愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 阪神


    阪神、西獲り2度目の交渉 勝機アリ 誠意っぱい伝えた!
    阪神、西獲り2度目の交渉 勝機アリ 誠意っぱい伝えた!  デイリースポーツ
    (出典:デイリースポーツ)



    (出典 www.sanspo.com)


    FAの西と阪神が2度目の交渉をしたそうです。西はどの球団に行くか注目です。

    1 砂漠のマスカレード ★

    阪神・谷本修球団本部長(54)が24日、西宮市内の球団事務所で、オリックスからFA宣言した西勇輝投手(28)と大阪市内で2度目の交渉を行ったことを明かした。
    この日も矢野燿大監督(49)の同席はなかったが、西が求めていた「誠意」に対し、投手陣の中心としての期待を含め、今の阪神にいかに必要な存在かという熱意を伝えたもよう。
    条件面では競合するソフトバンクに劣るとみられるが、西が熟考していることを前向きにとらえ、未定の次回交渉の設定も含めて吉報を待つ。

    午後2時過ぎ、谷本本部長と嶌村副本部長が、西との2度目の「極秘交渉」を終えて球団事務所に戻った。
    手応えについて「分からないです」と多くを語らなかったが、人生の岐路に悩む西の姿を前向きにとらえていた。

    「非常に悩んでくれているというのは事実でして。悩んでくれているのは、こちらとしてはいいことかなと思ってます」

    16日の第1回交渉から中7日で、大阪市内で行われた約1時間の交渉。ファイナルアンサーは持ち越しとなったものの、逆にその状況こそが「条件がね、
    (阪神と他球団では)だいぶ違うというふうには紙面上で拝見してますので」と阪神サイドからすれば前を向けるプラス材料となる。

    20日には事実上の一騎打ちとされるソフトバンクが2度目の交渉で年俸4億円前後とみられる4年契約で熱意を伝えていた。
    阪神が提示している複数年の大型契約はソフトバンクに劣るもようだが、それでいて悩むところに勝機があり、
    西の望む「僕をどれだけ必要としているか」という「誠意」が伝わっている証しでもある。

    「(今日は)基本はお金の話は前回同様出ずに、こちらのアピールポイントと言うんですかね、ピッチャーに有利なグラウンド(甲子園)がホームグラウンドですし、
    あとは若い投手も、特に若い右腕が多いので、西君には中心となって引っ張っていってほしいという話をしました」

    最下位からの浮上を目指す上で、投手陣の中心としていかに阪神に必要かを強く訴えた。
    また、環境面では同じ関西ということだけでなく、阪神には14年の日米野球でチームメートだった藤浪ら親交のある選手も多く
    「チームの雰囲気というのは感じてくれているようでした」と受け入れ態勢は万全と言える。

    次回交渉は未定。「(期限は設けず)こちらもじっくり考えてくれたらいいよ、というスタンスは崩しておりませんので」。
    次回が答えを聞く場になればという問いには「そうなったらいいな、ぐらいですね」と期待を込めた。
    決断の時まで、できる限りの誠意を伝え、獲得に全力を注いでいく。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00000026-dal-base
    11/25(日) 6:01配信

    http://npb.jp/bis/players/71275118.html
    成績


    【【どうなる】阪神、FA西と2度目の交渉 勝機アリ「誠意」っぱい伝えた!! 】の続きを読む


    阪神の丸、浅村争奪戦不参加は正解か?
    阪神の丸、浅村争奪戦不参加は正解か?  Yahoo!ニュース 個人
    (出典:Yahoo!ニュース 個人)



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    阪神が余りFAに参加して来ない。特に打者丸、浅村はスルー。

    1 砂漠のマスカレード ★

    最下位の阪神がストーブリーグでは脇役に回っている。
    新監督に矢野燿大が就任、来季への巻き返しは、このオフの大補強からスタートしなければならないはずが話題に事欠く。
    佳境を迎えているFA戦線では、オリックスの西勇輝(28)と水面下で交渉を持ったが、即決とはいかず、ソフトバンク、横浜DeNAとの争奪戦となっている。

    対照的に原辰徳監督を迎えた巨人は積極的だ。
    FAでは広島の丸佳浩(29)、西武の炭谷銀仁朗(31)にアタック。
    オリックスを戦力外になった中島宏之(36)の獲得も濃厚で、マギーを切って新外国人にも札束をはたく準備ができている。
    日ハムと契約が切れるレアードの名前も候補に挙がっている。

