愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 中日



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    根尾もまだまだと言う感じかな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/19(日) 17:29:33

    オトナになった中日根尾昂内野手(20)が飛躍を誓った。20歳の誕生日だった19日、電話取材に回答。解禁されるアルコール類に目も向けず、医師の両親から届いたメッセージを励みに、ストイックで貪欲に成長を目指す考えを明かした。

    ルーキーの昨年は、1月に太ももを痛めたことも響き、1軍出場は終盤の2試合に終わった。「19歳で苦しいこともいっぱい経験しました。振り返りたくないぐらいです」。挽回を期す2年目。だが新型コロナウイルス感染拡大の影響で、個人練習すら厳しい制限下に置かれている。そんな状態で迎えた節目の一日。岐阜で医師として勤務している両親からは、お祝いとともにこんなメッセージが届いたという。「大人の、まだ経験したことのない世界に踏み入れることになるから、自覚を持って!」

    野球と医師。職業は違うが、両親から受け継いだ「自覚力」は体に根付いている。20歳で解禁される飲酒について、こう明*。「(両親が)家で飲んでいるところは見たことがない。仕事上、いつ呼び出されても車で向かわないといけないということがあるらしくて」。お酒のない生活が日常だった根尾にとって「興味ありそうに見えます? いまはそこ(飲酒)に向く気持ちはない」と断言した。

    2軍は4日間の活動休止期間を終える22日から、自主練習を再開する。だが、割り振られているのは隔日、2人1組で1時間だけしかない。「ポジションを奪う立場なので、いつ開幕してもいいように。もっともっと、上にいかないといけないと思ってやっています。自分が目指すところに向かって、この10年もまた積み上げていきたい」。限られた条件下で技術を磨き、目標の1軍定着に突き進む。

    4/19(日) 17:14 Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200419-24190329-nksports-base


    【【何と】20歳の中日根尾、アルコールには目も向けず自覚力】の続きを読む



    (出典 topics24.jp)


    発熱だけど、心配ですね。

    1 jinjin ★ :2020/04/12(日) 05:22:05

    中日の選手1人が発熱 早ければ13日にも再び受診
     

    中日の加藤球団代表は11日、リハビリ組の選手1人に前夜、37・5度を超える熱があってこの日朝も熱が引かなかったことを明らかにした。
    選手は練習を休んで病院で受診。リハビリ組もトレーニングをせず、今後は時間をずらすことなどを検討する。


    加藤代表は「大事を取って練習を休ませた。発熱以外の症状はない」と説明。
    発熱した選手は早ければ13日にも再び受診し、球団として今後の対応を考えるという。


    https://www.sanspo.com/smp/baseball/news/20200411/dra20041118490003-s.html


    【【驚き】中日の選手1人が発熱 早ければ13日にも再び受診】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    何処まで伸びるかですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/11(土) 14:15:05

    今年の高卒ルーキーは最速163キロ右腕のロッテ・佐々木朗希、高校通算55本塁打の中日・石川昂弥、完成度はNo.1の呼び声高いヤクルト・奥川恭伸がメディアで取り上げられる機会が多かった。

    いずれもドラフト1位入団で入団前から注目されてきた逸材だったが、プロに入ったら指名順位は関係なく横一線の勝負となる。2月の春季キャンプで、首脳陣の評価が急上昇したのが中日のドラフト5位・岡林勇希だった。
    キャンプでの実戦は6試合で9打数3安打、打率.333。俊足巧打のプレースタイルで強烈にアピールし、中日ナインたちの間で「岡林はいい選手だよ」と話題になるほどだった。実戦を視察した他球団のスコアラーも高い評価を口にする。

    「木製バットに変わるので打撃は時間がかかるかなと思っていましたが、プロの投手の変化球にきっちり対応して直球にも力負けしない。ドラフト1位の石川昂が注目されていますが、岡林も一軍デビューの可能性は十分にあると思います。
    対応力の点では根尾より上ではないでしょうか」

    ドラフトは下位指名だが、三重県の菰野高では「二刀流」で野球センスが抜群だった。投手で最速153キロの直球と縦に落ちるスライダーが武器に三振の山を築き、野手でも攻守走3拍子そろった好選手で高校通算21本塁打をマーク。
    遠投120メートル、50メートル5秒8の快足と身体能力の高さは高校生屈指だった。

    中日は岡林を投手としても高く評価し、入団時は投手で登録された。だが、1月の自主トレを経て、春季キャンプ前に本人の希望で野手として勝負することを決意した。そのプレースタイルが重なるのが昨年のドラフト1位・根尾昂だ。
    投手と打者の二刀流で大阪桐蔭高の春夏連覇に貢献した根尾は岡林のあこがれだった。根尾の本職は内野だが、昨年の秋季キャンプから出場機会を増やすために外野にも挑戦している。岡林はあこがれの先輩とプロの世界で切磋琢磨する。

