愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 阪神


    披露宴したんだね。

    1 jinjin ★ :2022/01/08(土) 15:39:44.27

    辻沙穂里アナ、阪神・山本泰寛との披露宴を公開…ユニフォーム着て長男お披露目


    毎日放送の辻沙穂里アナウンサーが7日、自身のインスタグラムを更新。
    披露宴の写真を公開した。


    辻アナは「2022年もよろしくお願い致します。少し前にはなりますが、昨年、結婚式と披露宴を執り行うことが出来ました」と紋付袴と白無垢姿の写真を公開。

    「これまでお世話になった皆さまや、お互いの大切な友人、親族の支えがあって、今日という日があることを改めて実感し、感謝の思いが益々深まった日になりました。式は神前式で紋付袴と白無垢を、披露宴では綿帽子をはずして胡蝶蘭をつけてもらいました」とつづった。


    さらに、連続投稿でお色直しの様子をアップ。
    「お色直しではタキシードとウェディングドレスを。最後に家族3人で上からユニフォームを着て、ご列席の皆様へ息子のお披露目もさせていただきました。2022年も家族3人力を合わせて頑張っていきます」と数枚の写真を投稿した。


    辻アナは20年9月に元巨人で阪神の山本泰寛との結婚を発表。
    21年3月に第1子となる長男を出産した。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/90130e878fcba12b2672c4c092fed064447cf76e

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【MBS・辻沙穂里アナ、阪神・山本泰寛との披露宴を公開… ユニフォーム着て長男お披露目】の続きを読む


    沖縄は多いからね。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/06(木) 15:28:58.96

    1/6(木) 15:26配信
    デイリースポーツ
     
     阪神は6日、ドラフト5位の岡留英貴投手(22)=亜大=が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。

     同投手は沖縄の糸満出身。沖縄で自主トレ中の4日夜に発熱し、翌日に検査を受けた結果、感染が判明したという。鼻水と軽度の咳症状があるが、発熱症状は治まっており、沖縄県内にて自宅隔離されており、球団関係者との接触はない。

     この日はドラフト1位の森木(高知)ら同期の7人が、兵庫県西宮市にある独身寮「虎風荘」に入寮。岡留の入寮、9日から始まる新人合同自主トレへの合流は、しばらく延期となってしまった。

     岡留は沖縄尚学から亜大を経て、ドラフト5位で阪神入り。スリークオーターとサイドの中間から投げ込む変則右腕として、昨季最多勝に輝いた“青柳2世”として期待されている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3b8d3c14eb0c09ff1b333f3ab41659977336acbc


    【沖縄出身の阪神ドラ5・岡留が新型コロナ感染 独身寮に入寮できず】の続きを読む


    今季も駄目かな。

    1 ひかり ★ :2022/01/05(水) 11:31:06.09

    「自主トレは1月から2週間くらいやるのではなく、1カ月みっちりやらないとなかなか変化できない。そのためにも12月が大事だと思いながらやっています」

     これは昨年12月31日発売のスポーツ報知に掲載された巨人・菅野智之(32)のインタビュー記事。菅野は12月20日から宮古島で自主トレを行っており、シーズンに向けて汗を流している。

     しかし、そんな菅野の自主トレにいるはずの人物の姿はない。阪神の藤浪晋太郎(27)である。

     藤浪は昨年、菅野に“弟子入り”を直談判。菅野は契約更改の席で、「(藤浪から)突然電話が来て、『(自主トレを)お願いします』と。いろいろと話をして、一緒に頑張ろうとなった」と明かしていた。

     いくら昔より選手間の垣根が低くなったとはいえ、阪神と巨人はライバル関係。復活のためにプライドをかなぐり捨てる藤浪に、覚悟を感じた者は多かった。

     にもかかわらず、藤浪が合流するのは「日程の関係」もあって、今月上旬だという。菅野の自主トレは1カ月の予定。1月20日までだとすると、今週宮古島に渡ったところで、せいぜい2週間あるかないか、だ。

     ある阪神OBは「一体全体、藤浪は何を考えているのか」と、クビをかしげる。

    「もちろん、オフシーズンも体を動かしているだろうし、サボっているとは言いません。ただ、菅野の自主トレへの合流を遅らせるほどの大事な用事があるとも思えない。藤浪は本気で復活したいと思ったからこそ、ライバル巨人のエースに頭を下げたわけでしょ? ならば、菅野のやり方で1カ月みっちりトレーニングに励まないと、弟子入りした意味がない。しかも藤浪は大阪桐蔭の後輩、日本ハム・高山の弟子入りを快諾し、今月中旬に都内で合同トレをやるという。こうなると菅野の下には1週間くらいしかいないのでは」

     藤浪は過去にも他球団のエースと自主トレを行っている。2015年は広島の前田健太(現ツインズ)、16年はレンジャーズのダルビッシュ有(現パドレス)とトレーニングしたものの、復活には至らなかった。

     結局、藤浪自身に「何が何でも復活してやる」という覚悟がないのではないか。それでは誰と自主トレをしようが、何も変わることはなさそうだ。

    日刊ゲンダイ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/80688ae08e87b23a0daff79d386f8a6d6ddbfd0b


