愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 西武


    家族と暮らすんだね。

    1 ぐれ ★ :2021/10/20(水) 12:59:46.52

    ※10/20(水) 5:00 日刊スポーツ

    <西武2-6日本ハム>◇19日◇メットライフドーム

    さらば平成の怪物、ありがとう松坂。西武松坂大輔投手(41)が引退試合に臨み、最後は四球を与えて終わった。日本ハム戦に慣れ親しんだ背番号「18」で先発。横浜高の後輩・近藤に5球投じ、最速は118キロだった。右手のしびれと闘いながら懸命に腕を振り、マウンド上からファンに最後の雄姿を披露。試合前に行われた引退会見では涙も見せた。99年から始まりプロ23年間で日米通算170勝。後半はケガに苦しめられ、栄光と挫折、頂点とどん底を味わった平成の怪物は、その伝説に幕を下ろした。

       ◇   ◇   ◇

    別れを告げるため、松坂がマウンドに帰ってきた。18番のユニホームでマウンドに立ち、変わらぬワインドアップから投げ込んだ。初球、高めに外れ、2球目は外角低めのストライクが決まった。いずれも球速118キロの直球。2球続けて高めに抜け、カウント3-1から最後は近藤のふところへの116キロで四球。「正直、プロのマウンドに立っていい状態ではなかった」。これが今投げられる全力の5球だった。

    ずっと投げることが好きだった。しかし、投げたくなかった。「もうこれ以上、だめな姿は見せちゃいけない」。髪の毛やあごひげは白いものが交じる。引退を決定づけた右手や首のしびれはまだ残っている。でも「どうしようもない姿かもしれないけど、最後の最後全部さらけ出して見てもらおう」。かつての剛速球はない。投げて引退報告するためにマウンドに戻ってきた。

    試合前の引退会見。こらえてもこらえても、家族を思うと涙があふれてきた。7月、家族に引退報告するとみんな泣いていた。「僕には分からない感情を、妻や子どもは持ったのかもしれない。あらためて感謝と同時に申し訳なかったという気持ちがありました」。バッシングの矛先が、野球とは無縁の家族に向けられたことは数え切れない。一緒に受け止め、張り裂けそうな感情をグッとこらえたことを思い出すと、止めどなく流れる涙。マウンドでは1人でも、家族とともに戦ってきた証しだった。

    続きは↓
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d257c528d778e42712408af906097ea7a4305222


    【松坂大輔、入閣要請断り ともに戦った「家族と過ごす時間を増やす」】の続きを読む


    指導者になるのかな。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/19(火) 05:55:17.83

    10/19(火) 5:15配信
    東スポWeb

    一軍に合流した松坂のオーラは別格だった(東スポWeb)

     やはり注目度は今も「怪物級」だった。今季限りでの現役引退を表明している西武・松坂大輔投手(41)が18日に本拠地で行われた一軍の試合前練習に合流。引退試合となる19日の日本ハム戦(メットライフドーム)での先発登板に向けて調整を行った。

     午後2時過ぎにグラウンドに現れた平成の怪物は終始リラックスした様子で練習を開始。チームの打撃練習中には中堅周辺で捕手を座らせ、軽めながら投球練習を行うなど、文字通りの「最終調整」に余念がなかった。

     それにしても周囲が驚かされたのはいまだ衰えぬ人気ぶりと圧倒的な存在感だ。松坂が本拠地に姿を現すや否や、テレビを含めた大半の報道陣が外野周辺で体を動かし始めた本人の近くに移動。球団関係者の多くも日米通算170勝右腕の背を追うように次々と視線を注ぎ始めた。

     西武の投手陣も自軍打撃練習中にも関わらず、今井らが積極的に背番号18のもとに歩み寄り談笑。チームのエース格・高橋光も練習中に何度も足を止めて話し込んでいた。この光景には周囲も目を細めるばかりで、球団関係者は「やはりオーラが別格ですね」とこう続ける。

    「チームが今季Bクラスに沈んだ要因の一つはやはり投手陣の脆弱さ。特に先発投手陣は高橋光以外、全く計算が立たない状態だった。仮に松坂のような若手選手から慕われるベテラン投手がベンチに一人でもいたら、ウチの投手陣も少しは変わったかもしれない。彼はやはり唯一無二の存在ですから来季以降、なるべく早く指導者としてチームに戻ってきてほしい。今日のナイン、特に投手陣の動きを見る限り誰もがそう思ったはずです」

     松坂本人はこの日練習後、翌日の引退試合に向け「今日久しぶりにユニホームを着て練習をして、改めてここがホームなんだと実感しました。明日はできるだけ多くの方に自分の現状を知ってもらえたらと思います」と話した。周囲の思いは現役最終登板を迎える本人に届くのか。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5d9779d8e90785dfc13392f2506c32c35b46e4c7


