愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > ロッテ


    ロッテ・ドラ1藤原、早くも球団の“顔” 球団公式ポスターに「びっくり」 - デイリースポーツオンライン
    ロッテのドラフト1位・藤原恭大外野手(18)=大阪桐蔭=が早くも球団の“顔”になったことが29日、分かった。
    (出典:デイリースポーツオンライン)



    (出典 akaheru.com)


    ロッテは期待しているんだろうね。

    1 ニーニーφ ★

     ロッテのドラフト1位・藤原恭大外野手(18)=大阪桐蔭=が早くも球団の“顔”になったことが29日、分かった。

     球団公式ポスターの19年第1弾に起用されるもので、藤原はなんと1月のページを飾っている。
    ルーキーを1月、しかも単独起用するのは球団創設50年にして初の快挙だ。18年は井口監督だった。

     ポスターは年明けから球場外、グッズショップ、県内の商業施設、市内の公共施設などに約1000枚張り出される。

     藤原は「ビックリしました。メチャクチャカッコいいポスターだと思いました。実家に飾ってもらいます」と話し、
    続けて「球団の期待に応えられるように新人合同自主トレからギアを入れてアピールしていきたい」と気合を入れ直した。

     担当者は「1月のポスターとして満場一致で藤原選手の起用が決まりました。ロッテにとって“新たなる希望”です。
    1年目から飛躍をして期待に応えてほしい」と最大級のエールを送っていた。

    (出典 i.daily.jp)

    https://www.daily.co.jp/baseball/2018/12/30/0011944303.shtml


    【【何と】ロッテのドラフト1位・藤原恭大、早くも球団の顔! ルーキーが19年1月の球団公式ポスターに!www 】の続きを読む


    移籍候補はセ2球団…ロッテ涌井に電撃トレード説が急浮上 - ニフティニュース
    今オフ、さらなる電撃人事が行われるかもしれない。 ロッテのエース・涌井秀章(32)のトレードが浮上しているというのだ。 涌井は今季、チーム最多の150回3分の2を ...
    (出典:ニフティニュース)



    (出典 pbs.twimg.com)


    これマジかな。ロッテは涌井を出したいのかな。

    1 砂漠のマスカレード ★

    今オフ、さらなる電撃人事が行われるかもしれない。

    ロッテのエース・涌井秀章(32)のトレードが浮上しているというのだ。

    涌井は今季、チーム最多の150回3分の2を投げ、7勝9敗、防御率3.70。
    前半戦では2カ月ほど勝ち星から遠ざかったものの、プロ14年目で大きなケガなく通算130勝を誇る。

    そんな右腕を巡って、球界ではトレード情報が駆け巡っている。
    さるロッテOBが声を潜めてこう言う。

    「涌井は2013年オフ、西武からロッテへFA移籍した。当時の伊東監督(現中日ヘッドコーチ)が西武在籍時に監督を務めていた縁があった。
    しかし、17年オフに伊東監督が最下位低迷の責任を取って辞任し、井口体制に移行するや、涌井は海外FA権を行使。メジャー移籍を模索した。
    結局、メジャーから色よい返事をもらえず、キャンプ直前の1月末にロッテ残留を決断したが、ロッテ内での評価は高いとは言えない。

    今季年俸は5000万円減の2億円で1年契約。
    涌井はかねて、フロントに補強を要望するなど意見をしてきた。そうした姿勢が受け入れられていない部分もある。首脳陣との折り合いもあまり良くない。
    8月には5試合連続でクオリティースタート(QS=6回を自責点3以内)をマークしながら、無期限の二軍調整を通達されたこともあった。
    涌井自身もチーム内での立場を理解している。
    昨年、FA権を行使していることから、ロッテはトレードで商売することもいとわないと聞いています」

    ロッテは外野の選手層が薄い。角中、荻野、平沢らがいるものの、「不動のレギュラー」は不在。
    ドラフト1位の藤原恭大(大阪桐蔭)にしても、期待はできても計算はできない。さる球界OBが言う。

    「中でも右打ちの外野手が狙い目になるでしょう。
    同一リーグのパ球団よりも、セ球団相手に話を進めるとすれば、伊東コーチが加入した中日が有力候補になるが、右の外野手は平田以外にこれといっためぼしい選手がいない。
    そこで浮上するのは巨人とDeNA。
    巨人の原監督と涌井は09年の侍ジャパンで、同じ日の丸のユニホームを着た。
    巨人の外野は陽、長野、ゲレーロ、亀井らがいて、岡本も守れる。岡本とゲレーロは出せないとしても、陽や長野、亀井あたりが候補に挙がる可能性はある。

    一方、DeNAは筒香が左翼にドッカリ座り、主に右翼を守ったソトもいる。
    計算の立つ先発投手が加入するなら、桑原や梶谷が交換要員に浮上しても不思議ではない。
    もっとも、涌井の年俸は2億円と高額ですから、複数トレードに発展する可能性もあります」

    キャンプまで残り1カ月。球界に衝撃が走るのか……。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000007-nkgendai-base
    12/27(木) 9:26配信


    (出典 number.ismcdn.jp)


    http://npb.jp/bis/players/31635110.html
    成績


    【【仰天】移籍候補はセ2球団…ロッテ涌井に電撃トレード説が急浮上!!www】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    これは面白いとは思うけれど、どんなデータを取ってどう活かすかが大事。

