愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > MLB



    (出典 dot.asahi.com)


    投手の需要は有りそうですね。則本の評価が高い様ですね。

    1 砂漠のマスカレード ★

    日米で数々の偉業を成し遂げた野茂英雄が1995年5月2日に衝撃のメジャーデビューを果たしてから23年余りの月日が流れた。
    イチロー、松井秀喜、松井稼頭央、松坂大輔、岩隈久志、青木宣親、ダルビッシュ有、田中将大、前田健太ら球界を代表する選手たちが続々と米国に渡り、
    今オフは西武のエース・菊池雄星がポスティングシステム(入札制度)による大リーグ移籍を目指している。
    侍ジャパンの4番に座るDeNAの筒香嘉智も契約更改の席で、来オフのメジャー移籍へポスティングシステム利用の容認を球団側に求めた。

    11月の日米野球で活躍したソフトバンクの柳田悠岐、西武の秋山翔吾も対戦した米大リーグ(MLB)選抜の首脳陣、選手から「良い選手だね」と賛辞の言葉を送られた。
    筒香、柳田、秋山と日本を代表する強打者たちについて、米国の実際の評価はどうなのだろうか。

    西海岸の球団スカウトは「筒香は評価が分かれるバッターですね。日本のパワーヒッターは米国で結果を残せなかったケースが少なくない。
    ただ打撃技術が高いので手元で動く球質に十分に対応できると思う。
    打率2割8分、20本塁打は残せるのではないでしょうか。秋山は青木に近いタイプのヒットメーカー。
    柳田はスピードとパワーを兼ね備えている。体格も米国の選手に見劣りしないし、大谷のような活躍をしても不思議ではない」と分析する。

    だが、このスカウトが数年前から最も重点的に調査している選手は筒香、秋山、柳田ではなかった。

    「楽天の則本(昂大)ですね。今年で3年契約が切れるのでオフにメジャー挑戦する可能性が十分ある。
    三振奪取率も高いし、投げっぷりがヤンキースの田中を彷彿とさせる。昨季の成績はあまりよくなかったですが、評価が下がることはありません。
    多くの日本人投手がメジャーでも結果を残していることも有利に働いていると思います。来オフは争奪戦になると思います」。

    2年連続で沢村賞を獲得した巨人の菅野智之の評価はどうだろうか。

    「菅野は能力的には申し分ないです。今すぐメジャーに来ても2ケタ勝利は勝てます。
    ただFA権を最短で取得するのも21年シーズンと少し先です。巨人がポスティングシステムを容認すれば則本以上の争奪戦になるでしょうけどね」
    日本人メジャーリーガーは野手より投手の方が活躍のイメージがわきやすいことが、評価基準にも影響しているかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190104-00000022-sasahi-base
    1/6(日) 10:00配信


    【【MLB注目】来オフのメジャー争奪戦になりそうな意外な日本人選手とは?www】の続きを読む


    マリナーズ移籍の菊池雄星、入団会見でイチロー愛を披露「イチローさんの本はほとんど読んできました」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
    西武からポスティングシステムで米メジャーリーグのマリナーズへの移籍が決まった菊池雄星投手(27)が3日(日本時間4日)、本拠地のTモバイル・パークで入団会見を ...
    (出典:Yahoo!ニュース)



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    入団会見もしたから、頑張って欲しいですね。

    1 鉄チーズ烏 ★

     西武からポスティングシステムで米メジャーリーグのマリナーズへの移籍が決まった菊池雄星投手(27)が3日(日本時間4日)、本拠地のTモバイル・パークで入団会見を行い、同僚となるイチローへの愛を語った。

     マリナーズでチームメートとなる菊池とイチロー。かねてイチローのファンで、岩手県営球場に試合を見に行った際にはオリックス時代のイチローが出場していた縁もあったといい「野球を始めたばかりでイチローさんのことしか知らないような状況で球場に行ったけど、オーラというか雰囲気というか、そういうのが昔の記憶だけどずっと記憶に残っています。それからイチローさんの本はほとんど読んできましたし、イチローさんの考えとかルーチンとかを知りたいと思って、特集や本はほとんど読んできたつもりです」と興奮を隠せなかった。

     今後は同時に試合に出場する可能性も十分にあるが「たくさん聞きたいがありますし、一緒にプレーさせて頂けるのが楽しみで仕方ないです。雲の上の存在過ぎて会うまで信じられないというのが本当の気持ちです。その上でもし一緒にプレーする機会があれば、一生の財産になると思うし、そのピッチングを楽しみたいと思います」と心を躍らせていた。

