愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 阪神



    (出典 pbs.twimg.com)


    鳥谷は結局どうなるのかな。

    1 風吹けば名無し :2020/01/23(Thu) 09:32:58

    鳥谷に移籍情報飛び交うも…掛布氏出馬で阪神電撃復帰が急浮上
    1/23(木) 9:26配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-00000011-nkgendai-base


    【【仰天】鳥谷、阪神と電撃再契約か?www】の続きを読む



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    野球殿堂入りですね。どうなるかですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/11(土) 13:32:32.39

    日本の野球殿堂入りの発表、通知式が14日、東京ドーム内の野球殿堂博物館で行われる。
    引退後5年以降の選手で、その後15年間が選考対象となるプレーヤー表彰と、監督、コーチ引退後6か月以上、もしくは引退後21年以降の選手が候補者となるエキスパート表彰に分かれていて、
    先月、プレーヤー21人、エキスパート16人の候補者が発表されている。

    プレーヤー表彰は野球記者、エキスパート表彰は殿堂メンバー&野球記者の投票により選考され、有効投票数の75%以上を得票した候補者が殿堂入りを果たすことになっている。
    今年度は、新候補としてプレーヤー表彰では、元ヤクルト、日ハムで現・侍ジャパン監督の稲葉篤紀氏、日米で活躍、現在は独立リーグ福島の代表兼監督の岩村明憲氏、
    元日ハムの金子誠氏、元近鉄、ドジャース、中日などで活躍し、通算2101安打、404本塁打の中村紀洋氏の4人、エキスパート表彰では元阪急で指導者としてダルビッシュ有らを育てた佐藤義則氏、
    元巨人で、日ハム、ヤクルト監督、GMとしても野球界に貢献した高田繁氏、 元広島で名捕手として鳴らし、広島監督、ソフトバンクのコーチなどで活躍した達川光男氏の3人が加わった。
    注目は、ヤクルトの高津臣吾・新監督の殿堂入りと、昨年度、投票数3位まで押し上げてきた元阪神のランディ・バース氏の合否だろう。

    昨年度はプレーヤー表彰では元中日の立浪和義氏が287票(77.4%)、エキスパート表彰では、元中日で横浜監督時代には日本一にもなった権藤博氏が102票(76.7%)の得票で選ばれた。
    野球殿堂の投票は、野茂英雄氏、松井秀喜氏らよほどのインパクトのある新候補者以外は、票を積み上げてきた候補者が当選する“年功序列”の傾向が強く、選出者に流れた票が、翌年度にばらけるため、
    惜しくも次点だった候補者が、翌年に選ばれるケースが少なくない。

    昨年度のプレーヤー表彰の次点は、ヤクルト、ホワイトソックスなど日米でストッパーとして活躍、
    日米通算313セーブの高津臣吾氏(現ヤクルト監督)の225票(60.6%)で3位が元巨人で犠打の記録を持つ川相昌弘氏の188票(50.7%)。
    エキスパート表彰は、阪神、西武でホームランバッターとして活躍、阪神時代の1975年には王貞治氏の14連続本塁打王を阻止、通算474本塁打を放っている田淵幸一氏が次点の86票(64.7%)で、
    3位は84票(63.2%)のバース氏だった。過去の傾向から見れば、高津氏、田淵氏、バース氏に殿堂入りの可能性がある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00010001-wordleafs-base
    1/11(土) 12:11配信


    (出典 www.sankei.com)


    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)

    https://column.sp.baseball.findfriends.jp/show_img.php


    (出典 Youtube)

    R.バース 7試合連続ホームラン 江川から後楽園場外弾 1986.06.26


    (出典 Youtube)

    ランディ・バース 52号2ランホームラン


    (出典 Youtube)

    1985年 日本シリーズ 西武-阪神 第一戦ダイジェスト

    http://npb.jp/bis/players/61063867.html
    成績


    【【助っ人】元阪神のランディ・バースは14日発表の野球殿堂入りを果たせるのか?】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    優勝したらの前提条件ですね。

    1 風吹けば名無し :2020/01/06(月) 20:30:02.59

    阪神の藤川球児投手が6日、カンテレで放送された「報道ランナー」内でインタビューに応じ、今季優勝を果たした際には第一線を退く意向を持っていることを明かした。

    今季の目標を問われ「日本一の球団にしないといけない。それが恩返しだと思うし、この大義を果たさないわけにはいかない」と発言。さらに「答えが出た(優勝した)時はこの(スーツ)姿でそっちに座らせてよ。
    野球終わるから、その時は。あと何も残っていない。自分がやりたいことは」と発言。同局の新実アナウンサーに「優勝したら引退ですか?」と問われ「そうやね」と笑顔で返答した。

