愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 中日


    球速が上がってますね。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/07/29(金) 23:57:42.73
    7/29(金) 22:09配信 中日スポーツ 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/442ee792609a1149d7ecffbe5b0070e715d6ae1c

    ◇29日 広島0―9中日(マツダスタジアム)

     中日の根尾が自己最速を1キロ更新する154キロをマークした。9点リードの9回に3番手で登板し、先頭・野間を151キロ速球で三ゴロに仕留め、続く菊池は134キロスライダーで二飛、最後の秋山を154キロ速球で中飛にねじ伏せ「自分の投球をできるように心がけました」。これで登板5戦連続で無失点となった。

    【【中日】出たぞ最速154㌔!根尾昂が3人でピシャリ 5戦連続無失点「自分の投球をできるよう心がけました」】の続きを読む


    余り似てないかな。

    【中日・立浪和義のボブルヘッド付きチケットを計7300枚限定で発売】の続きを読む


    最下位ですね。

    1 それでも動く名無し :2022/07/23(土) 10:08:47
    立浪監督は選手たちに呼び掛けた。
    「ちょっとは意地を見せよう。そこが一番大事なところ」。
    最下位とはいえ5位巨人とは3・5差。CS圏内の3位までも5・5差と可能性は閉ざされてはいない。
    指揮官は「諦めて試合だけ消化するほどファンに失礼なことはない。
    どんな状況でも最後までしっかりやろうとは伝えました」と明かした。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e55a5fff128f012e57b1c724356b01437c4d902c

    【中日・立浪監督「意地を見せよう」「諦めるのはファンに失礼」】の続きを読む


    色々と有りそう。

    1 シャチ ★ :2022/07/23(土) 01:25:55.32
     元中日監督で野球評論家の落合博満氏(68)が22日、自身のユーチューブチャンネルを更新。中日の遊撃手について持論を語った。

     落合氏はこの日の動画(5月31日撮影)で、視聴者からの質問に直接答えるという企画を実施。その中で、中日ファンという親子から「中日のショートはどの選手がいいですか?」という質問が寄せられた。

     落合氏は「オレだったら京田(陽太)使うよ」と即答。続けて「ゲームに集中してないようなことを言われてファームに行って、じゃあ何を求めるのかっていうことですよ。だから一軍のレベルであれば、一軍で使わなきゃいけないだろうと思う」と持論を展開した。

     撮影日時点で登録を抹消されていた京田は6月17日に一軍昇格するも、今月11日に再び二軍降格となった。今季の中日は6月に投手転向した根尾を合わせ計8人を遊撃で起用。内野の要を固定できない状態となっている。

     その上で落合氏は「ショートを入れ代わり立ち代わり使うのはどうなのかなって思いますけどね」とコメント。「爆発的に打ってくれるなら、またそれは帳消しになるんだけども。そうでもない限りは、守ってさえくれればいいやっていうふうに考えたら京田になるんじゃないのかな。まあ12球団でもトップクラスのショートなんで」と背番号1の復帰を期待した。

    東京スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/986ed9f3359be9b701676a3abe30095dff6a53a5

    【落合博満氏「オレだったら京田使う」 中日の〝遊撃手問題〟に喝】の続きを読む


    原因がハッキリしてないのかな。

    1 ひかり ★ :2022/07/17(日) 12:26:19.72
     昨年8月3日、中日・木下雄介投手が妻と2人の幼児を残して急逝した。この一報が球界に衝撃を与えたのは、彼が27歳の若さだったからだけではない。それはコロナワクチン接種後の悲劇だったのだ。しかし、この時の状況について、球団は遺族にも満足な説明をしていないという。

