愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心にスポーツや
話題がない時は芸能、ニュースも取りあげて、
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 楽天



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    楽天の監督が決まりましたね。

    1 ひかり ★ :2019/10/11(金) 14:02:13.10

      楽天は11日、来季の新監督に三木肇2軍監督(42)が就任すると発表した。平石洋介監督(39)が任期満了に伴って今季限りでの退団することが決定。
    球団内で後任人事を進めていた。三木氏は今季から2軍監督を務め、球団初のイースタン・リーグ優勝に導いた。

     球団を通じて「監督就任のお話をいただき、身が引き締まる思いです。今季、ファームで指揮を執らせていただき、東北のファンのみなさんの熱い声援、
    イーグルスへの熱い思いを感じることができました。その東北のファンのみなさんとともに、来シーズンこそは“日本一の東北へ”を実現できるよう、チーム一丸、
    勝ちにこだわって戦ってまいります」とコメントした。 

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00000165-spnannex-base


    【【監督人事】楽天の新監督に三木肇2軍監督の就任が決定!】の続きを読む



    (出典 hochi.news)


    3球団の争いになるのかな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/08(火) 07:00:08.42

    楽天・嶋

    ◆2019 パーソル クライマックスシリーズ・パ ファーストステージ第3戦 ソフトバンク2―1楽天(7日・福岡ヤフオクドーム)

    楽天・嶋基宏捕手(34)が退団の意思を固めたことが7日、分かった。来季の契約について、
    今季の年俸1億1000万円から野球協約が定める減額制限(1億円超は40%)を大幅に超えるダウン提示を受けていたが、同意せず球団側に自由契約を申し入れた。
    自由契約になった場合、ロッテ、ヤクルト、中日の3球団が獲得へ動くとみられる。

    楽天を愛し、ファンに愛された男が仙台を去る―。大きな決断を下した理由は「体が元気なら、まだまだやれる」というプライドだ。
    今季は、腰痛による2度の2軍落ちに、球団が若返りを図ったこともあり、プロ13年目で最少の57試合出場。
    打率2割9厘、3本塁打、15打点と振るわなかった。

    秋以降は腰痛も癒えたが、チャンスは与えられず。ソフトバンクとのCS第1Sでは、1軍への帯同も許されなかった。
    「CSを前に、1軍の練習にも参加できない。自分にとって戦力外と言われたようなもの」と本心を明かしていた。

    嶋が何より求めるのは、出場機会。「条件は問題ではない。この球団がなかったら、今の自分はない。本当に感謝しています」とも語り、チームを去ることになる。

    ◆嶋 基宏(しま・もとひろ)1984年12月13日、岐阜県生まれ。34歳。中京大中京高を経て、国学院大に進学。
    2006年大学生・社会人ドラフト3巡目で楽天に入団。当時指揮官だった野村克也監督の薫陶を受け、新人だった07年から125試合に出場するなど主力に定着。
    13年には球団初のリーグ優勝と日本一に貢献。10、13年にはベストナインとゴールデン・グラブ賞を受賞。179センチ、82キロ。右投右打。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000007-sph-base
    10/8(火) 6:03配信

    http://npb.jp/bis/players/01905114.html
    成績


    【【驚き】楽天・嶋が退団を決意「まだやれる」ロッテ、ヤクルト、中日が獲得乗り出す! 】の続きを読む



    (出典 news.nifty.com)


    古田氏が楽天の監督になるのかな。

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2019/10/04(金) 12:15:56.97

    1年契約を終える平石洋介監督の去就で揺れる楽天の次期監督問題だが、
    その背景に石井一久gMの出身球団、ヤクルトの次期監督問題が重なる。

    楽天が水面下でちょっかいを出したことで、話をややこしくしているのだ。
    「実は昨秋、楽天のgM就任に伴い、石井gMは三木谷浩史オーナーの意向に沿い、梨田昌孝監督の後任に、
    現役時代にバッテリーを組んでヤクルト黄金時代を築いた『古田氏招聘』で動いたのです。

    しかし、古田敦也氏(54)がヤクルト監督に未練を残し、再登板の可能性があることを理由に返答を保留していました」(ヤクルト担当記者)
    その結果、「1年間の暫定措置」として平石監督にチームを預けた経緯がある。

    「案の定、ヤクルトは最下位に沈み、監督交代が決まりましたが、古田氏の態度は依然、煮え切らないまま。
    そこで石井gMが公私ともに親しいヤクルトの高津臣吾二軍監督の担ぎ出しに動きました。

    それを察知したヤクルトが、辞任を表明した小川淳司監督の後任に高津氏を内定させたのです。
    ヤクルトからすれば昨オフに伊藤智仁(現楽天投手チーフコーチ)、三木肇(現楽天二軍監督)両氏を引き抜かれた手前、意地でもそうはさせんという意思表示でした」(同)

    これで両球団の監督人事が、ところてん式に加速。ヤクルトは高津監督の内定が明らかになり、
    それに伴い、石井gMは三木二軍監督の一軍監督昇格にスイッチし、メディアでも有力候補と報じられた。

    「これに慌てたのが古田氏。ヤクルト監督就任の芽が消え、楽天にも見放されては、監督の返り咲きはこの先も難しい。
    そこで三木谷オーナーに直談判し、監督受諾を訴えたのです。これで上層部は古田氏招聘で固まり、来季の組閣も始まっています」(楽天グループ幹部社員)

