愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 日本ハム


    中々のスピードですね。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/09/07(火) 19:08:43.26

    2021年09月07日 15:44野球
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/09/07/kiji/20210907s00001173292000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     【イースタン・リーグ 日本ハム8―0巨人 ( 2021年9月7日 鎌ケ谷 )】 今年5月に外野手から投手に転向した日本ハム・姫野優也投手(24)が7日、イースタン・リーグ、巨人戦で投手デビューした。

     7回2安打無失点と好投した先発・吉田からバトンを受けて2番手として8回のマウンドに上がった。先頭のウレーニャに対し、背番号161の注目の初球は154キロ直球。2球目はこの日最速となる155キロ直球を投げて空振りを奪うと、カウント1―2から155キロ直球で空振り三振。続く八百板にはカウント0―1から136キロスライダーで一ゴロに打ち取った。2死から山瀬には四球を与えたが、平間は148キロ直球で三邪飛に打ち取り、1回無安打無失点と上々のデビューを飾った。

     姫野は大阪偕星学園から15年ドラフト8位で入団し、1軍出場は18年の2試合。昨オフに戦力外通告を受け、今季から育成選手契約を結んでいた。入団時から強肩には定評があったが、球団のスピードガンによるとこの日投じた直球16球のうち、150キロ超は12球。155キロは3球と、今後に大きな期待を抱かせる鮮烈デビューとなった。


    【投手転向の日本ハム・姫野が2軍で鮮烈投手デビュー 最速155キロ!16球中12球が150キロ超】の続きを読む


    全然駄目なのかな。

    1 Egg ★ :2021/09/04(土) 20:14:40.50

    暴力行為によって無期限の出場停止を科せられた中田翔が、日本ハムから無償トレードで巨人に移籍した。シーズン途中の放出について賛否両論の意見があるが、球団フロントはチームに残しておくべきではないと判断したのだろう。

     戦力面で言えば、長年4番を打ってきた中田の移籍は大きな痛手だ。ただ若手にとってはレギュラー獲りの大きなチャンスともいえる。その中で、球界を代表する長距離砲がファーム暮らしでくすぶっている。清宮幸太郎だ。

    ■清宮は「打てるポイントが限られている」

    「練習熱心ですし、野球に対する姿勢に問題があるわけではない。ハングリー精神が足りないと言われていますが、今の若い子供たちは闘志を全面に出すタイプの方が少ないし、それが致命的な問題ではない。清宮の課題は打てるポイントが限られていることです。
      
      高校時代はもっと幅広いゾーンを打っていた印象でしたが、今はインコースがさばけず、アウトコースも体が開いてしまって高い確率で凡退する。ツボにはまれば長打が出るが、その確率が低い。
      
      最下位に低迷するチーム事情なので、ファームで結果を残せば1軍に昇格できるチャンスが広がっているのですが、清宮は今年1軍に一度も上がってない。このままでは正直厳しいです」(スポーツ紙記者)

     高卒4年目。期待だけで起用される時期は過ぎている。昨年は96試合出場で打率.196、7本塁打、22打点。チームに貢献したとは言い難い成績だったが、開幕からシーズン終盤までファームに降格することがなかった。

     今年は違う。オープン戦13試合出場で打率.167、0本塁打と結果を残せず、故障以外では初の開幕2軍スタートになった。

    同期・村上は球界を代表する長距離砲に
     清宮は9月3日現在、イースタンで打率.196、15本塁打、47打点の成績を残している。本塁打、打点はチームトップだが、2割を切る打率で課題とされている確実性が向上していない。

     プロは結果がすべての世界だ。同期入団のヤクルト・村上宗隆は球界を代表する長距離砲となり、東京五輪の金メダルにも貢献。大きく水を開けられた。

     「和製ベーブ・ルース」と形容された清宮はこのまま終わってしまうのか。まだ22歳と捉えるか、もう22歳と危機感を抱くか。残された時間はそう多くない。

    Jキャストニュース 9/4(土) 6:00
    https://news.yahoo.co.jp/articles/918e38510f61651d7edb9ecf911ba542b9fd8def

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=634&q=90&exp=10800&pri=l


    【【野球】<清宮幸太郎>「2軍で打率1割台」の現実...中田退団でチャンス到来も...「このままでは正直厳しい」】の続きを読む


    村上との差が激しいですね。

    1 風吹けば名無し :2021/09/03(金) 06:59:29.56

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e6b5d510b5e8b7be65798327f6c9c1c53da9818d
    日本ハム清宮幸太郎内野手(22)が、イースタン・リーグの西武戦で今季15号ソロを放った。

