愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 日本ハム


    目立ちたいだけかな。

    1 Egg ★ :2022/01/06(木) 19:34:30.48


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=566&h=640&exp=10800


    日本ハムのビッグボス・新庄剛志監督が6日、都内で行われた映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」(7日公開)の前夜祭スペシャルイベントにスペシャルゲストとして登場した。

     雪が舞う中、スパイダーマンの衣装で登場。同作の吹き替えを担当する中村獅童らとともに、トークで盛り上げた。「今日のためにめちゃめちゃ鍛えてきたんですけど、これを着せられたという。ちょっとショックでした」と笑いを誘いつつ、「小さい頃から仮面ライダーとキングコングとスパイダーマンに憧れて、今日本当にこの衣装を着られて幸せです。夢がかないました」と笑顔を浮かべた。

     ビッグボスは現役時代にスパイダーマンのマスクをかぶり、ファンを沸かせたこともあった。スパイダーマンのイベントに参加するのは初めてで「このオファーをもらった瞬間に1秒で決めた。1秒で『やります!』って。それくらい大好きなんですよ。野球のパフォーマンスでもスパイダーマンをかぶってやったりもしていたし。それくらい大好きで」と語った。

    スポーツ報知 1/6(木) 19:29
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4f8df0510528f62d0081e5ccdf11dbbc176e07dd


    【<新庄剛志ビッグボス>「スパイダーマン」イベントに登場!「今日本当にこの衣装を着られて幸せです。夢がかないました」】の続きを読む


    プロ入り後活躍出来るかな。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/01/05(水) 07:10:01.89

    2022年01月05日 05:30 野球
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/01/05/kiji/20220104s00001173523000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     日本ハムが23年ドラフトに向け、超高校級スラッガーの花巻東・佐々木麟太郎内野手(1年)を密着マークすることが分かった。1年生ながら早くも高校通算50本塁打とアーチを量産。清宮の高校通算最多とされる111本塁打を更新する勢いで、同じ左打ちの稲葉篤紀GMが直接視察する可能性もある。

     これまでスカウト会議で下級生の個人名が挙がることはなかったが、球団幹部は「各大会で“下級生も見てください”と話をしている」と明かした。その下級生の筆頭候補に挙がるのが佐々木。1メートル83、113キロの巨体スラッガーについて、球団関係者は「清宮の111本を超える可能性がある」と期待した。

     中学では花巻東出身の大谷翔平(現エンゼルス)の父・徹さんが監督を務める金ケ崎リトルシニアでプレー。打撃の手本とするのが、メジャー歴代最多の通算762本塁打したバリー・ボンズ(元ジャイアンツ)だ。新庄監督はジ軍でボンズとともにプレー。2人は固い絆で結ばれ、昨年11月の監督就任直後には、スポニチ本紙を通じて「新庄!おめでとう!幸運を祈る」とエールを届けた。新庄監督は1年契約だが2年後まで指揮していれば、ボンズ打法完成へこれほど頼れる指南役もいない。

     日本ハムの昨季チーム本塁打78本はリーグワーストで唯一の2桁台。大砲獲得による得点力の上積みが不可欠だ。新球場「エスコンフィールド北海道」が開業する23年の秋に控えるドラフト。新球場の顔として1位指名が期待される規格外の怪物を注視していく。

     ≪3・18開幕センバツ出場決定的 父・洋監督と東北勢初V狙う≫佐々木は準決勝で敗退した明治神宮大会後の11月28日に東海大相模と年内最後の対外試合を行い、高校通算50号となる右越え本塁打を放った。高校通算111本塁打の清宮を上回るペースで量産中。今年の対外試合は3月5日に解禁される。花巻東は3月18日開幕のセンバツ出場が決定的で父・洋監督と東北勢初優勝を目指す。

     ▽新庄監督とボンズ 2人は02年にジャイアンツでプレー。中堅・新庄、左翼・ボンズで左中間を守った。新庄監督は開幕前に「左中間の打球は全部、俺がキャッチする。お前は右方向だけ。あとは打つことに集中しろ」と声を掛けると意気投合。チームは13年ぶりのワールドシリーズ進出を果たした。当時のボンズは孤高の存在だったが、新庄監督とは仲を深め、「俺のバディ(相棒)」とボンズに呼ばれる関係となった。


    【新庄日本ハム 花巻東・佐々木麟太郎を密着マーク!1年生ですでに通算50発 清宮超え十分】の続きを読む


    流石に出過ぎでは。

    1 Egg ★ :2022/01/03(月) 23:06:21.80

    日本ハム新庄剛志監督が3日、年末年始のテレビジャックを終えた。

    この日は、「VS魂 2022超豪華 新春3時間スペシャル」(フジテレビ系)に登場し「ジョーカーっぽいでしょ?」と大きな白い襟付きの服装でトランプの“ババ抜き対決”に参加。12月30日から5日連続で6番組に出演するなど、売れっ子芸能人並みの露出度で全国のお茶の間に顔を広めた。

    今回のテレビジャックには、自身が出演することで、日本ハムに注目を集めたいというBIGBOSSの狙いがあった。収録などで、12月は、ほぼ休みなしで活動。広告塔としての責務を果たした。

