愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心にスポーツや
話題がない時は芸能、ニュースも取りあげて、
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > MLB



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    又手術になるんですね。

    1 風吹けば名無し :2019/09/13(金) 11:07:36.92

    https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201909130000039.html
    エンゼルスは12日(日本時間13日)、大谷翔平投手(25)が
    13日(同14日)に左膝の二分膝蓋(しつがい)骨の手術をロサンゼルス市内の病院で行うことを発表した。
    全治は8~12週間の予定で、今季中の復帰は絶望となった。

    エプラーGMが電話会見に応じ「先天的なもので、シーズン中に症状が出てきた。
    マウンドでの投球プログラムを進めていくうちに、気になるようになってきていた。
    火曜日(2日前)の朝に手術を勧めて、昨日の朝に彼が決断した」と明かした。

    投手としては1日に右肘手術後では14度目のブルペン投球を行って以降、
    9日に軽めのキャッチボールを行っただけで、ここ2日間は投球練習を行っていなかった。

    20年シーズンの二刀流復帰を目指している。
    来春キャンプに間に合うかどうかについて同GMは「そう期待している。手術後により詳しい情報が分かるが、2~3週間で(リハビリを)再開し、強度を上げていって、だいたいではあるが、
    10週間をめどにブルペンに戻れるように考えている」と説明した。


    【【悲報】大谷翔平が左膝手術で全治8〜12週間! 今季絶望に!】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    もう少し本塁打が欲しいですね。

    1 豆次郎 ★ :2019/08/29(木) 11:40:33.32

    8/29(木) 11:37配信
    エンゼルス・大谷が161キロはじき返して二塁打! 6試合ぶり長打で3割復帰目前
    ◆エンゼルス―レンジャーズ(28日、アナハイム・エンゼルスタジアム)

     エンゼルス・大谷翔平投手(25)が28日(日本時間29日)、本拠地のレンジャーズ戦に「3番・指名打者」でスタメン出場。両軍無得点の初回1死一塁で左中間へ二塁打を放った。

     レンジャーズ先発はエマニュエル・クレース投手(21)。今年メジャーデビューしたドミニカ共和国出身の右腕で、これまで9試合に登板して1勝2敗、防御率4・35の成績を残し、オープナーとして初先発だった。

     160キロを超える速球を投げ込むクレースに対し、大谷は力負けしなかった。初球、真ん中付近に甘く入った99・8マイル(約160・6キロ)の速球系のボールに反応。大谷らしく逆方向にはじき返すと、左中間への二塁打となった。2試合連続安打で、8月20日のレンジャーズ戦以来6試合ぶりの長打。打率は2割9分9厘にまで上昇して3割復帰が目前となった。

     今月10~20日には、自己最長11試合連続安打を放つなど好調で、2割8分台前半までに落ち込んでいた打率も一時は3割を越えた。だが、21日以降の5試合では17打数2安打、打率1割1分8厘と当たりがストップ。再び打率は3割を切って、試合前の時点では2割9分7厘だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-00000065-sph-base

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【頑張れ】エンゼルス・大谷翔平が161キロはじき返して二塁打! 6試合ぶり長打で3割復帰目前!】の続きを読む


    【MLB】大谷翔平、4の2で打率.302 自己最長10戦連続安打&チーム最多11盗塁もサヨナラ負け(Full-Count) - Yahoo!ニュース
    レンジャーズ 8-7 エンゼルス(日本時間20日・アーリントン) エンゼルスの大谷翔平.
    (出典:Yahoo!ニュース)



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    本塁打がイマイチ少ないですね。

    1 ひかり ★ :2019/08/20(火) 14:34:25.65

    ■レンジャーズ 8-7 エンゼルス(日本時間20日・アーリントン)

     エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、敵地・レンジャーズ戦で「3番・指名打者」で2試合連続先発出場。2回の第2打席で自己最長
    10試合連続安打となる左中間適時三塁打を放つと、7回の第4打席で二塁強襲の内野安打。2試合連続、今季31度目のマルチ安打をマークし、4打数2安打1打点
    1四球。打率.302とし、約1か月ぶりに打率3割に乗せた。また、チームトップとなる今季11個目の盗塁も記録。打って走って躍動したが、チームは延長11回に
    サヨナラ負けを喫した。