     菊池は1日に、最大で7年総額1億900万ドル(約120億円)の大型契約でマリナーズと合意に達していた。

     ◆菊池 雄星(きくち・ゆうせい)1991年6月17日、岩手・盛岡市生まれ。27歳。花巻東高3年時の09年センバツ準優勝、夏4強。同年ドラフト1位で6球団競合の末西武入り。2年目に1軍昇格し4勝、3年目からローテ入り。17年最多勝と最優秀防御率。18年まで2年連続ベストナイン。通算成績は158試合に登板、73勝46敗1セーブ、防御率2・77。16年にNHK BS1「ワールドスポーツMLB」のキャスター・深津瑠美と結婚。184センチ、100キロ。左投左打。西武での18年年俸は2億4000万円。


    1/4(金) 6:08配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-00000076-sph-base


    【【何と】マリナーズ・菊池雄星、入団会見でイチロー愛を披露「イチローさんの本はほとんど読んできました」www】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)


    凄い金額で、流石にメジャーですね。活躍する様に頑張って欲しいですね。

    1 砂漠のマスカレード ★

    最大120億円の超大型契約。マリナーズ入りが決まった菊池雄星投手(27)の年俸総額などが公表され、
    4年目までは総額5600万ドル(約61億6000万円)が保証される。

    3年目終了時に、球団側が延長契約の意思があれば2022年の年俸1300万ドルではなく、
    22年から25年まで4年総額6600万ドルの契約を結ぶことが出来、総額は1億900万ドル(約120億円)になる。

    ただし、球団側が延長契約を行使しなければ、菊池側に2022年の契約に関して選択権を持つ“超異例契約”となる。

    また、今回からポスティングシステムの譲渡金計算が変更されて、契約総額からの一定の割合から算出された歩合制となったため、
    現時点では保証されている5600万ドルに対しての金額で西武には1027万5000ドル(約11億3000万円)が支払われる。
    もし、新たな延長契約になった場合は、合計で1822万5000ドルに跳ね上がる。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00000002-sph-base
    1/2(水) 6:37配信


    【【決定】菊池雄星(西武)、マリナーズと最大7年120億円の超大型契約!!www】の続きを読む


    菊池雄星メジャー移籍間近!マリナーズ最有力 - 日刊スポーツ
    西武からポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指している菊池雄星投手(27)の移籍先最有力にマリナーズが浮上していることが12月31日、分かった。複数…
    (出典:日刊スポーツ)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    最終的にどうなるかな。一番心配なのは、活躍出来るかと言う事。

    1 砂漠のマスカレード ★

    西武からポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指している菊池雄星投手(27)の移籍先最有力にマリナーズが浮上していることが12月31日、分かった。

    複数球団との交渉が佳境を迎える中、交渉期限は米東部時間の1月2日午後5時(日本時間3日午前7時)と迫る。「メジャーリーガー雄星」誕生へ、いよいよカウントダウンに入った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00433701-nksports-base
    12/31(月) 23:30配信


    【【決まるか】菊池雄星メジャー移籍間近!マリナーズ最有力!!www】の続きを読む


    【プロ野球大将】半端ない大将 大谷翔平 来季はトリプルスリー! - 東スポWeb
    米国の野球ファンは、こう思ったはずだ。「大谷、半端ないって! あいつ半端ないって! めっちゃ飛ばすし、めっちゃ投げるもん。そんなんできひんやん、普通」。大谷の ...
    (出典:東スポWeb)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    大谷は期待したいけれど、来季は研究もされると思う。かなり大変かなと思います。

    1 ホイミン ★

    米国の野球ファンは、こう思ったはずだ。「大谷、半端ないって! あいつ半端ないって! めっちゃ飛ばすし、めっちゃ投げるもん。そんなんできひんやん、普通」。

    10月に右ヒジの靱帯再建手術を受けたため、二刀流復帰は早くても2020年以降になる。
    打者に専念する来季はメジャーで日本人初の40本塁打到達、さらに打率3割、30本塁打、30盗塁のトリプルスリー達成も決して夢ではない。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1233538/


    【【期待】半端ない大将 大谷翔平 来季はトリプルスリー!?@@】の続きを読む

    このページのトップヘ