    【松坂大輔の怪物オーラは健在 西武関係者からは「早く指導者で戻ってきて」のリアルな叫び】の続きを読む


    もうすぐですね。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/04(土) 07:32:49.21

    9/4(土) 6:15
    東スポWeb

    西武・栗山 史上初のバースデー2000安打ならず…あと1本で今度は「本拠地達成」願う声
    楽天戦の9回に右前打を放ち、偉業まであと1本とした西武・栗山
     唯一無二の快挙を逃したとなれば本音は…。西武・栗山巧(38)が史上初となる「誕生日の2000安打達成」を逃したことで周囲から再び「あの願い」が浮上し始めている。

     2000安打まで残り2本で迎えた栗山は3日、敵地での楽天戦に「6番・左翼」で先発出場。誕生日での偉業達成となれば球界史上初だったため、試合前から球団関係者やファンの間では球史に残る大記録樹立に期待を寄せていた。

     そんな周囲の思いも実らず栗山は9回に右前打を放ちながらも、持ち越しとなった。そこでにわかに周囲やファンからささやかれ始めたのが敵地ではなく「本拠地での偉業達成」だ。

     誕生日での2000安打であれば無類の記録だけに球団関係者やファンも「場所」にこだわる必要はなかった。だが、その目標がなくなったとなれば話は別となる。

     栗山は西武一筋20年のベテラン。生え抜き選手の2000安打は球団史上初となる。となれば、達成場所はやはりレオ党が待つ本拠地がふさわしいのは言うまでもない。実際にネットを中心にファンの間でも「1日でも早く達成してもらいたい」という意見がある一方、「栗山は西武の中でも特別な存在。できれば大勢のファンの待つ本拠地で決めてもらいたい」という声も数多く見られる。

     栗山自身も残り2本となった1日のロッテ戦後、「ここまで来たら早く決めたいか」という問いに「正直そういう気持ちはあまりないです」と心境を吐露。そのうえで「僕自身は(2000安打を)そんなに意識してなくて。ファンの皆さんが楽しみにされていると思うので。僕は一生懸命いつもと変わらずやるだけかなと思います」と冷静に話していた。ファンを人一倍大切にする栗山のこと。偉業には支えてくれた人たちへの恩返しの意味合いもあるからこその発言だろう。

     実力を考えれば4日の敵地戦での達成が現実味を帯びる中、それでもやまない栗山の本拠地での偉業達成待望論。さて結末はどうなるのか。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fe6150ccbbbf68539661e6997e8d0268cf90ea11


    【西武・栗山 史上初のバースデー2000安打ならず…あと1本で今度は「本拠地達成」願う声】の続きを読む


    濃厚接触ですね。

    1 風吹けば名無し :2021/08/26(木) 14:06:30.20

    球団発表
    #seibulions

    本日、当球団の森友哉選手、山川穂高選手が特例2021で登録抹消となりますのでお知らせいたします。
    山川選手の個人契約のマネージャーが、本日、新型コロナウイルス陽性判定を受け、森選手、山川選手が濃厚接触者となる疑いがあるためです。

    両選手につきましては本日、PCR検査を受検し、現在、結果待ちの状況です。
    両選手の検査結果については分かり次第、お知らせいたします。


    【西武 森友哉、山川穂高 特例2021で登録抹消】の続きを読む


    こんな事が多いかな。

    1 ひかり ★ :2021/08/25(水) 13:33:04.04

     西武は25日、佐々木健投手(25)が7月と8月に計2度、新型コロナウイルス感染防止拡大の観点から定めている球団ルールに違反したとして、同日から1カ月間の対外試合出場禁止の処分を決定したと発表した。

     球団によると、感染リスクの高い行動(同居家族以外との会食など)を禁止している中で、同居家族以外の知人女性との長時間の面会や、行動記録の提出が義務づけられている中で、未提出及び記載漏れがあったという。

     8月23日に佐々木本人から球団に報告があり、24日に詳細を確認し、判明したという。佐々木は「コロナ禍において様々な制約があるなか、私自身の甘さゆえ、関係の皆さま、ファンの皆さまの期待を裏切る行動を取ってしまったこと、心よりお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした」などと謝罪した。

     佐々木は20年ドラフト2位で加入した左腕手。今季は5登板で、防御率8・31。

    デイリー

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cc1262465f7e30423206300a4cce8cbd035a67ed


    【西武 佐々木健が1カ月間の対外試合出場禁止 同居家族以外の知人女性と長時間面会】の続きを読む

    このページのトップヘ