愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    2021年06月



    (出典 portal.st-img.jp)


    最終結果どうなるかな。

    1 muffin ★ :2021/06/28(月) 02:39:21.99

    https://full-count.jp/2021/06/28/post1102215/

    大リーグ機構(MLB)は27日(日本時間28日)、オールスターゲームの先発出場野手を決めるファン投票の1次ラウンドの結果を発表した。エンゼルスの大谷翔平投手はア・リーグ指名打者部門で196万1511票を獲得し、トップで最終の2次ラウンド進出を決めた。同部門で2位に入ったレッドソックスのJD・マルティネス外野手は75万5663票で、約120万票差をつけての独走。選出されればメジャー4年目で初。日本人野手では4人目の快挙となる。

    大谷は14日(同15日)に発表されたファン投票の第1回中間結果で52万6608票を集めてトップ。21日(同22日)の第2回中間発表では117万4069票まで伸ばし、2位にダブルスコアの大差を付けていた。そのまま大勢は変わらず、2次投票に進む各ポジションの得票上位3人(外野手は9人)に入った。

    28日(同29日)からの2次投票で各ポジションの1位(外野手は3人)がオールスター戦の先発メンバーとなる。1次投票の得票数は最終投票に持ち越されない。2段階のファン投票が導入された2019年は1次投票で1位だった選手が2次投票で逆転されたケースは4度ある。投票結果は7月1日(同2日)に発表され、7月5日(同6日)に全出場選手が出そろう。

    打者・大谷が選出されれば、日本人野手ではイチロー、松井秀喜、福留孝介に続き4人目となる。すでに7月12日(同13日)のホームランダービーには、日本人で初めて出場することを表明。オールスター戦では投打同時出場の期待もあり、球宴の目玉となりそうだ。


    (出典 full-count.jp)


    【エンゼルス・大谷翔平、球宴1次ファン投票で独走1位突破 DH部門で約200万票、2位に120万票以上の大差つける】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    これって決まったのかな。

    1 風吹けば名無し :2021/06/28(月) 04:56:07.14

    追撃ムード終いやね


    【【悲報】読売巨人軍が昨年韓国で打率.209 OPS.639のダニエル・パルカを獲得か??】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)


    大城優秀ですね。

    1 風吹けば名無し :2021/06/28(月) 09:41:10.58

    7連勝で首位・阪神に2・5ゲーム差と接近した巨人。交流戦期間中はなかなか“3差の壁”を敗れなかったが、ここにきて阪神が低迷してきたこともあり、4月30日以来のゲーム差となった。

    【写真】原監督も珍しくガッツポーズ、逆転V見えた!?

     その要因をひもといていくと、坂本ら主力の復帰に加え、捕手・大城が正捕手の役割をしっかりと担っていることが挙げられる。指標の一つとして、セ・リーグの捕手盗塁阻止率ランキングを見ると、26日までで大城が57試合の出場で・467とトップに立っている。


    【セ・リーグ盗塁阻止率1位巨人・大城.467】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    3ラン多いですね。

    1 風吹けば名無し :2021/06/27(日) 14:26:42.92

    打点独走や


    【巨人・岡本和真21号3ランwww】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)


    良く打ちますね。

    1 しゃぶれよ ★ :2021/06/28(月) 06:01:43.60

    大谷翔平が25号、今月10発目で自身の月間記録を更新<レイズ4-6エンゼルス>◇27日(日本時間28日)◇トロピカーナフィールド

    エンゼルス大谷翔平投手(26)が、貴重な25号本塁打を放った。

    敵地でのレイズ戦に「2番DH」で先発出場。1点リードの9回2死、5番手の右腕フェアバンクスの94・8マイル(約152・6キロ)の内角直球を捉え、左翼スタンドへ運んだ。第3打席で適時二塁打、第4打席で適時三塁打、第5打席で本塁打を放ち、5連敗中だったチームを勢いづけた。

    これで6月は10本目のアーチで、自身の月間最多記録を更新した(日本人選手の月間最多はヤンキース松井秀喜が07年7月に放った13本)。

    レイズ3連戦の1戦目と2戦目は「1番DH」で出場し、初戦でメジャー初の先頭打者アーチをマーク。飛距離約138メートルの特大弾で、ドーム球場の天井からつるされた通路「キャットウオーク」に打球を当てた。2戦目は本塁打こそならなかったが、適時二塁打で2試合連続の打点。3戦目のこの日は、長打3本、1盗塁で打線をけん引し、連敗ストップに貢献した。

    打撃好調をキープし、30日(日本時間)にはヤンキースを相手に敵地で今季12度目の先発が予定されている。

    https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/202106280000026.html


    【MLB・大谷翔平が25号本塁打】の続きを読む

    このページのトップヘ