    高卒の下位指名でプロの世界に飛び込み、球界を代表する選手になった選手は少なくない。いずれも92年ドラフト4位でオリックスに入団したイチロー、近鉄に入団した中村紀洋は高校時代にエースで主軸を打っていた。
    ほかにも、89年ドラフト5位で広島に入団した江藤智、90年ドラフト4位で広島に入団した前田智徳、74年ドラフト6位で阪神に入団した掛布雅之など天才打者たちがズラリ。岡林はプロの世界で下克上できるか。今後の活躍が注目される。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200411-00000005-baseballo-base
    4/11(土) 11:02配信


    【「根尾より上」と他球団を驚かせた下位入団のルーキーとは】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    これで陽性だと問題大きくなりそう。

    1 Egg ★ :2020/03/29(日) 18:14:50.72

    プロ野球中日は29日、2選手を4月5日まで自宅待機にすると発表した。新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性反応が出た阪神の伊藤隼太外野手と20~22日のナゴヤ球場での練習試合で接触があったチーム関係者15人のうち、この2選手は複数回の会話や身体的接触があったため。専門家の意見を取り入れて方針を決めた。

     他の13人のうち12人は今後、4月5日まで時間をずらして練習や仕事を行い、1人は通常通り活動する。現段階で発熱や体の異常を訴える関係者はいないという。

     中日は28日、1軍と2軍の首脳陣、選手、スタッフ全員を調査した。

    3/29(日) 17:50配信


    【【悲報】<中日>2選手を自宅待機!阪神の陽性選手と複数回の会話や身体的接触があったため】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ちょっと心配ですね。

    1 Egg ★ :2020/03/29(日) 07:45:34

    中日は28日、新型コロナウイルスの感染が確認された阪神・伊藤隼太外野手(30)が20-22日に行われた自軍との2軍練習試合(ナゴヤ球場)に帯同していたことを受け、選手やチーム関係者にヒアリングを実施。この日、加藤宏幸球団代表(61)がナゴヤドームで取材に応じ、15人が同選手と接触していたことを明らかにした。仮に中日にも感染が広がれば、“球界パンデミック”となる可能性がある。

     阪神での新型コロナウイルス感染の余波が竜に広がった。藤浪に続き伊藤隼、長坂の感染判明翌日。中日は伊藤隼が20-22日にナゴヤ球場で行われた練習試合に帯同していたことを受けて、1、2軍の選手やチーム関係者にヒアリングを実施。15人が接触したと報告を受けた加藤球団代表は表情をこわばらせた。

     「普通に考えると(伊藤隼との)最終接触日が22日。そこから(潜伏期間が)2週間となると、来週の日曜日ぐらいまではその範疇(はんちゅう)に入ってくる。そこまでは注意をしないといけない」

     この日午前中に行われたヒアリングでは、伊藤隼との接触の距離や時間などを確認。試合前などに伊藤隼と3日間ともあいさつをしていた人もいた。中には2分ほど話し込んだという回答もあった。また、新型コロナの感染予防のため、身体的接触は握手ではなくグータッチが行われていたという。

     伊藤隼は14日に藤浪、長坂ら計12人で会食。20日から中日との3連戦に帯同した。20日は出場機会がなかったが、21日は先発出場。22日も代打で七回から途中出場していた。その後、嗅覚障害を申し出てPCR検査で陽性が判明。27日に入院した。

     加藤球団代表によると、現段階では接触した15人はいずれも発熱、嗅覚や味覚の異常は見られないが、違和感がある場合はすぐに報告するように伝えられた。

    また、今後はチームが助言を求められる専門医に状況を説明し、この15人が濃厚接触者にあたるかどうかを見極めていく。14日の会食には、陽性が判明した3人以外にも阪神の選手4人が参加しており、加藤代表は「4人の名前とか全く分からないわけじゃない? 

    もし4人に陽性が出たら接触した人いますか? いませんか? って。聞かなきゃいけないかもしれない」と困惑気味。予断を許さない状況だ。

     30日には3連戦で阪神が使用していた一塁側のロッカールームやベンチなどを中心にナゴヤ球場で消毒作業を行う。ただ、中日でも感染確認となれば、“球界パンデミック”につながりかねない。できる限りの手を尽くしていくが、今は感染者がこれ以上増えないことを祈るしかない。

    3/29(日) 7:00配信


    【<中日にも激震>コロナ陽性の選手ら15人接触「(潜伏期間)2週間..来週の日曜日ぐらいまでは..そこまでは注意しないと」】の続きを読む

    このページのトップヘ