愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 阪神


    抑え誰になるかな。

    1 風吹けば名無し :2021/11/30(火) 02:48:59.91


    (出典 i.imgur.com)


    【阪神スアレス退団】の続きを読む


    他の球団獲るかな。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/27(土) 12:41:22.89

    11/27(土) 4:00
    スポーツ報知

    【阪神】サンズが今季限りで退団 マルテは残留確実
    サンズ
     阪神のジェリー・サンズ外野手(34)が今季限りで退団することが26日、分かった。去就は流動的となっていたが、ソフトバンクが調査するなど動向が注目されたジェフリー・マルテ内野手(30)の来季残留が確実となり、構想から外れた。

     サンズは来日2年目の今季、120試合に出場して打率2割4分8厘、20本塁打、65打点。前半戦首位の原動力となり、ファンの人気も高かったが、後半戦に調子を落とし、CSメンバーからも外れていた。

     球団は新外国人候補で先発タイプの右腕・ウィルカーソン=前米大リーグ、ドジャース傘下3A=の獲得に動きつつ、今後は野手の調査も本格化させるとみられる。また、メジャー挑戦を視野に入れる守護神スアレスには長期戦を覚悟し、粘り強く交渉していく。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ff88c3e91dfae4b3ec743785e6714a2252cae052


    【阪神 サンズが今季限りで退団 マルテは残留確実】の続きを読む


    捕手は諦めるのか。

    1 冬月記者 ★ :2021/11/16(火) 22:24:34.19

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2d0dbf2deeff0a0c7cb733f8a0daff24a8a62548

    阪神・原口 捕手へのこだわり捨てて野手専念 出場機会増目指し左翼&内野でノック


     「阪神秋季練習」(12日、甲子園球場)

     来季プロ13年目を迎える阪神・原口文仁捕手(29)が、野手転向を目指す意向であることが12日、明らかになった。秋季練習から一塁と外野に専念。矢野監督が「捕手というよりは野手で勝負したいということなんで」と本人が志願したことを明かした。

     甲子園で行われた野手組の秋季練習。原口はシートノックで慣れ親しんだ捕手のポジションに就かず、左翼へ向かった。バックホームまで終えると、その後は一塁へ。フリー打撃時も外野で打球を追い、個別練習では熊谷、小幡と共に二塁でノックを受けた。

     今季は主に代打で56試合に出場して打率・204、0本塁打、3打点。梅野、坂本に次ぐ“第3捕手”という立場もあり出場機会は限られた。これまで捕手という仕事に生きがいを感じてこだわり続けてきたが、もう覚悟を決めている。指揮官も後押しする考えだ。

     「やっぱり打つってことが一番アピールするポイントだと思うので。チャレンジしていってくれたらいい」

     試合中における捕手の負傷交代など不測の事態が起きた場合は、もちろん背番号94が再びマスクをかぶって参上する。出場機会の増加を求め、不退転の決意で臨む2022年シーズン。原口が野球人生を懸けた勝負に挑む。


    【阪神・原口、来季より捕手から野手に転向 出場機会増目指し左翼&内野でノック 矢野監督「野手で勝負したいということなんで」】の続きを読む


    色々と有りそう。

    1 ひかり ★ :2021/11/15(月) 07:34:39.14

     阪神・矢野燿大監督(52)が14日に甲子園球場で行われた秋季練習終了後、報道陣の取材に応対。FA権を獲得し今オフの行使へ向け〝熟考中〟の梅野隆太郎捕手(30)について、思いのたけを語った。

     慰留へ向けた梅野との話し合いは「まだ何もしていない」とした指揮官は「まずは本人が取った権利だからね。自分の時もそうだし(NPBに)入る時は(ドラフトで)指名されて入る形になる。自分で得た権利で周りの評価を聞きたいというのは俺も思ったし、そういうのはFAしかないんで。球団は球団で残ってもらう努力はしっかりしてくれると思う」と当面は梅野本人の意向を尊重し〝静観〟する構えを示した。
    東京スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9706178e93ef11c01a545de25ec6cbd9d1d99cb8


    【阪神・矢野監督は梅野の意向を尊重「本人が取った権利。周りの評価を聞けるのはFAしかない」】の続きを読む


    要因が色々有りそう。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/10(水) 14:36:38.84

    11/10(水) 11:01
    デイリー新潮

    4年連続12球団ワースト

    阪神・矢野監督「V逸・CS敗退」の責任について 優勝したヤクルトなどとの比較で見てみると
    指揮官として落第との声も聞こえてきたが
     一時は優勝間違いなしと言われた阪神は後半に失速し、優勝を逃したばかりかクライマックスシリーズ(CS)でも敗退し、今季を終了した。矢野燿大監督(52)の続投は正式に決まったが、球団内に「このままで来季を迎えて良いのか?」との声もあるとされる。
    「何でも結果論になってしまいますが、CSの第2戦は今季の阪神のダメな部分を象徴する内容になってしまいました。失策で出塁を許し、安打が続いて失点する。投手の自責点はゼロでした。打つ方はタイムリー欠乏症で築き上げた残塁の山は13。これでは勝てないです」(プロ野球担当記者A)

     春のキャンプでは、元巨人の川相昌弘氏(57)を臨時コーチに招聘して3年連続12球団ワースト失策の汚名返上を図ったが、結果は86で4年連続となった。

    「見る方としては、プロなんだから取ってアウトにするのは当たり前と思っている。やってる方もそうですよ。守備は練習すればそれだけ上達するし、得られるものも多いはずなので、結果を裏返すと練習や鍛錬、心構えが足りないということになってしまいますね」(同)
    梅野と中村の比較

    「CS第2戦こそ大山悠輔(26)、佐藤輝明(22)がスタメンに名を連ねましたが、第1戦に彼らの名はなかった。口の悪いファンからは“守備固めみたいな選手ばっかり並べて”と訴える声が聞こえてきたりして、さもありなんという感じがしました。大山と佐藤は一時に比べて調子を落としてはいるものの共に20本塁打以上を記録している。一発長打がある選手が並べばそれだけ投手の警戒度が上がり、色んなところに影響が出るというのは基本のキのはずですが……」(同)

     一方、これは何も阪神に限ったことではないが、「正捕手が決められないチームは優勝できない」というセオリーに言及する別の記者Bもいる。

    「阪神の梅野隆太郎捕手(30)は全143試合のうち130試合に出場しましたが、シーズンの最終局面では先発マスクを剥奪されました。競争が人を育てるというのはあるものの、捕手の場合は必ずしもそれは当てはまらない。“自分は正捕手だ”と自覚して出場するか否かは投手からの信頼にもつながるし、チーム成績に直結する。しかもシーズンの山場で外されたので、梅野としては相当キツかったと思います」

     これとは対照的だったのが、ヤクルトの中村悠平捕手(31)だ。

    電撃解任が繰り返された黒歴史

     この記者Bによると、

    「彼の場合、出場試合数こそ梅野を下回っているものの、レギュラーだという認識が自他共にあって試合に臨んでいるのが伝わってきましたね。そこから余裕も生まれ、キャリアハイの打撃成績を残しました。彼が2番や6番に入ることでシームレスな打線が出来上がったと言えるでしょう」(同)

     2人は共に国内FA権を獲得し、その去就が注目されている。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ba208bd722535101697cff4565bfa7cf194fe665


    【阪神・矢野監督「V逸・CS敗退」の責任について 優勝したヤクルトなどとの比較で見てみると】の続きを読む

    このページのトップヘ