     2回1死一塁では先発左腕アラードから左中間へ適時三塁打。10日(同11日)の敵地・レッドソックス戦からの連続試合安打を自己最長を更新する「10」に
    伸ばした。MLB公式サイトのレンジャーズ番TR・サリバン記者によると、大谷の三塁到達タイムは11.09秒で、スタットキャストが導入された2015年以来
    エンゼルスでは2番目に速いタイム。チーム最速はトラウトの11.01秒で2015年10月2日に記録している。大谷は秒速29フィート(約8.84メートル)、
    メジャー平均は秒速27フィート(約8.23メートル)となっている。

     7回2*第4打席では、3番手右腕ケリーから二塁・オドルのグラブを強襲する二塁内野安打を放った。打球速度は108マイル(約173.8キロ)を記録。
    8月は17試合で8度目のマルチ安打で、最近7試合で5度目の複数安打と好調だ。続くアップトンの打席では8月13日のパイレーツ戦以来、今季チーム最多となる
    11個目の盗塁をマークした。

     初回1死一塁では先発左腕・アラードのカットボールを振った際に捕手・トリビーノのミットにバットが触れた。自らアピールする打撃妨害で同一、二塁に
    好機を広げ、アップトンの中前への先制適時打を演出。続くカルフーンの右前適時打で三塁から2点目のホームを踏んだ。4回2*第3打席は二ゴロ、
    9回1*第5打席は四球、延長10回1死満塁の第6打席は二直併殺打だった。

     4打数2安打1打点で7月24日の敵地ドジャース戦以来26日ぶりに打率3割に乗せた。チームは初回に5点を先制。2回までに6点差をつけたが、
    投手陣が崩れた。延長11回に守備の乱れでサヨナラ負けを喫し、連勝は2でストップした。

    Full-Count編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00508109-fullcount-base


    【【打率上昇】エンゼルス・大谷翔平、4の2で打率.302に上昇 自己最長10戦連続安打!】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    久しぶりの本塁打でしたね。

    1 ひかり ★ :2019/08/19(月) 11:50:59.62

     ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が18日(日本時間19日)、本拠地でのシカゴ・ホワイトソックス戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場。
    7月27日(同28日)以来となる16号本塁打を放つなど、2安打2打点の活躍で、チームの勝利に貢献した。

     ホワイトソックス先発シーズに対し、初回の第1打席はツーシームをひっかけ二ゴロに倒れた大谷。第2打席は、1死二塁のチャンスで打席が回るも、
    低めのスライダーに手が出て空振り三振。5回には先頭打者として、2球目のチェンジアップを捉えライナー性の打球を右方向へ飛ばしたが、右翼フェンス手前で
    捕球された。

     シーズには3打席凡退に封じ込められた大谷だったが、7回の第4打席、四球で出塁したフレッチャーを一塁に置き、2番手デトワイラーが投じた外寄りのカットボールを
    上手くヘッドに乗せると、打球はセンターフェンスを超え74打席ぶりとなる一発となった。

     大谷は第5打席にも一塁強襲安打を放ち、マルチ安打をマーク。この日は5打数2安打、1本塁打、2打点、の成績で、打率.299、OPS.877とし、連続試合安打も
    自己最長の「9」に伸ばしている。

     エンゼルスは、4本塁打を放つなど打線が爆発。投げては先発キャニングが7回1失点と好投し、9-2でホワイトソックスに連勝した。

    ベースボールチャンネル編集部

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190819-00010001-baseballc-base


    【【朗報】エンゼルス・大谷翔平、久々の16号&自己最長9戦連続安打で3割目前! 】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)


    白星から遠ざかっていたからね。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/07/18(木) 06:54:10.49

     【ナ・リーグ カブス5―2レッズ ( 2019年7月17日 シカゴ )】 カブスのダルビッシュ有投手(32)は17日(日本時間18日)、シカゴでのレッズ戦に先発し、6回2安打7奪三振2死球の無失点で今季3勝目(4敗)。メジャー通算60勝に到達した。

     4月27日以来、14試合ぶり白星のダルビッシュは初回、2者連続三振で上々のスタート。4回まで毎回奪三振を記録し、5回2死まで無安打投球の快投で、6回83球で交代した。

    2019年07月18日 06:35野球
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/07/18/kiji/20190718s00001007106000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【勝てた】MLB・ダルビッシュが久しぶりの勝利! 6回無失点で4月以来14試合ぶりの3勝目!】の続きを読む

    このページのトップヘ