愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > ヤクルト



    (出典 full-count.jp)


    「高津監督の続投は嬉しい。今季は5位に低迷したが、信頼は揺るぎません。彼の指導力と経験がチームにとって不可欠です」と思います。

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/08/25(金) 13:30:17.04
    2023.08.25

    来季は2年契約の2年目、今季はここまで47勝63敗2分けでリーグ5位

     ヤクルトは25日、高津臣吾監督が2024年シーズンも指揮を執ることを発表した。昨オフに2年契約を結んでおり、来季は契約最終年となる。

     高津監督は2020年シーズンから指揮を執り、1年目こそリーグ最下位と低迷するも、2021年シーズンは73勝52敗18分けの成績で、20年ぶりのリーグ優勝と日本一を達成した。翌2022年もリーグ連覇を達成し、オフに2年契約を結んでいた。

     今季は、2連覇を支えた山田哲人内野手や塩見泰隆外野手らの主軸が故障で離脱するなど、厳しい戦いを強いられリーグ5位と苦戦しているが、球団は昨季までの手腕を高く評価し、従来の契約通り来季の指揮も任せることとなった。

     以下、衣笠剛代表取締役会長 CEO オーナー代行のコメント。

    「今年は怪我人も多く、厳しい戦いが続いているが、2021年の日本一、2022年のリーグ連覇を果たした手腕を高く評価しており、これまでチームをまとめ上げてきた信頼は揺るぎません。契約通り来季も引き続きお願いしたいと思います」(Full-Count編集部)

    https://full-count.jp/2023/08/25/post1433397/

    【ヤクルト、高津監督の続投を正式発表 今季は5位低迷も「信頼は揺るぎません」】の続きを読む



    (出典 www3.nhk.or.jp)


    村上選手の不調が続いていたので、体調不良で抹消となってしまったのは仕方ないのかもしれません。彼の代わりに出場する選手が頑張ってくれることを期待します。

    1 少考さん ★ :2023/08/18(金) 19:27:08.33
    ヤクルト 村上宗隆 体調不良で1軍出場選手登録抹消 | NHK | プロ野球
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230818/k10014167031000.html

    2023年8月18日 18時26分

    プロ野球、ヤクルトの村上宗隆選手が、体調不良のため新型コロナの特例で1軍の出場選手登録を抹消されました。

    村上選手は18日に神宮球場で行われる中日戦を前に、体調不良のため、発熱や新型コロナの感染者や濃厚接触者を対象とする特例が適用されて1軍の出場選手登録を抹消されました。

    新型コロナの特例の対象となった場合、球団が復帰できると判断すれば規定の10日を待たずに出場選手登録が可能になります。

    (略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    【ヤクルト 村上宗隆 体調不良で1軍出場選手登録抹消】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    FAは権利だからね。年俸も上がりそう。

    1 それでも動く名無し :2023/08/04(金) 14:40:51.53
     最後は「シーズンが終わって、FAを取ってるとか別として、田口麗斗という選手そのものの市場価値を上げるというか。他の球団ともし交渉する可能性があるとしても、もっと評価してもらえるようにシーズンをしっかりまっとうして成績を残したい。そこだけ!」と、とにかく今はチームのため、自分のためにプレーに集中するという今オフFAの目玉左腕は「残念だったな!」といたずらな笑みを浮かべ去っていった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1908c9c71cc5c5973314d12e327c074f6e60cedf

    【ヤクルト田口、FA権行使ミエミエのコメントを出してしまう】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)


    山田哲人の1軍復帰はチームにとって大きな助けとなるでしょう。彼の守備力や広いバッティングスキルは、後半戦の巻き返しにとって大きな武器となること間違いありません。

    1 それでも動く名無し :2023/08/01(火) 11:02:19.25
    下半身のコンディション不良で離脱中だったヤクルト山田哲人内野手(31)が、1日巨人戦(東京ドーム)で1軍に復帰することが7月31日、分かった。

    同2日の広島戦(神宮)の5回無死一、三塁で投ゴロを打ち、全力疾走した際に下半身を痛め、翌3日に出場選手登録を抹消された。4月にも同箇所で約2週間、離脱していた。チームは7月、12勝9敗と今季初めて月間での勝ち越しに成功(1試合のみの3月を除く)。キャプテンが8月初戦に復帰し、後半戦の巻き返しに好材料となる。

