愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 楽天


    始球式ですね。

    1 ジョーカーマン ★ :2022/04/30(土) 22:37:12.40

    乃木坂46の秋元真夏さんはマウンドに上がるとなぜか後ろを向いて…

    ■楽天 ー ソフトバンク(30日・楽天生命パーク)

    30日に行われた楽天-ソフトバンク戦の試合前に、アイドルグループ・乃木坂46のメンバー、秋元真夏さんが行った始球式が「可愛すぎかよ」「マジ天使じゃん」と注目を集めている。

    【実際の動画を見る】「可愛すぎかよ」秋元真夏さんが恥ずかしそうに仕掛けた“大ボケ”始球式

    秋元さんは背番号「46」の入った赤いTシャツと、紺色のミニスカート姿でマウンドへ。
    まず四方に向かって深々と頭を下げると、なぜかボールを握りしめて中堅方向を向きストップ。
    捕手とは逆の方向へ向かってモーションを起こしかけた。そして恥ずかしそうに「大ボケ」を終えると、捕手へ向き直り全力投球。
    大きな弧を描いたボールは、ワンバウンドで捕手のミットへ収まった。

    この一部始終を「パーソル パ・リーグTV」が公式YouTubeチャンネルで公開。
    ファンからは「ほんと可愛いな この子の笑顔にはいつも癒される」「あざとさ全開からの良いコースに投げ込むところに惚れる。そしてこの国宝級の笑顔」「やっぱり愛される才能を持ってるわ」「自分で仕掛けておいて恥ずかしそうにする真夏さんが好き」と“メロメロ”な様子のコメントが集まった。
    視線を独り占めにするテクニックはさすがだった。

    http://news.yahoo.co.jp/articles/443db2a8690876ce258aecbd15c59bc4ad449b91

    動画 秋元真夏、「大ボケ」始球式!
    【?】E始球式・秋元真夏さん『投げる方向、そっちじゃないです…』


    (出典 Youtube)



    秋元真夏、ミニスカユニホーム姿披露

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    乃木坂46 秋元真夏

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【「可愛すぎかよ」秋元真夏(28)、ミニスカ姿で「大ボケ」始球式!「マジ天使じゃん」絶賛の声殺到(動画あり)】の続きを読む


    活躍してますね。

    1 ひかり ★ :2022/04/14(木) 11:43:42.60

     楽天・西川遥輝が新天地で存在感を発揮している。

     4月8日からの古巣・日本ハム3連戦(札幌ドーム)では、11打数5安打4打点と昨年まで慣れ親しんだホームグラウンドで大暴れ。初戦は1対0の4回一死二、三塁で伊藤大海の直球を右前へはじき返す2点適時打を放つと、2戦目も猛打賞とダイヤモンドを疾走した。3戦目は2点差を追いかける7回一死満塁で右翼線に適時二塁打。同一カード3連勝はならなかったが、一時同点に追いつく一打に二塁の塁上で拳を突き上げた。

     左翼の守備でも大きく貢献した。初戦に1点リードの3回一死二、三塁のピンチで、野村佑希のフライを捕球すると、三塁を狙った二塁走者・上野響平を好返球で刺して併殺が完成。試合の主導権を相手に渡さなかった。

     日本ハムでリーグ優勝2度、日本一1度を経験。リードオフマンとして打線を牽引してきた。コンスタントに安打を打つだけでなく、選球眼も良いので出塁率が高い。2018年、20年はリーグ最多四球を選び、日本一に輝いた16年は出塁率.405、20年は自身最多の出塁率.430をマークしている。昨年は打率.233、3本塁打、35打点と打撃は状態が上がらずに苦しんだが、24盗塁で自身4度目の盗塁王を獲得した。

     楽天が最も欲しい人材が出塁率の高いチャンスメーカーだった。昨年は田中将大が8年ぶりに日本球界に復帰し、岸孝之、則本昂大、涌井秀章、早川隆久と強力先発陣を結成。戦前は優勝候補として下馬評が高かったが、爆発力を欠いて3位に終わった。532得点はリーグ4位。シーズンを通じて一番を固定できなかったのが課題の一つだった。小深田大翔、辰己涼介、山崎剛など8選手が起用されたが、満足できる結果を残せたとは言い難い。

