愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    2020年01月



    (出典 www.sanspo.com)


    中々面白い発想ですね。

    1 風吹けば名無し :2020/01/31(金) 06:40:11

    発想力にはいつも驚かされる。巨人・原辰徳監督(61)のことだ。ある日の取材。監督退任後に話が及ぶと、候補に挙げたのは、なんとユーチューバー転身だった。「やろうか。野球が終わったら、いろんな友人たちを訪ねてね」。そう言うと、ニヤリと笑った。

    昨年9月、野球評論家の高木豊氏(61)のインタビューに答える形で、同氏のYouTubeチャンネルの動画に友情出演。現役監督の、しかもシーズン中の出演は極めて異例だが、
    高木氏とは同い年で親交が深く、すぐに実現が決まったという。指揮官はその反響の大きさから、未知だったメディアの可能性を肌で感じ取った。

    「利益が出たらどこかに寄付しよう」というぐらいだから、仕事としては考えていない。狙いは若年層へのアプローチだ。「若い人たちに伝道できる。これは大事なことだよな。われわれができるのは経験を伝えていくこと」と言った。

    日頃から原監督は野球人口の減少に胸を痛めている。高校野球に球数制限やDH制の導入などを提言したのも、少しでも野球をやる、そして続ける子供たちが増えてほしいとの思いからだ。

    既存のメディアだけでは届きにくい世代にどう魅力を伝えるか。野球の未来を真剣に考えた結果、ユーチューバー転身案をぶち上げる柔軟性には感服するほかない。
    ただ、逆に言えば、新聞の限界を監督から突き付けられたとも言える。新聞が生き残る道も、見つけないといけない。 (おわり)


    【【マジか】巨人原監督、退任後はユーチューバー転身へ?ωωω】の続きを読む



    (出典 www.nishinippon.co.jp)


    これは仕方ないかな。

    1 ひかり ★ :2020/01/30(木) 15:49:31.47

     日本野球機構(NPB)が公益財団法人日本プロスポーツ協会から脱退することが30日までに正式に決まった。同協会から28日に、
    昨年12月の理事会を経て脱退が認められた旨の通知を受けた。

     NPBは昨年9月、同協会の組織運営に問題があるとして、脱退することを通知したと発表。NPBは、同協会で評議員会が18年11月以降
    開催されていない点や、17年12月に内閣府の公益認定等委員会による立ち入り検査でコンプライアンス上の問題が指摘され、改善が見られない点を
    問題視していた。

     NPBは1968年に同協会の前身のプロスポーツ連絡会に加入。同協会は、毎年12月にその年のプロスポーツ界で活躍した選手や
    団体を表彰する「日本プロスポーツ大賞」を主催。日本中央競馬会(JRA)、日本相撲協会、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)などが
    加盟している。

    報知新聞社
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-01300127-sph-base


    【【遂に】NPB、日本プロスポーツ協会から脱退!】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    これは期待出来そうかな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/30(Thu) 19:06:42

    巨人3位に指名を受けた菊田拡和(常総学院)。パワー、思考力ともに優れた茨城のバレンティンだ。この男の本塁打は数多く見てきたが、ほとんどがとてつもなかった。そんな驚きの本塁打を紹介していきたい。


    1本目 2018年 春季関東大会 日大三戦
     
    この本塁打、とてつもないものがあった。河村 唯人が投じたボールをとらえ、バックスクリーンの電光掲示板の近くに直撃する本塁打だった。あまりの飛距離にファンが唖然とする本塁打だった。

    2本目 強化試合 明豊戦

    9回表、明豊の左腕・若杉晟汰から高めのストレートを逃さず、右中間のスタンドを飛び越え、場外本塁打となった。右打者が弾丸ライナーで右中間の場外へ打ち込んだあたりは見たことがない。
    この場面について「前の打席で高めを振って三振してしまいました。ボールの下を振っていたので、ボールの軌道に合わせるために少し上から叩く意識で打席に入りました」カウントは2ボールから狙っていたストレートを振り抜いた。

