愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > ヤクルト



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    悲しそうな顔ですね。

    1 風吹けば名無し :2021/03/04(木) 17:58:28.06


    (出典 i.imgur.com)


    【【悲報】廣岡ホームラン後の高津...】の続きを読む



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    相手が井納ですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/03/03(水) 17:17:24.35

    巨人 - ヤクルト
    <オープン戦・東京ドーム>

     今季からヤクルトに加入した内川聖一選手が3日、巨人とのオープン戦に「5番・一塁」で先発出場し、第2打席に移籍後初ホームランを放った。

     2回の第1打席は相手先発・サンチェスの前に遊ゴロに打ち取られたが、スコアレスで迎えた5回の第2打席、内川同様ベイスターズでプロキャリアをスタートさせた井納翔一と相対し、1ボールから2球目の139キロを強振。快音を残した打球は大きな放物線を描いて左翼席に着弾した。

     チームにとってはこれが今試合初安打の先制ソロホームランで、内川にとっては嬉しい移籍後初ホームランとなった。

     ベンチでは宮本丈ら後輩選手が“アゴタッチ”を要求するお決まりのスタイルでお出迎え。ソフトバンク時代に幾度もみられた光景でヤクルトベンチに笑顔が溢れた。

     なお、内川は直後の5回裏の守りからベンチに退き、2打数1安打1打点でお役御免。「5番・一塁」の開幕スタメンへ、順調な調整ぶりをアピールしている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e9064381c158d21ef3943c1a58b2ef5703de2ce8
    3/3(水) 16:14配信


    (出典 Youtube)

    3月3日【ヤクルト】 内川聖一 ホームラン 1号 vs 巨人 プロ野球練習試合2021


    (出典 Youtube)

    内川聖一選手のテーマ【東京ヤクルトスワローズ】


    (出典 Youtube)

    【MIDI】2021東京ヤクルトスワローズ新応援歌メドレー

    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2021/pg2021030302.html
    試合スコア


    【ヤクルト・内川が移籍後初ホームラン 元横浜戦士の巨人・井納から一撃 【動画】】の続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)


    明るいですね。

    1 風吹けば名無し :2021/03/03(水) 14:51:22.21

    生え抜きやろこれ

    (出典 i.imgur.com)


    【【朗報】田口麗斗さん、早速ヤクルトに馴染む】の続きを読む



    (出典 static.chunichi.co.jp)


    トリプルスリーへ挑戦かな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/01/28(木) 05:50:27.65

    完全復活を誓った山田。「大凶」のおみくじも力にする

     ヤクルト・山田哲人内野手(28)が27日、所用で神宮外苑のクラブハウスを訪れ、4年ぶりの「全試合出場」と世界初となる「4度目のトリプルスリー(同一シーズンに打率3割、30本塁打、30盗塁)」を目標に掲げた。昨季は出場94試合にとどまった新主将。新年に引いたおみくじも「大凶」だったが、「プラス思考でいきたい」と、“どん底”から完全復活を果たす。

     球春到来が迫る中、驚きの“告白”だ。年が明けて初めて報道陣の前に姿を現した山田は、新年のおみくじで「大凶」を引いたことを明かした。

     「むしろ、今思ったら大凶を引けるというのもなかなかいないと思いますし、プラス思考でいきたいです」

     悲観的にはなっていない。むしろ、笑って前を向いていた。「大凶を引いた瞬間に結びました」と、中に書かれている言葉などは確認せず。神社によっては、大吉よりも出る確率が低いといわれる大凶。一緒に引いた「恋みくじ」では真逆の大吉を引き当てるというミラクルも起こっており、吉兆を予感させた。

     昨季、チームは2年連続の最下位。山田も94試合の出場で打率・254、12本塁打、52打点、8盗塁に終わった。主将という肩書も加わって臨むプロ11年目へ、明確な目標を立てた。

     (1)4年ぶりの『全試合出場』 昨季は7月末に上半身のコンディション不良を訴え、約2週間登録を外れた。11、12月はトレーニングと並行し、体のケアを徹底。「一番は1年間試合に出続けることが大切になってくる。もう一度フル出場を。それぐらいの気持ちで強い体を目指していきたい」と決意を示した。

