愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 西武


    FA流出「最多」の西武、浅村も移籍へ なぜ続く?元球団職員に聞いた
    FA流出「最多」の西武、浅村も移籍へ なぜ続く?元球団職員に聞いた  J-CASTニュース
    (出典:J-CASTニュース)



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    西武はFAで出る選手多いね。何故か疑問が出て来ます。

    1 砂漠のマスカレード ★

    西武・浅村栄斗内野手が、国内フリーエージェント(FA)権を行使して楽天に移籍することが2018年11月21日、決まった。
    FA権を行使して西武から他球団に移籍したのは、FA制度がスタートした1993年以降、12球団最多となる17人目となった。

    浅村を巡っては、楽天、ソフトバンク、オリックスが獲得に名乗りを上げていた。宣言残留を容認していた西武は、
    19日の交渉でこれまでの3年15億円の条件から上積み提示したが、浅村が選択したのは楽天移籍だった。

    リーグVのチーム主将が最下位チームへ 異例の移籍
    20日夜に浅村から電話で移籍の旨を伝えらえたという西武の渡辺久信シニアディレクター(SD)兼編成部長は「何よりも浅村残留を望んでいたファンに対しては大変申し訳なく思っています」
    とファンに向けて謝罪の意を表したが、西武のFA流出は浅村だけにとどまりそうもない。

    西武からFA権を行使した炭谷銀仁朗捕手の獲得に巨人が3年総額6億円を用意。
    16日の初交渉で、大塚淳弘球団副代表を通じて原監督からメッセージを受けた炭谷は、巨人移籍に前向きな姿勢を示しており、西武のFA流出は避けられない状況だ。

    リーグ優勝をした球団の主将が、その年の最下位のチームに移籍すること自体、異例のことだが、炭谷捕手が巨人に移籍すれば「ワースト記録」の更新となり、来季の戦力ダウンは必至だ。

    FA制度がスタートした1993年以降、2018年11月21日現在、西武から他球団にFA移籍したのは以下の17人。

    1994年 工藤公康→ダイエー、石毛宏典→ダイエー
    1996年 清原和博→巨人
    2003年 松井稼頭央→MLBメッツ
    2005年 豊田清→巨人
    2007年 和田一浩→中日
    2010年 土肥義弘→MLB挑戦、細川亨→ソフトバンク
    2011年 帆足和幸→ソフトバンク、ミンチェ→オリックス
    2012年 中島宏之→MLBアスレチックス
    2013年 涌井秀章→ロッテ、片岡治大→巨人
    2015年 脇谷亮太→巨人
    2016年 岸孝之→楽天
    2017年 野上亮磨→巨人
    2018年 浅村栄斗→楽天

    2005年に球団設立の楽天の3人は比較対象にならないが、他の10球団と比較すると、西武の17人は突出している。
    2番目に多い日本ハムは14人、これにソフトバンク、オリックスの11人が続く。
    最もFA流出が少ないのはロッテで、過去7人しかFAでの移籍はない。

    なぜここまで西武の選手のFA移籍が多いのだろうか。J-CASTニュースは、その要因を西武の元球団職員に聞いてみた。

    根付かぬ西武のフランチャイズ制度

    「西武の選手がなぜFAで他球団に移籍するのか。単純に言えば、西武にいい選手が多く集まっているからです」
    西武のスカウト陣によるスカウティング、選手育成には定評があり、12球団では広島、日本ハムに並んでトップクラスだが、広島と日本ハムの選手にあって西武の選手に足りないのは「チーム愛」だと指摘する。

    プロ野球では、地域密着のフランチャイズ制が敷かれ、西武は2008年にチーム名をそれまでの「西武ライオンズ」から「埼玉西武ライオンズ」に変更。
    埼玉所沢市のメットライフドームを本拠地とし、さいたま市大宮区の埼玉県営大宮公園野球場を準本拠地としている。


    http://news.livedoor.com/article/detail/15628326/
    2018年11月21日 14時58分 J-CASTニュース


    (出典 cdn.amanaimages.com)


    (出典 cdn.amanaimages.com)


    (出典 cdn.jalan.jp)


    (出典 todoworks.com)


    (出典 blog-imgs-36.fc2.com)


    【【何故】FA流出「最多」の西武、浅村も移籍へ! なぜ続く?元球団職員に聞いた!!】の続きを読む


    【西武】秋山翔吾、来オフにもメジャー挑戦へ…日米野球で憧れ強まり
    【西武】秋山翔吾、来オフにもメジャー挑戦へ…日米野球で憧れ強まり  スポーツナビ
    (出典:スポーツナビ)



    (出典 baseballking.jp)


