愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    2020年12月



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    活躍して欲しいですね。

    1 風吹けば名無し :2020/12/30(水) 06:13:46.63


    (出典 i.imgur.com)


    【【朗報】巨人、スモーク獲得】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    助っ人が決まりましたね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/12/30(水) 03:50:28.98

     巨人が来季の新外国人候補として、大リーグ通算196本塁打を誇るジャスティン・スモーク内野手(34=ジャイアンツからFA)を本格調査していることが29日、分かった。さらに同通算96本塁打のエリク・テムズ内野手(34=ナショナルズからFA)とは来季契約に合意したことも判明。スモークは17年のオールスター戦に出場した実績を持つ両打ちの一塁手で、メジャーの大砲ダブル獲得へ狙いを定めた。

    【写真】巨人と来季契約に合意したエリク・テムズ

     原監督は来季構想を「1番・梶谷、2番・坂本、3番・丸、4番・岡本」と明かしている。課題は5番以降だった。球団がターゲットとしたのは実績十分の大リーガー2人。獲得に至れば、合計292発のコンビが夢の重量打線を完成させる。

     一塁候補として本格調査するのがスモークだ。メジャー11年間で196本塁打を積み重ねた強打のスイッチヒッター。ブルージェイズ時代の17年には自己最多38本塁打、90打点とブレークし球宴にも選出された。マリナーズ時代にはイチロー、岩隈、川崎の同僚として4番を張っている。

     60試合に短縮された今季もブルワーズとジャイアンツで計36試合に出場し5本塁打。ブルワーズ在籍中の8月13日カ*戦でダルビッシュからソロ本塁打を放った。今季5本塁打しか許さなかった右腕からの一発だった。

     大塚淳弘球団副代表編成本部長はDeNAから梶谷、井納の両獲りに成功した今月中旬、外国人野手2人の獲得に乗り出すことを明言。「後はレフトとファーストが補強ポイント。外国人2枚は獲りたい」と話していた。

     左翼手候補のテムズとはこの日までに契約合意。近く球団から発表される。メジャー6年間で96本塁打を誇り、17年にはブルワーズで4月に球団月間記録の11本塁打を放つなど、自己最多31本塁打をマークした左打ちの強打者。メジャーで最も多く守ったのは一塁(先発243試合)だが、左翼でも112試合、右翼でも89試合に先発出場しており、外野の経験も豊富だ。

     14年からNCに在籍した韓国の3年間では計124本塁打。本塁打王、首位 打者などタイトルを総なめにし、「神」の愛称で称えられた。アジアの野球に慣れていることも魅力で、巨人を含めたアジアの複数球団が長年動向を注視してきた。

     リーグ3連覇と9年ぶりの日本一奪還を目指すチームにとって打線強化は不可欠。若手育成とともに、大型補強を着々と進める。

     ≪同一年に2人野手獲りなら7年ぶり≫巨人が同一年に2人以上の初来日の外国人野手を獲得すれば14年のアンダーソン、セペダ以来7年ぶり9組目となる。大リーグ通算本塁打はスモーク196本、テムズ96本の合計292本で、83年のスミス314本、クルーズ39本の353本に次ぐ成績となっている。また、スモークの196本塁打はスミス、93年バーフィールド241本に次ぐ本数。上位2人はいずれも1年目で25本塁打以上をマークしており、スモークも実績通りの活躍ができるか注目だ。

     ◆ジャスティン・スモーク 1986年12月5日生まれ、米サウスカロライナ州出身の34歳。サウスカロライナ大から08年ドラフト1巡目指名(全体11番目)でレンジャーズ入団。10年4月23日のタイガース戦でメジャーデビュー。マリナーズを経て、シーズン38本塁打を放ったブルージェイズ時代の17年には一塁手として球宴に出場した。1メートル93、99キロ。左投げ両打ち。

     ◆エリク・テムズ 1986年11月10日生まれ、米カリフォルニア州出身の34歳。ペパーダイン大から08年ドラフト7巡目で指名されブルージェイズ入団。11年5月18日のレイズ戦でメジャーデビュー。14年から3年間、韓国・NCでプレー。15年にはアジア初の「40&40」となる47本塁打、40盗塁をマークした。1メートル80、106キロ。右投げ左打ち。


    (出典 i.imgur.com)

