愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 阪神



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    要注意かな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/01/30(土) 21:13:14.18

    阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=が30日、先乗り自主トレのフリー打撃でチーム最多となる7本の柵越えを放った。フルスイングに小嶋達也打撃投手(35)は「投げていて、怖い」とブルブルッ。プロ入り後、初めてのシートノックでは右翼と三塁で華麗なフィールディングを披露。規格外のドラ1が、キャンプインの準備を整えた。

    ▼フリー打撃でチーム最多7発

     エンジンが温まり、アクセルをふ*。先乗り自主トレ打ち上げ日、チーム最多の7発をほうり込んだのは佐藤輝だった。南国らしい気候が戻った宜野座で、誰よりも快音を響かせた。

     「まだまだなので、しっかり確率よく打てるようにやっていきたいと思います」

     プロ入り後、初めての屋外フリー打撃となった前日29日は、41スイングで柵越え4本。「本当はもっと引っ張って打ちたいですけど、それはこれからですね」。この日のハイライトは22スイング目。宣言通り、思い切り引っ張って、右翼席へズドン! 2度の2連発を含む、38スイングで7本のアーチを描き、昨日の自分を悠々と超えた。

     2日間でまざまざと見せつけた超ド級のフルスイング。真正面で、その威力を体感したのが、小嶋達也打撃投手だった。

     「投げていて怖いです。遠くに飛ばすし、打球も、スイングも速い」

     2007年に希望枠で大阪ガスから入団し、虎新人初の開幕カード初先発初勝利を挙げた左腕が震え上がった。打者に気持ちよく打たせるのが打撃投手の仕事とはいえ、佐藤輝の打席での風格、威圧感に“立ち会い負け”。今後の相手投手の気持ちを代弁したわけだ。

    ▼初シートノックでは右翼と三塁守る

     先輩をビビらせた佐藤輝はこの日、プロ入り後初のシートノックも受け、右翼と三塁で軽快な動きを披露した。近大時代に本職だった三塁では虎の4番・大山と肩を並べ、時折、談笑も。「(大山さんは)優しくてしゃべりやすいなって感じでした。このキャンプでいろいろな先輩とコミュニケーションをとって吸収していきたい」。充実の表情で、先乗り自主トレを締めくくった。

     「まだ、準備段階なので。ここからしっかりやっていければいいかなと思います」

     打って、守って、準備万端。大注目のドラ1が、キャンプインでロケットスタートを決める。(原田遼太郎)

    ■佐藤 輝明(さとう・てるあき)

     1999(平成11)年3月13日生まれ、21歳。兵庫県出身。甲東小1年で野球を始め、甲陵中では軟式。仁川学院高3年夏は兵庫大会で初戦敗退。高校通算20本塁打。近大に進み、関西学生リーグで2年秋にMVP。昨秋は10試合の出場で打率・257、3本塁打、11打点で2度目のMVPに輝いた。大学通算81試合出場、打率・288、14本塁打(リーグ新)、69打点。21年D1位で阪神入団。契約金1億円、年俸1600万円。187センチ、94キロ。右投げ左打ち。背番号「8」


    (出典 i.imgur.com)


    1/30(土) 20:01
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210130-00000578-sanspo-base


    【「怖い」打撃投手が震えた!!阪神ドラ1・佐藤輝の超ド級フルスイング】の続きを読む



    (出典 public0.potaufeu.asahi.com)


    強きですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/01/30(土) 16:50:47.20

    阪神に新加入したチェン・ウェイン投手(35)が30日、甲子園球場横の室内練習場で入団会見を行った。

    チェンは「阪神という歴史のあるチームに入団できたことをうれしく思っております」と話し、リーグ3連覇を狙うライバル巨人に対して「巨人戦というのはみなさんが思っている最大の敵。巨人を倒すのが一番の目標。できるだけチームに貢献できるように頑張っていきたい」と闘志を燃やした。

    矢野燿大監督とも対面し「監督の期待を裏切らないようにやっていきたい」と話した。初めての関西生活で楽しみにしていることについて問われると「コロナの関係で難しい、チームのルールを守りながら、もし可能であるならばお好み焼きを食べてみたい。米国でも大好きだった」と、答えた。

    台湾出身のチェンは04年から11年まで中日でプレーし12年からメジャーへ。昨年9月にロッテへ入団し日本球界に復帰した。今季は阪神と契約。今月14日に来日し、政府の方針に従って2週間の自宅待機で自室でのトレーニングを続けていた。この日は甲子園室内でキャンプへ向け調整を行った。