    三木谷オーナーが来季以降の構想として思い描くのが、来季中に国内FA権を取得するヤクルト山田哲人内野手(27)の獲得だ。

    昨年、自身3度目のトリプルスリー(3割、30本塁打、30盗塁)を達成した山田の推定年俸は4億3000万円。
    今季は打率2割7分台だが、走攻守で活躍する山田の年俸が来季5億円を超えるのは確実。
    来オフには総額30億円規模の大型複数年契約の締結も必至で、すでにFA移籍を希望しているという情報も入手している。

    「FAに参戦するのは巨人、ソフトバンクあたりだろうが、山田は同じ兵庫県出身でヤクルトの看板選手だった古田氏を尊敬している。
    ここが鍵。実は三木谷氏も神戸出身で、もっと言えば、三木二軍監督はヤクルトのコーチ時代に山田を育てた人物。連携して山田獲得に当たらせると見て間違いない」(スポーツ紙デスク)

    さらに三木谷氏と古田氏は、定期的に会食するなど昵懇の間柄であることも、「古田監督誕生」の新情報を後押ししている。
    https://wjn.jp/article/detail/0145692/

    楽天平石監督が退任へ 後任候補に三木2軍監督ら
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201909180000034.html
    外部招聘(しょうへい)を選択する場合、古田敦也氏(54)も候補に挙がるとみられる。
    06年から指揮を執った野村克也氏や星野氏のように、経験豊富な大物を登用する可能性がある。

    今後、三木谷浩史オーナー(54)の意向も仰ぎ、最終的な判断を下す。


    【【驚き】 楽天次期監督に古田敦也招聘へ!?】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    獲る球団が有るかな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/01(火) 18:05:39.54

    楽天・橋本到外野手(29)が1日、球団から来季の契約を結ばないことを通告されたことを明かした。
    仙台育英高出身の橋本は昨オフ、巨人から金銭トレードで地元球団に移籍。

    11年目の今季は、外野のバックアップ要員として開幕1軍入りを果たし、2度のスタメンを含めて11試合に出場。
    だが、9打数無安打と結果が出ず、5月以降は2軍で調整を続けていた。

    この日、仙台市内の球団事務所で通告を受けた後に取材に応じた橋本は「地元の球団に拾っていただいて、
    地元で終われれば一番幸せかなという思いを持ってやってきました。
    ただ、去年はけがでブランクがあり、今年はけがなく1年間やれて、来年は今年以上のパフォーマンスを出せるんじゃないかと思っていた。
    正直、悔しい思いもある」と悩める胸中を吐露。「このままでは終われない。やれるまではやりたいと思いは強いです」と現役続行を目指す方向性を示した。

     橋本は俊足と強肩を生かした高い守備力に、好打も併せ持ち、14年には103試合に出場。
    打率2割5分6厘、11盗塁をマークしてレギュラーに定着しかけたが、その後は打撃不振に陥り、昨季は1軍出場がなかった。
    新天地での復活を目指した今季は、2軍でも68試合に出場し、打率1割6分9厘、1本塁打、10打点。課題の打力不足を克服できなかった

    10/1(火) 17:52配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00000144-sph-base

    http://npb.jp/bis/players/51455118.html
    成績


    【【悲報】元巨人・橋本(楽天)が戦力外に…金銭トレードで加入も11試合で無安打、現役続行を希望!】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    巨人に居たら出番ないからね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/25(日) 21:52:03.45

    ● 西武 2 - 14 楽天 ○
    <17回戦・メットライフ>

    楽天打線が13安打14得点と爆発。連敗を2で止め再び貯金1とし、2位・西武とのゲーム差を再び2.5に縮めた。

    楽天は初回、4番・ブラッシュの2点適時二塁打で先制。今季75打点目をマークした助っ人は「打ったのはストレート。先制のチャンスだったからね。なんとか食らいついたよ」と振り返った。
    5回は9番・堀内の適時二塁打で3点目を奪うと、2番・島内も適時二塁打で続き4点目。さらに、浅村の28号2ランで6-0とリードを広げ、浅村は「打ったのはシンカー。しっかり振れました」と話した。

    6回以降も7番・和田の3打席連続適時打などで8点を追加。今夏巨人からトレード加入した若き大砲は、プロ入り初となる1試合4安打&3打点と大暴れした。

    先発の石橋は要所を締める投球。4四球を与えるなど制球に苦しんだが、6回を5安打2失点にまとめ自己記録を更新する6勝目(6敗)を挙げた。

    西武は投打とも振るわず連勝は2でストップ。先発の十亀は6回途中7失点と踏ん張れず、今季5敗目(4勝)を喫した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00200741-baseballk-base
    8/25(日) 20:22配信

    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2019/pl2019082504.html
    試合スコア

    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/1862126/
    【9回表】4安打の大暴れ! イーグルス・和田の14点目を奪うタイムリー! 2019/8/25 L-E

    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/1862141/
    8/25 ライオンズ対イーグルス ダイジェスト


    【【何と】楽天・和田恋がプロ入り初の1試合4安打&3打点の活躍!】の続きを読む

    このページのトップヘ