愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > MLB



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    中々良い背番号だと思います。

    1 風吹けば名無し :2020/01/09(木) 10:19:37.26

    ブルージェイズ・山口の背番号が「1」に決定 日本人投手初の1ケタ…球団HPで発表
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-01090066-sph-base


    【【背番号】山口俊、背番号1決定!日本人初MLBエース誕生へ!】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    投手大谷に期待したいですね。

    1 Egg ★ :2020/01/08(水) 10:55:57.51

    一昨年秋に右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けたエンゼルスの大谷翔平投手(25)が、昨年12月にリハビリを終了した。二刀流復帰を目指す今季を前に、同手術を執刀する慶友整形外科病院の古島弘三医師(49)に直撃。最速165キロ右腕が向き合うメジャー3年目を占った。(取材・構成 大林 幹雄、柳原 直之)

     群馬県館林市。この町に近年では年間約30~40件、国内では最も多い通算600件以上のトミー・ジョン手術を執刀している日本の権威、古島弘三医師がいる。一昨年秋の同手術を経て今季の二刀流復帰を目指すエンゼルス・大谷の復活を信じて疑わない一人だ。

     大谷は昨年12月中旬に右肘のリハビリを終了。術後16カ月目の今年2月は2年ぶりに投打二刀流でキャンプを迎えるが、古島医師は断言した。

     「気にしすぎてやるべきじゃない。不安なくやってもらいたい」

     同手術では術後3カ月で骨と腱が癒合し、4カ月目からは筋力アップ、フォーム修正などのリハビリに移行する。エ軍は今季の大谷の投球回数や球数、登板数などを制限する予定だが、古島医師は「もちろん制限した方がいいが、長くやるためにはケガをしていなくても制限をした方がいい」と解説。同病院では術後8カ月目から全力投球を許可している。エ軍のビリー・エプラーGMは大谷の投手復帰時期が5月にずれ込む可能性を示唆し、今月には起用法が発表される見込み。術後1年以上が経過し、入念にリハビリメニューをクリアした今回は万全を期したケースだ。

     競争の激しい大リーグ。通算288勝を誇る同手術「第1号」のトミー・ジョンは手術前124勝、術後164勝と飛躍を遂げた。大谷が二刀流でメジャーを席巻した18年から2年が経過。古島医師は「手術をしてから、翌年は打者に専念し、その翌年は投手で復帰するプランで来ている。順調に来ていると思われますし、テレビで拝見する限り問題なく復帰できるでしょう」と言い切った。

     1年目の18年、大谷は100マイル(約161キロ)超の剛速球を連発し、切れのあるスプリットやスライダーを軸にメジャーの強打者たちを圧倒した。今季の大谷の投球についても、古島医師は「元のように投げられる。普通に期待していいと思います」と断言する。

     ただ、直球は肘に最も負担がかかり、カーブ、チェンジアップのような「抜き球」ではないスプリットやスライダーも負荷が相応に大きい。同医師は「160キロを投げる選手は140キロを投げる選手より、負担は上がる」と説明。腕を思い切り振る強度に関して「手術しても普通にやれる」と、最高球速は落ちないとした上で、投球スタイルが変わる可能性に言及した。

     「変化球の割合が多くなるかもしれない。ダルビッシュ(カ*)や田中(ヤンキース)のように、変化球を多くしていく可能性はあります」

     昨季の右肘のリハビリ中、大谷はキャッチボールで以前より右腕のトップの位置を早くつくる投げ方を試した。「バイオメカニクス的な観点から言えば、故障が少ない投げ方は研究されている。左足が地面に接地する前の段階で(前腕を)上に持っていく方が肘に対する負担が少ないというのはある」と同医師。そのキャッチボールでは故障再発のリスクを抑えつつ、かつ力強い投球を追い求めている様子がうかがえた。

     手術後に球速が上がる選手について、古島医師は「手術をしたから速くなるわけではない。集中してリハビリに臨んだ効果、またそれまでの問題点を改善できた結果」との見解を示した。現在の「世界最速」はチャプマン(ヤンキース)とヒックス(カージナルス)による105・1マイル(約169・1キロ)。大谷には将来的な記録更新の期待もかかる。ただ、全力での剛速球は勝負どころで使い、それまでは変化球でコーナーを突いて長いイニングを投げる――。今季は大谷がそんな新スタイルを手にする年になるかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000113-spnannex-base


    【【復活へ】<大谷翔平>トミー・ジョン手術600件以上執刀の古島医師が断言!「元のように投げられる」「変化球を多くしていく可能性も.」】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)


    背番号も決定ですね。

    1 名無しさん@おーぷん :20/01/07(火)08:47:54

    レッズが6日、西武から海外フリーエージェント権を行使した秋山翔吾外野手(31)と3年総額2100万ドル(約22億7000万円)で契約したと公式ツイッターで発表した。背番号は4番。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200107-01070081-nksports-base


    【背番4!レッズが秋山翔吾と3年22億円で契約発表!!】の続きを読む



    (出典 baseballking.jp)


