愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    カテゴリ:野球 > 巨人



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    移籍して来た丸佳浩は、活躍して貰いたいですね。

    1 ひかり ★

     今季まで広島に在籍していた丸佳浩外野手(29)がフリーエージェント(FA)権を行使して、巨人に移籍することが決まった。2年連続セ・リーグ最優秀選手(MVP)という勲章を引っ提げ、
    低迷する巨人を立て直す役目を担う。巨人には過去何人もの選手がFAで加わったが、近年は苦戦するケースも目立つ。生活環境が大きく変わる中、丸はどこまで実力を発揮できるか。

     今月11日に東京都内で入団会見に臨んだ丸は、重圧とは無縁であることを強調した。「自分はプラス思考。いざ試合が始まれば、そういったこと(重圧)は考えず、目の前のことに入っていけると
    信じている。今のところそういう不安はない」

     巨人の過去を振り返ると、毎年のようにFAで選手が加入している。1994年には三冠王経験のある落合博満が中日から入団。95年にはヤクルトから広沢克己、97年には西武から清原和博も加わった。
    松井秀喜、高橋由伸ら生え抜きの選手と、他球団からの移籍組の融合によって、巨人の強さは支えられてきた。

     しかし、近年は期待されて入団したFA選手が低調で、それがチーム成績の低迷につながっている。2017年は日本ハムから陽岱鋼、DeNAから山口俊、ソフトバンクから森福允彦が加入したが、
    けがや不調に苦しみ、3選手が1人も1軍にいない時期もあった。

     この年は球団ワーストの13連敗を喫するなど4位に沈んだ。シーズン途中には、成績不振の責任をとって、堤辰佳ゼネラルマネジャー(GM)が退任。堤氏は退任時、チームの低迷について
    「獲得した選手らの出遅れなどが大きな要因」とコメントしたが、確かにFA選手の不調が痛かった。

     FAで加入した選手には、戦術や練習方法、住環境の大きな変化など難しさがつきまとう。また巨人の場合、成績が良ければ喝采を浴び、悪ければ厳しく批判される人気球団特有の重圧もある。

     丸にとって、道しるべになりそうな成功例もある。06年に日本ハムでパ・リーグMVPに輝き、翌07年に巨人に移籍した小笠原道大だ。移籍初年から打率・313、31本塁打、88打点という
    好成績を残し、リーグをまたいで2年連続MVPを受賞。同年から巨人をリーグ3連覇に導いている。

     移籍前年にMVPに選ばれているというだけでなく、左打者で、長打力があり、打率も稼げる「3番打者タイプ」というのも似ている点だ。

     今回、丸を口説き落とした原辰徳監督だが、12年前も監督を務めており、小笠原とのFA交渉にも当たっていた。丸に小笠原同様の活躍を期待するか聞かれると、「それはそれは、そう思いますよ」
    とうなずいた。

     4年連続でリーグ優勝を逃している巨人はこれ以上苦杯をなめるわけにいかない。「チームの勝利に一つでも貢献できるようなプレーをたくさんしていきたい」という丸が額面通りに働けば、
    久々の歓喜が見えてくる。(運動部 浜田慎太郎)

    産経新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00000518-san-base
    入団会見を終え、笑顔で巨人・原辰徳監督(左)とグータッチをする丸佳浩=12月11日、東京都内のホテル(大橋純人撮影)

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【期待】巨人に移籍のリーグMVPの丸佳浩 第2の小笠原道大になれるか!?www】の続きを読む


    FA丸の人的補償いまだ広島から返答なし 巨人ナイン動揺MAX(東スポWeb) - Yahoo!ニュース
    安息の日々はいつ訪れるのか…。巨人は今オフにFA市場最大の目玉だった丸佳浩外野手(29)の獲得に成功した。広島サイドは巨人に人的補償を求める見込みだが、 ...
    (出典:Yahoo!ニュース)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    これはルールだから、仕方ないですね。

    1 砂漠のマスカレード ★

    安息の日々はいつ訪れるのか…。巨人は今オフにFA市場最大の目玉だった丸佳浩外野手(29)の獲得に成功した。広島サイドは巨人に人的補償を求める見込みだが、問題はその返答時期だ。
    時間をかけて精査する方針で、最終期限は来年1月19日。
    これに、いつ声がかかるとも分からない自主トレ中のGナインは悲鳴の連続で、早くも大ダメージを受けている。

    これも王者の策略なのか。丸の入団により、巨人は広島に対して金銭補償、または金銭+人的補償が発生した。広島は人的補償を選択することが濃厚だが、24日までに回答はない。
    広島球団幹部は今後について「しっかりと時間をかけて調査する」と長期化の可能性も示唆。
    期限は巨人と丸の契約締結が公示された今月11日から「40日以内」で、最長では越年どころか来年1月19日まで長引くことも考えられる。

