球団買収に失敗!千葉ロッテが「存続」を勝ち取った裏事情!!】の続きを読む

    このページのトップヘ