    1 風吹けば名無し

    ロッテは26日、ZOZOマリンで年内の業務を終了。山室晋也球団社長(58)と松本尚樹球団本部長(48)が総括を行い、来季へ向け2億円規模の投資で「チーム戦略部」を新設することを明かした。

     来年1月から本格始動する約20人の戦略部には、楽天で今季までチーム戦略室スコアラーグループマネジャーを務め、データ分析に定評がある行木(なめき)茂満氏(44)を専任スコアラーに配置。
    さらに楽天、オリックスでデータ分析を行ってきた専門家を含む6人のアナリストをそろえた。

    球団では、フライで長打を狙う「フライボール革命」で、昨年のワールドシリーズを制覇した米大リーグ、アストロズをモデルにデータを収集。選手育成、獲得、戦略などあらゆる分野でデータ活用を推し進めていく。

    「(資金面で)ようやく基礎体力がついてきたので、来年からチーム強化に大きく舵をきっていきたい」と山室球団社長。球団創設50年目の今季は観客動員で過去最高を記録し、
    球団初の約7億円の黒字を計上した。今度は2010年以来となる日本一のために、12球団屈指の戦略部構築を目指していく。 (浜浦日向)
    https://www.sanspo.com/baseball/news/20181227/mar18122705020002-n1.html


    【【驚き】ロッテ、2億円投入「チーム戦略部」新設!データ野球で目指せアストロズ!!www】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)


    ロッテと今日FA丸と交渉。巨人とはいつになるかな。

    1 ひかり ★

     ロッテの林信平球団本部長は22日、フリーエージェント(FA)での獲得を目指す広島・丸佳浩外野手(29)と都内で初交渉を行ったことを明らかにした。

     球団からは山室晋也球団社長、井口資仁監督、林本部長ら総勢5人が出席。丸と代理人と約40分の交渉では「初めてお会いするので、まずはあいさつをして、
    球団の誠意や期待、条件面もお伝えした」という。丸からも質問などを受け、井口監督からもチーム事情などの説明を行った。

     林本部長は「しっかり話を聞いていただいた。思いは伝えられたと思う。誠実な人という印象で、野球に対して真面目な人だと感じた」と丸の印象を語った。

     次回以降の交渉は未定だが、さらに条件面など詳細を詰め、獲得を目指すことになる。

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181122-00000557-sanspo-base


    【【FA交渉】ロッテ、丸と今日初交渉「条件面伝えた。誠実な人という印象」!www】の続きを読む


    【ロッテ】広島・丸に6年30億円級 本社が全面的バックアップ、監督手形に超上積み
    【ロッテ】広島・丸に6年30億円級 本社が全面的バックアップ、監督手形に超上積み  Yahoo!ニュース 個人
    (出典:Yahoo!ニュース 個人)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    FA丸選手の条件が上がってきています。それにしても凄い条件です。

    1 砂漠のマスカレード ★

    ロッテが、FA宣言した広島・丸佳浩外野手(29)の獲得に向けて6年総額24億円プラス出来高の大型契約を用意していることが18日、分かった。
    ロッテ本社の全面的な援助もあり、最大で30億円に迫る好条件を提示する模様。巨人も獲得を目指す目玉選手の獲得に、球団史上類を見ない“切り札”で挑む。

    ロッテが過去最高の条件で丸獲得に全力を注ぐ。この日、ZOZOで行われたファン感謝デーに参加した井口監督は
    「本社を含めて『獲りにいこう』という話はしていますし、現場としては(支援は)非常にありがたい。
    その思いを相手側にもしっかり伝えないといけない」と、球団と現場が一致団結して交渉に向かうことを強調した。

    今オフFA補強最大の目玉選手獲りの背景には、ロッテ本社の全面的なバックアップがあった。
    関係者によると、これまで4年総額20億円とみられていた条件を6年24億円プラス出来高に“上方修正”したことが判明。
    出来高を加えた総額では30億円規模の好条件で巨人、広島との争いに挑むことになった。

    球団の複数年契約では06~07年に小林雅英が2億5000万円プラス出来高で結んだ2年契約などがある。
    過去、ロッテで年俸3億円に届いた選手はいないため、丸への条件は一気に球団最高になる。
    初交渉日は未定だが、山室球団社長は「必要とあらば行きます」と出馬要請があれば自らも交渉の席につく構え。
    「(来年はロッテオリオンズ誕生)50年目の節目の年ですし。本社をあげて(獲りにいく)ということです」とロッテ本社と連携を取りながらライバル球団と戦う姿勢だ。

    FA選手獲得の参戦は13年オフの涌井(西武)以来となるが、今回は「何年に一回の大勝負」(山室社長)ということもあり、将来の“監督手形”を含めて今までにない破格の条件をそろえるに至った。

    井口監督は「勝算というよりマリーンズとしての思い、僕の思いを伝えることだと思う。思いを伝えることが一番大事かなと思う」と誠心誠意を尽くす覚悟を見せた。
    05年以来のリーグ制覇と9年ぶりの日本一奪回を目指す来季。絶対に必要なピースを本社・球団・現場の“三本の矢”で射止めにいく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00000309-sph-base
    11/19(月) 3:03配信


    【【驚き】ロッテ 広島・丸に6年30億円級 本社が全面的バックアップ! 監督手形に超上積み!!】の続きを読む

    このページのトップヘ