愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 中日



    (出典 images.keizai.biz)


    中日は来季打撃コーチに村上隆行氏に就任要請した。

    1 砂漠のマスカレード ★

    中日が近鉄、西武でプレーした村上隆行氏(53)に1軍打撃コーチ就任を要請していることが28日、分かった。

    村上氏は大牟田高から83年ドラフト3位で近鉄に入団。2年目から116試合に出場するなど中心選手として活躍し、勝負強い打撃を武器に17年間で通算147本塁打を放った。
    現役引退後は野球解説者のほか、11年から独立リーグの06BULLSの監督を務め、NPB入りを目指す選手たちを指導してきた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00000060-spnannex-base
    10/29(月) 6:30配信


    (出典 www.buffaloes.co.jp)


    http://npb.jp/bis/players/61263869.html
    成績


    (出典 Youtube)

    村上応援歌


    (出典 Youtube)

    村上


    (出典 Youtube)


    【【コーチ】中日 村上隆行氏に1軍打撃コーチ就任要請!】の続きを読む


    中日がドラフトで本当に「狙うべき選手」は根尾ではない【西尾典文】
    中日がドラフトで本当に「狙うべき選手」は根尾ではない【西尾典文】  アエラドット 朝日新聞出版
    (出典:アエラドット 朝日新聞出版)



    (出典 dot.asahi.com)


    中日のドラフトは誰を指名するのか、注目ですね。

    1 pathos ★ :2018/10/16(火) 19:49:45.41 ID:CAP_USER9.net

     既に報道では準地元の岐阜県出身である根尾昂(大阪桐蔭)を1位指名すると公言。悪くはない選択だが、根尾の本職のショートは数少ない長期レギュラーが見込める京田がいるため、個人的には他の選手を推したい
    https://dot.asahi.com/dot/2018101400011.html?page=2


    【【ドラフト】中日がドラフトで本当に「狙うべき選手」は根尾ではない!? 】の続きを読む


    【中日】吉見、国内FA権行使も「年齢的にもラストチャンス」
    【中日】吉見、国内FA権行使も「年齢的にもラストチャンス」  スポーツ報知
    (出典:スポーツ報知)



    (出典 yoshilover.com)


    中日の吉見投手がFA権行使を考えている。行使したら取る球団は?

    1 ひかり ★ :2018/10/15(月) 10:12:50.89 ID:CAP_USER9.net

     今季、国内フリーエージェント(FA)権を取得した中日・吉見一起投手(34)が、権利の行使を視野に入れていることが14日、分かった。
    近い関係者に「年齢的にもラストチャンス。他球団がどういう評価をしているのかを聞いてみたい」と話しており、かつてのエースが移籍する可能性も
    浮上した。

     吉見は今季、20試合で5勝7敗。「大きなけがもなく、ほぼシーズンを通して投げられたのは収穫」と、5月上旬から先発ローテを守ったことに
    手応えを感じている。他球団の編成担当者も「打線の援護があれば、もっと白星を伸ばせたはず」と見ている。

     吉見は右肘じん帯の再建術など、度重なる手術を許可した中日に恩義を感じており、あくまで残留が基本線。だが契約年数など条件面で折り合わなければ、
    権利を行使した上で、中日が認める宣言残留か移籍も検討することになる。今オフのFA戦線で「投の目玉」とされるオリックス・西の動向次第では、
    獲得に失敗した球団が「吉見獲り」にシフトする可能性もある。就任が決まった与田新監督にとっても、流出なら大きなダメージ。黄金期を支えたエースは
    宣言期限の11月中旬まで熟考する。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181014-00000298-sph-base


    【【権利行使】中日 吉見、国内FA権行使も「年齢的にもラストチャンス」!】の続きを読む



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    中日ビシエドが生涯ドラゴンズ宣言をしました。

    1 ひかり ★ :2018/10/14(日) 18:33:59.70 ID:CAP_USER9.net

    中日のダヤン・ビシエド内野手(29)が生涯ドラゴンズを宣言した。今季成績は、135試合出場、178安打、99打点、26本塁打、打率3割4分8厘と
    キャリアハイを連発。首位打者と最多安打で来日3年目で初のタイトルを獲得した。「大満足の1年だった。1年を通して出場できて良かった。
    打点も首位打者も誇れる。(首位打者は)簡単には取れないタイトルだ」と、白い歯をのぞかせた。

