愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心にスポーツや
話題がない時は芸能、ニュースも取りあげて、
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 日本ハム



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    小笠原氏の監督の目はないのかな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/09(水) 06:18:20.10

    日本ハムが、来季組閣の目玉として、球団OBで前中日2軍監督の小笠原道大氏(45)を招聘(しょうへい)することが8日、分かった。

    1軍打撃部門の要職を要請しているもようだ。
    球団の北海道移転後初の日本一に貢献し、パ・リーグMVPに輝いた06年以来、14年ぶりの古巣復帰となる。
    来季の巻き返しに向け、重要課題である打線強化の旗頭として、愛称「ガッツ」のレジェンドに白羽の矢が立った。

       ◇   ◇   ◇

    小笠原氏が北海道へ帰ってくる。来季、1軍打撃部門の要職として入閣することが判明した。
    90年代後半からビッグバン打線の中心として活躍し、球団が北海道へ移転した草創期も支えたレジェンドOB。
    移転後初めて日本一を勝ち取った06年には、本塁打と打点の2冠でリーグMVPを獲得した「ガッツ」。
    指導者として、14年ぶりに古巣へ戻ることになった。

    打線強化の切り札として指名された。今季のチーム本塁打は93本。リーグワーストで、唯一3ケタに届かなかった。
    長打力不足は得点力の低下にもつながり、8月以降の失速、5位に終わった要因の1つとなった。
    小笠原氏は東京ドームから札幌ドームへ移転元年の04年こそ18本塁打だったが、05年は37本、06年は32本をマーク。
    広い本拠地にアジャストした経験値、ノウハウは大きな力になる。

    次代を担うスラッガー育成にも期待がかかる。同氏が06年オフに巨人へFA移籍して以降、球団の日本人打者で30発超えは15年の中田だけ。
    球団には同じ左の長距離砲である清宮や、右では新人の野村や万波ら有望株が控える。
    23年春には北広島市内に新球場も開業する予定で、新たなボールパークで打線の主軸を張れる和製大砲を育てることも任務の1つとなる。

    栗山監督にとっても心強い参謀となる。同氏は99、00年には犠打をしない「強打の2番打者」としてブレークした。
    指揮官も昨季から強打者の大田を2番打者に据える打線を基本としている。
    目指す攻撃型の打線を体現してきただけに、ともに新たな強力打線の構築を推し進めることができそうだ。
    近年のパ・リーグは全体的に球場が狭くなった。山賊打線を擁する西武が連覇を果たしように、打ち勝てる強さが求められる。
    覇権奪回への肝となる攻撃力アップが、ガッツに託される。

    ◆小笠原道大(おがさわら・みちひろ)1973年(昭48)10月25日、千葉県生まれ。
    暁星国際からNTT関東を経て96年ドラフト3位で日本ハム入団。入団時は捕手。
    3年目から内野手転向。02、03年首位打者。
    06年は打点、本塁打の2冠でMVPに輝き、チーム44年ぶりの日本一に貢献。
    巨人にFA移籍した07年に史上2人目の両リーグMVP。
    13年オフに中日へFA移籍。15年引退。16~19年に中日2軍監督。通算打率3割1分は歴代9位(4000打数以上)。
    通算378本塁打、2120安打。ベストナイン7度、ゴールデングラブ賞6度。178センチ、84キロ。右投げ左打ち。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-10080827-nksports-base
    10/9(水) 4:00配信


    (出典 Youtube)

    06年 小笠原道大 応援歌

    https://sp.baseball.findfriends.jp/player_image.php

    (出典 baseballking.jp)

    https://column.sp.baseball.findfriends.jp/show_img.php

    (出典 i.ytimg.com)


    http://npb.jp/bis/players/21323884.html
    成績


    【【驚き】日本ハムが小笠原道大氏を招聘へ! 14年ぶり古巣復帰!】の続きを読む



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    焦らず治してください。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/10/06(日) 14:11:19.08

     日本ハムは6日、清宮幸太郎内野手(20)が17日に右肘関節形成術を行うと発表した。リハビリには約3ケ月を要す見通しで、来年2月の春季キャンプでの復帰を目指すという。

     清宮は球団を通じ「来シーズン開幕までに時間があるこの時期に、手術をするという決断は自分自身ではプラスに捉えています。今はしっかりと治すことに専念して、また進化して戻ってきたいと思います」とコメントした。

     清宮は昨年7月に右肘の炎症を訴えたことがあり、今季終盤にも右肘の違和感を訴えて、守備練習でもスローイングを制限。千葉・鎌ケ谷の2軍施設での秋季練習には参加せず、病院で診察を受けていた。


