愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 日本ハム



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    メジャー指向の選手多いですね。

    1 風吹けば名無し :2020/07/03(金) 21:55:55.73

    日本ハムの有原航平投手が19日、今オフにもポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦する意向を改めて示した。新型コロナウイルスの感染拡大で開幕が延期されているが、
    千葉県鎌ケ谷市内で練習後、オンライン取材で「それは変わらない。チームに貢献することがその先にもつながる。必ずチームが優勝するように頑張りたい」と決意を語った。

     昨季15勝を挙げて最多勝に輝き、契約更改交渉の席で球団に要望していた。大リーグも開幕が延期され、先が見通せない状況でも気持ちはぶれなかった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d9834788fc6bd1e9b5296d17219a0598e5b56632


    【日ハム有原、メジャー挑戦ぶれず 今オフにもポスティングで】の続きを読む



    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    巨人の沼田まだまだですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/06/12(金) 20:48:27.22

    野村が左中間アーチ、万波は左翼2階席まで飛ばした

    日本ハムの野村佑希内野手、万波中正外野手が12日、巨人との練習試合(東京ドーム)で1軍定着アベック弾を放った。

     まずは野村だ。「7番・三塁」で先発出場。菅野に2打席連続空振り三振に倒れたが、7回先頭の第3打席で支配下登録された沼田から左中間席へアーチをかけた。

     3回守備から途中出場した万波も続いた。同2死のフルカウントから沼田のチェンジアップを強振。打球は左翼2階席へ飛び込むド迫力の一発となった。

     野村は18年ドラフト2位、万波は同4位で日本ハム入りした。練習試合2戦連発中の清宮幸太郎ら、将来楽しみな逸材が揃っている。

    6/12(金) 16:06
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200612-00799587-fullcount-base


    (出典 Youtube)



    (出典 Youtube)


    https://www.nikkansports.com/m/baseball/professional/practice/main_m.html?sj_PageID=GA20201986member
    試合スコア


    【日ハム野村&万波が高卒2年目アベック弾! 巨人19歳沼田との同学年対決で圧倒】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    清宮はこれからかな。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/06/09(火) 18:57:59.77

     プロ野球は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて開幕延期が続いたが、3カ月遅れでようやく始まる。当面は無観客。野球ファンはテレビ観戦するしかないが、真剣勝負ならではの緊張感がテレビ画面を通しても伝わってくるはずだ。

     19日の開幕に向け、選手は練習試合で実戦勘を取り戻している。若手にとっては最後のアピールの場だ。しかし、3年目で飛躍が期待される日本ハム・清宮幸太郎がふがいない。栗山監督の厳しい口調も目立ってきた。

     4日のロッテ戦。若手主体の打線を組み、清宮は4番で起用されたが4打数無安打に終わった。練習試合3試合で7打数無安打と全く快音が聞かれず、栗山監督は報道陣に向かってこう言った。

     「(新聞に)書いておいてよ。超スットコドッコイ。何なんだよ。怒ってるよ」

     7日のDeNA戦。若手主体の打線を組み、清宮は再び4番で起用されたが、3打数無安打に倒れた。

     「何なんだろうね、幸太郎のワクワクしなくなっちゃった感じは。打球が寂しいのよ」

     「超スットコドッコイ」、さらに「ワクワクしない」――。こう解釈した。たとえ三振しても、力強いスイングなら期待が持てる。しかし、強振できず当てにいく打撃ばかりが目立つ。積極的に打ちにいく姿勢も感じられない。だから、打席で何かやってくれそうな雰囲気もない。実戦勘を取り戻している最中とはいえ、「調整」と言える立場ではない。

     清宮は早実時代、高校歴代最多の通算111本塁打を放ち、鳴り物入りでプロ入りした。天性の柔らかさとパワー。当たれば飛ぶが、プロの投手はスピード、制球力があり、球種も豊富で、そう簡単にフルスイングはさせてくれない。1軍では、当てにいく打撃が目立つ。3年目を迎えても、それは変わっていない。投手にとって最も怖いのは、三振を恐れずに強振してくるバッター。長打力があれば、なおさら怖い。清宮に求められているのも長打力だ。合わせるような打撃でヒットを打つことではない。

     清宮は優しい性格で、天然っぽいところも育ちの良さを感じる。一方で、反骨心があるようには見えない。「超」まで付いた「スットコドッコイ」。栗山監督の辛らつな言葉はもちろん、大きな期待の裏返しだ。清宮自身も分かっているだろうが、甘んじて受け入れるだけでは何も変わらない。悔しい思いがあるなら、栗山監督を見返すくらいの気概を見せてほしい。「スットコドッコイ」には、奮起を促す意味が込められている。(記者コラム・飯塚 荒太)

    2020年06月09日 12:00
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/06/09/kiji/20200609s00001173165000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【殻を破れぬ、清宮幸太郎 フルスイングで「スットコドッコイ」から脱却へ】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    戦力になってないからね。

    1 風吹けば名無し :2020/06/01(月) 09:18:38

    毎年言われてるから、来年の契約もいけるっしょ!


    【斎藤佑樹が今年こそラストチャンスと言う風潮】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)


    本番で打って欲しいですね。

    1 ニーニーφ ★ :2020/05/30(土) 20:28:01

    日本ハムは30日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設でケース打撃を行い、3年目の清宮幸太郎内野手(21)が本塁打含む3打数3安打と大爆発した。
    1打席目は右腕・村田の直球を捉えて中前打。2打席目は守護神・秋吉の外角直球を再び中前へ運んだ。
    そして、一発が飛び出したのは3打席目だ。再び秋吉との対戦。外寄りの直球を強振し、右中間の防球ネット上部を直撃する大きな放物線を描いた。
    25日に21歳の誕生日を迎えた若き大砲は「いい感触だった。自主練習期間中に取り組んできたことがそのまま出せた」と振り返った。

    昨秋に手術を受けた右肘の状態を考慮し、今春キャンプは2軍スタートとなったが、現在はスローイングも問題なくできるまでに回復。
    過去2年は相次ぐ故障などで開幕1軍入りは果たせなかったが、3年目で初の開幕1軍入り、そして開幕スタメンを猛アピールした。

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/05/30/kiji/20200530s00001173324000c.html


    【日ハム・清宮幸太郎(21)、ケース打撃で覚醒 秋吉からHR 3打数3安打 開幕スタメンを猛アピール】の続きを読む

    このページのトップヘ