    この日、中部国際空港から離日する際に中日への熱い思いを口にした。「もちろん来年もドラゴンズにいる。複数年契約? もちろんだ」と力強く
    うなずいた。すでに球団とビシエドは複数年の大型契約に大筋で合意。「最後の詰めだけ」と西山球団代表も話す。しかし、ビシエドが狙っているのはさらに
    先。国内FA権だ。「(阪神メッセンジャーのように)日本人枠に入れることが目標だ」と語り、生涯ドラゴンズか? の問いかけにも「もちろんだ」と
    続けた。

    メッセンジャーを含め過去9人が国内FAで外国人枠から外れたが、中日では初のケース。その第1号を目指している。さらに13日の最終戦では、
    生涯中日の岩瀬、荒木の引退セレモニーにも参加。「とても感動した。ファンの雰囲気も良かった。自分も最後はあんな風に祝ってもらいたい」。
    野球人生を竜で閉じることまで真剣に考えている。昨年のゲレーロのように、金銭問題でもめることもない。不動の主砲が、右手を上げながら、
    セントレアの国際線ゲートをくぐった。

    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201810140000545_m.html?mode=all
    家族と自宅のある米国に戻るビシエド(撮影・前岡正明)

    (出典 www.nikkansports.com)


    【【宣言】中日ビシエドが生涯ドラゴンズ宣言 目標は日本人枠!www】の続きを読む


    中日の新監督に与田剛氏 球団OB、投手陣再建に期待
    中日の新監督に与田剛氏 球団OB、投手陣再建に期待  朝日新聞
    (出典:朝日新聞)



    (出典 prt.iza.ne.jp)


    中日の監督に与田剛氏。次々に新監督が決まりますね。

    1 サザンカ ★ :2018/10/11(木) 07:20:49.44 ID:CAP_USER9.net

    プロ野球中日の新監督に、球団OBの与田剛(よだつよし)さん(52)が就任することが十日、決まった。
    名古屋市内で白井文吾オーナー(中日新聞社会長)が要請し、与田さんが受諾した。
    今季限りで退任する森繁和監督(63)は、十三日の阪神との最終戦(ナゴヤドーム)後にあいさつする。

    与田新監督は社会人野球のNTT東京から一九九〇年、ドラフト一位で中日に入団。
    150キロ超の剛速球を武器に一年目に31セーブを挙げて最優秀救援投手と新人王のタイトルに輝くなど、主に抑えとして活躍した。

    九六年途中にトレードでロッテへ移籍し、日本ハムを経て二〇〇〇年に阪神で現役を引退した。

    その後は野球解説者として活動。〇九年の第二回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では日本代表の投手コーチとして、大会連覇に貢献した。
    一六年から楽天コーチを務め、今季限りの退団が決まっていた。

    現役時代、肩の痛みに苦しんだ与田新監督に、
    白井オーナーは「一度、けがでどん底を経験し、そこから努力ではい上がってきた。彼の粘り、忍耐力、体力は、今のチームを再生させるのにふさわしい」とBクラスが球団史上最長を更新する六年連続に伸びた長期低迷期の脱出を託す。

    森監督は一六年八月、当時の谷繁元信監督の休養を受けて監督代行となり、九月末に正式な監督昇格が決まった。
    就任一年目の一七年は夏場に失速し、負け越し20の五位と振るわなかった。

    今季も期待した若手が伸び悩み、ベテランと外国人選手に頼りながら、六月二十三日には森監督の指揮下で初めて三位に浮上。
    しかし後半戦に入って二戦目で自力優勝の可能性が消滅するなど、前年同様に失速した。最終戦を残し、既に63勝77敗2引き分けで五位が確定した。

    <与田剛さんの話> このようなお話をいただき光栄という気持ち、感謝の気持ちでいっぱいです。
    責任はすごく重いです。多くの方々に応援していただけるように、しっかり準備をしなければいけないと思います。


    【【次期監督】中日新監督に与田剛(52)に!!】の続きを読む

    このページのトップヘ