     西川は楽天に欠けていたピースにピタリとはまる選手だった。通算出塁率.380と高い確率で塁に出るので、初回から得点が入る可能性が高まる。パンチ力もある。今月6日の西武戦(楽天生命パーク)では初回に四球で出塁。3点を先制する呼び水になると、1点差に迫られた5回に右中間へ移籍後初本塁打となる1号ソロで再び流れを引き寄せた。

     快勝した試合後のお立ち台では、先制適時打を放った浅村栄斗が「遥輝が加入してチャンスで回ってくることが多いので、なんとか仕事をしようと思いました」と振り返り、7回2失点の好投で今季初勝利をマークした岸も「初回の3点がすごく大きかったですし、やっぱり遥輝のホームランが一番大きかったです」と絶賛。西川は「いつも先輩方には気にかけていていただいて、本当にやりやすくやらせてもらっていますし、感謝しかありません」と語り、「僕よりもたくさんお金を持っていますし、何も恩返しできないんですけど、こういう形で恩返しができて良かったです」とスタンドの笑いを誘った。楽天ファンからもすっかり愛されている。


    「状況に応じた打撃ができるし、足でかき回してくるのでバッテリーは神経を使う。経験豊富な選手なので勝つ術も知っている。マルモレホス、ギッテンスの両外国人を補強しましたが、楽天の最も効果的な補強は西川でしょう」(スポーツ紙記者)

     クリムゾンレッドのユニフォーム姿も違和感がなくなってきた。スピードスターが杜の都でも疾走する。

    週刊ベースボール

    https://news.yahoo.co.jp/articles/417c4b80527d306772a88133756c63ebee15fb22?page=2


    【楽天・西川遥輝 新天地で打率.316、出塁率.449の躍動に、「最も効果的な補強」の声】の続きを読む


    オコエそろそろ危ないかな。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/04/05(火) 19:00:37.31

    スポーツ 野球
    2022年04月05日
    https://www.dailyshincho.jp/article/2022/04050600/?all=1

    (出典 www.dailyshincho.com)


    現在もリハビリ中

     6試合を終えて4勝2敗とまずまずのスタートを切った楽天。そんな中、「このまま終わってしまうのか」とささやかれているのがオコエ瑠偉(24)だ。2015年にドラフト1位で入団したものの、ここまで鳴かず飛ばず。プロ6年目の昨季まで定位置すら確保できておらず、シーズンを通して一軍に定着したことは1度もない。

     高校時代には、関東一高の目玉選手として3年時に夏の甲子園に出場。準決勝敗退を喫したが、18打数6安打1本塁打6打点、打率3割3分3厘の好成績を残し、プロからも将来を嘱望される存在となった。遠投120メートルの強肩と50メートル走5秒96の俊足を誇り、恵まれた身体能力を駆使しながら順調にステップを踏めば「将来はMLBでも十分に通用するスーパースターになれる」と楽天関係者の大半がそう信じ込んでいた。

     オコエ本人も高校3年当時、一部のメディアに「NPB入りし、数年後にはメジャーリーグでプレーしたい」と語っている。しかし、それも今となっては夢のまま終わりそうな雲行きだ。

     昨年11月30日には「左膝関節軟骨欠損症に対する自家軟骨移植術」を受け、現在もリハビリ中。ファームで日々のメニューを消化しながら実戦復帰を目指しているとはいえ、今後の見通しは非常に厳しいと言わざるを得ない。そんなオコエに対して楽天関係者も「たとえコンディションが万全に戻ったとしても正直、一軍からお呼びがかかるかどうか…といったところ」と評す。

    ■そして戦犯に

    「石井監督もオコエを見限りつつあるようです。一昨年12月のオフ期間中に契約更改でGMとして同席した石井監督からメディアを通じて『まだ考えが甘い。頑張ってほしいというより、そろそろ出てこないと彼自身の野球人生が苦しくなってくる』と最終通告とも受け取れる異例の猛ゲキを飛ばされていたが、当のオコエは相も変わらず“柳に風”のままでした」

