愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 日本ハム


    頑張れ。

    1 それでも動く名無し :2022/11/29(火) 15:16:03.62
    日本ハム・万波中正外野手(22)が札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、昨季年俸900万円からアップでサインした(金額は推定)。

    「もっとできると思っていた自分がいた。後半戦で上積みができなかった。自分の実力が露呈したと思いますし、なかなか悔しい1年でした」

    高卒3年目の今季は100試合に出場し、いずれも自己最多となる14本塁打、40打点、打率・203をマークした。「(球団に)これだけチャンスをいただいて結果を残せなかったことを重く受け止めていますと伝えました」と悔しさをにじませた。

    「絶対来年やってやろうと思っている。外野の争いはさらに熾烈になる。今年のままでは1軍にいたり試合に出たりするのは難しいと思う。レベルアップしてがっちりレギュラーをつかみたい」と気合を入れた万波。打率・260、30本塁打、80打点を目標に掲げた。並々ならぬ覚悟とともに4年目へ挑む。

    【万波中正(2割3厘14本40打点)年俸増も危機感「今年のままでは1軍にいられない」】の続きを読む


    又交渉するんだね。

    1 それでも動く名無し :2022/11/29(火) 06:52:21.41
    https://news.yahoo.co.jp/articles/59c951c5b7b558c08041b54851c696a83ac1f486

    ハムとホークスと3回目の交渉を行うと決めた

    【近藤健介さん、FA再度交渉して決める】の続きを読む


    誰になるかな。

    1 それでも動く名無し :2022/11/28(月) 20:53:59.40
    ダルビッシュにやってほしい
    ピッチャー俺をやって

    【新庄の次の日ハムの監督は誰?www】の続きを読む


    スカウトなんだね。

    1 Anonymous ★ :2022/11/25(金) 18:31:40.50
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9f34e778d3a6c57ea109dcbb6f0019afb456890e

     日本ハムは25日、来季から多田野数人前2軍投手コーチがプロスカウト、矢野謙次前2軍打撃コーチがアマスカウト、川名慎一前2軍育成コーチがチームスタッフに就任すると発表した。

     矢野氏は2021年から2軍打撃コーチ、多田野氏と川名氏は今季から2軍コーチを務めていたが、今月3日に契約満了に伴って退任することが発表されていた。

    【日本ハム、多田野数人のプロスカウト就任を発表】の続きを読む


    赤字は辛いね。

    1 ネギうどん ★ :2022/11/25(金) 10:32:41.06
     来春開業の新球場「エスコンフィールド北海道」問題に揺れる日本ハムが、来季の主催全71試合を同球場で行うことがわかった。

     日本野球機構(NPB)がパ・リーグの公式戦日程を発表したことで判明したもので、これまで行ってきた釧路、帯広、旭川、函館など道内だけでなく、東京ドーム、静岡など道外の地方主催試合も取りやめた。日本ハムの開幕戦は他のカードより1日早い3月30日で、楽天を迎え撃つこととなった。パ・リーグ関係者が言う。

    「日本ハムはとにかく、東京ドームでの興行を早くやめたがっていた。コスパが悪く『やればやるほど赤字』だとか。来年から新球場に専念したいという口実で打ち切られたのだから、内心は喜んでいると思いますよ」

     昔はどの球団でも地方主催試合が多くあったが、近年は減少傾向にある。どうしてなのか。パ・リーグ関係者が続けて明かすには、

    「地方ゲームはいわゆる地元有力企業がお金を出す『買い切り興行』のため、景気が悪く買い手がつかなければ、なかなか実施できないのです。球団にとっては、本拠地でずっと試合ができれば実入りもよく、選手の負担も少なく済む。広島がマツダスタジアム開業以降、北陸や北海道で頻繁にやっていた地方主催試合を取りやめたことにも、同じ経緯があるのです」

     日本ハムのオールドファンにとっては寂しいが、これも時代の流れなのか。

    https://www.asagei.com/excerpt/235581

    【日本ハム「やればやるほど赤字」東京ドーム試合やめた!釧路も帯広も静岡も「全中止」の衝撃】の続きを読む

    このページのトップヘ