愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 中日



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    味方が点取ってくれないからね。

    1 風吹けば名無し :2020/09/09(水) 07:19:56

    自身が2安打打っても点取ってもらえず先制点与えても無理やり完投させられて負け投手に
    阪神もエラーしまくり&7点差を追いつかれて優勝は絶望的
    阪神なんかより毎年優勝争い出来て援護があり金払いのいい巨人に行くわな普通に


    【【悲報】大野雄大さん、昨日の試合でFAする事が決定的に。しかも阪神でなく巨人へ】の続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)


    大野どうするのかな。

    1 風吹けば名無し :2020/09/04(金) 13:11:57

    「彼に興味を示しているのは、日本国内の球団だけではありません」

    米在住のメジャー関係者が声を潜めてこう言った。今季、国内FA権を取得した中日のエース大野雄大(31)のことだ。

    1日の広島戦で2安打完封。球団記録に並ぶ5試合連続完投勝利を挙げた。これで今季は5勝3敗、防御率2・34と抜群の投球を続けている。

    その左腕を巡っては、かねて巨人、阪神などが動向を注視しているが、ここにきてメジャーの複数球団が獲得調査を行っているというのだ。冒頭の関係者がこう明*。

    「オオノに関心を示している球団がいくつかある。31歳という年齢はネックになるが、今季は彼のキャリアの中でもベストに近い状態だと聞いている。
    実際、速球は150キロを超え、完投能力がある上に、リリーフとしての能力も高い。特徴的なフォームで、スライダーなどの変化球は打者の手元で鋭く曲がる。おそらくメジャーの打者も彼の独特の球筋に戸惑うのではないか」

    仮に大野がメジャー挑戦した場合、どれくらいの値段がつくのか。米球界に詳しいスポーツライターの友成那智氏はこう言う。

    「評価は先発4~5番手クラスといったところでしょう。31歳とベテランの域に達しているため、昨オフにポスティングでメジャー挑戦したブルージェイズの山口俊(33)の2年総額1000万ドル(10・6億円)、
    カージナルスの韓国人左腕・金廣鉉(32)の2年800万ドル(約8・5億円)程度が予測されます。ただ、今季のメジャーのFA市場は先発の好投手が少ないため、例年よりも契約総額が上がる可能性がある。
    是が非でも左の先発投手が欲しい球団は、3年3000万ドル(約32億円)程度を提示するかもしれません」


    【中日エース大野雄大、日米をまたいだ大争奪戦に…国内は巨人に阪神、米国はレンジャース等が触手か】の続きを読む



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    まだ退任決まってないですね。

    1 ニーニーφ ★ :2020/08/31(月) 17:11:06.65

     球団ワーストとなる7年連続のBクラスに低迷している中日。
    8月に入って5カード連続で勝ち越すなどチーム状態は上向いてきたものの、首位巨人の背中は遠い。
    そんななか、ファンの不満の矛先が向いているのが指揮官である与田剛監督の采配だ。

     7月7日のヤクルト戦で起用ミスから野手を使い果たして投手の三ツ間卓也を代打に送ったことは論外だが、それ以外にも首を傾げたくなる場面は少なくない。
    8月27日の阪神戦でも、3点を追う8回表に長打が出れば同点という満塁のチャンスを作ったが、ベンチにまだ野手が多く残っているにもかかわらず一塁ランナーのアルモンテに代走を送らず、次の回の守備からベンチに退けている。
    同点を狙うのであれば、走力のある選手を代走として起用すべきであるし、もし打線が繋がって9回か10回に再び打席が回ってくることを期待するのであればアルモンテをそのまま残すべきだろう。

     チーム打率、本塁打数ともにリーグ下位に沈んではいるものの、この試合に限らずベンチにいる戦力を上手く使いきれていないことは確かだ。球団と与田監督は昨年から3年契約を結んで入るものの、こうした状況が続くようであれば、シーズン終了後の解任ということも十分に考えられる。

     そうなってくると、気になるのが後任の監督人事である。2000年代後半から黄金期を築いただけに候補となる人材は少なくないが、地元名古屋で待望論が根強いのは立浪和義だ。

     中日一筋で22年間プレーし、通算2480安打をはじめ数々の球団記録を持つまさに“ミスタードラゴンズ”である。
    多くの名選手を輩出したPL学園出身者の中でもその野球に対する姿勢や鋭い観察眼はトップとも言われており、そういうバックグラウンドを含めても、当然有力候補となるだろう。

     ただ、これだけの実績がありながらもコーチとして一度もユニフォームを着ていないのはグラウンド以外での問題が多いためだと言われている。
    そのあたりを球団としてどう考えるかが、大きなポイントとなりそうだ。

     立浪に次いでファンからの支持が高いと思われるのが山本昌、山崎武司の投打のレジェンド二人だ。山本昌はチーム在籍32年(引退試合出場の2016年は除く)、球団記録となる通算219勝と投手OBの中ではナンバーワンの実績の持ち主で、その卓越した“投手理論”にも定評がある。
    若手に有望な投手が少なくないだけに、投手王国再建の切り札として期待される存在だ。

     一方の山崎はオリックス、楽天でもプレーしたものの、最晩年に中日に復帰した。通算403本塁打は、中日でプロ生活をスタートした選手では歴代1位の記録である。
    地元愛知県出身ということもプラス要因だ。この二人は現役時代から親交も深いだけに山本監督、山崎ヘッドコーチ、もしくは山崎監督、山本投手コーチという形も考えらえる。
    どちらにせよファンからの期待感が膨らむ首脳陣になりそうだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/09ae26234fe90fc1d359110c20aec992626c843f
    週刊新潮WEB取材班編集


    【中日、今季限りで与田監督の退任も… 次期監督は立浪か、山本昌か、山崎か、それとも…】の続きを読む



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    巨人は裏ローテ、中日は巨人が苦手な投手起用。

    1 風吹けば名無し :2020/08/29(土) 07:50:40.55

    何?


    【D中日が巨人にだけ強い理由ωωω】の続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)


    大野FA宣言するのかな。

    1 風吹けば名無し :2020/08/16(日) 21:00:06.33

    阪神行きのメリット
    地元であり名古屋の自宅からも通える
    基本自分から引退するまで面倒を見てもらえる
    広い甲子園を使えるので飛翔も減る
    引退後も阪神関連のメディアで仕事があり監督にもなれる

    阪神行きのデメリット
    毎年AクラスBクラスを行ったり来たりで優勝争い出来ない
    左投手が多いので状況次第で中継ぎ抑えに回される
    炎上したら阪神ファンにヤジられまくる
    たまに打つが援護は基本期待できない上にエラーも多い

    巨人行きのメリット
    破格の金額をもらえ大型複数年してもらえる
    毎年優勝争いが出来る、日本一の可能性も
    左投手の先発が不足しているので基本ローテ確約
    コーチ確約がほとんどなので引退後も仕事がある

    巨人行きのデメリット
    活躍出来ないと容赦なく二軍に落とされクビにされる
    東京ドームなので被弾の可能性が上がる
    打線は打つ時と打てない時が極端である、特に左投手が苦手
    得意の巨人打線に投げられなくなる
    家から遠いので単身赴任か引っ越すしかない


    【今年FAの中日大野雄大、阪神巨人の一騎打ちになるがその2球団のメリットデメリットを言っておく】の続きを読む

    このページのトップヘ