愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > その他


    頑張りますね。

    1 jinjin ★ :2021/12/03(金) 14:13:07.29

    ムネリン41歳来季も独立リーグで現役続行!BC栃木と再契約合意発表「少しでも長く楽しくプレー」


    野球の独立リーグ、ルートインBCリーグ栃木は3日、川崎宗則内野手(40)との契約合意を発表した。

    在籍3シーズン目となる来年、6月に41歳を迎える川崎は球団を通じて
    「2022シーズンも栃木ゴールデンブレー*でプレーすることになりました。若い子たちと来シーズンも少しでも長く楽しくプレーしたいと思います。また球場でお会いしましょう。チェスト!」とコメントを発表した。


    鹿児島工高からドラフト4位で2000年にダイエー(現ソフトバンク)に入団。12年に大リーグへ移籍し、マリナーズ、ブルージェイズ、カ*の3球団でプレーした。

    17年にソフトバンクに復帰し、18年3月に体調不良で退団。
    19年は台湾プロ野球の味全で選手兼客員コーチを務め、20年から栃木でプレー。

    今季は45試合に出場し、チーム3位の2桁10盗塁を記録した。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/af4dc7722c94035b87451b524451cd862bf64ce5


    【ムネリン川崎宗則、41歳来季も独立リーグで現役続行! BC栃木と再契約合意発表「少しでも長く楽しくプレー」】の続きを読む


    人気ですね。

    1 jinjin ★ :2021/11/30(火) 23:22:48.62

    大物の参入も相次いでいる元プロ野球選手によるYouTubeだが、本当に多くの視聴者の心を掴んでいるのは誰なのか。

    「YouTubeが面白い元プロ野球選手」のベスト10の発表!


    (中略)


    5位 ウォーレン・クロマティ 8.5%
    クロマティチャンネル Cromartie Channel (チャンネル登録者数 4.1万人)

    5位は読売ジャイアンツで強打の外野手として活躍したウォーレン・クロマティ。レジェンド対談、エピソードトークを中心に展開されている。
    ケン・グリフィー・ジュニア、王貞治、秋山幸二、トリー・ハンター、レオン・リーなど他チャンネルには登場しない大物ゲストも出演。


    4位 デーブ大久保 10%
    デーブ大久保チャンネル(チャンネル登録者数 26.8万人)

    4位は西武ライオンズ、読売ジャイアンツでキャッチャーとして活躍し、東北楽天ゴールデンイーグルスで監督を務めたデーブ大久保。野球解説動画、レジェンド対談、エピソードトークを中心に配信している。


    3位 上原浩治 10.5%
    上原浩治の雑談魂(チャンネル登録者数 40.1万人)

    3位は読売ジャイアンツのエースやクローザーとして活躍し、MLBではワールドシリーズ胴上げ投手となった上原浩治。野球解説動画、エピソードトーク、ゲスト対談、ゲーム企画をメインに配信を行っている。
    読売ジャイアンツ、ニューヨークヤンキースで活躍した松井秀喜が初めてゲスト出演したYouTubeチャンネルが上原のチャンネル。

    2020年12月1日に公開された元読売ジャイアンツの高橋由伸との対談企画は275万回再生をされている。
    このチャンネルには過去に「プロ野球戦力外通告」「バ―スデイ」に関わった放送作家の谷田彰吾が制作に携わっている。


    2位 里崎智也 11.5%
    Satozaki Channel(チャンネル登録者数 48.8万人)

    2位は元千葉ロッテマリーンズでキャッチャーとして活躍した里崎智也。
    元東北放送アナウンサーの袴田彩会をアシスタントに迎え、野球解説動画、生配信、ドッキリ企画、ゲーム企画、ベストナイン、ドラフトなど野球という括りの中でありとあらゆる角度から攻めた内容の動画を配信している。

    プロ野球全試合をくまなくチェックするという里崎が細かく解説、野球ファンの支持を集めている。
    アシスタントの袴田はアシスタント就任以降、さまざまな野球関連動画や企画に呼ばれる機会が増え、2021年スポーツナビが実施した「好きなスポーツアナウンサーランキング・女性編」で1位に輝いた。


    1位 新庄剛志 14%
    新庄劇場(チャンネル登録者数 非公開)

