(出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


200勝はハードル高いですね。

1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/09(Thu) 19:16:15

名球会入りのハードルは高い。プロ野球界で大きなインパクトを残してきた大エースたちが入会資格の通算200勝に届かなかったケースは珍しくない。
杉浦忠、斎藤雅樹、石井一久……惜しくも200勝に届かなかった投手たちを振り返ってみよう。

岡田彰布コラム「対戦した中での剛腕投手は何と言っても江川さんやった」

名球会入りの200勝に届かなかった「意外な投手」たちとは?

巨人・江川卓
・江川卓(元巨人)
266試合登板 135勝72敗3セーブ 防御率3.02

現役通算135勝が物足りなく感じるのは高校時代の衝撃が大きかっただろう。作新学院高でセンバツの一大会通算最多奪三振60個、8者連続奪三振、春夏通じて甲子園で奪三振率14.0と驚異的な記録を残した。
当時はスピードガンがなかったが、「160キロを超えた」と対戦した打者が口をそろえるほどだった。2度のドラフト拒否を経て社会問題になった「江川事件」で巨人に電撃入団。
最多勝を2度獲得するなど入団2年目から8年連続2ケタ勝利と白星を重ねたが、9年目のオフに右肩の故障が限界に達したと引退を発表。日本中が驚いた。

名球会入りの200勝に届かなかった「意外な投手」たちとは?
南海・杉浦忠
・杉浦忠(元南海) 
577試合登板 187勝106敗 防御率2.39

「史上最強のアンダースロー」と呼ばれ、新人で開幕投手を務めて27勝をマーク。2年目は38勝4敗でリーグ優勝に貢献してMVPを獲得し、日本シリーズの巨人戦では第1戦から4連投し、4連勝の大活躍で南海を初の日本一に導いた。
プロ入りから3年1カ月で史上最速の通算100勝に到達し、プロ7年目までに164勝をマークするが右腕の血行障害で握力は大きく低下。何度も引退を考えたが周囲の慰留もあり、その後は主に救援で活躍。プロ13年間を駆け抜けた。

名球会入りの200勝に届かなかった「意外な投手」たちとは?
西武・西口文也
・西口文也(元西武) 
436試合登板 182勝118敗6セーブ 防御率3.73

 縦に落ちるスライダーを武器に2度の最多勝を獲得、2ケタ勝利を10度マークした。
200勝も射程圏内に入っていたが、現役時代の終盤は右肩痛に悩まされて13年から3年連続未勝利で現役引退を決断した。平成のパ・リーグを代表する投手として名前が挙がるが、ノーヒットノーラン、
完全試合まであと一歩で逃したことが3度もあり、日本シリーズも7回登板したが0勝5敗で一度も勝つことができず、ツキのなさも話題になった。

・斎藤雅樹(元巨人) 
426試合登板 180勝96敗11セーブ 防御率2.77

「平成史上最強の投手」の呼び声高く、抜群の安定感を誇った。入団後に当時の藤田元司監督の助言でオーバースローからサイドスローに転向すると素質が開花。
巨人の絶対的エースとして2年連続20勝、11連続完投勝利を記録するなど、史上4人目の沢村栄治賞を3回受賞した。
サイドスローからのキレ味鋭いスライダーと伸び上がる速球が武器だったが、現役時代の終盤は右腕の故障に加え、足の内転筋の故障などで球威が衰えて登板機会が減少。
体力の限界でプロ20年目を目前に現役引退を決断した。

・石井一久(元ヤクルト、MLBドジャース、メッツ、西武)
NPB 419試合登板 143勝103敗1セーブ 防御率3.63
MLB 105試合登板  39勝34敗  防御率4.44

150キロを超える直球と、カーブと見間違える大きな変化のスライダーを武器に三振の山を築いた。
自己最多の14勝を挙げた98年にはシーズン三振奪取率11.047の日本新記録を樹立。
一方で暴投も多く、荒れ球が打者の脅威だった。個性的な性格も注目され、テレビ番組に当時出演した際は「サッカーをやりたかった」などと発言して大きな反響を呼んだ。
日米通算182勝をマーク。「まだやれる」という声もあったが、200勝に全く固執することなく現役引退した。
 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200409-00000004-baseballo-base&p=2
4/9(木) 11:02配信

http://npb.jp/bis/history/ltp_w.html

https://cdn17.imgs.jp/yakyutaro.jp/image/news_image.php

(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


(出典 blogimg.goo.ne.jp)

https://cdn18.imgs.jp/yakyutaro.jp/image/news_image.php
https://column.sp.baseball.findfriends.jp/show_img.php





7 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:19:16.75

斎藤は余裕でいけると思ったけど
メイクミラクルの次のシーズンから全然勝てなくなったな


19 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:23:06.25

>>7
メークドラマだったか


13 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:21:30.41

斉藤、槙原、桑田の三本柱が揃って200勝行かないとは思わなかった


65 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(Thu) 19:35:25

>>13
いや、200勝ってハードル高いでしょ
工藤山本昌が行ったのは意外だったw隔年エースだよね
斎藤は毎年フル回転だからね


20 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:23:50.82

斎藤雅樹がダメで駒田が名球会って誰がどう見てもおかしいよね?