    巨人・大塚球団副代表は「そこまでは引っ張らないと思うけど…」と語ってはいたが、確証を得られない選手たちは気が気ではない。
    実際に、自主トレ中の選手たちからは不安の声が相次いでいる。

    「FA選手の権利や人的補償自体は理解できますが、人的補償になり得る選手たちの人権も考えてほしい。40日は長すぎます。
    自主トレに影響が出ますから。以前、奥村が人的補償でヤクルトに移籍した時は自主トレ先の熊本から緊急帰京した。心の準備ぐらいはしたいですよ。
    ダメでしょうけど、プロテクトされていないなら、それだけでも球団に教えてほしい」(生え抜き選手)。
    さらに、海外で練習する選手からは「もし呼ばれたら、すぐに帰国しなくちゃいけないんですよね…」との声もあった。

    広島への移籍となれば住環境も変えざるを得ない。これについても、投手の一人は「独身でも引っ越しはエネルギーがいる作業。
    子供や家族がいればなおさらです。単身赴任するか、家族ごと引っ越すのか。話し合いも必要ですし、どんなに急いでも1週間以上はかかる。
    自主トレどころではなくなるでしょうね」。中には“二度手間”になるリスクを避け、今オフに立てていた引っ越しの予定が暗礁に乗り上げた選手もいるという。

    これらは、28人のプロテクトリストの“当落線上”と見られる選手に限った話ではない。20日にはベテラン左腕の内海が人的補償で西武への移籍が決まった。
    生え抜き功労者のまさかのプロテクト漏れはベテラン勢にも大きな衝撃を与え「自分も外れているのかな…。何でこんなこと考えなくちゃいけないのか」と疑心暗鬼になっている。

    まともに自主トレに打ち込めない状態のGナイン。果たして、広島は人的補償に誰を選ぶのか。
    “じらし作戦”が意図されたものかはともかく、ボディーブローのように効いている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00000027-tospoweb-base
    12/25(火) 16:35配信


    【【何と】FA丸の人的補償いまだ広島から返答なし! 巨人ナイン動揺MAX!@@】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)


    来季の開幕スタメンの予想ですね。どうなるかは楽しみです。

    1 風吹けば名無し

    1番 二 吉川
    2番 遊 坂本
    3番 中 丸
    4番 三 岡本
    5番 一 ビシヌエバ
    6番 左 陽
    7番 右 長野
    8番 捕 小林
    9番 投 菅野


    【【来季スタメン予想】元巨人・井端氏の2019年巨人開幕予想スタメン】の続きを読む


    巨人・和田 初の開幕1軍へ振り込む、愛妻のため「打ってアピール」 - スポニチアネックス Sponichi Annex
    巨人・和田が初の「開幕1軍」に向けて精力的に振り込んでいる。5月に結婚後、初めて迎えるクリスマスイブだが「なるべく間隔を空けたくない。(妻に)『練習させて』とお願い ...
    (出典:スポニチアネックス Sponichi Annex)


    和田 (わだ れん、1995年9月26日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(外野手、内野手)。 高知県土佐郡土佐町出身。高知中学校時代は軟式野球部で投手をしていた。高知高等学校進学後に内野手に転向。一年生夏からレギュラーとして活躍。2012年の明治神宮野球大会では4打数4安打、20
    9キロバイト (949 語) - 2018年11月21日 (水) 13:37



    (出典 i.ytimg.com)


    そろそろ1軍に行って活躍して欲しいですね。

    1 砂漠のマスカレード ★

    巨人・和田が初の「開幕1軍」に向けて精力的に振り込んでいる。5月に結婚後、初めて迎えるクリスマスイブだが「なるべく間隔を空けたくない。
    (妻に)『練習させて』とお願いしました」とジャイアンツ球場でマシン打撃などで汗を流した。

    6月15日のロッテ戦で初出場を果たすと、同23日のヤクルト戦では初安打をマークした。
    イースタン・リーグでは18本塁打、87打点で2冠。秋季キャンプでは原監督から熱血指導を受け「今が旬。来年やらなきゃいつやるの、ということ」と奮起を促された。

    来季は6年目。「打ってアピールできるようにしたい。(妻を)安心させられるように」。愛する人のためにもバットを振り続ける。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00000005-spnannex-base
    12/25(火) 5:30配信

    http://npb.jp/bis/players/61665139.html
    成績

    http://npb.jp/bis/2018/stats/idb2_g.html
    2軍成績


    (出典 www.hochi.co.jp)


    (出典 himajin-ibunroku.com)