    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202307310001353_m.html?mode=all&utm_source=AMPbutton&utm_medium=referral

    【【ヤクルト】山田哲人が1日巨人戦で1軍復帰 後半戦の巻き返しに好材料】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    村上宗隆の独占告白、本当に興味深いですね。三冠王である彼がWBCで他の選手のトレーニングを見て正解を見失ったというのは驚きです。彼の苦悩や決意がどのように続いていくのか、気になります。

    1 フォーエバー ★ :2023/07/29(土) 19:22:11.05
    7/29(土) 13:43配信

    FNNプライムオンライン

    プロ野球が後半戦に突入した7月22日。首位・阪神タイガースとの試合で17号本塁打を放ち、巻き返しへ最高のスタートを切ったヤクルトの主砲・村上宗隆(23)。

    【画像】オールスター開催期間中、チーム練習に参加する村上宗隆

    しかし、19日と20日に行われたオールスターに村上の姿はなかった。三冠王が翌年、まさかのオールスター落選。村上に一体、何が起きていたのか?

    カメラの前で初めて明かした不調の真相。
    「何が正解かわからなくなっちゃったというか」
    「去年やってきたことが全て無くなったような」
    三冠王の苦悩と決意を独占取材したーー。

    56本塁打・史上最年少三冠王…野球界の主役だった昨季
    昨季、村上はまさに野球界の主役だった。王貞治さんの記録を塗り替える日本選手最多56本のホームランに、史上最年少での三冠王。いつしか「村神様」と呼ばれるようになると、12月の新語・流行語大賞にも選ばれ、ムーブメントは2022年を象徴する存在になった。

    さらに年が明けると、日本中が歓喜に沸いたWBCでも活躍。準決勝で逆転サヨナラ打、決勝で同点本塁打と常に話題の中心にいた。

    そんな中、かつてない注目度で迎えた今季。そこにあったのは、極度の不振にあえぐ三冠王の姿だった。

    結果が出なかった前半戦「目標が遠くなっていく…」
    好機で打てないと、ヒーローは一転、時に戦犯扱いもされた。

    ーー結果が出なかった前半戦、率直にどんな感情でしたか?
    3連覇を目標に、もう一回三冠王を取るというのを目標にしたシーズンでした。
    それが少しずつ崩れて行くような、その目標が遠くなっていくような…。
    久しぶりに、打てない自分の情けなさだったり、去年やってきたことが全て無くなったような気持ちでした。

    ーー全てなくなった気持ちとは?
    もちろん叩かれたりもしますし、いろんな声も聞こえますし、僕に期待をしてくれて応援してくださっているファンの方々の気持ちだと思うんですけど、打つのが当たり前だと思って見られている立場なので、その期待に応えられなかった自分は情けないと。

    ”築き上げてきたもの”が、崩れ去っていく感覚。「村神様」とまで呼ばれた男に一体何があったのか?その不振の理由を、初めてカメラの前で明かしてくれた。

    ーー打てないと感じていたときの原因は?
    僕はバットを振るより、トレーニングをして体を作ってバッティングに生*、というやり方をやっていたのですが、WBCで大谷翔平さんや吉田正尚さん、ダルビッシュさんなど、色々な方のトレーニングを見て、僕はこうやった方が良いのかな、もうちょっとこうした方が良いのかなって。その中で色々なところに手を出していくうちに、何が正解か分からなくなってしまった。

    大谷翔平に、吉田正尚、そしてダルビッシュ有。世界のトッププレイヤーに感化され、シーズン直前に取り入れた新たなトレーニング。しかしそれは、さらなる高みを目指したが故のよもやの代償だった。

    「前半戦の調子が悪い時は、どうしても人に頼りたかったり、『頼む打ってくれよ』と思ったり、チームメートにも『ここで打ってほしい』と思っていました。WBCでは、僕一人の力だけでは勝てないですし、周りにすごい選手がいて、色々な方がカバーしてくれて、そこ(WBC)での気持ちがそのままシーズンに乗り移ってしまった」と村上は語る。

    全文はソースでご確認ください

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9e51a906d7f81f758ff4fd5fc867086a4a71b3f5


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l

    【村上宗隆・独占告白「WBCで見た大谷翔平や吉田正尚らのトレーニング」「正解が分からなくなった…」三冠王の苦悩と決意】の続きを読む

    このページのトップヘ