    守護神自身も優勝できる雰囲気を感じ取っているといい「自分を取り巻く環境、周りを見ているとそういう空気を感じる選手が多い」と説明。「チケット買っといた方がいいですよ。絶対に取れなくなるから」と予告していた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000112-dal-base


    【【悲報】松坂世代がまた1人…藤川球児(39)が今季限りで引退も?】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)


    マジか。

    1 名無しさん@おーぷん :20/01/01(水)21:27:18

    サード←元々ファースト守ってたマルテがボーア加入による玉突きでサード守る

    ファースト←他ポジ守らせるのはもってのほかなボーアを守らせるしかない

    レフト←元々福留がおる上にサンズ加入


    【阪神の4番・大山、守る場所がない!?】の続きを読む



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    才能が勿体ないですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/03(金) 06:20:10.44

    阪神・藤浪晋太郎投手(25)が2日、プロ8年目に懸ける思いをスポニチ本紙に明かした。ここ数年の知られざる苦悩を吐露するとともに、武豊(50)、野茂英雄(51)という2人のパイオニアから贈られた言葉を胸にキャリア初の未勝利に終わった昨季からの巻き返しを宣言。昨年、強く実感した勝たなければいけない「理由」も口にした。

    ゼロ…いや、マイナスからの出発かもしれない。プロで初めて0勝に終わった昨年を振り返る言葉に混じりっ気はない。藤浪は、目前に迫る勝負の1年に挑む覚悟を口にした。

    「悔しいシーズンなのは間違いないですけど、その前の2年(17、18年)も0勝でもおかしくなかった。あの状態でごまかして3勝も5勝もよくできたなと。そういう意味では(0勝だったのも)不思議じゃない。ただ、ショックを受けてても仕方ないので、今年やるしかない。ありきたりですけど、今はそういう気持ちです」

    積み上げてきた数字は一旦、足下に置き批判の声にも過剰に反応しない。吹っ切れたようにさえ見える。ただ、その境地に至るまでは、決して簡単ではなかった。胸中には、幾度となく歴史を変えてきた「パイオニア」2人の言葉。ある時、武豊に語りかけられた。

    「おごりとかそういう意味じゃなく、自分のことをもっと特別だと思ったほうが楽になれるよ、と。いろんな批判、バッシングを受けても自分でおれるよと。(武)豊さんは特にそういう話をしてくれました。あえてそう思えよと。特別だからそれだけ批判も言われる。そう思うようにしてから気楽になれた」

    16年から成績が下降し始め、不振で初めて2軍降格した17年はファンだけでなくチーム内から厳しい声も聞こえてきた。「今思えば病んでましたね…。グラウンドに行くのも憂鬱(ゆううつ)になった時期もあったので。全員が敵に見えるというか、疑心暗鬼になるというか。そんな悪いことしたのかなと…」。制球難による近年の不振とは別問題でも実体のない“何物か”と戦っているうちに心も疲弊し切っていたのは確かだった。

    時を同じくして、親交のある野茂英雄氏からも、稀代のジョッキーと同様に、肩の力を抜くように進言された。「野茂さんにも、好き勝手にやればいいと。チームのために、姿勢とかキャプテンシーとかは歳取ったら勝手にできる。自分の野球を楽しんだら?と」。

    だから、今は、やるべきことがはっきりと見える。まずは、昨年1度も手にできなかった白星をつかみ取ること。勝たなければいけない理由もある。昨年、唯一の1軍登板だった7月31日の中日戦。初回、マウンドへ向かうと浴びたことのない量の声援が注がれた。

    「本当にびっくりした。今まで歓声に応えようとか、ファンの期待に応えようとか、あんまり考えてこなかったんですけど。あれはちょっと…。こういう空気感で野球やらないとあかんなと、こういう人たちのために野球やらないとあかんなと思いました。今までなかった感情。こういうところで野球やるためにプロ野球にいるんだなと思いました」

    エースの看板を背負うはずだった男が「追い込まれた」という表現が正しいのかもしれない。「プロなんでいつ切られても、おかしくないと思ってます。まだいける、とかそんな感じでは一切ないんで」。すべてを覆す1年がやってきた。(遠藤 礼)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200103-00000073-spnannex-base
    1/3(金) 5:35配信


    【【復活へ】阪神・藤浪、知られざる苦悩…今季復活へ武豊、野茂氏から“金言”】の続きを読む

    このページのトップヘ