    1位は阪神タイガース、北海道日本ハムファイターズで活躍、MLBで日本人初の野手となり、ワールドシリーズに出場した初の日本人でもある新庄剛志。2022年から北海道日本ハムファイターズの監督に就任する。
    「ただただYouTubeを楽しむチャンネル‼あげたい時にあげる!」をテーマにスタートした新庄劇場は、プロ野球OBYouTubeチャンネルに中では異質。グルメ動画、マジック披露、美容など野球とはあまり関係ない内容を中心に配信している。

    また、「新庄剛志ライフストーリー」という自身の半生を語る企画では、さまざまな困難に直面しながらもポジティブに生きてきた彼の生き様が伺うことができる。
    特に新庄が子供たちに野球指導した動画において、「バットを持って構えるときはリラックスして構える。傘を持つ体勢を参考に」「速く走るときは、脚は前に上体を反らないこと」といったわかりやすいアドバイスを行い、丁寧に優しく明るく指導するコーチングが高い評価を受けた。

    ※チャンネル登録者数は11月20日現在


    今回アンケートを実施した期間が日本ハムファイターズの来季監督就任の第一報が流れた直後であり、注目度が高まったことが後押しした結果となった。


    ランキング

    1位 新庄剛志 14%
    2位 里崎智也 11.5%
    3位 上原浩治 10.5%
    4位 デーブ大久保 10%
    5位 ウォーレン・クロマティ 8.5%
    6位 古田敦也 7%
    7位 藤川球児 6.5%
    7位 高木豊 6.5%
    9位 川上憲伸 5.5%
    10位 アレックス・ラミレス 5%

    11位 清原和博 4.5%
    11位 片岡篤史 4.5%
    13位 板東英二 3.5%
    13位 佐々木主浩 3.5%
    13位 岩本勉 3.5%
    16位 藪恵壹 3%
    17位 石毛宏典 2.5%
    17位 川藤幸三 2.5%
    17位 谷繫元信 2.5%
    20位 鈴木尚広 2%
    20位 森本稀哲 2%
    20位 高橋慶彦 2%
    20位 小田幸平 2%
    (複数回答)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3da05d1160f3f6a1189eaeec495d5dbe4d539110?page=1


    【『YouTubeが面白い元プロ野球選手ベスト10』 6位古田敦也、5位クロマティ、4位デーブ、3位上原浩治、2位里崎智也、1位は】の続きを読む


    野球を広めてね。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/11/30(火) 21:49:58.48

    11/30(火) 21:32配信 日本テレビ系(NNN)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3957e31ec65786e0a67b8b37b288c36c4a3d6c6e

    アフリカに甲子園大会をつくる「アフリカ55甲子園プロジェクト」の記者会見が30日に行われました。

    このプロジェクトでは、アフリカに日本の高校野球全国大会と同様の大会をつくり、「人づくり」と「競技普及」を目指しています。

    そして今回、アフリカ野球・ソフト振興機構(J-ABS)が行う「アフリカ55甲子園プロジェクト」の趣旨に賛同した松井秀喜さんが、J-ABS エグゼクティブドリームパートナーに就任しました。

    松井さんは、この取り組みに携わるきっかけについて「甲子園を目指して白球を追う若者がアフリカにもいると聞いて、とても感動した。同じ夢を持つ子供たちが、アフリカにいると思うと、アフリカが急に身近に感じました」とコメント。

    アフリカでの野球競技普及へ「野球・ソフトボールをするアフリカの少年少女がもっともっと増え、日本をはじめ各国の少年少女と交流する日を夢見ています」と語りました。


    【松井秀喜さん“アフリカに甲子園を”「甲子園を目指す若者がアフリカにいると聞いて感動」】の続きを読む


    どの球団に行くかな。

    1 風吹けば名無し :2021/12/01(水) 09:48:26.99

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e06a2b84182bbeed486735998e6ec4fc22f45541

    原辰徳監督も、山下の未来を嘱望する。20年には、1軍の開幕レギュラーとして考えていたという。ところが……。

    「新型コロナウイルスの影響で遅れた開幕直前の5月に、右手有鈎骨(ゆうこうこつ)を折ってしまったんです。手首の骨折は、打者にとって致命傷になりかねません。8月に実戦復帰しますが、今度は右ヒジを故障します。

