愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 楽天


    コロナ感染ですね。

    1 シャチ ★ :2021/07/23(金) 18:19:57.88

    7/23(金) 18:06配信共同通信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f755b3824523d9717cb2951f00edb727090a4baa
     プロ野球楽天は23日、銀次内野手(33)が22日に受けた新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性と判定されたと発表した。


    【楽天・銀次、コロナ陽性】の続きを読む



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    楽しげですね。

    【【朗報】楽天・炭谷、早くも馴染むww】の続きを読む



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    引退するのかな。

    1 風吹けば名無し :2021/06/19(土) 16:11:19.60

    オコエの姿が東京駅構内で目撃されたのは6月初旬の夕方のこと。居合わせた男性が語る。

    「“あごマスク”だったので、すぐにオコエだと分かりました。同年代らしき金髪の女性と友人と思われる男性と駅構内でコーヒーを買って、
    待合室で談笑していました。女性の分のコーヒー代はオコエが支払っていて、待合室でもオコエの隣に女性が寄り添うように座っていたので、彼女なのかなって」

     その後、オコエらは夜7時前に東京駅を出る新幹線「はやぶさ」に乗車。グリーン車の窓側にオコエ、その隣に女性が座った。

    「たまたま同じ新幹線に乗ることになったのですが、オコエは新幹線のなかでコーヒーを飲みながら、
    『野球はもうやる気が起きない』と一緒に乗っていた2人に愚痴っていました。お腹は出ていて、かなり身体が重そうに見えました」(同前)

     オコエら3人は仙台駅で下車、降りるときもオコエの隣には女性が寄り添っていたという。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f2e29557c40292bb4cccbd2a1cfba30eda71b712


    【楽天・オコエ、グリーン車で「野球はもうやる気が起きない」と愚痴】の続きを読む



    (出典 hochi.news)


    期待外れかな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/06/12(土) 19:07:12.60

    ◆日本生命セ・パ交流戦 楽天―阪神(12日・楽天生命パーク)

     楽天・田中将大投手が先発し、7回5安打3失点で4敗目。本拠地では2012年7月29日・西武戦以来3240日ぶりの黒星で、同球場での連勝は16でストップした。

     3回まではわずか29球で完全投球。しかし4回1死からマルテに四球を与えると、続く大山に右翼席へ先制2ランを被弾した。

     5回はピンチを迎えながら無失点に抑えたが、1―2の6回は2死無走者から「モノノフ」(ももいろクローバーZファン)対決で佐藤輝にソロを浴びた。

     7回は三者凡退に封じ、今季最多109を投じて降板。5試合連続クオリティースタート(QS=6回以上自責3以内)を達成したが、この日も援護に恵まれず、5月1日・ロッテ戦以来の白星とはならなかった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ec7984ceda8b1575bb980e1f1b066b24cbe2fb5b
    6/12(土) 17:31配信


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2021/il2021061202.html
    試合スコア


    【楽天 田中将大、7回3失点で4敗目…本拠地3240日ぶり黒星で「不敗神話」崩れる 9試合2勝4敗 2.90 年俸9億円】の続きを読む



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    色々と訳有りそうですね。

    1 幻の右 ★ :2021/06/07(月) 07:33:45.28

    どうにも白星に恵まれない。Vの使者として期待された楽天・田中将大投手(32)が5月1日のロッテ戦で今季2勝目を挙げてから、5試合連続で勝ち星から遠ざかっている。5日の広島戦(マツダ)では序盤に2点を失う苦しい投球で6回8安打3失点。チームは7―3で逆転勝ちしたものの「苦しいピッチングでした」と振り返った。

    毎回のように走者を背負い、売り出し中の2年目・宇草と3年目・林にソロ本塁打を浴びた。田中将は「いいプレーにも助けられましたし、いい当たりが(野手の)正面を突いたこともあった。よく3点で収まったなという投球だった。本当に今年の中でも一番良くない感じ」と反省しきりだった。

     悪い状態の中で今季6度目のクオリティ・スタート(6回以上を自責3点以内)はさすがだが、やはり1、2、6回の失点シーンではこれまで同様、若いカウントから入り球、カウント球を狙われた。原因について、メジャー関係者は「一番は日米の野球の違いに田中自身がまた対応しきれていないのでは」と切り出し、こう続けた。

    「今の田中は7年間のメジャー生活で打ち気にはやる打者への攻め方が染み着いていると思う。一方で、日本の打者は彼の周波数(考え方)が読み取れるので、浅いカウントではストライクを取りにくる球を絞りながら狙いに行き、空振りを取りにくる深いカウントではボールを見極めてくる。その周波数が合ってしまう分だけやりにくそう。逆にクロンに対してはスライダーで簡単に追い込んでスプリットを注文通り振ってくれるので攻め方がシンプルだった」

    この点については、田中将も自覚しているようで「(日米で)打者のアプローチの仕方が違う。ゲームの中で配球、投球内容で違う部分は感じている」と話している。5日の広島戦でも狙われやすいボール先行カウントでは慎重にスプリットをカウント球に使うなどの工夫が見られたが、試行錯誤はまだ続きそうだ。
        

    東京スポーツ
    6/7(月) 6:15
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ec98ee476244f6ff92bd3568b4af06c551a31c06


    【5試合連続白星なし… 楽天・田中将が「日本野球」に苦しむワケ】の続きを読む

    このページのトップヘ