愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > ソフトバンク


    引退ですね。

    1 ひかり ★ :2021/11/30(火) 11:01:10.12

     ソフトバンクのデニス・サファテ投手が30日、今季限りで現役を引退すると発表した。自身のツイッターで「今日、野球から引退することを発表した。こんな終わり方は全く頭になかった。しかし、なんという道のりを歩んできたことだろうか」と綴った。昨年10月には人工股関節置換術を受け、リハビリを続けていたが、今季も登板はなかった。

     2018年に右股関節の修復手術を受けたサファテ。昨季は春季キャンプ初日から復帰を目指してトレーニングを重ねたが、新型コロナウイルスの感染拡大により開幕は延期。開幕後もファームで練習を続けていたが、右股関節に再び痛みが出たため帰国し、10月に「右股関節・変形性股関節症の人工股関節置換術」を受けた。今季もリハビリを続けていたものの、投げられる状態には戻らず、ユニホームを脱ぐことになった。

     2011年にオリオールズから広島に入団して初来日すると、2013年には西武でプレーし、2014年からはソフトバンクに加入した。「キング・オブ・クローザー」として絶対的な守護神として君臨。2017年にはNPB最高記録となる54セーブをあげた。ここまで通算234セーブをマークし、外国人クローザーとして初となる250セーブまであと16セーブとしていた。ソフトバンクとは2019年からの3年契約を結んでおり、2021年まで契約が残っていた。
    Full-Count編集部

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0c96f3b0f24023ace8c93bffb9640732eb4995a4


    【【野球】サファテ、現役引退を発表 自身のツイッターで表明「こんな終わり方頭になかった」 [ひかり★]】の続きを読む


    FA宣言するかな。

    【【悲報】中日と巨人でFA千賀争奪戦勃発へ@@@】の続きを読む


    どうなるのかな。

    1 風吹けば名無し :2021/11/08(月) 01:50:31.82

    146 名前:風吹けば名無し [sage] :2021/11/08(月) 01:47:28.09 ID:vbvqafApr
    まじやった

    (出典 i.imgur.com)


    あとはスアレスメジャー挑戦視野ソフトバンクマルテ調査


    【ソフトバンクが阪神マルテを調査ww】の続きを読む


    監督人事ですね。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/27(水) 12:05:57.56

    10/27(水) 9:06
    日刊ゲンダイDIGITAL

    なぜ小久保ヘッドではなかったのか? ソフトB次期監督に「藤本二軍監督」昇格の内幕
    両雄交わらず…(右から、工藤監督と小久保ヘッド)/(C)日刊ゲンダイ
     知名度や華やかさでは他球団の監督に負けていても、指導者としての手腕は文句なしだとか。

     今季限りで退任するソフトバンクの工藤公康監督(58)の後任に内定している藤本博史二軍監督(57)である。

     1981年ドラフト4位で天理高から南海(現ソフトバンク)に入団。パワーと選球眼を兼ね備えた中距離ヒッターとして活躍した。89年から95年まで7年連続2ケタ本塁打をマークし、92年には自己最多の20本。右打ちの技術もあり、90年にはサイクルヒットも達成。主に三塁を守り、守備範囲こそ広くないものの、「グラブさばきは名人芸」と言う声もあった。

     98年途中にオリックスにトレード移籍し、その年限りで引退。その後は福岡で解説者、評論家をしながら居酒屋「藤もと亭」を経営。2011年に二軍打撃コーチでホークスに復帰すると同時に店を閉め、一軍打撃コーチ、三軍監督などを歴任した。

     南海時代のチームメートで、ホークスで同時期にコーチを務めた山内孝徳氏(評論家)が言う。

    「一言で言えば、コツコツ努力するタイプ。ずばぬけた選手ではなかったが、自分の持ち味を理解した上で過酷なレギュラー争いを戦っていた。指導者としても同じく、地道にやるタイプ。頑固さはあるけど、頭ごなしの技術指導はしない。今季一軍への足がかりをつくった砂川リチャードについても、彼が入団した当時から『いいバッターがいるんですよ。大砲候補で、モノになる。何とかして育ててやりたいんですよ』と目を輝かせていました」