    【阪神藤浪「G菅野弟子入り自主トレ」はたったの1週間…“押しかけ直談判”は口だけだった】の続きを読む


    良い投手かな。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/02(日) 06:03:40.25

    1/2(日) 5:15配信
    東スポWeb

    左から阪神・伊藤将司と及川雅貴(東スポWeb)

    「平成の怪物」松坂大輔投手(41)が現役生活に別れを告げた2021年。世代交代を象徴するかのように、2人の〝ハマの左腕〟が矢野阪神で頭角を現した。

     昨年のドラフト会議で2位指名された伊藤将司投手(25)は球団新人としては13年の藤浪以来となる2桁勝利に到達。もう一人が貴重な中継ぎ左腕として急成長を遂げた及川雅貴投手(20)だ。主力中継ぎ投手たちが相次いで不振に陥る中、リリーバーとして抜てきされた若武者は39試合に登板し、防御率3・69、10ホールドの活躍で虎ブルペンの救世主的な存在に。150キロ台の快速球で打者の内角を鋭く突く強気な投球で自身の真価を証明した。来季は先発に挑戦することが既に決まっている。

     両者ともに出身は神奈川・横浜高。2人に共通するテークバックが小さく球の出どころが見えにくい投球フォームは、この名門校で「勝てる投手」になるべくたたき込まれたものだ。長く監督として同校を率いた名将・渡辺元智氏も21年の虎党を支えた2人の教え子に「伊藤将はプロの舞台に入ってすぐに結果を出してくれた。阪神とのいいご縁があったからこそ。及川も結果がでない悔しい時期もあったかもしれないが、首脳陣の方たちにチャンスを頂くことができた」と目を細める。「松坂以降の生徒たちは皆、彼に憧れて横浜高校に入学してくれた。伊藤将も及川も先輩たちが築いてくれたものを継承すべく頑張ってくれている。頼もしいですね」。

     松坂、成瀬、涌井など数多くの名投手をプロの舞台へ送り出してきた横浜高。平成の怪物の遺伝子は、令和と元号を変えた現在も脈々と続いている。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4b995d0e5f05551c7da7a6fb419621916a755111


    【阪神・伊藤将と及川に流れる〝怪物遺伝子〟 横浜高で叩き込まれた勝てる投球フォームとは】の続きを読む


    色々と悩んだかな。

    1 jinjin ★ :2022/01/01(土) 15:58:09.31

    FA権行使せず残留 阪神・梅野が今だから語る決断の胸中と舞台裏
    青柳「阪神以外どこから来てたんですか?」


    31日午後、カンテレ『こやぶるSPORTS超 優勝オリ&猛虎&金メダリスト 野球に駅伝にゴン攻めSP』に、阪神タイガースの梅野隆太郎選手が出演。
    FA権を行使せずチーム残留を決めた胸中について明かしました。


    番組の中で、シャンプーハットの恋さんから「FAのことは、決断までずっと悩んでたんですか?」と尋ねられた梅野選手は、
    「はい、悩んでました。けどやっぱり12球団見渡しても、なかなかこれだけ熱いファンがいるところはないので」と答え、熱烈なファンの存在が残留の決め手の一つだったと打ち明けました。

    すると、共に出演していたチームメイトの青柳晃洋投手が「ちなみに梅野さん、阪神以外どこの球団から話が来てたんですか?」とぶっこむと、「おい、やめてくれよ(笑)」とひるむ梅野選手。


    そのやりとりにMCの小籔千豊さんが大笑いしながら、「そうか、いくつかはあってちょっと話はしたんですか?」と確認。

    これに梅野選手は頷きながら「あ~、まぁ色々ありますよね…、はい(笑)」と言葉を濁しながらも、水面下で他球団からの打診を受けていたことをうかがわせました。


    また小籔さんは「チーム事情もありますし、ほかにも素晴らしいキャッチャーがいらっしゃいますし。(選手起用は)決めはる方が色々決める事ですが」と前置きした上で、
    「ただ、いちアホなおっさんとして思ったのは『残ったんだから頼むぞ!』と。じゃないと、残った甲斐ないし」と期待を込めると、
    梅野選手も「やっぱりそこのプレッシャーはありますね。そこはやってやるぞというか」と、残留した以上は多くの試合に出場して勝利に貢献したいと決意を新たにしていました。


    一方、梅野選手がFA宣言をするかしないかについて、「メチャクチャ聞きたかったんですけど、さすがに聞けなかったです。僕、ちょっと『いなくなるかな』と思ってました(笑)」と本音を漏らした青柳投手。

    これに梅野選手が「自分がオフシーズンになるから普通にロッカーを片付けてたら、みんな冷たい目で見てきて…『そういう事ね』みたいな(笑)」と、共に優勝を目指してきた仲間たちからの視線が若干冷ややかに感じられたと回顧すると、
    青柳投手も思い出したように「終わった次の日にはもう、めっちゃきれいにしてたんですよ。『あれ?…行くなぁ』と思いました(笑)」と当時を振り返り、スタジオは笑いに包まれていました。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/fbdbdadf655992b0d874d1bd81159407f41e1ef1

    (出典 i.imgur.com)


    【阪神に残留した梅野隆太郎、今だから語る決断の胸中と舞台裏… 水面下で他球団からの打診を受けていたこともうかがわせる】の続きを読む

    このページのトップヘ