     と、前出の楽天関係者。

    「その後の昨年2月に右手首を手術し、ようやく8月から2年ぶりに1軍出場。結局42試合の出場で打率2割2分3厘、0本塁打6打点とパッとしない成績に終わった。あれだけのトーンで言われておきながら、この結果では石井監督の堪忍袋の緒が切れたとしても全く不思議ではないと思います」

     実を言えば、オコエは昨季「プロにあるまじき致命的な怠慢プレー」(前出の関係者)をしでかしている。シーズン終盤の昨年10月14日、本拠地・楽天生命パークで行われたソフトバンク戦。チームが3点をリードしていた8回二死満塁の場面で、中堅守備に入っていたオコエがソフトバンク柳田悠岐の中前適時打を内野へ返球する際にもたついてしまう“ポカ”をやらかしたのだ。オコエの中途半端な送球は走者一掃の同点を許し、これが引き金となってチームは勝ち越しされ、オコエは「戦犯」となった。

    ■順調過ぎるぐらい、順調です

    「その試合終了直後、石井監督は務めて冷静に『ミスを責める必要もないんですけど』と前置きしながらも『しっかりと早く内野に返していくのが鉄則なところが、できていなかった』とオコエの怠慢プレーを糾弾。昨季終盤のチームは熾烈な上位争いを繰り広げ、一戦も落とせない状況だっただけに凡ミスによって勝てた試合を落とすきっかけを作ったオコエに対する失望は相当なものだったようです。実際にそのソフトバンク戦の翌日、オコエは登録抹消で即座に二軍降格となっています」(前出の関係者)

     そもそもチーム内ではかねて、オコエについて「危機感がなさ過ぎる」との指摘も飛び交っていた。楽天OBの1人は「奔放な性格は入団してから今もずっと変わらない。プロ2年目が終わりかけの頃、このシーズンは一軍での出場成績が前年を上回っていたこともあり、担当記者に『順調過ぎるぐらい、順調です』と“勘違い発言”を口にして周囲から呆れられたこともあった。こういう自己過大評価の一面が災いし、チーム内でも悪い印象を与えているのは紛れもない事実。それでも結果を出せているなら許せますが、ご覧の通りの体たらくでは残念ながら話にもなりません」と半ば呆れ顔だ。


    【【野球】「楽天・オコエ」の土俵際 監督が見限った致命的な「怠慢プレー」とトレード要員としても「少なくともウチはいらない」 [鉄チーズ烏★]】の続きを読む


    秋山どうするかな。

    1 ひかり ★ :2022/04/06(水) 14:24:36.41

     楽天の石井一久GM兼監督(48)は6日、レッズから退団することが決まった秋山翔吾外野手(33)の獲得に消極的な考えを示した。

     現時点で支配下登録選手は69人(上限70人)。外野はチーム内の定位置争いが激しいことを踏まえた上で「良い選手だと思いますよ。でもうちは現状、切磋琢磨できているポジションなので、そこに目を通すことはしていないです」と話した。

    スポニチ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3e4e27737e1912d701aa5fe718335cbd475ad06b


    【楽天・石井監督は秋山の獲得に消極的「切磋琢磨できているポジションなので」】の続きを読む


    コロナの影響ですね。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/04/02(土) 12:47:26.14

    4/2(土) 12:38配信 日刊スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7bf9edb75c54f294c233429b78c1b651e855e7e8

    楽天は2日、この日に予定されていたソフトバンク戦の中止を発表した。楽天のチーム内から多数の新型コロナウイルス感染症陽性者が発生していることを受け、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、NPB、新型コロナウイルス対策連絡会議の専門家(地域アドバイザー)と協議し、決定した。明日3日の同カードも中止される。

    楽天は1日の試合前に則本昂大投手、川島慶三内野手、アラン・ブセニッツ投手、小深田大翔内野手、安田悠馬捕手、小峯新陸投手の6選手が新型コロナウイルス陽性判定を受けたと発表。試合後には小山伸一郎投手コーチと西口直人投手が新たに陽性判定を受けたと発表した。3月27日には茂木栄五郎内野手の感染が判明。開幕から合計で選手8人、コーチ1人と感染が相次いでいた。


    【楽天、コロナ感染者多数で2、3日のソフトバンク戦が中止 開幕から選手8人、コーチ1人】の続きを読む

    このページのトップヘ