愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > オリックス



    (出典 www.tokyo-sports.co.jp)


    オリックス補強しないのかな。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/01/02(土) 08:16:27.10


    (出典 img.5ch.net)

    1/2(土) 5:15
    東スポWeb

    高卒中心ドラフト続くオリックス 〝ソフトバンク風〟育成導入で低迷脱出は先延ばし?
    若手中心のチームを任されるオリックス・中島監督
     オリックスが〝高校生ドラフト〟にも強気な姿勢を見せている。

     2020年は最速153キロ、189センチ右腕の1位・山下舜平大(18=福岡大大濠)をはじめ、2位の元謙太(18=中京)、来田涼斗(18=明石商)ら6人中4人が高校生で、育成枠を6人指名。昨年も1位の宮城、2位の紅林ら5人中3人が高校生で育成枠は8人を獲得している。

     24年間も優勝がなく、長年の低迷から浮上するしかないチームだけに「高校生ばかり獲って大丈夫なのか」「優勝する気あるの?」などとファンから不安の声も聞かれるが、フロント関係者は自信をのぞかせる。

    「育成のオリックスですから方針通り。育つまで時間は多少かかるかもしれないけど、中嶋監督になってから中川、佐野、大下、杉本らが出てきている。モヤもよく打ったし、ジョーンズも日本に慣れてやってくれるはずだし、現有戦力で十分勝負になる。そこに宜保や太田が加われば十分上位を狙えますよ」と即戦力にこだわる必要はないと見ている。

     ソフトバンクの筑後ベースボールバークを参考にしたという舞洲の練習施設で若手をみっちり鍛え、数年後に一軍で実を結んでほしいというわけだが、一方でオリックスはこれまでも中長期スパンで育成に取り組んできており「育成、育成と言いながら24年も優勝がない。今からさらに何年も準備期間に入ることになるかもしれない」(球団関係者)とのため息も…。2年連続最下位で6年連続のBクラス。育成方針も結構だが、長年の低迷脱出こそ急務だ。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e5c044a528529f94cadbb58060a0296068262f18


    【高卒中心ドラフト続くオリックス ソフトバンク風育成導入で低迷脱出は先延ばし?】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    色々と逸話が出て来そうですね。

    1 Time Traveler ★ :2020/07/11(土) 12:52:10

    ◆パ・リ-グ オリックス4―3日本ハム(10日・京セラドーム大阪)

     有観客試合が始まったプロ野球で、観客のヤジと笑い声で打者がいったん打席を外すという、鳴り物応援なしの静かな観戦ならではの珍しいシーンが起きた。

     オリックス・日本ハム4回戦(京セラドーム)の8回裏1死二、三塁、オリックスが3点を追う好機でのことだった。代打・伏見寅威で投手は宮西尚生。カウント2ボール、2ストライク。伏見がファウルで粘り、打席で構えようとした瞬間だった。

     あるファンが大きな声でかけ声をさけぶと、ドーム中に響き渡り、ファンからドッと笑い声がわき起こった。すると伏見は集中が切れたのか、いったん打席を外し、緊迫の場面は仕切り直しとなった。

     中継の解説をしていた星野伸之氏は「音がないので、個人のしゃべった声がよく聞こえますね。普段は太鼓とか音を出していると聞こえない音なんでしょうけどね」と感想を口にしていた。

     なお伏見はこのあと、フルカウントから三塁ゴロ失策を誘い、オリックスは1点を返した。

     スタンドからの音を巡っては、無観客試合が行われていた際、中日・与田監督が放送席の声が聞こえると指摘し、話題になったことがあった。

    報知新聞社

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200710-07100256-sph-base


    【<オリックス> 緊迫場面のヤジで観客から笑い声、集中切れ打者が打席をいったん外す…静かな球場ならではの珍風景】の続きを読む



    (出典 baseballking.jp)


    メジャーに注目されているんですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/06/24(水) 07:31:12

    「ピッチングニンジャ」ことロブ・フリードマン氏がSNSで動画つきで紹介

     21日の楽天戦(京セラドーム)で今季初先発、8回3安打無失点10奪三振と圧巻の投球を披露したオリックスの山本由伸投手。そんな山本が、遠く海を隔てた米国で脚光を浴びている。

    「ピッチングニンジャ」の愛称で知られ、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブのロブ・フリードマン氏が、「ヨシノブ・ヤマモト、うんざりする(ほどすごい)カーブボール」と自身のツイッターで動画とともに右腕を紹介。「ヨシノブ・ヤマモトはそのうちMLBにくるだろう。彼はまだ21歳だ。才能は素晴らしく、確かなファストボールの球速を持っている」と伝えた。