    パ・リーグでは5年ぶりにFA参戦を決めたソフトバンクが西武の浅村栄斗(28)、西のダブル獲得へ動き、その浅村を巡っては、オリックスが断りを入れられ、楽天との一騎打ちとなっている。
    またこれまでFA補強に消極的だったロッテがBクラス脱出に本気も本気、千葉出身の丸の争奪戦に相当の条件で名乗りを上げている。
     
    これらの他球団の本気度に比べると阪神のオフの動きは少々物足りない。
     
    阪神の最下位理由のひとつは4番に予定していた新外国人ロサリオの期待外れ(打率.242、8本塁打、40打点)に代表される打撃不振だ。
    チーム打率.253、577得点はリーグ5位で、85本塁打はリーグ最下位。
    打撃補強が、最大テーマの阪神にしてみれば、本来の補強ポイントは投手ではなく野手だった。

    「投手は何人いても不足ではない」が球界の常識だが、ソフトバンクと同じく野手とのダブル獲得に動くべきではなかったか?

    福留孝介は41歳、2年前にFAでオリックスから移籍した糸井嘉男も膝に爆弾を抱える37歳。
    若手の高山俊(25)、中谷将大(25)あたりが伸び悩み、ドラフトでは“外れ外れ1位”で足のある近本光司(24)を大阪ガスから獲得したが“非力”でプロへの順応には時間がかかる。
    それらを考慮すれば、丸はピタリとはまる補強ポイントだったのだ。
     
    また内野を見渡しても、ひとつとしてレギュラーが確定しているポジションはない。二塁、一塁、三塁のできる浅村を取れれば、なんとでもコンバートで動かせる。

    まるでギャンブルのように未知数の新外国人よりも、これだけ阪神の補強ポイントにはまる実績のあるFA選手が市場に出たのだからアクションを起こすべきだったのはないか。
     
    しかも、広島からは、金本前監督、引退した新井貴浩氏の2人をFAで獲得した過去実績があり、大阪桐蔭出身の浅村とは関西出身という縁がある。
    だが、阪神は「生え抜きをチーム内で育成する。マネーゲームには不参加」の球団方針を貫いた。

    即戦力の可能性のある投手は、ドラフトで獲得しておき、FAで中軸となる野手を補強するプランがあっても不思議ではなかったが、阪神の方針は、むしろ逆だった。

    この球団方針は果たして正しかったのだろうか?

    元千葉ロッテの里崎智也氏は、「決してFA選手を取らないことは悪ではなく、取ることも悪ではない。
    ただ一般社会と野球界も同じで、いい人材を好待遇でヘッドハンティングをしていくのが企業努力。
    それができる資本力があり、企業としての目標が優勝であるのならば、そのFA選手が活躍するか、しないかの議論はさておき、そういう努力はすべきだろう。
    また野球界の場合は、FAでライバルチームの戦力を落とすという効果もある」というFAに関する持論を展開した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00010000-wordleafs-base
    11/20(火) 5:00配信


    【【補強】阪神のFA戦線・丸、浅村争奪戦不参加は正解か!?www】の続きを読む



    (出典 yoshilover.com)


    阪神がナバーロと契約する事になりました。打率を期待しているみたいですね。

    1 鉄チーズ烏 ★

     阪神が今季途中で獲得したエフレン・ナバーロ内野手(32)と来季も契約することが13日、分かった。
     年俸50万ドル(約5700万円)の1年契約で大筋合意しており、メキシコ代表の公式ツイッターがこの日発表した。主砲と期待されたロサリオの誤算で6月に補強し、66試合で打率.276、3本塁打、25打点。矢野監督は「率的には残せる。総合的に判断すると、いてくれて助かる」と強調した。


    2018年11月14日 05:30
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/11/14/kiji/20181114s00001173040000c.html


    【【助っ人】阪神 ナバーロと契約へ! メキシコ代表公式ツイッターが発表!!】の続きを読む


    阪神 オリックス西に即アタックへ「出来るだけ速くコンタクトを取る」
    阪神 オリックス西に即アタックへ「出来るだけ速くコンタクトを取る」  Yahoo!ニュース 個人
    (出典:Yahoo!ニュース 個人)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    FAの西に速攻アタックするそうです。西は何処に行くのか注目です。