    (出典 i.imgur.com)


    1/30(土) 15:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210130-31300290-nksports-base


    (出典 i.imgur.com)


    【阪神チェン入団会見「巨人を倒すのが一番の目標」】の続きを読む



    (出典 i.imgur.com)


    どの程度活躍するかな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/01/25(月) 15:27:02.35

    デイリースポーツ評論家の藤田平氏(73)が阪神の新外国人、メル・ロハス・ジュニア外野手(30)=前韓国・KT=の打撃を徹底チェックした。韓国時代の本塁打を中心にしたプレー集を映像で確認し、長打力だけでなく抜群のミート力を併せ持つことから、かつての優良助っ人、トーマス・オマリー氏(60)と重ねた。また新型コロナ再拡大の影響で、2月1日からのキャンプに間に合わない見通しだが、問題なしと強調した。

     “ホームランバッターではないホームランバッター”という表現が適しているだろうか。韓国時代の打撃を見ると、ミートのうまい一発が打てる打者だ。阪神で活躍したオマリーに似た所がある。

     ただ打ち方やフォームに関してはオマリーと違う。似ている特徴は、バットを振り回すのではなく、ミートすることで本塁打にできる打者という点だ。このようなタイプは、同時に打率を残すことも期待できる。

     本来、長距離打者はフルスイングのイメージが強いが、ロハスは違う。ミートがうまく、バットのいいポイントでボールを捉えることができる。例えば、米国なら中距離バッターとしての特徴が強くなるが、韓国や日本においては長距離打者となる。スイッチヒッターということもあり、甲子園特有の浜風も苦にしないだろう。

     さて、今年の新外国人選手に関しては、2月1日からスタートする春季キャンプに間に合わないという問題がある。新型コロナ再拡大で外国人の新規入国が制限されたことによるものだが、3月26日の開幕まで時間はある。これまでに培ってきたものがあるならば、それほど影響はないだろう。

     かつてキャンプをせずにタイトルを獲得したバッターがいた。日本選手だが、1979年の阪急・加藤英司(当時)だ。腰痛で春季キャンプができず本格的に動き出したのは3月のオープン戦時期。しかし、この年までしっかりと練習してきたこともあり、最後は首位打者となった。

     ロハスのような選手であれば、米国のジムでトレーニングしているはず。全く体を動かしてこない、ということはないだろうし、積み重ねてきたものがあれば心配はいらない。

     あとは日本式バッテリーの配球や細かい変化球への対応。米国や韓国の投手はストレートの比率が高い。ストライクゾーンは外角に広く内角に厳しい。

     一方でNPBでは内角を厳しく突かれる傾向がある。韓国でのロハスは、内角のボールを本塁打にしていた。この点でも日本の野球に順応できるという見方ができる。

    1/25(月) 7:30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210125-00000018-dal-base


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【阪神・ロハスはまるでオマリー ミート力抜群!藤田平氏が指摘】の続きを読む



    (出典 img-tokyo-sports.com)


    何処まで出来るかかな。

    1 風吹けば名無し :2021/01/08(金) 19:26:02.09

    山本泰寛チャレンジチャート

    糸原
    ~レギュラーの壁~
    木浪
    ~レギュラー争いの壁~
    小幡 植田
    ~ベンチ確保の壁~
    北條 熊谷
    ~一軍昇格の壁~
    荒木


    【巨人→阪神の山本泰寛は阪神でレギュラーを掴めるのか】の続きを読む



    (出典 prt.iza.ne.jp)


    コロナに感染したんだね。

    1 ぶーちゃんφ ★ :2021/01/06(水) 20:05:08.64

     阪神は6日、岩田稔投手(37)と球団職員1人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。
    前日5日に核酸増幅法による検査を行い、深夜に陽性と判定された。岩田は鼻づまりの症状はあるものの発熱などはなく、現在は自宅隔
    離となっている。今後は保健所などの指示に従い対応する。球団職員も発熱などの症状はなく自宅隔離となっている。


    日刊スポーツ:
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f997b447b5e87fe8a9ee010a90c4562cd8e15293


    【阪神の岩田稔がコロナ陽性 発熱なく現在は自宅隔離】の続きを読む

    このページのトップヘ