    大谷じゃ駄目なのかな。

    1 Egg ★ :2020/01/02(木) 22:14:54.67

    大谷翔平投手が所属するエンゼルスは1日、球団公式ツイッターを更新。「ハッピー・ニューイヤー」と新年を祝ったが、ファンからは投手補強を進言するコメントが相次いでいる。

     球団公式ツイッターはエンゼル・スタジアム中堅後方から赤い花火が上がる写真と共に“あけおめ”ツイート。ファンからは「エンゼルスはワールドシリーズを制覇する」、「2020年のワールドシリーズ・チャンピオンだ」、「レンドンと一緒にワールドシリーズへ行こう」と期待のコメントがされたが、思うように進まないチームの補強への“苦言”も多かった。

     このオフは地元出身でアストロズからFAとなっていた剛腕ゲリット・コールの争奪戦に敗退。ナ・リーグ打点王で世界一ナショナルズからFAとなっていた強打者アンソニー・レンドンを7年総額2億4500万ドル(約270億円)で獲得したものの、最重要課題だったエース級投手の獲得が出来ないでいる。

    「今年はいい投手とサインするでしょう」

    「本物のエースを獲得して」

    「何人か投手を獲得してください」

    「同じ投手でいくの? トラウトだけがチームの助けだよ」

    「この10年でチャンピオンにならなきゃ」

     右肘のトミー・ジョン手術からの復活を目指す大谷は今季中の投手復帰が期待されるが、イニング数などが制限される。FA市場にはエース級の投手がおらず、球団はトレードでの投手獲得を目指しているとされるが……。エプラーGMはファンを納得させるだけの補強ができるだろうか。

    1/1(水) 21:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200101-00650832-fullcount-base

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【エース】<大谷投手が所属するエンゼルス>、“あけおめ”ツイートも ファン辛辣「本物のエースを獲得して」】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    これはどうかな。

    1 風吹けば名無し :2020/01/01(水) 22:34:22.86

    1/1(水) 22:00配信Full-Count
    レッズ合意の秋山は「エルズベリー」 MLB公式が大討論「20発なら打てる可能性」

    MLBネットワークが大討論会を実施「出塁率.360、.350でしょうか」「20本塁打なら打てる」
     西武から海外FA権でメジャー移籍を目指していた秋山翔吾外野手がレッズと3年契約で合意したと米複数メディアが伝えた。
    カブス、パドレスなど複数球団との争奪戦の末にレッズ入りする日本の安打製造機について、MLBネットワークは番組で大討論会を実施。「数年前のジャコビー・エルズベリーを思い出した」と期待の声を寄せている。


     番組では秋山の2015年から過去5シーズンの打率、本塁打、OPSを紹介。15年にNPB歴代最多216安打を記録し、17年から3年連続で最多安打を記録するなど屈指の安打製造機ぶりに見せてきた。
    まず「レッズ秋山」に期待したのは米紙「ニューヨーク・ポスト」でコラムニストとして活躍するジョエル・シャーマン記者だ。

    「彼はここ5シーズン毎年143試合に出場しました。耐久性があります。出塁率はどうなるでしょうか? ここ5シーズン通算で.399としています。.040下がったとしても、中堅を守れる左打者としては素晴らしいです。
    恐らく.399にはならないでしょう。.360、.350でしょうか。.040、.050下がったとしても、守備ができますし、大きな契約です」

     米最大のスポーツ誌「スポーツ・イラストレイテッド」のトム・バードゥッチ記者は司会者との掛け合いで期待の声を寄せた。3度の盗塁王に輝くなどメジャー屈指の切り込み隊長として活躍した俊足巧打の外野手の名前を挙げて期待した。

     バードゥッチ記者「近年球界ではあまり見ないタイプの選手です。理想的な先頭打者。高い出塁率、左打者、俊足、平均以上の守備の中堅手です。彼の動画を見ましたが、数年前のジャコビー・エルズベリーを思い出しました。もちろん今のではないですよ」

     司会者「30本塁打30盗塁の時のエルズベリーですか?」

     バードゥッチ記者「30本塁打は多すぎですね。出塁率、インプレーにする能力です。彼が30本打てるかは分かりませんが、20本なら打てる可能性があると思います。
    インプレーにでき、俊足の左打者です。最高のシナリオなら、レッズは本当に良い中堅手、エルズベリータイプの選手を獲得したことになり、良い契約です」

     13年オフに7年総額1億5300万ドル(約167億2800万円)の超大型契約を結んだヤンキースでは度重なる故障で“不良債権”と化していたエルズベリーだが、レッドソックス時代の11年には32本塁打、39盗塁を記録。
    13年には52盗塁で3度の盗塁王に輝き、1番打者としてワールドシリーズ制覇に貢献した。

     米メディアから大きな期待を受けてレッズ入りする秋山。日本人未開のシンシナティの地で快音を連発させることを期待したい。


    【【予想】MLB公式「秋山はエルズベリー。20発打てる」】の続きを読む

    このページのトップヘ