23 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:25:07.69

>>20
打者はある程度待ってもらえるね
達成したら引退とか


29 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:26:40.91

>>20
まあ長く活躍する事も名選手の証だし
斎藤雅樹は怪我も多くて実働もそこまで長くなかったのが痛い


34 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:28:14.32

>>20
その代わりに駒田は野球殿堂入りは無理なんで


21 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:24:09.38

この中で一番余裕を残してるのが石井ってのがまたね
他のやつはボロボロになってしかたなく

石井はメジャーでもやれたしまんぞくーっていう


86 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:40:39.70

>>21
あれで菊池雄星の上位版みたいなキャリアだからな


24 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:26:02.94

生涯成績199勝うち完全試合199回達成、しかも一年に300本ホームラン打ったとしても名球会に入れないんでしょ?
アホな基準だよな


37 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:28:51.24

>>24
まあそうなんだけど、公式にNPBが認定してる団体じゃないから


25 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:26:03.80

長谷川入れてやれよ
弱小の頃カープで193勝だか


45 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:31:10.99

>>25
197勝だ
調べてから投稿しなきゃいかんな、ごめん


28 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:26:31.43

ヤクルトの松岡弘


79 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:39:10.83

>>28
だよなw


36 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:28:19.08

斎藤雅樹はエースなのは間違いなかったけど
サイドスローで地味だったしどの
辺がスゴかったのかイマイチよく解らなかった


73 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(Thu) 19:37:40

>>36
斎藤のストレートはシュートがかかっていた。
それとスライダーもほぼストレート並み。
打者の直前までストレートとスライダーの見分けがつかないんだよ。
ほぼこの二種類で併せてコントロールが良かったのが特徴的だったな。


38 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:29:17.65

斎藤は若手の頃に勝ててない時期もあったからな
連続20勝する前に2~3年の暗黒期があったはず


50 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:32:15.35

>>38
王監督と反りが合わなくて干されてたんだよ。
藤田に変わったとたんに20勝。


54 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:33:31.90

>>38
20歳で12勝してるし勝てなかったのは87年だけだから言うほど遠回りもしてないけどな


41 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:30:39.52

ピッチャーの勝利数なんて野手次第じゃん


51 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:32:17.07

>>41
リリーフ次第のケースも

(出典 livedoor.blogimg.jp)


60 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(Thu) 19:34:41

>>51
運あれば最低限4勝ぐらいはできたな


70 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(Thu) 19:37:00

>>41
完投しろよ。


74 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(Thu) 19:37:44

>>70
完投したら勝てるって発想が甘い


76 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:38:30.42

>>74
リリーフ陣が必ず抑えてくれるって発想が甘い


80 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:39:29.81

>>76


83 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:39:41.31

>>74
斎藤雅樹
1989年 完投21(完封7) 20勝7敗 1.62

確かに一つ勝てなかったな 


97 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:41:51.82

>>83
完投負けの一つが8回までノーヒッター、
音の初ヒットから落合のサヨナラHRのやつだったな


99 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:42:31.56

>>83
あと2アウトでノーノーからサヨナラ負けってあったな


53 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:33:15.20

斎藤は無理やり達成されば出来たけどしなかったから良かったんじゃない
まあ言うても残り20勝は最後の状態じゃ3年かけてもきつかったかな


63 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(Thu) 19:35:02

>>53
96年の150勝目の延長12回180球完投勝利が致命的な気がする


64 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(Thu) 19:35:08

>>53
だからこそ本人も引退したんだろう*
残り20勝稼げるほどの余力があったら辞めてない


66 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(Thu) 19:35:56

松岡だろ
名前ほとんど出てないけど


72 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(Thu) 19:37:36

>>66
ホントあとちょっとだったな
カツオも似たような感じになりそうだが頑張って欲しいわ


69 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(Thu) 19:36:28

落合が中日にいたころは巨人のエースは桑田だと思ってたが
移籍して巨人にいったら斎藤の方がエースってわかったっていってたわ

良くわからんが


87 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:40:40.97

>>69
それを補足すると、落合は
桑田はエースで斎藤はスーパーエースって言ったんだよ
斎藤は完全に勝てる投手だってさ


78 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:39:05.54

なんとか無理矢理行けた平松や堀内

実力的には十分だったが惜しくも届かなかった松岡
引退後の知名度も堀内>>>松岡、ミスターヤクルトと言っていい実績なのに


93 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:41:35.85

>>78
平松は普通にローテーションクラスの実力持ってるうちに達成したから無理やりでもなんでもないぞ
200勝のために無理やり登板してたのは松岡の方だし


98 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:42:28.77

>>78
堀内無理やりでもないぞ実働18年だが15年目に200勝ってるし


84 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:40:09.98

野手の2000安打と投手の200勝じゃハードルの高さ違いすぎるわ


96 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:41:42.55

>>84
もう野手は2500安打にハードル上げて良いよな
無駄に長くやって無理矢理達成が多過ぎて価値が投手と違いすぎる


94 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:41:37.14

逆に晩年ボロボロだった稲尾さんが276勝してるのは凄い


100 名無しさん@恐縮です :2020/04/09(木) 19:42:41.40

>>94
故障明けのリリーフ専門で200イニングに迫るのは凄い。