     この投稿に、ファンからは「こんなの公平じゃないね」「なんてカーブだ!」「最後の打者は少なくとも2フィート(約61センチ)は離れたところを振っているね」「興味深い握りだな」「なんて才能だ。しかもまだ若い。注目すべき選手」「スイングしたとき、バットはボールと同じ市外局番エリアにすらいなかった」「ドジャースの投手ヒデオ・ノモを思い出したよ」と絶賛の声が殺到。メッツのマーカス・ストローマン投手もこの映像にツイッター上で反応するなど、現役メジャーリーガーも注目を寄せている。

     リリースポイントに注目した別のスロー映像では、「MLBにこの握りで投げている選手はいる?」との質問に「私が知る限りではいない」とフリードマン氏。日本では「宜野座カーブ」として知られるこの変化球も、米国ファンには初めて見るもののようで、「ヨーヨーを投げているみたいだな」「MLBの球団はヤマモトと契約すべきだ。彼は本当に嫌気が差すほどすごい」「観ているだけで肘が痛くなってくる」「観ているだけで手首が痛くなってくる」「いまリビングで(この投げ方を)試してみているよ」「Twitterが私を立ち上がらせて、ボールを取りに行かせたのはこれが初めてだ」と“未知の変化球”も合わせて注目が高まっている。https://news.yahoo.co.jp/articles/ef0c9e3b496b6188a6550989acfe794f74996e02


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    https://npb.jp/bis/players/53355134.html
    成績



    (出典 Youtube)
    &t=8s


    【オリ山本由伸(21)の“未知の変化球”に米球界大注目 「なんて才能」「ノモを思い出した」】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    又何でこんな事するんだろうか。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/04/02(Thu) 19:17:01

    4/2(木) 11:47配信 共同通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200402-00000060-kyodonews-base

     大阪簡裁は2日までに、プロ野球オリックスの試合の約1800席(1080万円相当)を1人で予約したのに入金せず、球団側にキャンセルさせたとして、業務妨害の罪で略式起訴された神戸市東灘区の無職の男性(41)に、罰金30万円の略式命令を出した。1日付。大阪府警が3月に逮捕し、大阪区検が今月1日に略式起訴していた。

     起訴状などによると、昨年9月10日、オリックスの公式チケット予約サイトから、同月28、29日の対ソフトバンク戦の計約1800席を予約したが入金せず、球団側にキャンセル手続きをさせて業務を妨害したとしている。


    【【仰天】プロ野球オリックス大量予約で無職の男(41)に罰金30万円 チケット千席、業務妨害罪】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)


    フリー打撃だけでは分からないですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/02(日) 08:26:09

    「オリックス春季キャンプ」(1日、宮崎)

    オリックスの新外国人アダム・ジョーンズ外野手(34)=前ダイヤモンドバックス=がキャンプイン初日となった1日、初のフリー打撃を披露した。
    61スイングで連発を含む7本の柵越え。初日から集まった7700人の観衆、そして昨年のキャンプイン時には姿を見せなかった西武、ソフトバンクのスコアラー陣をメジャーの打撃で魅了した。

    注目のジョーンズの初打ち。ランチタイムに設定されたフリー打撃にスタンド、グラウンドの全員がくぎ付けになった。

    軽いスイングながら鋭い打球を左右に打ち分ける。本数を重ねるにつれて飛距離は伸びていった。豪快に左翼スタンドに運ぶと、思わず感嘆の声があちこちから漏れた。
    2打席連発を含む61スイング中7本の柵越え。その数より、メジャー通算282本を生み出してきた芸術品といってもいいスイングに誰もが魅了された。
    西村監督は「軽く打っているだけでスゴい打者だと思いました」と思わず目を細めた。

    この人たちも魅せられた。西武・亀井スコアラーは「やりそうだなと。本物は見ていて楽しい。前評判通り。
    日本の投手にも苦労しなさそう」。ソフトバンク・竹口スコアラーは「いい選手ですね。実績残しているだけある。
    グリップが動かない。軸がしっかりしている。打率を残すでしょうね」と警戒を超えて称賛した。
    そもそもパの2強が初日からスコアラーを派遣すること自体、昨年まではなかった。AJ効果だ。

    当の本人は「2カ所で打つというのは向こうではないけど、いい感じで打てたよ。ボールがどこに行くかではなく、逆らわずに打つようにした」と笑顔で振り返った。
    外野ノックの間にはほかの外野手から質問攻め。「大きな家に住んでる?子どもは?奥さんは背が高い?…」。
    揚げ句の果てには外野手食事会の開催まで約束されたという。「僕のおごり?。ノープロブレム」。

    ジョーンズ劇場は初日から大盛況だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200202-00000028-dal-base
    2/2(日) 7:30配信


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 news.nifty.com)


    【【凄い】オリックス・アダム・ジョーンズ パ2強呼び寄せた!軽〜く振っただけで柵越え7本】の続きを読む

    このページのトップヘ