    菊田は体つきから見てもわかるように高校生離れした強靭な肉体を持っているが、読みの鋭さと1球を逃さない集中力を持った選手である。

    技術的にも変化があった。2年秋の関東大会の桐蔭学園戦で左投手の変化球を見極めれず、凡退を繰り返し初戦敗退。ここから冬場では左投手の変化球を見極める練習を繰り返し、打撃フォームでも軸足を回転してスイングすることをイメージ。

    その打撃フォームを見ると、スクエアスタンスで、バットを傘のように見立てて構える姿は無駄な力みが見られない。小さなステップで呼び込んでレベルスイングでボールをとらえる、とらえる瞬間に軸足の回転を利用しながら高速スイングを生み出し、打球をピンポン球のように打球を飛ばす。

    高校生のスラッガーにありがちな外回りのスイングをして、筋力で飛ばすタイプではなく、しっかりと軸足をキーに、鋭いスイングを生み出す選手なので、対応には時間がかからないタイプだろう。

    将来の可能性

    打撃技術、パワーは近年巨人入りした野手の中でもずば抜けており、高卒2年目には二軍でも二けた本塁打は狙えるポテンシャルは秘めている。

    ただ走力や守備力などがネックなので、もともと守っているレフト、三塁、もしくは一塁など名手級の守備力を身に着け、さらに常時打っていかないとチャンスが狭まるタイプだといえる。

    岡本和真以来の右の和製スラッガーの入団なので、巨人としてはなんとしても大成させたいところだろう。入団1年目の歩みに注目だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-00010009-hbnippon-base
    1/30(木) 19:00配信


    (出典 cdn.hb-nippon.com)


    (出典 i.ytimg.com)


    180cm 93kg


    【【期待】巨人では岡本和真以来の和製大砲・菊田拡和(ドラフト3位)の規格外の本塁打を呼び込んだ打撃技術に迫る!茨城のバレンティン】の続きを読む



    (出典 www.yomiuri.co.jp)


    これで増員間違い無しかな。

    1 風吹けば名無し :2020/01/30(Thu) 17:51:35

     DeNAと株式会社横浜スタジアムは30日、『コミュニティボールパーク』化構想に基づき、2020年改修第1弾として、レフト側スタンドに「ウィング席」を2812席新設したと発表した。2017年1月から約3年にわたり進めてきた横浜スタジアムの増築・改修工事は2020年2月に完了予定で、収容人数(プロ野球開催時最大)は史上最多の3万4046人となる。

     また、2020年改修第2弾として試合興行日にオープンしているバックネット裏スタンド屋上「ベイディスカバリーBOX シート」が、新たにバーベキューをしながら試合観戦できる席になった。株式会社ジュピターテレコムがスポンサーとなり「J:COM ベイディスカバリーBOX シート」となる。


    【 【増席】横浜スタジアムが史上最多3万4046人収容に レフト側に「ウィング席」2812席新設】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    今年は活躍するのかな。

    1 風吹けば名無し :2020/01/30(Thu) 08:41:20

     昨季巨人でプレーし、日本ハムに移籍したクリスチャン・ビヤヌエバ内野手(28)が30日、成田空港着の航空機で来日した。

     メキシコから約15時間のフライト。それでも「(機内では)よく寝てたからね。疲れてないよ」と笑顔で早朝の空港に降り立った。

     日本ハムは昨季、チーム本塁打がパ・リーグ最少の93本。それだけにビヤ砲には大砲としての期待がかかる。

     昨季は外国人枠の影響もあって73試合の出場で8本塁打にとどまったが、「去年はチャンスが足りなかった。今年はチャンスをつかんで、100%の力を出し切りたい。チームの勝利につながる活躍をしたいね」と力を込めた。

     交流戦では古巣・巨人との対戦も待っている。ビヤヌエバは「去年の優勝チームだし、勝ちたいね」と誓った。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200130-00000109-spnannex-base


    【【悲報】日ハムビヤヌエバ「巨人は十分なチャンスを与えてくれなかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