    2019年10月06日 10:06野球
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/06/kiji/20191006s00001173197000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【決断】日本ハム・清宮幸太郎 17日に右肘手術へ! リハビリに約3ケ月を要す見通し!】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    怪我ですかね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/04(金) 18:56:09.79

    右肘の違和感を訴えている日本ハムの清宮幸太郎内野手(20)が、手術の可能性も検討していることが明らかになった。
    4日、千葉・鎌ケ谷で報道陣に対応した吉村浩GMは「肘の状態を含めて協議しているところ。
    本人にとって来季に向けて何が一番いいか」と説明。
    近日中に今後の方針を決める予定で、手術の可能性について問われると「それも含めて検討している」と否定しなかった。

     清宮は昨年7月にも右肘の炎症を訴えたことがあり、今季終盤にも右肘の違和感を訴えて、
    守備練習でもスローイングを制限するなどしていた。
    この日は鎌ケ谷での秋季練習には参加せず、病院で診察を受けていた

    10/4(金) 17:59配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191004-00000205-spnannex-base.view-000

    成績
    http://npb.jp/bis/players/41545136.html


    【【故障か】日本ハム・清宮 右肘手術も検討!…吉村GM「来季に向けて何が一番いいか」】の続きを読む



    (出典 image.space.rakuten.co.jp)


    そろそろ難しいとは思う。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/02(水) 19:09:31.14

    プロ野球はレギュラーシーズンの全日程を終え、第1次戦力外通告期間が2019年10月1日、始まった。

    セ・リーグではリーグ2位でクライマックスシリーズ進出を決めたDeNAが大量10選手に戦力外を通告し、
    パ・リーグではリーグ3位の楽天が9選手を戦力外とした。
    セ・パ各球団から今後も戦力外、自由契約選手らが出てくる模様で、選手の去就に注目が集まる。

    ■斎藤は2年連続で勝ち星なし

     今シーズンはセ・リーグの大物選手の現役引退が相次いだ。
    巨人の上原浩治投手(44)がシーズン中の5月に現役を引退し、9月に阿部慎之助捕手(40)が現役引退を発表した。
    阪神では日本球界在籍10シーズンを記録したランディ・メッセンジャー投手(38)が引退し、
    広島では通算165セーブの永川勝浩投手(38)がグローブを置いた。ヤクルトでは館山昌平投手(38)をはじめ4選手が今シーズン限りの引退を発表した。

    ここ最近、戦力外通告期間の時期になると話題に上がるのが日ハムの斎藤佑樹投手(31)だ。
    高校、大学とエリートコースを歩み2011年のプロ1年目には6勝をマーク。

    翌12年は5勝に止まり、以降は下降の一途をたどる。
    プロ9年目の今シーズンは11試合に登板したが未勝利に終わり0勝2敗。
    2年連続で勝ち星に恵まれず、ここ5年間でわずか2勝しかしていない。

    成績に比例するように年俸も右肩下がりとなっている。
    2013年の3500万円(金額は推定)を頂点に徐々に下がり、19年は1500万円となり、プロ1年目の年俸に並んだ。
    ただ、球団をはじめ栗山英樹監督(58)の期待は高く、
    今シーズンは「オープナー」の先発投手として起用されるなど、一定のチャンスを与えられてきた。
    ファーム暮らしが長く続く中、本人は腐ることなくイースタンで4勝をマークしている。

    昨年は106選手が戦力外通告を...

    2年連続で1軍未勝利ということもあり、日ハムの動向に注目されたが、10月1日現在、日ハムが戦力外通告をしたのは5選手で、
    この中に斎藤は含まれていない。
    また、斎藤にとって「追い風」となりそうなのが栗山監督の続投だ。
    10月2日、日ハムは正式に栗山監督の来シーズンの続投を発表。斎藤の復活に期待する栗山監督が来シーズンも指揮を執ることで、残留の可能性が高くなってきた。

    一方、巨人のベテラン岩隈久志投手(38)、中島宏之内野手(37)の2人も残留が濃厚となっている。
    岩隈は今シーズン、1軍での登板はなかったものの、原辰徳監督(61)の意向もあり残留の可能性が高い。
    一方の中島は、クライマックスシリーズ(CS)に向けて1軍に合流していることから、来シーズンの戦力として指揮官の構想に入っているようだ。

    第1次戦力外通告期間は10月4日まで。
    昨年は第1次期間に66選手が通告を受けた。第2次期間は、CS全日程終了翌日から日本シリーズ終了翌日(日本シリーズに出場した2チームはシリーズ終了5日後まで)までとなる。
    昨年は計106選手が戦力外通告を受け、その多くが球界を去って行った。

