愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心にスポーツや
話題がない時は芸能、ニュースも取りあげて、
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 西武



    (出典 giwiz-content.c.yimg.jp)


    西武は後がないから、大変ですね。

    1 :2019/10/12(Sat) 20:23:51

     西武・本田圭佑投手(26)が12日、ソフトバンクとのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦(13日・メットライフドーム)先発に向け最終調整した。

     台風19号の影響で試合が中止・順延となった本拠地で、午前中に行われた投手練習に参加。チームは3連敗で後がないが「どんな状況で回ってきてもやることは変わらない。
    ほか(自身登板以前)の試合の結果を気にしないようにしていた。この状況で回ってきたか、って感じです」と淡々と口にした。

     西口投手コーチからは「負けたら終わりだけど気楽にいけ」と声を掛けられたという。「割り切れています。ベストを尽くして負けたとしてもしょうがない」と腹をくくった。

     昨年は同時期にみやざきフェニックス・リーグに参加していた。もっとも「ここ(CS)で投げられるうれしさとかより、勝ちたい気持ちですね」と個人的な感慨も持ち合わせていない。
    1イニング、打者一人、一球に専心し、第5戦への道を開く。

    西日本スポーツ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00010015-nishispo-base

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【CS決戦】西武 CS第4戦本田圭佑先発! ベストを尽くす!】の続きを読む



    (出典 news.nifty.com)


    メジャーの評価次第だと思う。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/06(日) 19:21:41.65

    先日、知人から電話があった。詳しくは書けないが、ア・リーグ西海岸の球団のスカウトだ。

     聞けば、海外FAを行使して今オフ、メジャー挑戦の可能性がある秋山翔吾(31=西武)の代理人を教えて欲しいという。ある大手代理人事務所が有力と聞いていたのでその旨を教えると、「ありがとう!」と、ひと言あって、電話は切れた。

     秋山は日本のプロ野球界で、走攻守と三拍子そろった中堅手として評価されている。打球の判断がいいから守備範囲は広いし、コンスタントに安打を重ねるだけの技術もある。年齢、長打力、肩の強さで割引が必要とはいえ、メジャーでも需要はある。わたしの球団は外野が埋まっているだけに秋山に触手を伸ばすつもりはないが……。

     今季年俸は2億3490万円。メジャーでも外野が手薄な球団はそれなりにあるから、どうしても中堅手が欲しいというチームは、最大で「2年10億円」程度は出すかもしれない。

     もっとも、西武は秋山の引き留めに「4年20億円」とも「5年25億円」ともいわれる条件を用意しているらしいから、金額の多寡だけを考慮すれば残留した方が得策かもしれない。

     31歳という年齢を考えると、契約年数は2年が精いっぱい。3年目を付けるとしても、球団のオプションになるだろう。

     それでも今オフ、日本からメジャー挑戦する可能性のある選手で、それなりの需要がありそうなのはこの秋山くらいか。

     ソフトバンクの千賀滉大(26)は球団が来オフのポスティングを認めるとは思えない。広島の菊池涼介(29)は内野守備は文句なしでも打撃が物足りないし、DeNAの筒香嘉智(27)は守備も打撃もサッパリ。44本塁打した2016年の成績を維持していればまだしも、今季は29本塁打。あの守備力では、よほど打ちまくらない限り評価しづらい。

     それなら来季以降、メジャーが飛び付きたくなるような大物がいるかといえば、そうでもない。強いていえば、広島の鈴木誠也(25)くらいだろう。

     メジャーで活躍するような日本人選手は、プロ野球界で圧倒的な成績を残してきた。ダルビッシュ(カ*)は防御率が5年連続1点台、田中将大(ヤンキース)は24勝0敗1S、大谷翔平(エンゼルス)は二刀流で165キロをマークした。野手にしても松井秀喜は50本塁打、岩村明憲は44本塁打、松井稼頭央は3割、30本、30盗塁……。日本球界で飛び抜けた成績を残した彼らですらメジャーでは苦労したのだ。

     それを考えると、今後2、3年は、日本で目の色を変えて選手を追い掛ける必要はないという気もしてくるのだ。

    10/6(日) 9:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-00000012-nkgendai-base

    http://npb.jp/bis/players/31135133.html
    成績


    【【どうなる】メジャー挑戦を表明している西武・秋山翔吾は争奪戦になるか?】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    FAの人的保障で取って、早いですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/03(木) 14:53:42.05

    西武は3日、高木勇人投手(30)に対し、来季の契約を結ばないことを通達した。

    高木勇は、17年オフにFAで巨人入りした野上の人的補償として入団。
    移籍1年目となる昨季に1勝を挙げたが、今季は2試合の登板で未勝利に終わっていた。
    「あっという間の2年間だった。体はめちゃくちゃ元気なので野球を続けていきたい」と現役続行を希望。
    トライアウトも受験予定で「とってもらえるなら、そこで全力で投げたい気持ちでいっぱいです」と話した

