愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 中日


    余り酷い書き込みは駄目ですね。

    1 ひかり ★ :2021/11/30(火) 10:15:53.52

     プロ野球中日の福敬登投手(29)が会員制交流サイト(SNS)で中傷されたとして、愛知県警中署に被害届を提出し、受理されていたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。21日付。

     福投手は11月、契約更改後の記者会見で、試合で打たれた後などに「おびただしい数の殺害予告がある。家族の身に危険を感じるような文言もある」と訴えていた。

     県警は、侮辱罪や脅迫罪などに当たる可能性があるとみて、捜査を進める方針。

     福投手は兵庫県出身でプロ6年目のサウスポー。救援で活躍し、昨年は最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した。

    共同通信

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e8f29077a5d8685911c1d01d86b20371a3d4fa0c


    【中傷受け、中日・福投手が被害届 SNSで】の続きを読む


    何で帰ったのかな。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/01(水) 23:42:00.61

    12/1(水) 23:27配信
    東スポWeb

    中日・ビシエド(東スポWeb)

     中日は1日、ダヤン・ビシエド内野手(32)が自宅のある米国へ向けて帰国したと発表した。

     来日6年目の今季は130試合に出場して打率2割7分5厘で、いずれもチームトップの17本塁打、70打点をマーク。竜の不動の4番を務める主砲は、来季から新たに3年契約を結び残留することで合意しており「左肩のリハビリから復帰したシーズンでしたが、自分なりにいいシーズンだったと思います。ほぼ完走できたし、支えてくださったすべてのスタッフの皆さんに感謝します。また、応援していただいたファンの皆様、ありがとうございました」と球団を通じてコメントした。

     もっか新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大が懸念されており、立浪新監督は「ビシエドの家族もこっちにいるわけだから、もうちょっとだからおればいいのにね、と思うが、それは…(仕方ない)」と本音をポロリ。それでも米国の自宅でリフレッシュして2月1日のキャンプインには元気な姿を見せてくれることを熱望した。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e3b2ab044cd70d776fb7816c1245ab7d9915b054


    【中日・ビシエドが米国へ帰国 オミクロン株の急拡大で立浪監督「こっちにおればいいのに」】の続きを読む


    他の球団に行くかな。

    1 風吹けば名無し :2021/11/25(木) 07:00:54.53

    中日又吉克樹 国内FA権行使の可能性 すでに数回残留交渉、動向静観
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2abb14de5f3437b6560dd629860866d6a578b49c


    【中日・又吉 国内FA権行使の可能性 すでに数回残留交渉で複数年提示済み】の続きを読む


    取りに行くかな。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/20(土) 05:41:48.48

    11/20(土) 5:15配信
    東スポWeb

    期待が大きい中日・立浪新監督(東スポWeb)

     中日の立浪和義監督(52)が今オフの補強について、基本的には自前の戦力を鍛え上げ、来季に臨む意向を改めて示した。

     先日、日本ハムがFA権を取得している西川遥輝外野手(29)、大田泰示外野手(31)、秋吉亮投手(32)に来季契約を提示せず、契約保留手続きを行わないことで自由契約選手となることが明らかになったが、貧打が深刻な中日にとって西川か大田、FA流出の危機にあるリリーバー・又吉の代役候補として秋吉を獲得するのは、考えられる選択肢の一つだった。

     ところが、立浪監督はこの3選手について「個人的には欲しいなとか、そういうことは何も思わなかった。ウチにもいい選手はいっぱいいるので」と言及。新外国人として右の大砲候補の獲得こそ視野に入れているが、これまでFAやトレードでの選手獲得には消極的な発言を繰り返している。そのため立浪竜は4日から始まったナゴヤ球場での秋季キャンプでは、若手選手が悲鳴を上げるほどの猛練習を課しており、戦力の底上げを徹底的に行っている。

     一方、チーム内からは、巨人を退団する育成選手の山下航汰外野手(21)の獲得を推す声が出ている。山下は入団1年目の2019年7月に育成から支配下に昇格すると、イースタンで打率3割3分2厘をマークし、高卒1年目としてはイチロー以来27年ぶりとなるファームでの首位打者に輝いた。

     巨人は来季も育成契約を結ぶ方針を固めていたが、本人は支配下選手としてプレーする強い意向を持ち、今後はトライアウト受験も視野に入れて移籍先を探している。

     中日関係者は「日本ハムのFA3選手よりも、高卒3年目でこれから伸びしろがありそうな山下を獲得した方が面白い。巨人の育成の打診を拒否するなんて根性がありそうだし、イチローの再来となる可能性だってあるかもしれない。ウチで非凡な才能を開花させて放出した巨人を悔しがらせたいね」ともくろんでいるが、果たして…。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8ca138b508e1a8d746f309ed1e23d006b4b525d0


    【日本ハム3選手より…中日・立浪新監督に巨人自由契約の21歳・山下航汰の獲得推す声】の続きを読む


    言うのは勝ってかな。

    【【朗報】中日・福「野球やるのに長髪だろうが茶髪だろうが関係ない」】の続きを読む

    このページのトップヘ