    1点ビハインドの2回無死、西武のアンダースロー右腕・与座海人の直球を右中間席に運んだ。

    プロ4年目の今季は1軍出場はなく、イースタン・リーグでは88試合に出場し、打率1割9分6厘、15本塁打、47打点。


    【2軍・清宮幸太郎.196(317-62) 15本 47打点 93三振】の続きを読む


    今頃と言う感じかな。

    1 Egg ★ :2021/08/31(火) 18:03:34.83

    「チーム内の暴力問題ならびに球団公式ツイッター公開動画の問題で…」

    日本ハムは31日、公式ホームページ上で、チーム内で起きた暴力問題などについて川村浩二球団社長名で謝罪した。同僚選手に暴力をふるって出場停止処分となり、その後巨人にトレード移籍した中田翔選手の件に関しては、会見をせず退団となったことに「皆様を失望させてしまったことを、深くお詫び申し上げます」と述べた。


    「ファンの皆様へ」とのタイトルで更新された文章の冒頭では「この度は、チーム成績も低迷する中、シーズン中にもかかわらず、チーム内の暴力問題ならびに球団公式ツイッター公開動画の問題で、皆様にご不快な思いやご心配をお掛けしまして、誠に申し訳ありません」と陳謝。球団に対して多くの意見が寄せられていることに触れ「真摯に受け止めております」とした。

     巨人にトレードされた中田は、日本ハムで会見せずに移籍。その点に関して疑問視する声も上がる中、「皆様に対して『ファイターズの中田翔』としての声を発する機会を設けぬままの退団となってしまい、皆様を失望させてしまったことを、深くお詫び申し上げます」と綴った。

     球団では「トレード時の一般的な慣行に従い、移籍前の会見は控えさせて頂きました」と説明。一方で、移籍によって出場停止処分が解除されたことを踏まえ「退団前に皆様への謝罪・説明の機会を設けるべきでした」と認めた。

     さらに、4月11日にSNSで公開された試合前の選手円陣動画で不適切な発言があった問題にも言及。「差別的発言が収録されていたことを心よりお詫び申し上げます。差別的発言は、どのような状況、どのような間柄であっても、決して許されるものではありません。円陣内の個別発言について確認が至らないまま球団公式ツイッターでそのシーンを公開したことは、当球団の管理体制が不十分でした」とした。今後はチーム関係者全員にコンプライアンス研修などを実施し、管理体制を強化していくことも説明した。

     両問題を含め「同じチームに所属する者同士が、年齢や成績や肩書等に関係なく、互いに相手を尊重し、1つのチームとして一致団結し、皆様に応援していただけるような試合とプレーをお見せすること、そのために全力を尽くすことを、改めて、監督、コーチ、選手その他役職員を含む全てのチーム関係者において徹底して参ります」と改めて決意表明。「当球団として『ファンサービスファースト』の原点に今一度立ち返り、皆様から愛される球団を目指して、活動を見つめなおして参りますので、何卒よろしくお願い申し上げます」とまとめた。 

    8/31(火) 16:45 フルカウント
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b935165655e41db369db25015c0b97a393575cef

    写真

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=427&q=90&exp=10800&pri=l


    【<日ハム>中田翔の暴力&説明なきトレードについて、公式ホームページ上で謝罪!「深くお詫び申し上げます」】の続きを読む


    1軍に上げるレベルじゃないかな。

    1 風吹けば名無し :2021/08/29(日) 07:07:35.82

    【田村藤夫】今の吉田輝星にギア不要 初回から全力で出し惜しまず飛ばせ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f041300537f94c385242329f121e6c464cf481ff

    吉田はこの試合で5回を投げ、7安打4失点。97球を投げ4奪三振4四球という内容だった。初回に25球を投げているが、私の見た位置からは、ほとんどストレートだった。2球だけ、カットボールと判別できないボールがあったが、以前見た吉田の試合でも初回はストレートのみだったことから、この試合も初回はストレート限定だったと感じた。

    吉田に対しては、初回はストレート限定で投げるように指示が出ている様子だった。それは、2軍戦とはいえストレート限定で相手打者を圧倒していくことで、吉田にストレートを磨かせようという意図があると聞く。それを踏まえて初回の球威を見ると、最速は146キロ。セーフティーバントを含めて2安打。球速はまずまずだが、バットに当てられており、吉田特有のスピン量のある空振りの取れる球質とは言えなかった。


    【【悲報】吉田輝星さん、OBにボロクソに叩かれる「ギアチェンジとか調子に乗るな」】の続きを読む

    このページのトップヘ