愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    2022年01月


    キャンプやばいかも知れない。

    1 jinjin ★ :2022/01/29(土) 23:52:12.41

    上原浩治氏「もうすぐキャンプが始まるのに」「どうしたらいいんだろうか…」 野球界のコロナ禍を憂慮


    元巨人エースで、メジャーでも活躍した上原浩治氏(46)が28日、自身のツイッターを更新。
    一斉にスタートする2月1日のキャンプインを前に選手、関係者に新型コロナウイルス感染者が続出している日本プロ野球界を憂慮した。


    「ちょっとちょっと…」と書き出すと「もうすぐキャンプが始まるのに、コロナ陽性反応の選手、裏方さんが増えてきてるね。気をつけてるのに、反応が出てしまうわけだし…どうしようもないかもしれない、どうしたらいいんだろうか…」とつづった上原氏。

    「せっかく自主トレで作り上げてきた肉体を崩さないようにしてほしいね」と選手を思った。


    新変異株「オミクロン株」が猛威を振るう中、28日も各球団から新型コロナウイルス感染や濃厚接触者の報告が相次ぎ、計16選手の陽性が発表された。
    一日に16人の陽性発表は今年に入って最多となっている。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/1a2377b9d65fe7a5cf908ef9a41ccc9cb6190587


    【上原浩治氏「もうすぐキャンプが始まるのに」「どうしたらいいんだろうか…」 感染者が続出、野球界のコロナ禍を憂慮】の続きを読む


    増量して大丈夫かな。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/01/29(土) 23:56:52.98

    1/29(土) 20:29配信 日本テレビ系(NNN)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/769393a7e114a0beb31d9b9828008274d6884e41

    宮崎での合同自主トレにて、打撃練習を行う中田翔選手
    巨人の中田翔選手が29日、宮崎で行われているチームの合同自主トレに参加し、昨シーズンから20キロ増量した体で、キャンプへ向けた調整を行いました。

    キャンプが行われる宮崎で行われた合同自主トレに参加する中田選手の体は、去年に比べて明らかに大きくなっていました。昨シーズンの終盤は体重92キロほどだったと言いますが、「今は111キロか112キロぐらいだと思います」と、オフのトレーニングや食事で20キロ増量。中田選手にとって、今がベスト体重に近いと話します。

    この日の練習では、ランニングやノックで機敏な動きを見せると、バッティング練習では豪快な当たりを連発。「(体重は)増えたと言うより戻ったという感覚。しっかりバットは振れているので、不安はないです」と、充実した表情。

    さらに、去年8月に巨人へ移籍した中田選手にとって、巨人でのキャンプは初めてになりますが、「レベルが高い選手が周りにたくさんいるので、刺激を受けながら良い日々を過ごせています」と話しました。

    昨シーズンは、ホームラン3本に終わるなど不本意なシーズンとなった中田選手。3日後に迫ったキャンプインに向けては、「アピールしないといけない立場なので、ケガをしないというのが1番で、その中で結果を残していけるように頑張りたい」と意気込み。3度の打点王に輝いた強打者が、復活を目指します。


    【巨人・中田翔 20キロ増で復活を期す「アピールしないといけない立場。結果残す」】の続きを読む


    2軍が多かったね。

    1 風吹けば名無し :2022/01/29(土) 10:29:53.65

     野球解説者・石毛宏典氏(元西武他)が27日に自身の公式YouTubeチャンネルに投稿した動画に、同・広岡達朗氏(元西武監督)が登場。動画内での発言がネット上で物議を醸している。

     今回の動画は石毛氏が現役選手の名前を挙げ、広岡氏がその選手への評価・課題を語るという形で進行。広岡氏は野球少年たちがまねするべきフォームをしているという打者や、監督のことをナメている節がある打者などを語った。

     問題となっているのは、石毛氏が巨人・菅野智之の名を挙げた後の広岡氏の発言。広岡氏は「あんなもん、年間4回も故障するんだったらもう辞めたらいいんだよ」と、
    故障離脱が止まらないようなら現役を引退した方がいいのではと酷評。また、「1年で7億(円)から8億もらうって? そんな選手じゃないよ。
    俺らから見たらせいぜい5000万だな」と、給料と成績が全く見合ってないと苦言を呈した。