    西武の秋山がメジャーへ行くかも知れない。メジャー行く選手多くなって来たね。

    1 砂漠のマスカレード ★

    「2018 日米野球」で侍ジャパンの主力を担った西武の秋山翔吾外野手(30)が、米大リーグに挑戦する意向を持っていることが16日、分かった。
    17年から3年契約を結んでおり、来季が契約最終年。
    順調なら来季中に海外フリーエージェント(FA)権を取得するため、早ければ20年からメジャーに挑戦する可能性が出てきた。
    西武への愛着を示す一方、メジャーからも高い評価を受けており、今後の動向が注目される。

    日米野球から一夜明け、日本屈指のヒットメーカーが、早ければ来オフにメジャーに挑戦する可能性が出てきた。
    関係者によると、秋山のメジャー志向は年々高まっており、野球人として世界最高の舞台に挑戦したい思いを強めているという。

    秋山は今季、主に1番打者として打率3割2分3厘、24本塁打、82打点をマーク。西武の10年ぶりリーグ制覇の原動力となった。
    15年にはシーズン216安打の新記録を樹立。
    ゴールデン・グラブ5度の守備力に加え、近年は長打力にも磨きがかかっている。
    野球に対する真摯(しんし)な姿勢にも定評があり、MLB関係者によると、柳田(ソフトバンク)らとともにメジャーからも注目を浴びる存在になっているという。

    日米野球では稲葉監督から「中心打者」として期待され、打率3割5分、1本塁打、7打点。
    外国人投手特有の強く、動くボールに対して、足の上げ方を小さくする工夫を凝らすなどして2戦目までに6打点を荒稼ぎした。
    MLB公認球を使った投手に日本の打者でいち早くアジャストし、対メジャーの適性も実証。
    15日の最終戦(ナゴヤD)後には「メジャーのボールを長く(6試合にわたって)体感できたのは大きかった」と話していた。

    トップレベルの走攻守に加え、歴代5位の596試合連続フルイニング出場中という類いまれな頑健さも、日程や移動がハードなメジャーでは強みになる。
    侍ジャパンのチームメートには、海外志向が強いとされる同級生の柳田らも在籍。
    チームの枠を超えて一流選手同士で交流し、実際にMLB選抜と対戦する中で、憧れがさらに強まった可能性もある。

    秋山は17年から総額最大8億円の3年契約を結んでいる。
    順調であれば、契約最終年の来シーズン中に海外FA権の資格取得条件を満たすため、メジャー挑戦は早くて20年からとなる可能性が高い。
    海の向こうに憧れを抱く一方で、西武への愛着も強く、今季逃した日本一への思いは並々ならぬものがあるという。来季31歳を迎える球界屈指のバットマンの動向から目が離せなくなりそうだ。

    ◆秋山 翔吾(あきやま・しょうご)1988年4月16日、神奈川・横須賀市生まれ。30歳。
    横浜創学館高、八戸大を経て2010年ドラフト3位で西武入団。
    15年に216安打でシーズン最多安打記録を更新。17年首位打者、最多安打3度、ベストナイン2度、ゴールデン・グラブ賞5度。
    17年WBC日本代表。184センチ、85キロ。右投左打。今季年俸は2億2000万円。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000306-sph-base
    11/17(土) 5:03配信


    (出典 sp.seibulions.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    http://npb.jp/bis/players/31135133.html
    成績


    (出典 Youtube)

    埼玉西武ライオンズ 秋山翔吾応援歌(前奏付)&チャンステーマ4


    【【メジャー挑戦】西武 秋山翔吾、来オフにもメジャー挑戦へ…日米野球で憧れ強まり!! 】の続きを読む


    FA権行使表明の浅村 西武を「最優先」も…揺れる胸中
    FA権行使表明の浅村 西武を「最優先」も…揺れる胸中  毎日新聞
    (出典:毎日新聞)



    (出典 baseballking.jp)


    西武の浅村がかなり悩んでいる様です。最終的にどうなるのか、注目ですね。

    1 砂漠のマスカレード ★

    申請書類を提出した西武・浅村は、会見でFA権行使を表明し「外に行くからと言って行使したわけではない。
    他球団の評価が聞きたいという率直な思いで決断しました」と心境を語った。

    プロ10年目の今季は自己最多の32本塁打、127打点をマーク。
    主将としてリーグ優勝に導いたチームへの愛着も強く、会見では「今の自分があるのもライオンズのおかげ。ここを最優先に考えている」と繰り返し悩める胸中を吐露した。

    「自分の野球人生、しっかり自分で決めたい」と話した主砲に、渡辺久信SDは「3回話をして、球団の思い、私の思いを伝えた。
    どういう決断をするか分かりませんが、もう一度しっかり話をしたい」と全力で慰留に努めていく。

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/11/08/kiji/20181107s00001173520000c.html
    2018年11月8日 05:30


    【【どうする】FA権行使表明の浅村 西武を「最優先」も…揺れる胸中!!www】の続きを読む



    (出典 idobatakaigi0510.com)