     (2)4度目の『トリプルスリー』 コンディションが万全なら、世界初の偉業達成は必然。「トリプルスリーは毎年目指している数字。悔しい思いを毎年続けているので、今年こそはという気持ちでやりたい。もっと野球がうまくなりたいという気持ちは常に持っている」と、どん欲に至高の打撃を求める。

     これまで何度も逆境をはね返し、常識を破ってきた。心身を充実させ、幸せを呼び込む。(赤尾裕希)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/927cfbd66630f2b9f083604c9443fe46a5a55fb0
    1/28(木) 5:00配信


    (出典 www.sponichi.co.jp)



    (出典 Youtube)

    山田哲人応援歌&


    【さぁ4度目トリプルスリー!ヤクルト・山田、「大凶」から世界初の偉業へ 94試合 .254 12本 52打点 8盗塁】の続きを読む



    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    居心地が良いのかな。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/01/11(月) 06:27:53.28


    (出典 img.5ch.net)

    1/11(月) 6:12
    文春オンライン

    山田哲人40億円、小川泰弘7.5億で残留……ヤクルトはなぜ「住めば都」なのか
    青木(左)と山田
    「記者の間では『2020年のプロ野球はオフが本番』と言われていたが、驚くほど静かに終わった。FA市場の主役だったヤクルトの主力が軒並み残留でしたからね」(スポーツ紙デスク)

    “Mr.トリプルスリー”山田哲人(28)に7年総額40億円、エースの小川泰弘(30)に4年総額7.5億円、抑えの石山泰稚(32)に4年総額7億円を費やし、FA流出を阻止したヤクルト。さらに青木宣親(39)とも3年総額10億円で契約を更新するなど主力選手と“生涯契約”を締結している。

     コロナ禍の昨季は各球団とも大幅赤字に転落。「19年度まで入場料収入が好調だったヤクルトも、20億~30億円とも言われる赤字に終わった」(番記者)というが、無いはずの袖がなぜ振れたのか。

    「コロナ禍で免疫力を高める『腸活ブーム』が追い風となり、ヤクルト本社の業績が好調なのです」(同前)

     ヤクルト本社の2021年3月期の連結純利益は、過去最高益を更新する400億円の見込みである。

    「本社が球団の主力流出による人気低下に危機感を覚えていたことも、資金面での全面的なバックアップにつながりました」(同前)

     ただ、従来は年俸を上げ渋る傾向が強く、選手からは不満の声が上がっていた。

    「小川は契約更改のたびに条件面に不平を漏らし『FAの権利を取ったら絶対に使いますよ』と言い切っていた。しかし今回は予想外の好条件に加え、外に出るより“ステイホーム”という時流もあって思い直したようです」(前出・デスク)
    ヤクルトが「住めば都」な理由

     年俸さえ良ければ、本拠地が都心ということもあり、家族のOKも出やすい。

    「内川聖一(38)が移籍を決めた背景にも、3人の子を育てやすいという元フジアナの妻・長野翼の後押しがありました」(球界関係者)

     また、成績にガツガツしない“ファミリー球団”の体質は、選手にとってまさに「住めば都」なのだ。

    「日ハムや楽天のようなメジャー流のシビアな編成方針もない。昔から生え抜き重視だし、ドラフト上位の選手をクビにする際には本社や関連会社で仕事を用意したり、球団職員に採用するなど面倒見が抜群。山田や小川には指導者の手形を切ったとみられ、青木は監督候補として遇しているようです」(前出・デスク)

     さらに引退後は球団の株を持つフジサンケイグループのメディアの解説者に転身する選手も多い。

     だが、主力が残ったとはいえ、「2年連続最下位の球団が戦力をキープしたに過ぎず、上積みは3人の新外国人と内川くらい。上位を狙うにはもっとストイックさが必要です」(同前)。

     ファンも“ぬるいヤクルト”はもう飽き飽きだろう。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fcc01e5d5482e75dc934fd1a383700e5fe7d01ce


    【山田哲人40億円、小川泰弘7.5億で残留……ヤクルトはなぜ「住めば都」なのか】の続きを読む

    このページのトップヘ