     菅野は2021年1月にプロ野球史上最高金額となる年俸8億円(推定)でサインしたが、迎えたシーズンでは「19登板・6勝7敗・防御率3.19」と5年ぶりに1ケタ勝利にとどまるなど低迷。
    同年は足の違和感(3月)、右ひじ違和感(5月)、コンディション調整(6、7月)と4度一軍を離脱し、侍ジャパン入りが内定していた8月の東京五輪もコンディション不良を理由に辞退したが、
    広岡氏はほとんど使いものにならなかったと強く不満を抱いているようだ。
    https://npn.co.jp/article/detail/200019145


    【【悲報】巨人OB 「あんなもん(菅野)、年間4回も故障するんだったらもう辞めたらいいんだよ」】の続きを読む


    これから伸びるかな。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/29(土) 18:29:45.46

    1/29(土) 17:13
    デイリースポーツ

    落合博満氏 阪神・佐藤輝に「彼はまだ1年」評価も昨季後半の失速には「打ち方だよ」
     
     元中日監督で、野球評論家の落合博満氏が27日、深夜に放送されたMBSテレビ「ONE NUMBER」(関西ローカル、前1・29〜)に出演。テレビ初共演となった元阪神タイガース・掛布雅之氏との対談で、阪神の佐藤輝明内野手について語った。

     番組の中で掛布氏から、佐藤輝について問われると「彼の場合はまだ1年目。あれ以上を期待する方がまだ無理でしょう」と評価。掛布氏も「頑張った、よくできましたですよね」とうなずいた。

     その上で「落合監督なら1年間使う場合、あそこまでフルに使い切りますか?いい時に休ませます?」と問うと、落合氏は「それ(休ませる)は考えないと思うな」と即答。「ただ、見切り発車はしないよ。替わる選手がいるなら、そっちを使う」とも語った。

     佐藤輝はプロ1年目の昨季は126試合に出場。打率・238、24本塁打、64打点の成績だった。規定打席にも到達したが、シーズン後半に失速。スタメン落ちも経験した。掛布氏が「後半あれだけ打てなくなると想像できなかった」と首をかしげると、落合氏は「それは打ち方だよ。あれだけ下からバットが出てくると、ちょっとしんどいものがあるね」と指摘した。

     番組ではメジャーで主流になった「フライボール革命」について話題になった。フライを打ち上げた方が、ヒットになる確率が高いという理論。一般的に打球速度が時速158キロ以上、打球角度が26度から30度に上がった打球が最もヒット、ホームランになりやすいと言われる。

     メジャーでは昨季、ヤンキースのジョーイ・ギャロ外野手(シーズン途中にレンジャースから移籍)が153試合の出場で、打率・199ながら38本塁打。フライボール革命の好例とされているが、リーグ全体では本塁打は増えた一方、三振数が激増したことなどが紹介された。

     その上で、落合氏は佐藤輝について「下からバットがくると、点でボールを捕まえることになる。線で捉えてない」と分析。「直してもいいんだろうけど、それで彼の特徴がなくなるのが怖い」と不安も口にしたが、「1年目だから好きなボールを打たせていいというのは言えた思う。日本でやるなら、ある程度上から下に振り下ろしてこないと」と、打撃フォーム修正の必要性を語った。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/25604cc3438bf5b955b4a4e62b6181f8e7b49518


    【落合博満氏 阪神・佐藤輝に「彼はまだ1年」評価も昨季後半の失速には「打ち方だよ」】の続きを読む


    こう言うのは許せないね。

    1 風吹けば名無し :2022/01/29(土) 12:00:35.18

    プロ野球・読売巨人軍の丸佳浩選手(32)の偽サインが入ったユニホームを
    オークションサイトに出品したとして、警視庁は22日、東京都世田谷区太子堂、配達員の男(24)を
    不正競争防止法違反(誤認惹起)容疑で逮捕したと発表した。
    2017年頃から複数球団の選手の偽サイン入りグッズを販売していたとみて調べている。

    発表によると、男は大学生だった昨年7月30日頃、丸選手の偽サイン入りユニホームについて、
    「直筆サイン入り」などと虚偽の表示をし、オークションサイトに出品した疑い。逮捕は21日。

    巨人軍が不審な出品に気づいて1万2500円で落札し、警視庁の筆跡鑑定で偽サインと確認された。
    調べに男は容疑を認め、「書籍に掲載された選手のサインをまね、生活費や学費の足しにしていた」と供述している。

    男の自宅からは11球団・87選手のサイン入りボールや色紙など98点が押収された。
    警視庁は、いずれも偽物とみている。

    https://www.yomiuri.co.jp/national/20210922-OYT1T50085/


    【巨人・丸選手の偽サイン出品の男逮捕 自宅から11球団・87選手の偽サイン押収】の続きを読む

    このページのトップヘ