     ***
     本誌(「週刊新潮」)(2021年8月5日号)が他メディアに先駆けて木下投手の異変を報じた際、中日ドラゴンズオーナーで、中日新聞社長でもある大島宇一郎氏(58)は取材に対して、

    「(木下投手は新型コロナ)ワクチンを打った後、練習中に体調を崩して入院しており、(容体が)非常に厳しい状態だとは聞いています」

     と、明かしていた。しかし、その死因等については正式に公表されることもないまま、今に至っている。

     中日関係者が声を潜めて言う。

    「球団は遺族にも木下投手が倒れた際の様子などを含めて一切、説明していませんでした。遺族側が昨年10月末、運営部長らに詰め寄り、初めて詳しい事情が明かされたのです」

     実際、木下投手には何があったというのか。

    もっと早くAEDが使えていたら…

     生前、彼と親交のあった知人が打ち明ける。

    「雄介は16年に育成枠で入団したのですが、昨年のオープン戦で、肩を脱臼してしまいました。致命的なけがで、彼もクビを覚悟していたようですが、来年度からも2年間契約してもらえることになった。そのため、投げることはできずとも、ランニングや下半身強化には打ち込んでいたんです」

     そんな中、木下投手はオフ日に当たる昨年6月28日、モデルナ製ワクチン接種を受けることになる。

    「副反応で腕は少し痛かったようですが、翌日から通常のリハビリメニューをこなしていたそうです」(同)

     しばらく、木下投手に変わったところはなかったというが、7月6日午前11時7分、トレーニングルームで様子が急変する。

    「下半身のウエイトトレーニングをした後、ベンチに腰掛けていたそうです。雄介が妙に大きく呼吸しだし、周囲の人間が異常に気付いて。その時の彼は、目は開いていても意識がなく、身体は硬直しているような状態だったとか」(同)

     先の関係者の話。

    「その場に居合わせたスタッフらは、すぐに救急措置を講じることができませんでした。トレーナーの一人が119番したのは、11時13分、異変から6分が経過していました」

     さらに、AEDを使用し、心臓マッサージを開始したのは非常事態が発生して8分が過ぎてからだった。

    「木下投手は病院のICUで緊急オぺを受け、心臓に機械を入れています。約1週間後には、心臓自体は蘇生し始めたものの、低酸素脳症に陥り、脳死状態と診断されてしまいました。もっと早くAEDを使えていたら……」(同)

     最終的な死因は低酸素脳症による臓器不全だった。

    劇症型心筋炎

    「木下投手の遺体を解剖したところ、劇症型心筋炎が原因で心臓が急に止まってしまったことが判明しました。ワクチンによる副反応の心筋炎が疑われるということでした。ワクチン接種後に、激しい運動を行ったことが引き金となった恐れがある。だからこそ球団側は、遺族にすら詳しい説明を避けてきたのです」(同)

     その後の対応にも問題があった。

    「球団側は遺族に500万円の弔慰金を提示して、それですべてを片付けようとしている」(前出・知人)

     スポーツ関連の法律問題に詳しい岡筋泰之弁護士は、

    「試合や練習中などの稼働による死亡事故が起きた場合、すべての球団と選手が結んでいる統一契約に基づいて、球団は5千万円の補償金を選手の相続人に支払う義務があります」

    補償金の規定すら通知せず

     つまり、木下投手の死が練習に直接起因したものと認められれば、遺族には5千万円の補償金が支払われるはずなのだ。ところが、

    「中日側はその補償金の規定についても、当初、遺族に通知しませんでした。遺族がそれを知った今も、練習が直接の原因ではないと主張して、補償金の支払いに応じていません」(前出・関係者)

     今回、改めて大島氏に話を聞いたところ、

    「(球団には)できる限り(遺族に)誠実に対応しようと言っています。ただ、意見の違いがあって思うようにいかず、話し合いが続いていると聞いています」

    “不信の争い”の解決には、まだ時間がかかりそうだ。

    「週刊新潮」2022年7月14日号 掲載
    新潮社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6c1da8aeb7d6714f409f92089ab7a5d2692b452d

    【ワクチン接種後に死亡の中日・木下雄介投手、未だに球団から補償金が支払われず】の続きを読む

    このページのトップヘ