    球団はやむなく、山下を治療に専念させるため育成選手に戻しました。今季も3軍で.366の高打率を残していたとはいえ、1軍でほとんど実績のない選手です。育成契約という巨人の方針は、やむを得なかったでしょう」(同前)

    巨人との契約を断り、プロ入り3年目で自由契約となった「育成の星」。将来性十分の山下なら、外野手の層の薄い球団は、どこでも欲しいだろう。候補には、多くのチームが上がっている。主砲・鈴木誠也のメジャー移籍が濃厚な広島、根尾昂ら若手が伸び悩む中日……。最右翼は、意外な球団だ。

    「新庄剛志・新監督が率いる日本ハムです。日ハムは今オフ、大田泰示や西川遥輝ら実績のある両外野手と契約せず、若返りをはかっています。21歳の山下は、うってつけの存在でしょう。

    また暴力問題を起こした中田翔を今季途中に移籍させたことで、巨人とのパイプは強くなりました。日ハム側も過去に、女性タレントとの不倫問題で騒動になった二岡智宏や、巨人で開花できなかった大田、矢野謙次などを受け入れています」(スポーツ紙担当記者)

    ケガに悩まされた未完の大器は、新天地で花を咲かせることができるだろうか。


    【巨人山下、日本ハム移籍が最有力候補か@@@】の続きを読む


    簡単にファンを変わるのか。

    1 数の子 ★ :2021/11/30(火) 22:24:54.57

     2年連続最下位から日本一に輝いたヤクルト。その強さは決して勢いだけではない。オリックスとの日本シリーズは6戦中5試合が1点差ゲームと手に汗握る接戦だった。4勝2敗と激闘を制し、セリーグの球団が日本一になったのは2012年の巨人以来9年ぶりだった。

    「攻略まではいかなかったですが、相手エース・山本由伸に球数を投げさせるなど粘りの野球がチーム内で徹底されていた。戦前は山本、宮城大弥の『ダブルエース』を擁するオリックスが地力に勝るのではないかという予想が多かったが、ヤクルトも奥川恭伸、高橋奎二が快投を見せるなど投手力で一歩も引かなかった。来年は相手球団のマークが厳しくなるが、投手も野手も伸び盛りの若手が多い。16~18年にリーグ3連覇を飾った広島のように黄金時代を築く可能性は十分にあります」(スポーツ紙デスク)

     15年に真中満元監督の下でリーグ優勝したが、その後の5年間は4度のBクラス、3度の最下位と低迷した。青木宣親、山田哲人、村上宗隆と打線にタレントを擁しながら、勝てない理由は投手陣に尽きる。先発陣は小川泰弘、石川雅規の2人しか計算できず、若手が伸び悩んでいた。しかし、投手コーチ、2軍監督としてチームを見てきた高津臣吾監督が再建する。将来の左右のエースと嘱望された奥川、高橋を中10日で登板させるなど酷使せずに「育成と勝利」を両立。救援陣も整備し、守護神の石山泰稚が不調とみるや中継ぎに配置転換し、マクガフを抑えに抜擢した。先発でくすぶっていた清水昇は救援に配置転換されて輝き、今野龍太、近藤弘樹など楽天を戦力外になった右腕たちが躍動した。

     ヤクルトを長年取材してきたスポーツ紙記者は、「開幕前に廣岡大志を放出し、田口麗斗を獲得したことで投手陣の雰囲気が明らかに変わった」と分析する。

    「廣岡はレギュラー獲得までには至らなかったが、右方向に本塁打が打てる大型遊撃手。その選手を手放してまで田口を獲得した事で、投手陣が本当の意味で危機感を覚えた。ドラフト1位で入団したがなかなか結果が出せなかった原樹理、日本ハムからトレード移籍2年目の昨季3勝と期待外れに終わった高梨裕稔は今年が正念場。結果を出すことで、先発ローテーションを巡るハイレベルな競争が繰り広げられた。田口は先発で結果を出せず、救援に配置転換されたが投手陣全体に与えた影響を考えると、間違いなくこのトレードは成功と言えると思います」

    全文は下のリンク先から読めます
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c6ee14f15401f47d18fe19819fc1a250fbf44f76


    【最下位から日本一でヤクルトファンが急増?巨人ファンから「鞍替え」のケースも〈dot.〉】の続きを読む

    このページのトップヘ