    【【1軍へ】巨人・和田恋 初の開幕1軍へ振り込む、愛妻のため「打ってアピール」!www】の続きを読む


    5年25億円契約「丸佳浩」に“2つの不安”、かつて巨人にFA移籍した広澤克実氏が指摘 - デイリー新潮
    かつての広島ファンは、主力選手がFAでチームから離れることに寛容だった。…
    (出典:デイリー新潮)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    チームが変わるから、不安は有ると思う。でも努力と頑張りで克服出来そう。

    1 鉄チーズ烏 ★

    巨人独特のプレッシャー

     かつての広島ファンは、主力選手がFAでチームから離れることに寛容だった。プロ野球ファンには知られた話だ。

     ***

     例えば投手の川口和久氏(59)は、1994年シーズンオフにFA(フリーエージェント)宣言を行った。本人は広島に愛着があったが、東京・日野市に住む妻の父親が体を悪くし、看病の必要が生じたという事情もあった。

     広島側も事情を受け止め、「気持ち良く送り出したい」と理解を見せた。もちろん、ファンも同じだった。そして当時の長嶋茂雄監督(82)から直接、声をかけられたこともあり、川口は巨人を選んだ。ちなみに妻の父親は、移籍を喜びながら、翌年の3月に死去したという。

     ところが今回、丸佳浩(29)が同じFAで巨人に移籍すると、広島ファンの一部は怒り心頭で、ヒートアップする者もいるという。

     夕刊フジ(電子版)は12月5日、「丸の巨人移籍でおさまらない広島ファンの怒り! 『裏切り物』『金の亡者」などネット炎上 ユニホームも投げ売り“赤い雑巾”呼ばわり」の記事を掲載した。

     文中には、かなり刺激的なことが書かれている。広島ファンの“狼藉”を下に列挙させていただこう。

    ◆転売サイトで丸の関連グッズが「赤い雑巾 年末の大掃除にどうぞ」、「ゴミ」などのコメントを添えて売られている。

    ◆ネット上では「裏切り者」、「金の亡者」などの誹謗中傷だけでなく、脅迫に近い文言も飛び交っている。

     記事には「広島のメディア関係者」が登場し、状況を分析している。それによると、かつては優勝に見放され、観客動員も低迷していた。そのために「移籍しても頑張れよ」という雰囲気が醸成されやすかったという。

     ところが今の広島は、緒方孝市監督(49)のもとセ・リーグV3を果たし、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島は超満員。NPBの公式サイトによると、2018年シーズンの広島主催ゲーム(72試合)の入場者数は223万2100人。セ・パ両リーグを合わせても、巨人、阪神、ソフトバンクに次ぐ4位だ。

     広島が強くなり、人気も増した。しかし、それが丸に対する心ない暴言を増やしているというのも皮肉な話ではある。

     もちろん、そうした雰囲気は、丸も把握しているだろう。そして「来季に好成績を残し、批判の声を払拭させる」と誓うに違いない。しかしながら、ここに落とし穴があるのだという。

     野球解説者の広澤克実氏(56)は、ヤクルト在籍時代の94年シーズンオフにFAを宣言。巨人に移籍を果たす。だが、待っていたのは厳しい現実だった。

     広澤氏のファンなら、99年シーズンオフに巨人から阪神へ再移籍し、それなりの輝きを取り戻したことを、ご記憶だろう。ヤクルト最終年、巨人移籍年と最終年、そして阪神の移籍年の、広澤氏の打撃記録を表にまとめた。ご覧いただきたい。

    ■実は練習環境が悪い巨人

     94年、長嶋茂雄監督が率いる巨人は、同率最終戦を中日と戦う。いわゆる「10・8決戦」を制してセ・リーグ優勝。森祇晶監督(81)の西武と日本シリーズを戦い、長嶋氏は監督として自身初の日本一に輝く。

     そして95年シーズンに長嶋監督は、ヤクルトからFAで広沢氏と自由契約となったジャック・ハウエル(57)、ミネソタ・ツインズから2年8億円でシェーン・マック(55)、そして、広島からFAで前記の川口和久氏も獲得。マスコミは「30億円の大補強」と書き立てた。

     ところが、こんなドリームチームが全く強くなかったのだから、本当に野球は分からない。巨人は開幕から躓いてしまう。日刊スポーツが95年4月19日に掲載した「連載 We Love BaseBall 巨人つまずきの裏側(1)」をご覧いただきたい。書き出しで、当時の厳しい状況を思い出されたG党もおられるだろう。


    >>2以降に続きます

    12/24(月) 6:50配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181224-00553809-shincho-base


    【【何と】5年25億円契約「丸佳浩」に“2つの不安”!? かつて巨人にFA移籍した広澤克実氏が指摘!!】の続きを読む

    このページのトップヘ