愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    2019年07月



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    身体能力は高いと思う。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/29(月) 14:46:30.28

    レベルアップに励む毎日だ

    オコエ瑠偉が、もがき苦しんでいる。自ら「勝負の年」と位置づけた今季。
    新人だった2016年以来、3年ぶりの開幕一軍入りを果たしたが、6月10日に二軍落ち。その後は一度も昇格することなく、前半戦を終えた。

    手応えはつかんだはず、だった。16年ドラフト1位で入団も、過去3年は不本意な成績に終わった。
    定位置獲得の道は想像以上に険しかった。
    心機一転、昨オフは動作解析の専門家に師事し「安打になりやすい『バレルゾーン』へのアプローチを勉強した」。

    打撃フォームの改造の成果は確かに見られた。開幕からレギュラー争いに加わると、5月1日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)まで11連続で先発出場。
    同1日の時点では得点圏打率.474と勝負強さを発揮していた。

    しかし、そのまま階段を駆け上がることはできなかった。同1日の試合中、走塁中に左ヒザを強打し翌日は欠場。
    ここから調子が上がらなかった。約1カ月、不振にあえいだ後、二軍落ちした。

    現在、自らを取り巻く環境も厳しい。辰己涼介は新人ながら着々と進化を遂げている。
    前半戦終了間際に左手首骨折が完治した田中和基が一軍に復帰するなど、外野手争いは熾烈な戦いが続く。

    ただ平石洋介監督が「今季、瑠偉は頑張っている」と認めるなど、評価は決して低くはない。
    4年前、夏の甲子園では関東一高で同校初4強に貢献し話題をさらった逸材。さらなるレベルアップを果たし、必ず一軍で躍動して見せる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190729-00000009-baseballo-base
    7/29(月) 12:01配信

    http://npb.jp/bis/players/01505132.html
    成績


    【【逸材?】楽天・オコエ瑠偉 活躍出来るその日は】の続きを読む



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    DeNAは絡んで来るんじゃないかな。

    1 風吹けば名無し :2019/07/29(月) 11:54:39.32

    開幕前の予想通りやね


    【【どうなる】ペナントレース 最後は巨人と広島の優勝争いか??】の続きを読む



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    これはかなり違うのではないかな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/29(月) 09:59:53.40

    昨オフ、西武からFAで巨人に移籍した炭谷銀仁朗。小林誠司、大城卓三といった"生え抜き"のキャッチャー陣と切磋琢磨しながら、
    現在は苦しい戦いが続くもセ・リーグの首位を走るチームの女房役として存在感を高めている。

    桜井俊貴ら実績があまりない投手たちを巧みにリードし、シーズン前半戦の途中からはエース・菅野智之とバッテリーを組む試合も増加。
    5年ぶりのV奪還を目指す原辰徳監督の信頼を勝ち取った。そんな炭谷に、移籍1年目のシーズンの手応えを聞いた。
    ──巨人、セ・リーグで戦う初めてのシーズンで、ここまでのターニングポイントになった試合を挙げるとしたら?

    「そういった試合は思い当たらないですね。移籍1年目ですし、常に全力でプレーすること、
    目の前の試合をなんとか勝ち切ることを第一に考えて臨んでいるうちに、あっという間に時間が過ぎていったような感じです」

    ──炭谷選手から見て、巨人はどういうチームですか?

    「西武時代に見ていた巨人は、伝統がある球団ということもあって"おとなしい"イメージがありました。
    "イケイケ"な雰囲気があるパ・リーグで長くプレーしていたので、余計にそう感じていたのかもしれません。
    でも、実際に巨人の一員となって、勝利へのこだわりがものすごく強いチームであることを実感しました。
    すべての選手がその思いを共有して戦ってきたからこそ、前半戦の『貯金17』という数字につながったんだと思います」

    ──西武時代には2大会連続でWBC(2013年、2017年)のメンバーに選ばれるなど、球界を代表するキャッチャーとして活躍されてきましたが、目標としてきた選手はいますか?

    「小学生の時に野球を始めてから投手やサードもやっていましたけど、軸として取り組んでいたのはキャッチャーだったので、ずっと城島健司さん(元ソフトバンクなど)に憧れていました。
    西武に入ってからは、伊東勤監督(現中日ヘッドコーチ)と植田幸弘コーチ(現広島一軍バッテリーコーチ)に配球などを徹底的に叩き込まれ、その時の経験がプロで生きる支えになっています」

    7/29(月) 6:17配信 webスポルティーバ
    ──ちなみに、少年時代に好きだった球団は?

    「地元は京都なんですが、なぜか周りには巨人ファンが多く、僕もそのひとりでした。
    とくに現役時代の監督(原辰徳)が好きで、東京ドームに背番号8のTシャツを着て応援しに行ったこともありましたよ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190729-00866670-sportiva-base&p=2
    7/29(月) 6:17配信

    http://npb.jp/bis/players/91995112.html
    成績


    【【驚き】巨人に移籍した炭谷銀仁朗が感じた 「パの投手と巨人の若手の違い」!】の続きを読む



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    色々と有りそうですね。

    1 風吹けば名無し :2019/07/29(月) 06:58:12.06

    1年目→肘出しでなんJで散々ネタにされる
    2年目→阿部が怪我して初めて正捕手になる
    3年目→1年間正捕手になるもキャッチングでマイコラスに怒鳴られる
    4年目→WBCで大活躍オールスターでもホームランを打つ
    5年目→大城宇佐見にポジションを奪われそうになるが持ちこたえる
    6年目→炭谷との熾烈な正捕手争い

    こんだけ毎年ネタになる選手おるか?


    【【驚き】巨人・小林誠司 毎年ネタに事かかない!?www】の続きを読む



    (出典 www.vap.co.jp)


    日ハムに行った大田かな。

    1 神様仏様名無し様 :2016/11/21(月) 16:42:03.83

    最近では日ハムの市川


    【巨人から他球団に移籍して活躍した選手】の続きを読む

    このページのトップヘ