    1 ひかり ★

     オリックス・西勇輝投手(28)が7日に国内FA権行使を表明したことを受け、同日、兵庫県西宮市の球団事務所で報道陣に対応した阪神・
    谷本修球団本部長は「宣言するとなれば出来るだけ速く、コンタクトを取りたいと思っています。今季は先発陣の防御率が悪かったことが痛手でした。
    そこの強化は必須と思っています」と即座に反応し、獲得に動く意思を表明した。

     今季、阪神の先発投手で規定投球回をクリアし、10勝以上をマークしたのはメッセンジャーただ1人。日本人では岩貞、小野の7勝がトップで、
    先発投手の補強が今オフの補強ポイントの一つとなっている。

    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/11/07/kiji/20181107s00001173197000c.html


    【【速攻で】阪神 オリックス西に即アタックへ「出来るだけ速くコンタクトを取る」!!】の続きを読む


    阪神が戦力外選手を獲得調査 摂津&寺原&成瀬ら実績組多数…現状の空き枠「3」
    阪神が戦力外選手を獲得調査 摂津&寺原&成瀬ら実績組多数…現状の空き枠「3」  デイリースポーツ
    (出典:デイリースポーツ)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    寺原は人気有りますね。調査してどの位獲得するのか知りたいです。

    1 砂漠のマスカレード ★

    阪神が他球団の自由契約選手の中から複数名をリストアップし、獲得調査に乗り出すことが8日、分かった。
    今オフはソフトバンクの摂津正投手(36)、寺原隼人投手(35)、ヤクルトの成瀬善久投手(33)ら実績組や、野手でも1軍で結果を残した選手が多く戦力外通告を受けた。
    球団首脳は「チームのニーズに合えば」と説明。
    合同トライアウトの視察を含め、あらゆる可能性を模索しながら、オフの補強を進める。

    来季に向けた補強も本格的に動き始めた。7日にFA権の行使を表明したオリックス・西勇輝投手(27)に即ラブコール。
    15日の交渉解禁を待って争奪戦に備えるが、並行して外国人選手の絞り込みなど戦力整備を進める。また、他球団から自由契約になった選手にも可能性を見いだす。

    「(獲得の)可能性は、なくはない。十分、検討に値するものだと思っています。実績に関係なくチームのニーズに合えばですね」

    球団首脳が戦略の一端を明*。今オフは例年に比べて、“実績組”が多く戦力外通告を受けた。
    ソフトバンクでは2012年の沢村賞右腕、摂津を筆頭に、通算71勝の寺原や、五十嵐亮太投手(39)、勝負強い打撃が光る吉村裕基外野手(34)ら多数。
    また、ヤクルトの成瀬も通算96勝の実績組だ。野手でも他に巨人・中井大介内野手(28)らもいる。

    今季の支配下登録選手は69人。ここから西岡、今成ら6人が戦力外通告を受けた。
    また、左肩のクリーニング手術を受けた横山、打者に転向した藤谷とは育成で再契約する方針。
    今秋のドラフトで支配下選手6人を獲得したが、外国人選手を除いて同70人枠から3人の空きがある。獲得に向けて支障はない。

    第3クール中には藤原崇起次期オーナー(66)らが高知・安芸の秋季キャンプを視察予定。
    矢野燿大監督(49)とも会談を行うことになるが、例年はオーナーが秋季キャンプを視察する際に、
    戦力補強についての方針が最終確認される。このタイミングで、一気に動き出す可能性は高い。

    「監督ともまだ話をしていませんから」と同球団幹部。
    今月13日にタマホームスタジアム筑後で予定される合同トライアウトにも編成担当を派遣する。
    ヤクルトの坂口智隆外野手(34)を筆頭に、戦力外通告を受けた選手の復活例は少なくない。
    補強ポイントを明確にし、埋もれる人材発掘にも目を向ける。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000029-dal-base
    11/9(金) 6:01配信


    【【戦力外調査】阪神が戦力外選手を獲得調査 摂津&寺原&成瀬ら実績組多数…現状の空き枠「3」!!】の続きを読む

    このページのトップヘ