愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 阪神



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    阪神は巨人に弱いですね。

    1 Egg ★ :2020/09/16(水) 22:48:23.56

     「巨人7-6阪神」(16日、東京ドーム)

     前夜自力優勝の可能性が消滅した阪神が連敗を喫し、今季の巨人戦カード勝ち越しが消滅した。13年連続の巨人戦カード勝ち越しなしが確定した。

     また、東京ドームでは今季開幕から8連敗。12年以来、8年ぶりとなる東京ドーム8連敗(2分けを挟む)で、開幕からの巨人本拠地連敗記録で数えると、63年の9戦9敗以来となってしまった。

     序盤から主導権を握られた。先発の青柳が二回に田中俊に先制の右越えソロを浴びて以降、ピリッとしない。四回にも田中俊に二塁打を浴びた後に、立岡に中前適時打とされると、五回は若林に安打を許したところで降板。4回0/3を投げ、5失点と先発の役目を果たすことができなかった。

     2番手・桑原も田中俊に左前適時打、立岡に3ランを打たれ、五回終了時点で0-7。中盤で大差が付いた。

     打線も田口を全く打ち崩せない。初回、先頭の近本が右前打で出塁したが、後続が続かず。以降は出塁すらできない展開が続き、ベンチの矢野監督も次第に表情が曇る。二回から七回まではすべて3者凡退。チャンスらしいチャンスを作ることができず、回が進んでいくだけに苦しい攻撃が続いた。

     意地を見せたのは八回だった。1死から大山が左前打で出塁、そしてボーアが死球でようやく得点圏に走者を進めた。陽川も左前打で続き満塁のチャンスとなった。ここで中谷が左越えの2点適時二塁打を放ち、ついに得点を奪い、木浪にも2点二塁打が生まれ、3点差に詰めた。

     九回も1死一塁から大山が巨人・デラロサから左翼スタンドに痛烈な19号2ラン。1点差に迫ったが、5番手・中川に最後は抑えられた。

     負の連鎖を断ち切るしか、奇跡の逆転優勝への道はない。17日の先発投手はエースの西勇。やられっぱなしでは終われない。終盤ではあるが、見せた反撃を東京ドーム9連敗阻止につなげたい。

    9/16(水) 21:28配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c3bc427758ef4e9a4b2920affb693ebbc22af2c0


    【<阪神>13年連続の巨人戦勝ち越しなしが決定! 東京ドームで今季8戦全敗 前夜自力優勝の可能性が消滅】の続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)


    阪神は巨人に弱いですね。

    1 風吹けば名無し :2020/09/16(水) 11:57:04.26

    阪神は16日の巨人戦に敗れると、今季このカードの勝ち越しがなくなる。
    阪神が巨人にシーズン勝ち越しを収めたのは、07年の14勝9敗1分けが最後。
    12年連続シーズン勝ち越しがなく、12年から8年連続負け越しを継続中だ。

    https://www.nikkansports.com/baseball/news/202009150001243.html


    【【悲報】阪神、巨人にあと1敗で13年連続負け越し確定。最後の勝ち越しは2007年】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    阪神ファンは結構多いですね。

    1 シャチ ★ :2020/09/08(火) 11:17:05.23

    9/7(月) 14:23配信 日刊スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b4b9c68e3664ced43a79f570bf9fb994f6f6405f
    大相撲の大関貴景勝(24=千賀ノ浦)が7日、初日まで1週間を切った秋場所(13日初日、東京・両国国技館)に向けて総仕上げに入った。

    前日6日まで前頭隆の勝(25)や部屋の幕下を相手に1日10番以上相撲を取って調整していたが、この日は相撲は取らずに四股、ウエートトレーニングなどで汗を流した。

    その後、電話取材に応じ「明日(8日)、明後日(9日)相撲を取って最後、つくっていきたい。(体の動きは)全然悪くない。きちっと感覚、自分の押しに対するいい感覚を研ぎ澄まして、本場所に臨めれば」と話した。

    前日6日には幕下以下の力士(所属部屋は非公表)が新型コロナウイルスに感染したことが判明し、24歳の大関も危機感をあらわにした。

    稽古場を出入りする際、手洗いを徹底。「絶対どこかで菌というのは触ってしまってると思うので、手洗い、うがいをもっと徹底したい。鼻とか顔とか触んないようにしている」と話した。

    兵庫県出身の大関は、野球の話題にも反応した。

    プロ野球阪神の藤川球児投手(40)が今季限りでの現役引退を表明した。貴景勝も“火の玉ストレート”に魅了された1人。

    「俺の小学校は阪神ファンで、巨人ファンなんてありえへんみたいな(感じだった)」と当然、周囲は阪神一色の環境で育った。

    「ストレートで力で押し切るっていうのはかっこいいなって思っていた」。同じアスリート同士。「同じプロとして長い間、第一線でやられたことはすごい。野球はそこまで詳しくないが、プロとして力を出し切る時間が長かったことはすごいこと」と話した。【佐藤礼征】


    【大相撲・貴景勝「俺の小学校は阪神ファンで、巨人ファンなんてありえへんみたいな(感じだった)」 藤川球児引退にコメント】の続きを読む



    (出典 www.tokyo-sports.co.jp)


    藤波は力が出せていないですね。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/09/06(日) 13:04:22.62

    9/6(日) 12:52配信
    デイリースポーツ

    堀内恒夫氏

     野球評論家・堀内恒夫氏が5日、ブログを更新。阪神・藤浪晋太郎投手への思いをつづった。

     藤浪は5日の巨人戦で球団ワーストとなる11失点を喫し、五回途中で降板。堀内氏は「1番気になったのは阪神・藤浪くんのピッチングですよ」と切り出した。

     OBとして巨人に関する話題が多い堀内氏だが、元投手として藤浪が気になった様子。「厳しいことを言ってしまえばまだ1軍で投げるピッチングではないよね」としながら、「でも、ブルペンだと『投げさせてみたい』そう思わせるんじゃないかな」と推測した。

     藤浪の「何が良くないのか」について2点を挙げ、「フォームが安定していない そして 精神的に安定していない」と記述。三回、丸に押し出し四球を与えた時など、梅野のサインに首を振ることが目立ったことに触れ、「今は自分が全てという思いを捨てて 自分の良さを引き出してもらうために キャッチャーに委ねてみる。そういう時じゃないだろうか」とした。

     11失点するまでマウンドにいた藤浪に同情しながらも「藤浪くんは高校野球からエリートできている。でも今は過去から背負ってきたそのプライドを捨てなさい。どん底を味わわせるそのための11失点だったんじゃないかと」と捉え、続けて「今やり直さないと本当に終わっちゃうよ。なぜ、辛い思いをしてきたであろう彼に対してプライドを捨てていない、と言えるのか。それが、梅野くんのサインに対して何度も首を振る、ということですよ」と指摘した。

     ファームで調整中の巨人・沢村と藤浪の現状を重ね「これはね、ウチの澤村にも言えること 2人とも、本当にいいボールを持っているのに自滅しようとするから頭にくる」と吐露。野球人として期待が大きいからこそ「仮に1軍の登録を抹消されても必ずや這い上がってくるように 藤浪くんの本当の意味での復活を期待していますからね」とエールを送った。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/8175769f83dc001492d9f0cdda0da160b53174e0


    【【野球評論家】#堀内氏 首振り目立つ阪神藤浪を巨人沢村の姿と重ねる「いいボールを持ってるのに…」】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)


    阪神高橋は巨人戦では、良いピッチングしてますね。

    【【朗報】阪神・高橋遥、中5日で巨人戦 4タテや!】の続きを読む

    このページのトップヘ