愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 中日


    仕方ないかな。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/08/17(水) 23:02:29.79
    2022年08月17日 22:55 野球
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/08/17/kiji/20220817s00001173665000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


     【セ・リーグ 中日0-1広島 ( 2022年8月17日 マツダ )】 中日は、17日の広島戦でサヨナラ負けを喫し、今季20度目の零敗となった。

     両軍無得点で迎えた延長11回、藤嶋が2死二塁のピンチを招き、立浪監督はここで根尾にスイッチ。しかし、代打・松山に初球の149キロ直球を、中堅越えとなるサヨナラ二塁打となり、無念の終幕となった。根尾は初めてサヨナラ打を浴びた。立浪監督は「酷な場面で出した。左投手を出すということもあったけど、根尾の力勝負にかけた」と起用について説明した。

     20歳の誕生日を迎えてから初登板だった先発の高橋宏が7回2安打無失点と完璧に近い内容だったが、打線が援護できなかった。同監督は「根尾を責めるということではなく、その前に1点も取れなかったことが問題」と打線を敗因に挙げるしかなかった。

    【【中日悪夢】立浪監督「根尾を責めるということではない」】の続きを読む


    今度は中日ですね。

    1 ひかり ★ :2022/08/18(木) 17:55:06.68
     中日は18日、鈴木博志投手、田島慎二投手、岡野祐一郎投手、山下斐紹捕手、渡辺勝外野手の選手5人とスタッフ6人の計11人が、新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたと発表した。

     球団によると、11人はお盆期間中の医療機関の調整がつかなかったため、18日に名古屋市内の病院を受診し、再検査を行って陽性と判定された。いずれも臨時スクリーニング検査や抗原検査で陽性反応が確認された時点から自主隔離している、

     選手は鈴木、山下、田島、渡辺は症状があり、岡野は無症状。
    中日スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4af784ba554d3f9747b85e5a990621ff5ab9d854

    【【中日】11人が新型コロナ陽性  鈴木、田島、岡野、山下、渡辺の選手5人とスタッフ6人】の続きを読む


    スカウトもやるんだ。

    1 それでも動く名無し :1970/01/01(木) 09:33:42
    【中日】立浪監督スカウト業進出意欲「鶴岡東の捕手。ヤクルト村上の弟も楽しみ」戦力補強見据え

    10月20日ドラフト会議の話題を向けられ「極力、テレビをつけるようにしている。高校野球とか注目されている選手とか見るようにしている。戦力補強も先を見据えたプランでやっていかないと」と意欲を燃やした。

    スカウト登録も申請した立浪監督は「(遠征で)東京に行ったときに試合があれば見てみたい」と語り、巨人戦、ヤクルト戦の合間に神宮球場での大学野球視察にも前向き。甲子園期間中の編成会議は12日に終わったが、「そのうち出る」ときっぱり。来季を見据え“立浪スカウト”が積極的に動き出す。

    https://www.nikkansports.com/baseball/news/202208150000759.html

    【【朗報】立浪監督「村上弟も楽しみ」スカウト登録も申請してスカウト立浪誕生へ】の続きを読む


    スクイズ誰でもやらせるのかな。

    1 それでも動く名無し :1970/01/01(木) 09:33:42
    【中日】執念の2試合連続スクイズ敢行 立浪監督「今年の残り試合も来年以降もやっていく」

    ――これで2試合連続でスクイズを敢行した。勝つためにはなりふり構わずか

     立浪監督 そういう今は出ているメンバーからしてもクリーンアップが打たないと、なかなか点が取れない状況。こうやって選手に点が取れるということを、苦しい時はなんとかそういう形で、今年の残り試合も来年以降もやっていかないといけない。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/baseball/npb/4384415/

    【【朗報】立浪監督「(スクイズは)今年の残り試合も来年以降もやっていく」】の続きを読む


    対応に問題有りかな。

    1 ネギうどん ★ :2022/08/03(水) 23:17:38.03
     2021年7月6日、トレーニング中に倒れ、その約1カ月後の8月3日に、27歳の若さで亡くなった中日ドラゴンズ・木下雄介投手。木下選手の妻・茜さんが「 週刊文春 」の取材に応じ、「倒れた時に球団が適切な対応をしてくれていれば、雄介は助かっていた。後遺症はあっても、今頃はこの家で、娘や息子と一緒に過ごしていた……」と、辛い胸の内を明かした。木下選手の急死後、茜さんがメディアに応じるのは初めて。

    『搬送が早ければ…』死の直接の原因

     中日で将来を期待された右腕だった木下選手の死は、世間に大きな衝撃を与えた。現役選手だったことに加え、倒れたのが、新型コロナのワクチン接種から僅か8日後のことだったためだ。

     あれから1年。茜さんは5歳の長女と3歳の長男を育てながら、懸命に前を向いている。だが片時も頭から離れない思いがある。“夫は、なぜ死んだのか”だ。茜さんが語る。

    「主治医の先生からは、こう説明されました。『倒れた原因の一つは、新型コロナのワクチン接種。だけど、亡くなった原因は別にある』と」

     病理解剖の結果、木下選手は劇症型心筋炎を発症していたことがわかった。彼は倒れる8日前の6月28日、新型コロナワクチンを打っていた。主治医によれば、ワクチンで心筋炎を起こしていたところに激しいトレーニングをしたことで、不整脈の一種である心室細動を発症し、心肺停止になったと考えられるという。ただ死の直接の原因は別だった。

    「搬送の遅れです。実は雄介が倒れてから、周囲が救急車を要請するまでに、6分もかかっていたことが分かったのです。それを主治医の先生に伝えると『搬送が早ければ助かった』と言われました」(同前)

    スタッフがAEDを探しに行ったのは、搬送要請の後
     渋る球団側から、木下選手が倒れた際の時系列が記された資料を受け取ったのは、昨年10月のこと。そこにはこう記されていた。

    〈11時07分頃:ナゴヤ球場屋内練習場内、トレーニングルームにてS&Cのスタッフが木下選手の異変に気が付く〉(注:S&Cは「プロ野球ストレングス&コンディショニング研究会」)

    〈11時13分(発信履歴):トレーナーが119番へTEL、救急搬送の要請〉

     6分間のタイムラグ。さらに救急隊が到着したのは11時17分と、倒れてから10分が経過していた。救命の現場では、心拍再開が1分遅れるごとに、救命率が10%下がると言われている。だがスタッフがAEDを探しに行ったのは、搬送要請の後だった。

    続きはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/91090759a470f953db8e2bc2ee07617390226a33?page=2

    【「球団が適切な対応をしていれば…」ワクチン接種から8日後に急死した中日・木下雄介投手の妻が涙の告発】の続きを読む

    このページのトップヘ