愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 西武



    (出典 www.nikkansports.com)


    ようやく投げるんだね。

    1 風吹けば名無し :2020/08/22(土) 00:04:35

    西武38歳のベテラン左腕内海哲也投手が、今日22日のオリックス戦で移籍後初めて先発する。

    昨季は1度も登板することなく10月に左前腕の筋腱(けん)修復手術を受けた。巨人時代の18年9月14日DeNA戦以来の1軍登板を目指し、2軍で調整を続けフォームを確認。「投げていくうちに見えた課題で1個ずつ克服していって今に至る。完璧ではないが、いい感じに仕上がってきた」とチームの連勝はストップしたが、仕切り直しのマウンドを託される。

    (出典 i.imgur.com)


    https://www.google.com/amp/s/www.nikkansports.com/m/baseball/news/amp/202008210000710.html


    【【悲報】今日、700日ぶりに登板の元巨人『内海哲也』投手、「完璧ではない」と自信なさげ】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    これは駄目ですね。

    1 Egg ★ :2020/07/18(土) 18:51:31.71

    ◇パ・リーグ 西武4―3楽天(2020年7月18日 楽天生命)

     18日の楽天4回戦(楽天生命パーク)に4―3で勝利した西武・辻発彦監督が、同球場のファンに苦言を呈した。

     西武の守備時に、バックネット裏から、楽天の打者にコースを教えるようなファンの声が球場に響いたという。

    指揮官は森捕手にも確認しながら山路球審に相談したという。「(森)友哉や源田が、ファンの声が聞こえるというようなことを言っていた。打者に(コースを教える声が)聞こえるとサイン盗みと一緒だから、こっちも困る」と話し「今後、問題にしてもらいたい」と続けた。

    2020年7月18日 17時43分 スポニチ
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18594879/

    写真

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【<西武・辻監督>ファンに苦言!コース教えるような声「問題にしてもらいたい」「打者に聞こえるとサイン盗みと一緒だから困る」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)


    今季はもう無理っぽいね。

    1 ニーニーφ ★ :2020/07/12(日) 03:48:21.13

    西武松坂大輔投手(39)が関東近郊の病院で、7月上旬に頸部(けいぶ)周辺の内視鏡手術を受けたことが11日、分かった。
    悩まされてきた右手のしびれをとる目的で、神経と血管への圧迫を解放するためという。
    全治2~3カ月で、今季中の復帰が可能。12日にも球団から発表される。
    今季14年ぶりに復帰したチームから全面的バックアップを受け、シーズン最終盤での1軍登板を目指す。

      ◇    ◇    ◇

    平成の怪物が、手術に踏み切った。複数の関係者の話を総合すると、松坂が今月上旬に頸部の神経や血管の圧迫を解放するために、内視鏡手術を受けたことが判明した。
    以前から感じていた右手のしびれを除去するための手術で、術後の経過は良好という。
    全治2~3カ月の見込みで近日中に退院し、今シーズン中の復帰に向け、リハビリに専念する。

    右手のしびれをなくし、不安なく投げるために、決断した。14年ぶりに古巣に帰ってきた今季は、春季キャンプから尻上がりに調子を上げていった。
    当初の3月20日に開幕した場合は、開幕ローテの一角として3戦目を託される予定だった。しかし新型コロナウイルスの影響で開幕延期になり、3月下旬に右膝にコンディション目的の注射を受けた。
    限られた時間の中で、より万全な状態にするためだった。

    自粛期間が明けた6月7日の練習試合・中日戦で、77日ぶりに実戦登板。1回を無安打1四球無失点で終えた。
    「やりたいことが全部できたわけではないですが、これから投球回を増やしていく中でいろいろな感覚を取り戻していきたい」とコメントしたが、しびれをかかえながらの登板だったとみられる。
    その後、2軍で調整しながら改善方法を模索。手術を受ければ回復の見込みが大きく、今季最終盤での復帰登板が可能であるため、手術を選択したようだ。

    今年9月で40歳。過去にはレッドソックス時代の11年6月に右肘内側側副靱帯(じんたい)再建術(トミー・ジョン手術)、ソフトバンク時代の15年には右肩の手術を受けている。
    松坂は「けがで終わることはしたくない。それで終わったら自分の中ですごく後悔するんじゃないかなって。投げられるようになることを諦めずにやりたい」と決して諦めることはなかった。
    球団は復帰に向けて全面的にバックアップする方針。野球への飽くなき情熱を胸に秘め、再びユニホームに袖を通し、マウンドに上がるつもりだ。

    https://www.nikkansports.com/baseball/news/202007120000072.html


    【西武・松坂大輔(39)、7月上旬に手術していた 全治2〜3ヶ月 以前から感じていた右手のしびれを除去】の続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)


