愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 高校野球


    変更するんだね。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/12/02(金) 18:43:03.11
    12/2(金) 18:08配信 毎日新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/75ff46284265214b652050e5dbe52cdd169a3cf6

     日本高校野球連盟は2日、春夏の甲子園大会などで導入されている延長十三回からのタイブレーク制度を延長十回からに早めると発表した。同日の理事会で了承され、来春の第95回記念選抜高校野球大会(3月18日開幕、阪神甲子園球場)から変更される見通し。

     タイブレークは延長十二回を終えて同点の場合、十三回は無死一、二塁から攻撃を始める制度で、投手らの負担軽減を考慮し、2018年の第90回記念選抜高校野球大会から導入された。延長十回からに早めることで、得点がさらに入りやすくなり、試合決着が早まる可能性がある。

     選手の健康管理、けが防止などを巡っては、日本高野連は20年からは「1人の投手につき1週間500球以内」の投球数制限、今春の選抜高校野球大会からは降雨などで試合が途中で打ち切りとなった場合、翌日以降に引き続いて試合を行う「継続試合」をそれぞれ導入している。【大東祐紀】

    【【高校野球】延長十回からタイブレーク 来春センバツから変更へ】の続きを読む


    イチロー色々な高校指導するね。

    1 少考さん ★ :2022/11/27(日) 22:35:54.12
    イチローさん球児に指導 都立新宿高校を訪問 | 共同通信
    https://nordot.app/969541709389332480

    2022/11/27

    Published  2022/11/27 19:17 (JST)
    Updated 2022/11/27 19:29 (JST)

     プロ野球オリックス、米大リーグのマリナーズなどで活躍し、2019年3月に引退したイチローさん(49)=本名鈴木一朗=が27日、東京都新宿区の都立新宿高校で、2日続けて野球部員に臨時指導した。文武両道の同高は、18年から小学生に野球教室を行っている。イチローさんは「勉強をやりながら野球をやるのは、時間が限られている。普及活動も熱心にやっている。僕も興味があって来ました」と訪問理由を語った。

     新宿高は強豪校とは言えず、部員も20人弱。イチローさんはキャッチボールなどで「力を抜く」や「下半身から力を伝える」など、実演を交えながら熱心に助言を送った。

    【イチローさん球児に指導 都立新宿高校を訪問】の続きを読む


    記録更新しそうだね。

    1 愛の戦士 ★ :2022/11/28(月) 11:06:55.18
    スポニチannex 11/28(月) 5:00

    花巻東・佐々木麟太郎
     来秋のドラフト上位候補に挙がる花巻東(岩手)の主将・佐々木麟太郎内野手(2年)が、相模原市で行われた横浜隼人(神奈川)との練習試合で1試合2本塁打をマーク。これで年内の練習試合は最終戦の予定で、高校通算本塁打を106号とした。

     「記録は関係ない」とチーム打撃を心がける主将。歴代最多は早実・清宮幸太郎(現日本ハム)の111本塁打とされており、来年の記録更新は確実。秋季東北大会2回戦で敗れ、選抜出場は絶望的だが、これまでの一塁から捕手、三塁、外野にも挑戦し、ラストチャンスとなる来夏の甲子園出場を目指す。

    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/b6ed70f179ea7d720a52feac02c4988b3ecaa10d&preview=auto

    【花巻東・佐々木麟太郎 年内最後の練習試合で2発締め!高校通算106本塁打到達】の続きを読む


    プロ目指してるのかな。

    1 征夷大将軍 ★ :2022/10/22(土) 17:21:52.91
    日刊スポーツ2022年10月22日13時40分
    https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/202210220000480.html

    <高校野球秋季関東大会:慶応5-3常磐大高>◇22日◇1回戦◇レジデンシャルスタジアム大宮

    清原ジュニアの1発が勝利を呼んだ。慶応(神奈川)は巨人などで活躍した清原和博氏を父に持つ、清原勝児内野手(1年)の勝ち越し2ランで勝利。「タイミングを大事に、いつも通りセンター返しを意識した結果でした」。18年以来のセンバツ出場に1歩前進し、笑顔を見せた。