    ■柳田育てた育成手腕

     二軍コーチ時代は主砲の柳田を育てたことで、その指導力は球団内で高く評価されている。別のホークスOBが言う。

    「コーチとしてはとにかく初志貫徹。例えばキャンプで『毎日このメニューをやろう』と決めたら、何があってもそれをやる。二軍時代の柳田にもキャンプでは毎日、ロングティーをやらせていた。柳田が全体練習でヘトヘトになろうが、『やるぞ!』とお構いなし。かといって、頭が固いわけじゃない。球団主導のデータ野球にもしっかり順応。ファームの選手には球団が決めた育成方針があり、試合前に『この選手は今季何試合、二軍で打席に立たせる予定なので、今日の試合はスタメンで使ってくれ』などの指令もある。藤本さんの意図とは違うことがあっても、『まあ、仕方ない』と受け入れていた」

    後任の一本化に苦慮

    なぜ小久保ヘッドではなかったのか? ソフトB次期監督に「藤本二軍監督」昇格の内幕

     それにしても、なぜ藤本二軍監督なのか。ソフトバンクの歴代監督は王貞治、秋山幸二、工藤公康と大スターが居並ぶ。王球団会長は工藤退任の決定後、後任人事について「なかなか難しいところ。もうちょっと時間をね」と一本化に苦慮している様子だった。

     球界OBは、「今は野手の世代交代が急務。最終的に藤本監督の育成手腕に賭けた。ただ、もともとは小久保ヘッドの昇格が最有力だと言われてきたのは確か」と、こう続ける。

    「小久保ヘッドは侍ジャパンの監督を務めた一方で、プロ野球の指導者としては1年目。次期監督含みで入閣したこともあり、工藤監督はキャンプから野手に関して『ヘッドに任せている』と練習メニュー作成を一任。開幕後も、野手のオーダーや作戦を含めた攻撃面を中心に、小久保ヘッドの意向をくんだ。しかし、チーム防御率はリーグトップを走る一方、打線は低調に。主砲のグラシアル、デスパイネが東京五輪予選出場のために途中離脱した上に、その後も故障、不調が重なった。その結果、工藤政権では初となる前半戦をBクラスで折り返したのです」

    全文はソース元で

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bc6880071f69c026522e5828252be4729935d620


    【なぜ小久保ヘッドではなかったのか? ソフトB次期監督に「藤本二軍監督」昇格の内幕】の続きを読む


    何処か獲るのかな。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/12(火) 15:50:21.13

    10/12(火) 15:12
    デイリースポーツ

    ソフトバンク バレンティンの退団を発表「ぜひまた応援を」
     ソフトバンク・バレンティン
     プロ野球のソフトバンクが12日、ウラディミール・バレンティン外野手(37)の退団を正式に発表した。

     バレンティンは11年からヤクルトでプレーし、13年にはプロ野球の1シーズンの本塁打新記録となる60本塁打をマークするなど活躍した。2020年からソフトバンクでプレーしたが、20年は打率・168、9本塁打、今季は打率・182、4本塁打と思うような活躍はできなかった。

     バレンティンは球団を通じ「この2年間、ホークスでプレーする機会を与えてもらい、ありがとうございました。2年間サポートしてくれた全てのチームメイト、スタッフ、コーチ、フロントの皆さんに感謝します。また、この2年間応援し支えてくれたホークスファンの皆さん、本当にありがとうございました。もし、来年も日本でプレーする機会を得られたら、ぜひまた応援をよろしくお願いします!」とコメントした。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fe2573382c0af9cee5906954b63e26d6ca9ab728


    【ソフトバンク バレンティンの退団を発表「ぜひまた応援を」】の続きを読む

    このページのトップヘ