    もう引退かな。

    1 風吹けば名無し :2020/07/02(Thu) 13:23:50

    ボコボコのもよう


    【【悲報】西武内海】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    良い判断だと思います。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/06/08(月) 13:08:44

    西武の松坂大輔(39)が7日、メットライフドームで行われた中日との練習試合に6回から登板、1イニング、15球を投げて打者4人に対して無安打無失点に抑えたが、まだ試運転の状況で首脳陣は開幕2軍を決定した。
    ボールを低めに集めて動かし古巣の中日打線にヒットは許さなかったが、最速は136キロで調整不足。
    辻発彦監督(61)は「いい時の松坂ではない」と判断した。2軍でローテーションを守り、球数100球が可能になったタイミングをメドに1軍昇格のチャンスが与えられる方向だ。

    ボール動くも最速は136キロ
     高橋周平にはボール球を4つ続けた。
    「今日は打者に投げること自体、3月のオープン戦以来でしたけど、先頭にフォアボールを出してしまったことが反省点ですね」
     いきなり走者を背負い、セットからのクイックを交えたピッチングに変わったが、2人目のアルモンテに対して2球目に投じた“挟み球“はスッポ抜けた。オープン戦途中に自ら「スプリットチェンジ」と説明したスプリットの握りで投げるチェンジアップだ。
     ホームラン球だったが、アルモンテの打球は、ライトフェンス手前。芯を外したというより打ち損じである。だが、続く井領雅貴には、徹底して、39歳の松坂が「勝負球」と定義しているカットボールを低めに集めてライトフライに打ち取った。これは松坂が支配した。

    「ボールを動かして、うまく芯をはずされました」とは井領の松坂評。
     二死を取ると堂上直倫には、大きなカーブを使って目線を動かしてカウントを整え、外角のストレートで勝負した。結果、ファウルとなったが、これが、この日、最速の136キロ。続けて投じたカットボールは甘かった。堂上は、動くボールを想定し体を開きながら、あえて右を狙ったが、微修正がおぼつかない。いい打球だったが、セカンドの外崎修汰が横っ飛びして好捕。
     「球が少し動いている感じでした。甘い球が少なくなかなかスイングできなかったです」
     堂上は2年間、同じユニホームを着たレジェンドを称えた。

     1イニングをノーヒットで終えると、松坂は、少しだけ表情を緩め、中日の三塁コーチ、荒木雅博とすれ違いざまに笑顔で挨拶を交わしてマウンドを降りた。

    「やりたいことが全部できたわけではないですが、これから投球回を増やしていく中で色々な感覚を取り戻していきたいです。その後(四球後)のバッターに投げたように少しずつ打者のタイミングや芯を外すようなピッチングをしていきたいと思います」
     
     松坂は、そのままブルペンに直行してピッチングを続けた。

    「降板後にブルペンに行ったのは、ゲームの中ではフォーシームを投げていなかったので、フォーシーム中心に投げたいと思ったからです」
     マウンドに上がる前もブルペンの後方から“プチ遠投“を繰り返していた。
     3月22日の日ハム戦の練習試合に登板して以来、77日ぶりの実戦マウンドだった。先が見えなかったため、3月28日に右膝にコンディショニング目的の注射を打ち練習のペースを落とした。当初、練習試合の登板予定はなかったが、西口文也投手コーチと話し合いをする中で、登板を直訴、急きょ、1イニング登板が実現した。
     目的は、「試合勘を取り戻す、バッターと対戦することで感覚を思い出す作業がメイン」だった。新型コロナの影響で活動停止を余儀なくされた自主トレ期間中も、「キャッチボールは続けていた」というが、実戦から離れた遅れを取り戻そうと、急ピッチで仕上げているのが実情。

     当然、辻監督の評価は厳しいものだった。





    「まだまだ。彼はスピードうんぬんじゃない。球のキレ、コントロール、腕を振れたか…(が重要)で、そういうところを見ると悪くはないが、いい時の松坂ではない。今は、試合に投げられるというだけで、まだまだ精度が上がってこないと」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/aecca49b22a6e8124d87d65e4eceb82718708516?page=2
    6/8(月) 5:32配信


    (出典 www.nishinippon.co.jp)



    (出典 Youtube)

    【西武】松坂大輔77日ぶりのマウンドで1回無失点<練習試合 西武 対 中日(6/7)>


    (出典 i.imgur.com)



    (出典 i.imgur.com)


    【なぜ西武の辻監督は松坂大輔の開幕2軍を決めたのか?「いい時の松坂ではない」】の続きを読む

    このページのトップヘ