愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    2019年10月



    (出典 cafe.76bit.com)


    色々と言われますね。

    1 バグダッドの夜食 ★ :2019/10/29(火) 13:23:00.57

    また巨人がライバルチームの主力選手を強奪しようとしている。セ・リーグでは巨人ばかりが戦力肥大し、その他のチームは弱体化の一途。リーグの劣化を招いているのだ

    2019年10月29日NEW

    続きはリンク先をご覧ください。
    https://friday.kodansha.co.jp/article/74404
    (FRIDAYデジタル)


    関連スレ
    【野球】オリックス 中日・ロドリゲス獲得調査 交渉決裂なら即動く
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1572161576/


    【【補強】巨人が中日・中継ぎエースを狙う! “セの弱体化”】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    サードも守れる様にするんだね。

    1 風吹けば名無し :2019/10/29(火) 13:04:48.26

    11月の「プレミア12」に出場する侍ジャパンの坂本勇人内野手(30=巨人)が、那覇2次合宿初日の28日、いきなり三塁の守備でノックを受けた。

    この日から日本シリーズに出場した巨人、ソフトバンク勢が加わり、全28選手で2次合宿がスタート。
    坂本は午前のノックで遊撃の練習を行う合間に、三塁でもノックを受けた。三塁線の打球を逆シングルで捕球するなど、軽快な動きを披露。適応力を示した。

    プレミア12で坂本は正遊撃手として起用される見込みだが、ベンチ入り人数が減る20年東京五輪も見据えて、稲葉監督は三塁の準備もさせる考えを示していた。

    https://hochi.news/articles/20191028-OHT1T50118.html


    【【驚き】巨人・坂本勇人 侍ジャパンの合宿初日からサードの守備練習に挑戦!】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ソフトバンクは選手層が厚いと思った。

    1 風吹けば名無し :2019/10/29(火) 09:42:12.01

    中畑氏、ソフトB勝因はDH制ではなく熱い育成への取り組み

    【キヨシスタイル】ソフトバンクが4勝0敗で巨人を一蹴して3年連続日本一に輝いた今年の日本シリーズ。
    パ・リーグ7連勝で「セ・リーグもDH制を」なんて声も上がってるけど、そこじゃないと思う。

     パがDH制を導入したのは1975年。日本シリーズでパの本拠地球場だけDH制が採用されるようになったのは85年から。
    バース、掛布、岡田の阪神が西武を倒して日本一になった年だ。

     翌86年はDHなしでやって、現在の方式で固定されたのは87年から。
    85年と87年以降のシリーズの勝敗を見るとパの21勝13敗なんだけど、2004年まではセの10勝9敗と互角だった。05年以降パの12勝3敗と大きな差がついてるんだ。
    注目すべきは、半分の6勝をソフトバンクが挙げているってことだ。

    05年といえば、セ・パ交流戦が始まった年なんだけど、球界にもうひとつ大きな変革があった。育成選手制度が導入されたんだ。
    70人の支配下登録選手枠以外に最低年俸240万円で育成選手を獲って育てる。
    この制度を一番活用してきたのがソフトバンクなんだ。

     今年のシリーズを見ても、第1戦先発バッテリーの千賀―甲斐をはじめモイネロ、石川、牧原、足で巨人バッテリーをかく乱した周東。
    本当に育成出身?というような選手が6人もいた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00000092-spnannex-base


    【【驚き】中畑氏、ソフトバンク勝因はDH制ではなく熱い育成への取り組み!】の続きを読む



    (出典 www.nishinippon.co.jp)


    これも一つの決断ですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/29(火) 06:18:27.60

    西武の十亀剣投手(31)が、今季初取得した国内FA(フリーエージェント)権を行使した上で残留することが28日、分かった。
    近日中に記者会見を開き、発表する。

    2012年にドラフト1位で入団した十亀は、15年に初の2桁勝利となる11勝を挙げるなど8年間で51勝をマーク。
    今季はシーズン途中から先発ローテに加わり、
    19試合に登板し5勝6敗、防御率4・50の成績でリーグ2連覇に貢献した。6月に資格取得条件を満たしていた。

     18日には球団の渡辺久信ゼネラルマネジャーらと初交渉を行い、複数年契約を提示された。
    25日にも2度目の交渉。
    「素直に残留したいと言えずに悩んでいた。2回目の話ですっきりした」と残留に傾いた様子だ。

