愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 西武


    条件が合わなかったんだね。

    1 ぐれ ★ :2022/06/27(月) 16:22:55.35
    ※2022/6/27 14:59 (2022/6/27 15:01 更新)
    西日本スポーツ

     西武の渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)が27日、獲得に乗り出していた秋山翔吾外野手(34)の広島入りが正式に発表されたことを受け、球団を通じコメントを発表した。「当球団としては、一緒に戦いたかったという思いが強かったので、秋山選手が帰国した後、真っ先に交渉をしました。しかし、このような結果になったのはとても残念です。ただ、秋山選手が決めたことなのでカープで頑張ってほしいと考えています」とエールを送った。

    続きは↓
    西日本新聞: 秋山翔吾の広島入り 無念の思いを西武・渡辺GMがコメント「このような結果になったのは」.
    https://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/n/947089/

    【秋山翔吾の広島入り 無念の思い 西武・渡辺GM「真っ先に交渉をしました。しかし、このような結果になったのは…」】の続きを読む


    メジャー指向なのかな。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/06/18(土) 20:01:38.78
    2022年06月18日 17:36 野球

     【パ・リーグ 西武0―2オリックス ( 2022年6月18日 ベルーナD )】 オリックス山本由伸にノーヒットノーランを許した西武・山川は「早くメジャーリーグに行ってほしいです!メジャーで(マイク)トラウトとかと対戦しているの見てみたいですね」と悔しさ交じりの苦笑い。

     四球で唯一出塁した外崎は「真っすぐと変化球のコンビネーションが素晴らしかった」と称え、松井ヘッドコーチは「低めに丁寧に投げていてコントロールがよかった。このカード勝ち越せるように明日は全員で勝ちに行く」と引き締めた。

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/06/18/kiji/20220618s00001173467000c.html

    【由伸にノーノー食らった西武・山川「早くメジャーに行って!」】の続きを読む


    頑張ってますね。

    1 首都圏の虎 ★ :2022/06/14(火) 08:29:29.13
     3月30日の日本ハム戦で走塁中に右太もも裏の肉離れを負い、4月1日から18日間にわたって出場選手登録を抹消。それでもこれまでにチーム63試合中49試合に出場し、20本塁打を積み重ねた。残り80試合をこのペースで量産していけば、33本上乗せしシーズン53本塁打に達する計算になる。

     2018年に自己最多の47発、翌2019年には43発を放ち、2年連続本塁打王に輝いた山川。「今はあくまで次の21号を打つことだけを考えています」とした上で、「50本打つには運というか、巡り合わせが必要だと思っています」と話す。2018年には47号を放った後にも、惜しい当たりが3本ほどあったそうで、「全てフェンス直撃。札幌ドームの高いフェンスの一番上に当たったのもありました」と振り返る。それだけに「40発はクリアしたいですが、50発はいけたらラッキー、と考えています」と述懐するのだ。

    「本塁打と打点は減らない。減らないものに特化していきたい」
     11日に規定打席に到達し、リーグ打率ランキングの3位に登場。12日現在、1位の日本ハム・松本剛(.358)、2位のソフトバンク・今宮(.343)には水をあけられているものの、3冠王も夢ではない位置につけている。

     だが、本人は「打率のように、上がったり下がったりするものはあまり考えないようにしています。本塁打と打点は減らない。僕は減らないものに特化していきたい」と取り合わない。「僕は5打数5安打より、5打数1安打1ホーマーの方が絶対いいですから。打率は相当悪くなければ、ある程度でいいかなと」とあっけらかんと言い切る。

     そうは言っても、新聞や球場のビジョンに自分の打率が表示されていれば気になり、下げたくないと思ってしまうのも人情だ。「早く3割を切りたいくらい」とまで言い、「僕が3割台を打てるわけがない。ねえ? 引っ張ってばかりいる人が」と笑った。

     確かに、山川が規定打席をクリアした上でマークした自己最高打率は2018年の.281。しかし今のところ、技術面、精神面の安定ぶりはいずれも過去最高レベルに見える。気がついたら首位打者まで獲得していたりして……。

    全文はソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/37c33e5d48e7f83b03b9f802002c993980bd84cc

    【「早く3割を切りたいくらい」20号一番乗り、西武・山川が打率に興味を示さないワケ】の続きを読む


    人気有りますね。

    1 首都圏の虎 ★ :2022/06/01(水) 18:01:07.73

     NPB(日本野球機構)は1日、7月26、27日に開催される「マイナビオールスターゲーム2022」のファン投票の中間発表を行い、西武の山川穂高内野手(30)が5万2025票を集めて最多得票となった。

     5月31日現在で、両リーグトップの17本塁打をマークしているほか、リーグトップの37打点と好調をキープ中。山川は球団を通じて「結果は見ていませんでしたが、断トツ1位はうれしいです。引き続き活躍して、最終結果でもファンの皆さんに選んでいただけるよう頑張っていきたいと思います」と意気込んだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8bd11611330abeb76b26b3c0b83377fd9049a061


    【西武山川「断トツ1位はうれしいです」5万票超えで球宴ファン投票 中間発表最多得票】の続きを読む


    源田戻って来たらどうするかな。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/05/29(日) 17:31:20.18

    2022年05月29日
       






    猛打賞に加え、好守を連発

    「シンデレラボーイ」とは、まさに“この選手”を表現するためにある言葉だ。西武の高卒ルーキー、滝沢夏央のことである。5月13日に故障で離脱した源田壮亮の代役を期待されて一軍初昇格を果たすと、初スタメンとなったその日の楽天戦でプロ初安打をマーク。
    翌日には7回に同点に追いつくタイムリースリーベースを放ち、その後の暴投で決勝のホームを踏み、試合後にはヒーローインタビューでお立ち台にも上がった。【西尾典文/野球ライター】


     5月22日の日本ハム戦では3安打猛打賞を記録したほか、持ち味である守備では、とても18歳とは見えない好守を連発している。日本球界で最小兵となる164cmという身長とそのスピードから“令和の牛若丸”との声も上がっている。
     高卒1年目の選手が、一軍のショートとしてこれだけ結果を残せるのも珍しいが、さらに驚きなのが、育成ドラフト2位から短期間に這い上がってきたことだ。ドラフト制度ができて以降、高卒1年目からショートで活躍ができた選手は、中日の立浪和義(現・中日監督)しかいない。
    その立浪は、1位指名で入団していることを考えると、いかに滝沢の存在が異色だということがよく分かる。






    判断材料に乏しかった高校時代
    https://www.dailyshincho.jp/article/2022/05291700/?all=1


    【立浪以来の高卒ショート!“令和の牛若丸”滝沢夏央を獲った西武の“金の卵”発掘法】の続きを読む

    このページのトップヘ