愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 中日



    (出典 i.ytimg.com)


    これで陽性だと問題大きくなりそう。

    1 Egg ★ :2020/03/29(日) 18:14:50.72

    プロ野球中日は29日、2選手を4月5日まで自宅待機にすると発表した。新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性反応が出た阪神の伊藤隼太外野手と20~22日のナゴヤ球場での練習試合で接触があったチーム関係者15人のうち、この2選手は複数回の会話や身体的接触があったため。専門家の意見を取り入れて方針を決めた。

     他の13人のうち12人は今後、4月5日まで時間をずらして練習や仕事を行い、1人は通常通り活動する。現段階で発熱や体の異常を訴える関係者はいないという。

     中日は28日、1軍と2軍の首脳陣、選手、スタッフ全員を調査した。

    3/29(日) 17:50配信


    【【悲報】<中日>2選手を自宅待機!阪神の陽性選手と複数回の会話や身体的接触があったため】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ちょっと心配ですね。

    1 Egg ★ :2020/03/29(日) 07:45:34

    中日は28日、新型コロナウイルスの感染が確認された阪神・伊藤隼太外野手(30)が20-22日に行われた自軍との2軍練習試合(ナゴヤ球場)に帯同していたことを受け、選手やチーム関係者にヒアリングを実施。この日、加藤宏幸球団代表(61)がナゴヤドームで取材に応じ、15人が同選手と接触していたことを明らかにした。仮に中日にも感染が広がれば、“球界パンデミック”となる可能性がある。

     阪神での新型コロナウイルス感染の余波が竜に広がった。藤浪に続き伊藤隼、長坂の感染判明翌日。中日は伊藤隼が20-22日にナゴヤ球場で行われた練習試合に帯同していたことを受けて、1、2軍の選手やチーム関係者にヒアリングを実施。15人が接触したと報告を受けた加藤球団代表は表情をこわばらせた。

     「普通に考えると(伊藤隼との)最終接触日が22日。そこから(潜伏期間が)2週間となると、来週の日曜日ぐらいまではその範疇(はんちゅう)に入ってくる。そこまでは注意をしないといけない」

     この日午前中に行われたヒアリングでは、伊藤隼との接触の距離や時間などを確認。試合前などに伊藤隼と3日間ともあいさつをしていた人もいた。中には2分ほど話し込んだという回答もあった。また、新型コロナの感染予防のため、身体的接触は握手ではなくグータッチが行われていたという。

     伊藤隼は14日に藤浪、長坂ら計12人で会食。20日から中日との3連戦に帯同した。20日は出場機会がなかったが、21日は先発出場。22日も代打で七回から途中出場していた。その後、嗅覚障害を申し出てPCR検査で陽性が判明。27日に入院した。

     加藤球団代表によると、現段階では接触した15人はいずれも発熱、嗅覚や味覚の異常は見られないが、違和感がある場合はすぐに報告するように伝えられた。

    また、今後はチームが助言を求められる専門医に状況を説明し、この15人が濃厚接触者にあたるかどうかを見極めていく。14日の会食には、陽性が判明した3人以外にも阪神の選手4人が参加しており、加藤代表は「4人の名前とか全く分からないわけじゃない? 

    もし4人に陽性が出たら接触した人いますか? いませんか? って。聞かなきゃいけないかもしれない」と困惑気味。予断を許さない状況だ。

     30日には3連戦で阪神が使用していた一塁側のロッカールームやベンチなどを中心にナゴヤ球場で消毒作業を行う。ただ、中日でも感染確認となれば、“球界パンデミック”につながりかねない。できる限りの手を尽くしていくが、今は感染者がこれ以上増えないことを祈るしかない。

    3/29(日) 7:00配信


    【<中日にも激震>コロナ陽性の選手ら15人接触「(潜伏期間)2週間..来週の日曜日ぐらいまでは..そこまでは注意しないと」】の続きを読む



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    これも仕方ないかな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/22(日) 18:58:59