     この日、ライオンズトレーニングセンターでの秋季練習を打ち上げた十亀は「近日中に言おうと思っている。
    自分の中では固まっている」と話した。
    他球団から獲得に興味を示されていたが、行使をした上での残留を決意。
    再取得までは4年かかるため、西武に骨をうずめる覚悟を決めた格好となる。

    10/29(火) 4:30
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00010000-nishispo-base

    成績
    http://npb.jp/bis/players/91295135.html


    【【残留決定】西武・十亀、FA権行使し残留へ! 近日中に会見!】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    藤浪は今のままでは勿体ないですね。

    1 幻の右 ★ :2019/10/28(月) 09:53:28.26

    初回に2つ、2回に3つ、3回にも2つ……。4イニングで自己ワーストの9四球を与え、茫然と天を仰ぐ長身の投手。投じた球数は実に102球を数えた――。

    阪神の藤浪晋太郎(25)が、また大乱調で首脳陣の期待を裏切った。10月26日に行われたフェニックス・リーグのハンファ(韓国)戦で四球を連発。予定していた5回を投げきれず、4回で降板したのだ。

    「浮いたり引っかけたりと、(ボールを)コントロールできませんでした。感覚の中で修正できていない。ポイントをつかめなかった……」

    試合後、藤浪は報道陣に力なく語った。

    ◆「一人だけわかってくれない」

    「もともと藤浪は、コントロールの良い投手ではありません。いくつかのトラブルが重なり、イップスのような状態になったんです。’15年4月には広島のレジェンド投手・黒田博樹に2球続けてビーンボールを投げ、『オラッ!』と一喝されています。翌年7月の広島戦では、制球力不足でランナーをためては失点するケースを連発。金本知憲監督(当時)は懲罰として降板させず、8回まで161球を投げさせました。四死球を恐れるあまり、藤浪は思い切り腕を振れなくなった。練習ではそれなりのボールを投げられても、試合では萎縮してコントロールがきかなくなっていったんです」(スポーツ紙記者)

    藤浪自身の姿勢にも問題があるようだ。

    「自分の考えがシッカリしているためか、あまり周囲の意見を聞かないんです。’15年春のキャンプで阪神の臨時コーチを務めた江夏豊氏は、こう話しています。『野球でも基本が大事。正しく握って正しく回転させることの大切さを伝えました。一軍投手18人中、17人はわかってくれたと思う。1人だけわからなかった投手がいたかな。誰か? 藤浪だよ』と。今年の秋季キャンプでは中日時代、矢野耀大監督と仲のよかった山本昌氏が臨時コーチに招聘されます。通算219勝をあげた山本氏は『藤浪君とじっくり話をして復活のキッカケをつかんでもらいたい』と話していますが、本人が聞く耳を持つかどうか……」(同前)

    球団もサジを投げかけている。冒頭の試合後、平田勝男・二軍監督は「今まで積み上げてきたものが……」と言ってしばらく言葉を失っていた。

    「球団内には環境を変えるために『移籍させるべきでは』という意見があります。本人も『(不調の)原因がわかれば苦労しませんよ』と話し、ヤル気を失いつつある。実際、パ・リーグの複数球団が興味を示しています。長身から投げ下ろす藤浪のストレートは魅力ですからね。最も意欲的で、移籍先に急浮上しているのが西武。先発陣が不足しているうえ、’18年に阪神から移籍した榎田大樹を復活させた実績があります。前年0勝だったのが、その年いきなり11勝(4敗)をあげたんです。ただ藤浪は阪神の人気選手。藤原崇起オーナーなど、球団幹部が移籍にOKを出すかがネックになるでしょう」(球団関係者)

    阪神OBの江本孟紀氏は移籍に大賛成だ。

    「藤浪に関しては、もう技術的にどうアドバイスしても復活するのは難しい。移籍して、環境を変えるしかないでしょう。移籍先はパ・リーグの球団がいい。セでは細かいコントロールが求められますが、パは力勝負が多いので勢いや球の力強さが重要になる。阪神では制球力不足とネガティブに考えられるコントロールの悪さも、パなら打者がとらえづらい荒れ球とポジティブに受けとめられます。強制されることも少なく、ノビノビ投げられるんです。『オレの球も武器になるんだ』と考え方が前向きになれば、パで十分活躍できるでしょう」

    新天地で再生した選手はいくらでもいる。新しい環境なら、藤浪も自信を取り戻せるかもしれない。

    FRIDAYデジタル
    10/28(月) 9:02
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191028-00000006-friday-base


    【【復活なるか】阪神・藤浪晋太郎9四球で背信!“急浮上した移籍先球団”】の続きを読む

    このページのトップヘ