    日刊スポーツ 1/3(月) 21:35
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e5dcfb4bc332de28626d74efad277a198f90ba13

    写真

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=640&h=571&exp=10800


    【<新庄剛志ビッグボス>年末年始のテレビジャック終了!広告塔の責務を果たす】の続きを読む


    目立ってますね。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/03(月) 14:23:06.58

    1/3(月) 13:49
    東スポWeb

    日本ハム・新庄監督がチームの垣根飛び越えSNSで反応 オリックス・中嶋監督に「営業妨害です」
    新庄剛志監督(東スポWeb)
     日本ハムの「ビッグボス」新庄剛志監督(49)が3日、自身のインスタグラムのストーリーを更新。オリックス・中嶋監督に苦言を呈し、ロッテ・藤原には感謝した。

     まず苦言を呈した相手は、日本ハム選手時代(04〜06年)の同僚で21年シーズンにオリックスを25年ぶりのリーグ優勝に導いた中嶋聡監督(52)に対して。

     同監督が新庄監督に対して「野球に関してはすごく真面目。一緒にやっていた時もそう。守備位置の問題とか『ここ、先頭(打者の)配球どうします?』とか行ってきたし、すごい野球に関しては真面目。でも、いざテレビカメラがバッと来た時に豹変するからね」と証言した記事を添付した上で、こうつづった。

    「中嶋監督〜これは営業妨害です ファイターズ時代お世話になった大好きな中嶋さん 本当にオシャレで渋い方でした!! しかし ボコボコにやっつけます!!」(原文まま)

     一方で、今季から背番号を「2」から「1」に変更し、その手本とする新庄監督を「自分自身の売り出し方がとても上手な人。僕もオフにテレビをつけたらまた出ていると言われるくらいオファーが来る選手になれるよう、結果を残していきたい」としたロッテ・藤原恭大外野手(21)に対しては「そう思われていただき光栄です」と感謝のメッセージを寄せた。

     日本ハムだけでなく、チームの垣根を飛び越えSNSでリアクション。就任会見で「球界全体を盛り上げる」と宣言していた通りの広報部長ぶりを実践していた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/14930cfe22fd2b8ff0905d5814fd981c80322867


    【日本ハム・新庄監督がチームの垣根飛び越えSNSで反応 オリックス・中嶋監督に「営業妨害です」】の続きを読む


    二刀流挑戦なんですね。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/30(木) 07:32:42.37

    12/30(木) 5:15配信
    東スポWeb

    秋季キャンプでは打撃練習にも取り組んだ日本ハム・上原(東スポWeb)

     日本ハムの新二刀流・上原健太投手(27)が元同僚・大谷翔平投手(27)の偉大さに改めて敬意を表している。

     栗山前監督の勧め、稲葉GMからの打診を受け上原は、11月の秋季キャンプから投打二刀流への挑戦を始めた。沖縄・国頭での秋季キャンプ、千葉・鎌ケ谷での秋季練習を通して「実際に動いてみて、とんでもなく疲れる。今までやったことがない動きをするので、疲労がすごい。キャンプ、シーズンに入ったらとんでもないなと思ったんですけど、そこに慣れるしかない。早く慣れなきゃいけないと既に今は焦っています」とやって初めて分かる二刀流の大変さを語る。

     当初、二刀流挑戦に「楽しそうだな」と思っていたという上原だが、実際に稲葉GMから話をもらった直後は「返事ができなかった」と本音を漏らす。

    「新体制になってどういう環境になるか分からない。やってみたいけど、自信がない。でも、とりあえずやってみるしかない」という葛藤の中で、新庄監督からも「まずは楽しむこと」と背中を押され、迷いを振り切れたという。

     そして、実際に始動してみて実感したのは二刀流でメジャーのリーグMVPにまで上り詰めた大谷のすごさだ。「まさか自分がこういう立場になると思わなかったので(練習の仕方が)全く分からない。そういう感じでアイツ(大谷)と接してしなかったので。どういうタイミングでピッチングをしていたとかが分からない」と語る上原はこう続けた。

    「とにかく疲れ方が全然違います。すぐに筋肉痛になる。ピッチャーの疲れと打者の疲れが全く違う。(左投げ左打ちなので)打って張るのは右半身、投げて張るのは左半身。(打者は)重いものを振り回すので首が張る。強い打球を飛ばすのと、強い球を投げるのは(体の使い方が)似ているので相乗効果を期待してます。(理想の打者?)そんなの考える余裕はないです。アイツ(大谷)と比べられたら、レベルが全然違うので」

     もちろん、投手として23試合(130回1/3)に登板し9勝、防御率3・18をマークした上で46本塁打、100打点を挙げられるマルチな才能はメジャーでも大谷だけ。それは日米の野球ファンが十分周知している。上原は上原の二刀流を作り上げるしかない。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e44eb3a2dfeb16492779d10d8ca95d45faa7a67a


    【日本ハム・上原健太 “二刀流” 挑戦で知った大谷の凄まじさ「とにかく疲れ方が全然違います」】の続きを読む

    このページのトップヘ