愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 広島


    決まったんだね。

    1 ひかり ★ :2022/06/27(月) 00:36:40.22
     パドレス傘下3Aエルパソを退団した秋山翔吾外野手(34)が広島移籍を決断したことが26日、分かった。古巣の西武、ソフトバンクを含めた国内3球団と入団交渉を行い、この日までに入団の意思を伝えた。3年契約とみられ、27日にも正式発表される。日本でのプレーは2019年以来3年ぶり。15年にはシーズン216安打をマークしたヒットメーカーが、赤ヘル軍団の一員として再出発する。

     秋山が熟考の末、決断した。新天地は、他2球団に比べ劣勢ともみられていた広島だ。

     秋山は19日にエルパソを退団。日本球界復帰を決めると20日に帰国し、22日から古巣・西武、ソフトバンク、広島と3日連続して自ら交渉を行った。「簡単には決められないかもしれない。ただ長引かせるつもりはない。なるべく早く頭の中を整理しないといけない」と話していたが、この日までに広島に入団の意思を伝えた。

     当初は、レッズを退団した時から声をかけていた西武、同じく継続的に調査していたソフトバンクが優勢との見方もあった。しかし、秋山は「どんな役割を求められるか、どう評価されているのか。チームのことを知りたい」と話すなど、フラットな状態から、自分にフィットする球団を求めていたようだ。

     広島・鈴木球団本部長は、24日の交渉後に「選手としては申し分ないし、実績を見てもね。カープにとって大きな財産になる。自分の思うこと、正しいことをきっちり言える人間。人に対して壁をつくることもない」と、戦力としてだけでなく人間性にまで言及し、ラブコール。複数年契約の条件に納得した上で、評価、そして今後への期待が秋山の心に響いたとみられる。

     広島は昨オフ、大黒柱の鈴木誠也がカ*へ移籍。外野が固定できない現状に加え、左打ちの若手も多く、日米通算1476安打のヒットメーカーは最高の生きた教材となる。秋山自身にとっても侍ジャパンで気心が知れた同い年の会沢を始め、菊池涼、西武時代に指導を受けた河田ヘッドコーチら溶け込みやすい環境と言える。

     「広島・秋山」は27日にも正式発表され、日程調整がつき次第、入団会見に臨むことになる。西武からメジャー、そして広島へ。新天地でまたヒットを積み重ねていく。

     ◆秋山 翔吾(あきやま・しょうご)1988年4月16日、神奈川・横須賀市生まれ。34歳。横浜創学館高、八戸大を経て2010年のドラフト3位で西武入団。15年にはNPB新の年間216安打。首位打者1度、最多安打4度。ベストナイン4回、ゴールデン・グラブ6回。19年オフに海外FAでレッズと3年契約を結ぶも今年4月、戦力外となり、パドレスとマイナー契約。183センチ、88キロ。右投左打。
    報知新聞社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cda510580fd2cad4ed4220eb137edcb02dc2bad3

    【秋山翔吾、広島移籍決断 金銭より熱意】の続きを読む


    入団交渉したんだね。

    1 それでも動く名無し :2022/06/25(土) 07:53:42
    はい

    【広島、秋山に5年契約提示か?ww】の続きを読む


    珍プレーですね。

    1 ニーニーφ ★ :2022/06/23(木) 22:20:20.24
     ◇セ・リーグ 広島―阪神(2022年6月23日 マツダ)

     広島・中村奨成捕手(23)が、痛い転倒ミスをした。

     延長10回、2死から代打・松山が四球を選んで出塁。
    代走で登場した中村奨は、続く菊池涼の左翼線への打球で、一気に本塁を目指した。

     左翼・島田の返球は本塁へ帰ってきたが、送球が若干一塁方向へずれた。
    タイミング的には微妙だったが、頭から滑り込めば、サヨナラ生還の可能性があったものの、中村奨は足がもつれたような感じで、三本間の途中でまさかの転倒。
    その後、立ち上がって、再び本塁へ向かったが、捕手・坂本にタッチされて、球場からはため息が漏れた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c75d7ab9dcf493a82181e50ac53eb95a0b46a78e

    【広島・中村奨成、サヨナラ生還の場面で大転倒】の続きを読む


    カープ参戦ですね。

    1 ニーニーφ ★ :2022/06/21(火) 21:06:13.37
     広島東洋カープが米大リーグ、パドレス傘下の3Aエルパソを自由契約となった秋山翔吾外野手の獲得に動いていることが21日、分かった。
    松田元オーナーが「技術力、人間性の良さなど今のカープに残してくれることは多い」と話した。

     秋山は西武から海外フリーエージェント権を行使して2020年にレッズ入り。大リーグでは通算142試合に出場し、打率2割2分4厘、本塁打なしだった。

     広島は開幕ダッシュに成功したが、得点力不足もあって交流戦で失速した。チーム打率はリーグトップ2割5分1厘ながら、総得点は同3位の246点となっている。

    中国新聞社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/95922b3b65b8f5a5d7325eccc62785419b29df52

    【広島東洋カープ、アメリカから帰国の秋山翔吾獲りに参戦 松田元オーナーが人間性を絶賛】の続きを読む


    大量失点ですね。

    1 ひかり ★ :2022/04/28(木) 23:22:57.01

    (セ・リーグ、広島5-9ヤクルト、ヤクルト3勝1敗、28日、マツダ)広島は八回に9点を失い、逆転負けで連敗を喫した。首位・巨人とのゲーム差は3・5に広がり、あと1勝に迫った球団通算4500勝は29日の中日戦(バンテリンドーム)以降に持ち越し。佐々岡真司監督(54)の主な一問一答は次の通り。

    ──2─0の八回に投入した中崎が(1死から)3連続四球

    「勝ちパターンでね、当然そういう選手ですから。こっちは信頼して送り出した」

    ──八回1死満塁の場面で村上(を迎え中前2点打)。塹江は前回登板で打たれているが、継投の選択肢は

    「当然、失敗すれば僕の責任」

    ──島内は緊張感のある場面での課題(連続四球で押し出し、さらにオスナに2点打)が露呈した形

    「うちの勝ち(パターン)の2人。失敗すれば僕の責任。切り替えて頑張ります」

    ◆八回に2点差を追いつかれ、なお1死一、二塁で登板も連続四球で押し出しを許した広島・島内 「(勝ちパターンを)投げさせてもらっているので次は取り返せるようにしたい」

    サンスポ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/04680e21b549ee356d4100da6d10d1e2411fce65


    【広島・佐々岡監督「失敗すれば僕の責任」 八回に9失点】の続きを読む

    このページのトップヘ