    10/3(木) 14:45配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-10030354-nksports-base

    http://npb.jp/bis/players/31035130.html
    成績


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【野球】西武・高木勇人(元巨人)は戦力外 現役続行へトライアウト予定!】の続きを読む



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    メジャーに行きたがる人多いですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/26(木) 07:07:34.19

    西武・秋山翔吾外野手(31)が今オフに海外フリーエージェント(FA)権を行使して、米大リーグ挑戦を決断したことが25日、明らかになった。
    今季が3年契約の最終年で8月に海外FA権を取得していた。2015年にはシーズン216安打のプロ野球新記録を樹立し、
    今季も主将としてチームを2年連続のリーグ優勝に導いた天才打者が、新たなステージにチャレンジする。

    最大8・5ゲーム差をひっくり返した大逆転のリーグ連覇から一夜明け、去就が注目される秋山の動向が明らかになった。
    複数の球界関係者の話を総合すると、希代の安打製造機がメジャーリーグへ挑戦する決断を下した。

    国際大会の経験が、世界の舞台への思いを抱かせた。2015年にプロ野球新記録となるシーズン216安打をマークし、同年オフにプレミア12、17年には第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場。
    昨年11月に行われた日米野球では6試合で打率・350、7打点をマークし「いろいろな投手と対戦できて楽しかった」と憧れは日に日に強くなった。

    今年8月20日には出場選手登録日数が9年に達し、海外FA権を取得。日本球界を代表する好打者に成長した秋山には、メジャーのスカウト陣も注目し、今季のメットライフドームのバックネット裏には何度も視察に訪れる姿が見られた。

    夏場以降は昨季まで同僚だった菊池が在籍するマリナーズやダイヤモンドバックス、カージナルスなどのスカウトが複数回にわたり視察。名門のヤンキース、レッドソックス、カ*の担当者も足を運んでいる。

    今季が3年契約の最終年。昨オフの契約更改交渉の席では、球団から大型の複数年契約を提示されたが固辞した。
    年末に出演したラジオ番組では、リスナーから「メジャーに挑戦したいですか?」と問われ、
    「(可能性は)ゼロではない。残るのか(メジャーに)行くのか。
    大きな決断をするタイミングが来オフになる」と、偽らざる本音を口にしていた。

    3番で起用されていた今季序盤は不調に苦しんでいたが、5月中旬から定位置の1番に戻ると、完全復調。
    今季もあと1試合を残し、打率・305、20本塁打、62打点。
    179安打で3年連続の最多安打のタイトルも濃厚となり、自らのバットで実力を証明した。

    前日に優勝を決めた際は、「みんなが集まっている景色を見ながら輪に加わるのは悪い光景ではなかった」と感慨に浸り、深夜のビールかけを満喫。
    昨年はクライマックスシリーズ・ファイナルステージでソフトバンクに敗退しているだけに、
    「今はチームの日本一に貢献するため試合に集中して、シーズン終了後にいろいろと考えたい」と熱い思いは内に秘めている。

    自身初、チームでは11年ぶりとなる日本一を果たし、夢の舞台へ-。
    今オフ、秋山の挑戦が始まる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00000016-sanspo-base
    9/26(木) 7:00配信


    (出典 www.nikkansports.com)


    【【遂に】西武・秋山、メジャー挑戦決断!連覇置き土産に今オフ海外FA権行使へ!】の続きを読む



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    西武おめでとう。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/24(火) 22:13:53.37

    1979年から西武の球団歌「地平を駈ける獅子を見た」を歌う歌手の松崎しげる(69)は24日、2年連続のVに「MVPは森選手!」と喜びを爆発させた。

    今年2月、宮崎・南郷キャンプでの海上パレードにもゲストで登場し、球団歌を熱唱。
    同曲にには「ミラクル元年」という歌詞があり、令和元年での優勝に「去年に引き続き、2年連続優勝! 最高です! 
    宮崎キャンプで約束してくれた優勝を辻監督が今年も叶えてくれました!」と大喜びだ。
    東京生まれで、元々は巨人ファンとあって「去年も言ったように、日本シリーズで西武と巨人が戦うのを見るのが私の夢です!」
    と2008年以来、11年ぶりの夢対決を熱望した。

    「昨年MVPの山川(穂高)選手はホームラン50本という約束でしたが、後半は自分の記録よりもチームのためにつなぐ野球に徹してくれました!」と主砲の健闘をたたえつつ、
    MVPには捕手でありながら100打点を記録した森友哉の名を挙げ
    「打率、打点が素晴らしい! さらに欲しいところで必ず打ってくれるところが光りましたね~! 
    我が西武ライオンズ! 今年もありがと~!」と選手をたたえていた。

    9/24(火) 22:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00000209-sph-ent


    【【やった~】パ・リーグ優勝は西武 松崎しげるが西武Vに歓喜!】の続きを読む

    このページのトップヘ