    1-1と同点の4回1死一塁。3球目を振り抜くと、打球は弾丸ライナーで左翼席ポール際へ一直線。勝ち越しの2ランとなり、スタンドで観戦した父も大興奮。右手を高く突き上げ、ガッツポーズを見せたと、笑顔で拍手を送った。

    7回1*第4打席でも二塁打を放ち、父は再び拍手を送った。清原は「高校に入って初めて(生で本塁打を)見せることが出来た。こうやって見にきてくれるのはうれしい。お父さんにいいところを1試合でも多く見せられるように、頑張りたい」と話した。

    2回戦は25日、地元開催の1位でスーパーシードを獲得した昌平(埼玉)と対戦する。ここで勝利すれば、センバツ出場に当確ランプがともる。「次の試合も勝って、甲子園に」と意気込んだ。

    ◆清原勝児(きよはら・かつじ)2005年(平17)5月1日、東京都生まれ。幼稚園年長から野球を始め、小学時代はオール麻布でプレー。小6時、ジャイアンツジュニアに選出。中学時代は世田谷西シニアでプレーし、慶応では今秋からメンバー入り。名前の由来は「勝つ、こどもで勝児」。173センチ、80キロ。右投げ右打ち。兄は慶大2年の正吾内野手。

    【【高校野球秋季関東大会】慶應、清原和博氏の息子勝児の勝ち越し2ランで勝利「タイミングを大事に」センバツ出場に前進/慶応5-3常磐大高】の続きを読む


    少子化だからね。

    1 愛の戦士 ★ :2022/10/06(木) 13:00:48.39
    サンデー毎日×週刊エコノミストOnline
    10/6(木) 10:45
    阪神甲子園球場

     ここ数年、高校野球の部員減少が、未曽有の規模で進んでいる。

     日本高等学校野球連盟(高野連)の統計によると、全国の硬式野球部員(1~3年生、毎年度5月末時点)は1982年度が11.7万人で、91年度に15万人。2014年度にピークの17万人に達した後、18年度から急激に減り始め、22年度は13.1万人に減少している。

     将来の都道府県別野球部員数を予測してみた(表1)。ピークの14年度17万人から22年度13万人の8年間の減少率は23%。複数の関係者の「減少はこのまま進む」との見通しを基に、減少率23%で8年後の30年度、さらに8年後の38年度の部員数を試算した。

     ◇最大減少率熊本の34%

     その結果、全国合計で30年度は10.1万人、38年度は7.8万人となった。その後も減少率23%が続けば、55年度ごろには野球部員はほぼゼロとなる見通しだ。単純な試算に過ぎないが、今の子どもたちが60歳を過ぎる頃には、日本から高校野球が消滅している可能性もある。

     14度から22年度まで、全都道府県で部員数は減少しているが、減少率は地域によって差がある。減少率が最も高いのは熊本県の34%で、最も低いのは徳島県の7%。30%台は熊本県、奈良県、大阪府、長野県、福島県で、他はほぼ20%前後の水準だ。

     地域別では、東北は全体的に減少率が高い。九州・沖縄も同様で、北信越では新潟県と長野県の減少率は高いが、富山県、石川県、福井県の減少率は総じて低い。関東と近畿地域の減少率が高めな一方で、岐阜県、愛知県、静岡県の中部地域は他の大都市圏より低い。元々他県に比べ部員数が少ない高知県の減少率が高いのが目立つ。

     高野連加盟校も減っている。ただし、増加している地域もあり、14年度と22年度の比較では、埼玉県、岐阜県、三重県、奈良県、福岡県、沖縄県の加盟校は増加している。加盟校数は微減ないし増減なしの都道府県が大半だが、北海道は14年度245校から22年度207校と大きく減少している。

    ※続きはリンク先で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c522be1e058faad9554acbfda0a5872973dd36a4

    【少子化の波が高校野球にも押し寄せる 野球部員の減少をどう食い止める?】の続きを読む

    このページのトップヘ