    西武炭谷捕手がFA宣言で、有力候補として巨人が浮上。
    最終的にどうなるんだろうか。

    1 砂漠のマスカレード ★

    西武・炭谷銀仁朗捕手(31)が8日、埼玉・所沢市の球団事務所で記者会見を行い、
    海外フリーエージェント(FA)権の申請書類を日本野球機構(NPB)に提出したことを明らかにした。
    今季は47試合の出場にとどまったが「体的にも勝負できる状態にある」と自信。
    “宣言残留”の可能性も残す中、移籍先の有力候補に巨人が浮上した。

    主将の浅村に続いて、扇の要を務めてきた炭谷もFA権行使を表明した。

    「残留も考えているが、行使することを決断した。他球団の評価も聞いてみたい」

    炭谷は2014年に国内FA権を取得したが、正捕手を務めていたこともあり、これまで行使してこなかった。
    だが、チームは今季からくっきりと23歳と若く、打力のある森を育てる方針に切り替わっている。

    今季の先発マスクは森の74試合に対し、41試合。「30歳を超えたし、FAのタイミングとしてはこれが最後」と決断に至った。
    会見では「何が決め手になるか分からない」と話す一方で、「1年でも長く野球をやりたい。
    戦う心を忘れたら選手としては終わり。体的にも勝負できる状態にある」と、横一線で正捕手を争う環境を求めることを熱く語った。

    西武側は、複数年契約を提示し、“宣言残留”の可能性も残している。だが、移籍となれば、水面下で調査を行っていた巨人が有力となった。
    同じく調査を進めていた楽天はここにきてトーンダウン。捕手強化を目指していた原巨人にとっては
    経験豊富な炭谷を獲得できれば、小林、大城、宇佐見らとのハイレベルな定位置争いが展開ができる。

    「納得できるまで考え、自分にとって一番いい形になればいい」と炭谷。
    他球団との交渉解禁は15日。残りわずかの時間で熟考し、最終決断を下す。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000015-sanspo-base
    11/9(金) 7:00配信


    【【FA戦線】西武・炭谷、巨人有力!FA宣言「体的にも勝負できる状態」!!】の続きを読む



    (出典 tr.twipple.jp)


    西武の浅村がFA権行使する。何処の球団が取るか注目ですね。

    1 鉄チーズ烏 ★

    浅村のFA権行使が濃厚となった  5月に国内フリーエージェント(FA)権を取得し、このオフのFA市場最大の目玉である西武・浅村栄斗内野手(27)が、FA権を行使する意思を固めたことが3日、分かった。プロ10年目の今季は自己最多の32本塁打、127打点で10年ぶりのリーグ優勝に貢献。権利を行使しての残留も視野に入れているとみられ、今後の動向が注目される。

     西武を10年ぶりのリーグ優勝に導いた主将・浅村が、重い決断を下した。球団関係者の話を総合すると“宣言残留”の可能性を残しつつ「他球団の評価を聞いてみたい」という浅村の意思が固く、近日中にも申請書類を提出する方向で話が進められていることが分かった。

     浅村にとって苦渋の決断だ。「自分の今後の野球人生もある」と、さまざまな意見を聞き、チーム愛とのはざまで揺れ「なかなか難しい」と吐露していた。

     昨季からは、かつて清原が着け、公私で慕う中島(オリックスを退団)も背負った伝統の背番号3を継承。人生初の主将も務め、少ない言葉数ながらも背中でチームを引っ張り、今季はチームをリーグ優勝に導いた。クライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージでソフトバンクに敗れた際には「このチームで日本一になりたかった」と、ベンチで大粒の涙を流した。

     直近8年で大量10人が流出した西武側も、最大限の誠意を見せてきた。今季年俸2億1000万円の浅村に対し、レギュラーシーズン終了後の第1回交渉では3年総額12億円を提示。CSファイナルステージ後の第2回交渉では3年総額15億円まで条件を上積みしていた。

     水面下では資金力の豊富なソフトバンク、楽天などが獲得調査を進めており、西武を上回る破格の条件を提示することが予想される。浅村は来季、どのユニホームに袖を通すのか。残留も含めた“大争奪戦”のゴングが間もなく鳴る。

    浅村 栄斗(あさむら・ひでと)

     1990(平成2)年11月12日生まれ、27歳。大阪府出身。大阪桐蔭高では3年夏の甲子園で優勝。2009年ドラフト3位で西武入団。11年からレギュラーに定着し、13年には自身初のタイトルである打点王を獲得。17年9月28日、ソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で平成生まれ初の1000安打を達成した。1メートル82、90キロ。右投げ右打ち。独身。年俸2億1000万円。背番号3。

    2018.11.4 05:03
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20181104/lio18110405030003-n1.html


    【【FA】西武・浅村、意思固くFA権行使へ 「他球団の評価聞いてみたい」!!】の続きを読む

    このページのトップヘ