愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 中日



    (出典 s.eximg.jp)


    ショートは京田かな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/28(日) 16:44:17.67

    中日・根尾昂内野手(20)が、3月2日からのソフトバンク戦(ペイペイD)で外野起用することを与田剛監督(55)が明言した。5回で降雨ノーゲームとなった楽天との練習試合(北谷)前のシートノックで、今キャンプ初めての外野守備(左翼)に入った。

     ここまで根尾は対外試合で打率3割4分8厘(23打数8安打)と絶好調。指揮官は根尾の遊撃守備の成長を認めた上で「(どのポジションか)使い方を確定できればいいが、打撃もよくなってきている。外野は1年目、2年目も1軍の試合に出るためにこれまでもやってきた。そんなに僕の中では特別なことじゃない。福岡で外野でも使う。1番の目的は1軍の試合に出すこと」と明かした。

     与田監督は、京田との実力が縮まってきたことも認めながら「打撃でも十分使いたくなるようなもの(数字)も残している。京田と比べ双璧かと言われれば全体的には京田の方が上だと思う。昨年に比べればレベルは上がってきた。すごく楽しみ」と期待を口にした。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1ae2c5e0b2ae1e3d37c813f1c90681687813b883
    2/28(日) 15:58配信


    【中日 根尾昂が3月2日からのソフト戦で外野起用へ 与田監督「1番の目的は1軍の試合に出すこと」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)


    覚醒したかな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/26(金) 08:12:47.38

    中日・根尾昂内野手(20)が、京田陽太内野手(26)との遊撃レギュラー争いにしぶとく生き残っている。

     2年目の昨季はプロ初安打を含む2安打。外野にも挑戦し、一軍で9試合に出場したが、本人はこの成績では納得できず、今キャンプでは入団以来こだわっている遊撃1本で勝負することを宣言した。25日の巨人戦(那覇)では「9番・遊撃」で先発出場すると、5回に同点の右前適時打を放ち、ここまで対外試合に7試合で22打数7安打で打率3割1分8厘と結果を残し続けている。

     この日は京田も「2番・DH」で先発出場すると、第1打席で三塁打を放ち、対外試合8打席目で初安打が出た。ライバル同士での出場に意識したかについて根尾は「特に意識することはなかった」と言いつつも「京田さんはレギュラーなので。自分は挑戦者。打順も僕は9番でしたし、京田さんはシーズン同様に2番に入っていたので」。

     それでも周囲はここまで根尾の大健闘に舌を巻く。入団以来、4年間にわたって遊撃レギュラーの座を張ってきた京田が相手では、高卒3年目の根尾では厳しいのではとみる声が少なくなかったからだ。

     球団関係者は「チームの主力として100試合以上出るようになったのは大阪桐蔭の先輩の平田は6年、(高橋)周平だって7年もかかった。正直、3年目の根尾がここまでやるとは思っていなかった。京田もウカウカしていると根尾に遊撃を取られてしまう可能性もあるかも」と指摘する。

     実際、与田監督はキャンプ前に遊撃で勝負させる根尾について「もしも力が及ばなければ、これは本人もプロとしての判断を自分がしないといけない。外野で一軍で出るための準備を本人が腹から思えるようになれば今年は違う」と発言していた。

     26日は沖縄キャンプ打ち上げ。根尾は「開幕一軍レギュラーでショートに入っていることが目標なので。結果も内容も両方、求めながらこれからもやっていきたい」。京田か根尾かどちらに遊撃争いの軍配が上がるのか、まだまだ目が離せない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/29e575aeedb860b50bb210d1ebeaaec75473bd39
    2/26(金) 5:15配信


    【中日・根尾に「ここまでやるとは…」の声 平田、周平をしのぐ “成長力” で遊撃争い激戦化】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)


    立浪は監督にさせたいかな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/19(金) 05:41:36.28

     中日・根尾昂内野手(20)のバットが止まらない。18日の巨人との練習試合(那覇)で「2番・遊撃」で先発出場し、4打数1安打で連続試合安打を「3」とした。これで実戦3試合で13打数5安打で打率3割8分5厘と好調をキープ。3年目の今季は遊撃レギュラー争いにこだわってキャンプに臨み「京田さんは4年間レギュラーを張っている。こっちの方が挑戦者なので失うものはない。怖いものはないので、とにかく攻め切るだけ」と張り切っている。

     与田監督も「ヒットが出るということが本人にとっても自信になっていくのでは。ああいう若い選手がレギュラーになることと、根尾の鋭いスイングは相手に脅威を与えるのでそこも期待している。やっと(京田と)競争できる位置ぐらいまできたなと、楽しみにしている」と目を細めた。

     根尾がここまで結果を残していることに連日、立浪和義臨時打撃コーチの身ぶり手ぶりによる熱血指導のおかげが大きいともっぱらだ。しかし、立浪臨時コーチの指導は今月20日をもって終了するため、チーム内から延長を望む声が出ている。

    「ここまで根尾の打撃が覚醒し始めたのは間違いなく立浪臨時コーチのアドバイスのたまもの。岡林もすごく成長している。これだけ短期間で成果を出すのはすごいこと。シーズンまでは無理でもこのままキャンプ打ち上げまではもちろん、3月のオープン戦を含めて開幕直前までできる限りチームに帯同して根尾らの面倒を引き続き見てやってほしい」と熱望している。