    スモーク

    12/30(水) 3:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201230-00000001-spnannex-base

    https://baseball.yahoo.co.jp/m/mlb/teams/player/2312093
    テムズ 成績

    https://baseball.yahoo.co.jp/m/mlb/teams/player/2292777
    スモーク 成績


    (出典 i.imgur.com)

    テムズ


    (出典 Youtube)

    ジャスティンスモーク


    (出典 Youtube)

    エリックテムズ 2020


    (出典 Youtube)

    エリックテムズ2019


    【巨人、W大砲獲りへ メジャー196発のスモーク本格調査&96発テムズと契約合意】の続きを読む



    (出典 nekoneko-mvd.cocolog-nifty.com)


    比較するのが難しいですね。

    1 風吹けば名無し :2020/07/23(木) 20:39:59

    やっぱり桑田?


    【全盛期の桑田真澄、上原浩治、菅野智之なら誰が1番凄い?】の続きを読む



    (出典 www.dailyshincho.com)


    試合で投げてないですね。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/29(火) 16:28:15.24

    12/29(火) 11:12
    デイリー新潮

    ロッテ「佐々木朗希」“数字は聞いちゃダメ”事件 プロ野球の宝でも“過保護”の声
    佐々木朗希
     “令和の怪物”とまで言われながらも、1回の登板もないまま今季を終えた千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手(19)。「ドライチ」を大事に育てたいと考えた球団の方針とのことだが、周囲からは“過保護にも程がある”との声が漏れ伝わる。今年のキャンプ中には、“親バカ”さながらの“偏狭愛”から端を発した「暴言事件」も起きていた。

     ***
     振り返れば、コロナ禍以前の球界の話題は佐々木で持ちきりだった。キャンプ前から、大船渡高時代に高校生歴代最速となる163キロを計測した大物ルーキーの一挙手一投足を、テレビやスポーツ紙は追い続けたが、

    「結局、本番では1球すら投げられなかった。成長痛などからくるコンディション不安を球団が重視したためです。シーズンの途中から、いつの間にか『今季は体力づくり』という方針に変わっていました」(スポーツ紙記者)

     ただ、球団は異例の特別待遇で佐々木をフォローし続けた。

    「シーズン中も二軍選手でありながら一軍に帯同して吉井(理人)一軍投手コーチらから直接指導を受けさせましたが、この異例の育成方法には、内外から疑問視する声が上がっています。どんな社会でも新人というのは、雑巾掛けからやらせて厳しく育てるものでしょう。特に春のキャンプで起きた“あの騒動”を目の当たりにして、異常なくらいの過保護だなと痛感しました」(スポーツ紙記者)

     それは今年2月、沖縄で行われた巨人との試合前に起きたという。練習後、十数人の記者が佐々木を囲み、質疑応答が始まった。

    「コーチからはどんなアドバイスをもらいましたか」「今日はどんな課題を意識して練習したんでしょうか」。ありきたりな質問が続いた後、ある記者がこう聞いた。

    「ブルペンでは何割くらいの力で投げましたか」

     その刹那、佐々木は眉間に皺を寄せて固まったという。凍りつくような表情で視線を落とし、質問に答えない佐々木。すぐさま、そばに控えていた広報担当が割って入った。

    「その質問はしないでくれる!」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5123b7e7b0847a71179b7c932d089a870987fa60

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=427&q=90&exp=10800&pri=l
    >>2続く


    【ロッテ「佐々木朗希」“数字は聞いちゃダメ”事件 プロ野球の宝でも“過保護”の声】の続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)


    打率がもう少しですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/12/29(火) 15:35:07.39

    記録で振り返る2020年―。巨人の岡本和真内野手(24)は今季31本塁打、97打点で2冠を獲得した。

     昨年の134試合に続き、コロナ禍で120試合制だった今季も118試合で4番として先発出場。不動の4番としてリーグ2連覇に大きく貢献した。

     24歳までに、リーグ優勝したチームの先発4番100試合以上を2度は、清原和博以来2人目となった。

     今季の岡本は先制、同点、勝ち越し、逆転の「殊勲安打」がセ・リーグ最多の29本。原監督が「若大将」と命名した若き主砲が進化を続けている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b716c2485a8895c74cd571eaa529a72212b3b2d6

    12/29(火) 11:27配信

    https://npb.jp/bis/players/11515130.html
    成績


    【巨人 岡本和真、24歳で優勝球団の4番100試合以上2度は史上2人目 118試合.275 31本 97打点 2盗塁.】の続きを読む

    このページのトップヘ