    10/2(水) 17:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00000008-jct-spo

    http://npb.jp/bis/players/01905133.html
    通算成績


    【【どうなる】日ハム・斎藤佑樹 今季未勝利で来季の契約は有るか? 】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)


    監督が変わると思ったら、続投ですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/02(水) 12:24:35.57

    ◆ 「オレがやるやらないはちっぽけなこと」

     日本ハムの栗山英樹監督が2日(水)、シーズン終了のオーナー報告を行うために都内で畑佳秀オーナーと会談。その席で来季続投の要請を受け、受諾した。

     オーナー報告の冒頭、栗山監督は「まずは本当に申し訳有りませんでした。
    日本ハムグループの皆さん、ファンの皆さん、応援してくださった皆さん、なんとかお応えしようと必死に戦ったんですが、今年の戦い方に関しては僕自身の責任。本当に申し訳なく思っています。
    ただ選手たちは最後まで本当に必死になって戦ってくれた。まずはそのお詫びを」と謝罪。

     畑オーナーは「シーズンも終わりましたので、総括的に我々自身もしっかり分析して考えてきた」と語り、約30分間の会談がスタート。
    会談後、報道陣の前に姿を見せた畑オーナーが「北海道日本ハムファイターズを本当に愛し、指導していただいている、よく理解している栗山監督に、
    来シーズンの巻き返しを図るためにチームを引っ張っていってもらいたい」と続投を要請したことを明かし、
    栗山監督は「言葉でどうのこうのではない。単純に、応援してくれる皆さんに勝って喜んでもらう。それだけを考えてしっかりやります」と決意を新たにした。

     オーナー報告では「チームとして、自分がやるやらないではなく、来年ファイターズが勝つために必要なこと、自分が感じたことを伝えた」と語り、
    来季に向けた具体的な課題については明言しなかったが、「いっぱいあるさ。それを来年しっかり直して勝ち切る姿を見てもらうしかない」と、“優勝”という結果で応えることを誓った。

     就任8年目のシーズンを5位で終えた栗山監督は「ケジメをつけないといけない」と、3年連続で優勝を逃した責任を取る覚悟を持っていたが、
    オーナーや社長から「来年、勝って責任をとるのも、責任」との言葉を受け、再び指揮をとる覚悟を決めた。これで栗山監督は、連続在任年数で大沢啓二氏(1976~83年)を抜いて球団最長の9年目を迎える。

    ▼ 栗山監督の年度別成績
    12年:1位(74勝59敗11分)勝率.556
    13年:6位(64勝78敗2分)勝率.451
    14年:3位(73勝68敗3分)勝率.518
    15年:2位(79勝62敗2分)勝率.560
    16年:1位(87勝53敗3分)勝率.621
    17年:5位(60勝83敗0分)勝率.420
    18年:3位(74勝66敗3分)勝率.529
    19年:5位(65勝73敗5分)勝率.471

    ▼ 畑佳秀オーナーコメント
    栗山監督は5位という結果に終わり責任を重く受け止めておられましたが、編成面でのサポート不足や、
    故障者が相次いだ不可抗力などを考慮すれば夏場以降の不振は監督一人の責任ではないと考えるべきで、
    チームがベストの方向に進むよう、フロントも一体となって強い現場の構築を推し進めていくことが重要だと考えます。
    本日のシーズン総括の中で今年の課題と今後に向けた対策が明確に示されたことから、ファイターズを熟知している方に、巻き返しを託すのがベストだと判断しました。
    ぜひ、ファンの皆様のご期待に応えるべく北海道にペナントを奪回し、今年の悔しさを晴らしていただきたいと思います」

    ▼ 栗山英樹監督コメント
    選手に悔しい思いをさせ、ファンの皆さんのご期待に応えられなかった責任を感じていましたが、畑オーナー、
    川村球団社長から来年勝つことがけじめのつけ方だと仰っていただきました。
    ファイターズが来年勝つために必要なことはしっかりお伝えしましたが、課題と対策が何であるのか、皆さんに対しては言葉で表すのではなく、
    チームを建て直して勝ち切る姿を見ていただくだけだと思っています。
    2012年に監督に就任した時以上に、皆さんや選手たちの思いを背負う責任を強く感じて、
    もう一度喜んでいただける1年にすること、ただその一点だけを考えてしっかり戦います。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00204627-baseballk-base
    10/2(水) 12:02配信


    (出典 baseballking.jp)


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【仰天】日本ハム・栗山監督の続投決定!球団最長の9年目へ「言葉でどうのこうのではない」】の続きを読む

    このページのトップヘ