     根尾は迫り来る立浪臨時コーチとの〝お別れ〟で伝えたいことを問われると「これで終わりじゃないので。これから先、シーズンもあるし、もっともっとシーズンに結果を出して、またあいさつに行けるように。教えていただいたことを信念を持ってずっと続けてやってきたい」と独り立ちを決意。立浪臨時コーチが不在となっても打撃が下降線とならないように意地を見せたいところだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/86ef0242c09cb7ecea2513c5825d0f16ffd424dd
    2/19(金) 5:15配信


    (出典 img-tokyo-sports.com)


    (出典 static.chunichi.co.jp)


    (出典 static.chunichi.co.jp)


    (出典 static.chunichi.co.jp)


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    (出典 static.chunichi.co.jp)



    (出典 Youtube)

    立浪引退試合 応援歌メドレー


    【根尾覚醒させた中日 立浪臨時コーチに「任期延長」の大合唱】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)


    守備も駄目なのかな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/18(木) 19:06:06.23

    <練習試合:巨人1-0中日>◇18日◇沖縄セルラー那覇

    プロ入り3年目を迎える中日の根尾は、今キャンプからショートの守備に専念して練習していると聞いた。人それぞれに考え方の違いがあるし、チーム事情によっても違いはあるだろうが、個人的に根尾がショートに専念するのは大賛成だった。まずは1つのポジションを徹底的に守れるように集中すれば、余計なことを考えずにやれる。特に完璧を求めるような生真面目なタイプの選手は、その方が上達も早いと思っている。どのぐらい成長しているのか、注目して巨人との練習試合を視察した。

    【写真】打球をさばき遊併殺打とする遊撃手根尾

    腰を下ろし、グラブを地面に付けて低く構える根尾の姿に違和感を感じた。これが速い打球に差し込まれないようにするサードやファーストならいいが、二遊間を守る選手の構えではない。二遊間を守る選手は360度、どこへでも動けるような“備え”が重要。これだけ低く構えると、横や後方に飛んだ打球への反応が遅れてしまう。実際、試合での根尾の打球への反応は、二遊間を守る選手の動きより、遅れていた。

    努力の方向性を間違ってはいけない。内野守備コーチが指示しているのか、自分で動きやすいと考えて実践しているのかは分からない。しかし、二遊間を守る守備のうまい選手で、これほど低く構える選手はいないだろう。自分自身で考えてやるにせよ、まずは守備の上手な選手を見てまねをするなり、分からないことがあればコーチや目標にする選手に質問してもいい。私もショートからサードに転向したときは、いろいろな選手の話を聞いて参考にさせてもらった。

    成長する選手は「素直さ」と「謙虚さ」を持っている。アドバイスする側の立場から言えば「もっとこうすれば良くなる」と思うから言うのであって「メチャクチャにしてやろう」と考えて言う人はほとんどいないだろう。もちろん、あれこれと人の話を聞き過ぎてグチャグチャになる選手もいるが、そういった意見を自分なりに整理し、アレンジして理解することが大事。人の意見をかみ砕いて自分のレベルを上げるのも、その人の素質の一部だと思っている。

    常識にとらわれずにチャレンジする「勇気」も必要だが、まずは「謙虚な気持ち」を持って「素直」に人の意見に耳を傾ける。ブレずに努力を続ける「芯の強さ」と、人の話を聞かない「頑固さ」を履き違えてはいけない。個人的にはプロ入り前から根尾の素質を高く買っていた一人だと自負している。1軍で活躍する姿を期待している。(日刊スポーツ評論家)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/661e0f4671ec9ba50749c729bc75aa6452fb4c94
    2/18(木) 18:31配信


    【遊撃手なのに低く構える中日根尾に違和感/宮本慎也】の続きを読む



    (出典 static.chunichi.co.jp)


    これが続くかな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/13(土) 17:14:15.95

    ◇練習試合 中日―DeNA(2021年2月13日 沖縄・北谷)

     中日の根尾昂内野手(20)が、今季初の対外試合となる13日のDeNA戦に「1番・遊撃」でスタメン出場し、3安打する活躍を見せた。

     初回、DeNA先発の上茶谷から右前打を放ち、好発進すると、5回の第3打席では浜口から左翼線への二塁打。さらに8回には砂田から中前に落ちる安打と、シーズン中なら猛打賞となる3安打でアピールした。DeNAの先発ローテ候補から放つだけでなく、浜口、砂田と左投手からも2安打を放つなど、内容も充実した打席が続いた。

     今キャンプで徹底指導を受ける立浪臨時コーチからは、前日12日に「空振りを恐れず振れる形をつくってほしい。しっかり振れるためのタイミングと打ちに行く姿勢。見送り方を見たい」と実戦のポイントを挙げ、「結果度外視」の方針を示していた。だが根尾は、“結果も出すぞ”とばかりに積極的にバットを出して3安打。初実戦の9日紅白戦では3打数無安打だったが、見事に結果で応えてみせた。

     今季3年目の根尾は、ここまで1軍通算25打数2安打の打率・080。昨年は外野手なども経験したが、今春は再び遊撃手に挑戦するなど巻き返しに燃えており、飛躍が期待される。

    https://news.yahoo.co.jp/categories/sports
    2/13(土) 15:37配信


    (出典 Youtube)

    根尾昂 猛打賞全打席2021/2/13  中日ドラゴンズ練習試合


    【“立浪さん、見ましたか” 中日・根尾 DeNA戦で3安打と大当たり 連日の熱血指導で“開花”間近】の続きを読む

    このページのトップヘ