愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > オリックス


    今年多いですね。

    1 首都圏の虎 ★ :2022/06/18(土) 17:21:22.20
    ◇パ・リーグ オリックス2ー0西武(2022年6月18日 ベルーナD)

     オリックスの山本由伸投手(23)が、18日の西武戦で自身初となる無安打無得点試合を達成。DeNAの今永昇太投手(28)が6月7日の日本ハム戦で達成して以来、プロ野球86人目、97度目の快挙を成し遂げた。

     ハーラー単独トップの7勝目が大記録達成となり、Yahoo!リアルタイム検索で「山本由伸」がトレンド入り。ネット上では「山本由伸すごすぎるわ。さすが日本のエース」「ノーノー達成おめでとう」「やっぱり日本のエースは山本由伸!!」「山本由伸さんスゴいですな。いつやるかなって期待してた」「山本由伸という神」「山本由伸さすが日本のエース!次は完全試合や」と喜びや祝福の声であふれた。

     なかには「今年のプロ野球ノーノー4人目って。まだ前半戦やで」「山本由伸がノーノー達成ですか。今年はどうなってるんすかね」「山本由伸ノーノーおめでとう。まだやってなかったのが意外」「山本もうとっくにノーノー達成してると思ったわ」「由伸ノーノー初めてだったことに驚き」といった驚きの声も多く上がった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5a25093282ed62c7f1c850b7014bf6db0da06155

    関連
    【野球】パ・リーグ L 0-2 B [6/18] オリックス山本由伸ノーヒットノーラン達成!!西武打線沈黙 [鉄チーズ烏★]
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1655538339/

    【86人目のノーノー達成「山本由伸」がトレンド入り ネット歓喜「さすが日本のエース」「山本由伸という神」】の続きを読む


    オリックスはコロナ多いですね。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/05/11(水) 18:50:23.08

    5/11(水) 16:11配信 日テレNEWS
    https://news.yahoo.co.jp/articles/177c8f44736e502120250fdfc9c7aaaaed6ec0d0

    能見篤史投手兼任コーチら3人が新型コロナ陽性判定
    プロ野球・オリックスは11日、前日に実施されたPCR検査で能見篤史投手兼任コーチ、齋藤綱記投手とスタッフ1人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表しました。

    3人は無症状で隔離療養をしているということです。

    オリックスは9日に吉田正尚選手、安達了一選手ら主力選手の新型コロナ陽性が判明し、チームを離脱しています。


    【オリックス 能見篤史が新型コロナ陽性】の続きを読む


    コロナ感染多いですね。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/05/09(月) 18:14:39.15

    2022年05月09日 14:57 野球 
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/09/kiji/20220509s00001173426000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     オリックスは9日、吉田正尚外野手(28)、安達了一内野手(34)、大下誠一郎内野手(24)の3選手とスタッフ1人が、8日に実施した新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。

     安達とスタッフ1人は発熱の症状があり、吉田正と大下は現時点で無症状で、「4人とも隔離療養を行っている」とした。

     チームは5月に入り勝ち星なしの7連敗中。吉田正はここまで全36試合に出場し、リーグ3位の打率・325に加え、4本塁打、25打点。主砲の離脱は28試合連続4得点以下の得点力不足に悩む打線の中で大きな痛手となる。

     チームでは4月下旬にも昨季本塁打王の杉本や福田、村西、阿部、山足の5選手とスタッフ1人が陽性判定となっている。


    【オリックスの主砲・吉田正尚、安達ら3選手がコロナ感染 7連敗中のチームに大きな痛手】の続きを読む


    メジャー行くのかな。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/04/28(木) 05:40:31.25

    4/28(木) 5:15配信
    東スポWeb

    先制2ランを放ちナインに迎えられる吉田正(東スポWeb)

    「侍仲間」の大活躍が自身の追い風となるか。昨季首位打者のオリックス・吉田正尚外野手(28)の打棒が爆発の兆しを見せている。

     開幕直後こそ打率1割台に低迷したが、4月中旬からは打撃も上向きに。26日の日本ハム戦(東京ドーム)では延長10回の決勝打を含む2安打を放ち、27日の同戦でも先制2号2ランを含む2安打3打点。打率は2割9分5厘にまで上昇した。さすがは3年連続首位打者を目指すバットマンといったところだが、その一方で気になるのが本人の「去就」だ。

     過去の契約更改の場ですでにメジャー挑戦の意向を示している吉田正。海外FAとなると24年のシーズン以降となりそうだが、本人は球団了承のもとポスティングによるメジャー移籍を希望していると言われる。今季も結果を残し、チームもリーグ連覇を果たせば球団側も本人の夢を後押しするはず。そんな吉田正の米移籍の追い風になりそうなのが、今季からカ*でプレーしている鈴木誠也外野手(27)の大活躍だという。

     シーズン序盤から打棒爆発。早くも週間MVPに輝くなどの結果を残していることで、メジャー側の日本人野手の評価も急上昇中。すでに複数のメジャースカウトは「吉田なら鈴木以上の成績を残せる可能性は十分ある」と今オフの移籍を視野に毎試合熱視線を送り続けている。

     駐日メジャー関係者も先日、こんな話を漏らしていた。

    「日本代表として国際大会での活躍経験もある吉田の名は米球界ではすでに知れわたっている。ただ、高い年俸を払って獲得しても1年目からすぐにメジャーに適応できるのか。この点が懸念されていた。だが、鈴木が開幕直後から予想以上の結果を残したことで、吉田にも太鼓判を押す関係者が増えている。仮に今オフ、球団側がポスティングに応じれば、メジャーの大半の球団が吉田の獲得に動くはず。しかもその総年俸は鈴木の大型契約(5年総額8500万ドル=約101億1500円)を上回る可能性もある。それぐらい吉田の評価は高まっている」

     吉田正は鈴木より1歳年上だが、2人はともに昨夏の東京五輪や19年のプレミア12で活躍。中軸打者として日本を世界一に導いた。そんな背景を考えれば、吉田正の評価が高まるのも無理はない。

     あとはオリックスと吉田正の動向次第だが…。今後は注目が集まりそうだ。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/38156c2c5df01f825c44565fe862ea95c1cc68ae


    【鈴木誠也〝効果〟で評価高騰! オリックス・吉田正のメジャー移籍に現実味】の続きを読む


    ヒット打ったんだね。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/04/24(日) 13:30:54.50

    4/24(日) 13:20配信スポニチアネックス
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b812c6becff484c293cd2ca3335d303367c75cd0

     ◇パ・リーグ オリックスーロッテ(2022年4月24日 京セラD)

     いきなり「H」ランプを灯した。

     オリックスは初回、先頭の福田が佐々木朗から右前打。159キロの直球を振り抜くと、打球は一塁手・山口のグラブをすり抜けた。

     右腕には前回10日の対戦でプロ野球28年ぶりの完全試合を許した。屈辱の一戦の初回から始まった佐々木朗は連続無安打イニングは17でストップ。3日の西武戦の8回2死から続いていた連続打者凡退も52人で止まり、不名誉な記録に終止符を打った。


    【いきなり止めた!オリックス・福田が先頭打者安打 佐々木朗希の連続無安打イニングは17でストップ】の続きを読む

    このページのトップヘ