    中日・与田剛監督(54)は22日、広島との練習試合(マツダ)後に取材に応じ、根尾昂内野手(19)は今後、2軍での実戦で調整していくことを明かした。

    「いま、彼に必要なのはとにかく数多く出ること。いまの1軍にいれば当然、(出場機会が)減ってくるので、ファームのほうでフルイニングを、今度の火曜日からの3連戦(24-26日・オリックス)、
    翌週の6連戦(3月31-4月2日・阪神、3-5日・広島)、そこをしっかりとゲームに出ることを考えてやっていかないといけない」

    開幕延期に伴って練習試合となった今回の広島との3連戦も根尾はすべて守備からの途中出場で、打席もわずか3度。本人は2軍での調整に
    「より多く打席に立ちたい。この3試合、スタメンで出られなかったということでもっとアピールしていきたいです」と前向きに話した。

    守備は外野を中心にこなしていくことが基本線。指揮官が出塁率の向上を求めたことを伝え聞いた背番号7は「いろんな要素がある。
    選球とかも考えて、ファームで試合に出させてもらったときには、いままで以上に工夫しながらなんとか出塁したい」と言葉に力を込めた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200322-00000544-sanspo-base
    3/22(日) 18:22配信


    【【降格】中日・根尾、2軍で調整へ「より多く打席に立ちたい」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    まだまだと言う感じかな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/03/14(土) 18:16:03

    中日の根尾昂がオープン戦で一軍生き残りに向けての戦いが続いている。新人の昨季は遊撃で挑んだが、出場機会を増やすために秋季キャンプから外野に挑戦。
    今年の春季キャンプでは二塁、遊撃、中堅と3ポジションを忙しく動き回った。不慣れな部分はあるが、持っている能力は高い。オープン戦では二塁、中堅、左翼で出場しているが、無難にこなしている。

    根尾は遊撃で勝負したいという思いが強いが、ほかのポジションを守ってさまざまな角度から野球を勉強できることは今後の大きなプラスになる。
    鉄壁の二遊間守備で知られた「アライバ」コンビの荒木雅博(現一軍内野守備走塁コーチ)、井端弘和(現野球解説者)も若手のときは外野を守って実戦経験を積んだ。
    将来は遊撃・根尾、三塁・黄金ルーキーの石川昂弥で「ドラ1コンビ」を期待する声がある一方、不動のセンター・大島洋平の後継者として育てたほうがいいという意見もある。

    そして、ここにきて適性ポジションとして二塁を推す意見が多い。キャンプで練習を見守った球団OBは「根尾は二塁が一番しっくりくる感じがする。
    ショートで比較すると京田陽太に比べると技術はまだまだだし、送球に少し難があるけどセカンドは距離が短いので不安がない。
    俊足と強肩を考えれば外野手の資質があるんだろうけど、チームリーダーになれる人材は内野に置いてほしい」と分析していた。

    遊撃からほかのポジションにコンバートして、球界を代表する選手になった代表格が先輩の立浪和義(現野球解説者)だ。
    現役時代に球団記録の通算2480安打、NPB歴代1位の通算487二塁打をマークした立浪は入団1年目の1988年に遊撃のレギュラーでリーグ優勝に貢献し、新人王を獲得した。
    92年から二塁に転向。98年はチーム事情で左翼も守った。2001年から三塁へ。遊撃、二塁、三塁と史上最多の3ポジションで計5度のゴールデングラブ賞を受賞している。

    根尾の目指すべき選手像は尊敬する立浪になるだろう。本塁打を量産するタイプではなく、高いミート能力で左中間や右中間を抜く二塁打を量産するイメージだ。
    中日の二塁レギュラーの筆頭格はプロ4年目の昨季、打率.291、7本塁打とブレークした阿部寿樹。根尾は実績で劣るだけに、オープン戦で打ち続けて首脳陣にアピールしたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200314-00000002-baseballo-base
    3/14(土) 11:01配信

    https://baseball.yahoo.co.jp/npb/player/1800059/top
    成績


    【【仰天】中日・根尾昂の適性ポジションは「ショートでもセンターでもない」の声が 4打数0安打1三振 12試合 .190 0本 1打点 1盗塁】の続きを読む



    (出典 static.sanyonews.jp)


    立浪監督も見てみたいです。

    1 風吹けば名無し :2020/03/03(火) 12:01:08

    テラスもつけて


    【【仰天】中日は今年で与田さんを解任させて立浪監督が既定路線なんか?】の続きを読む

    このページのトップヘ