愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    2019年04月



    (出典 pm-img.skyperfectv.co.jp)


    良い勝ち方だけれど、8回の2点が余分でしたね。

    1 丁稚ですがφ ★ :2019/04/28(日) 17:02:50.99 ID:iPsQLdZG9.net

    DeNA 0 0 0  0 0 0  0 2 0  2
    巨人 2 0 0  1 3 0  1 0 x  7

    バッテリー
    巨人 :今村、森福、田原、宮國- 大城、小林
    DeNA :京山、平田、藤岡、笠井、三嶋- 伊藤光

    本塁打
    DeNA :ソト 8回表 10号2ラン
    巨人 :ビヤヌエバ 1回裏 5号2ラン、坂本勇 5回裏 7号ソロ、亀井 5回裏 3号2ラン

    試合結果:nikkansports.com/yahoo野球
    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2019/cl2019042801.html
    https://baseball.yahoo.co.jp/live/npb/game/2019042801/score

    明日の予告先発
       巨人 - DeNA
    山口  俊   上茶谷大河
    http://npb.jp/announcement/starter/


    【【巨人勝ち】巨人7-2DeNA[4/28] ビヤヌエバ・坂本勇・亀井1発!巨人快勝!】の続きを読む



    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    有吉はアンチ巨人だからね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/28(日) 01:13:32.23 ID:j6+EdFAb9.net

    プロ野球においてアンチ巨人を公言する生粋の広島東洋カープファン・有吉弘行に「読売ジャイアンツを好きになってもらう」バラエティ番組『有吉×巨人』(日本テレビ系)が25日深夜放送。

    巨人ファンで、原辰徳監督もレパートリーにあるモノマネ芸人・神無月が、第89代の現4番打者・岡本和真選手の魅力を熱弁し、巨人嫌いの有吉から岡本選手への称賛を引き出した。

    ■超大物の予感
    今の巨人の凄さのひとつとして、神無月は「超大物の予感を感じる」と岡本選手の魅力を熱弁する。

    国民栄誉賞にも選ばれたレジェンド・王貞治選手や長嶋茂雄選手でさえプロ入りから5年以上かかった打率3割・本塁打30本・100打点をプロ入り4年、史上最年少22歳で達成した岡本選手。

    シーズン最終戦、最終打席でホームランを放ち100打点を達成するなど、「持っている男」として紹介されていった。

    ■岡本選手の伝説
    ここからは岡本選手が築いてきた伝説を紹介。中学時代は高校のスカウトの前でも堂々とサボっていたことが明かされる。

    真相を聞くために本人にインタビューをすると、テンション低めで少し面倒そうに「張り切らなくても、わかる人にはわかる」とサボっていた理由を説明した。

    これに有吉は、岡本選手のインタビューでの「やる気のない」態度も含めて、「もうちょっと早く大人になってほしい。インタビュアーの前でもやる気を出してほしい」と指摘。
    「インタビュアーの前でやる気を出さないのはファンの前でも出さないのと一緒」と苦言を呈す。

    さらにイチロー選手を例に出し「練習でも手を抜かないし、ファンサービスを欠かさない」とチクリ。
    自身でさえ、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で客に「どこから来たんですか」と声を掛けるなどファンに媚びてサービスすると主張した。

    ■有吉「巨人にはもったいない」
    「先輩のアドバイスは無視する」という伝説も持つ岡本選手。これに有吉は「巨人の選手らしくなくていい」と好感を覚えたらしく、
    「近鉄や南海の選手っぽくていい。パ・リーグに行ったらもっと大成する」とある意味、称賛を贈りはじめる。

    優等生な発言が多い巨人の選手らしくない岡本選手だからこそ、「巨人にいさせるのはもったいない」と持論を展開した。

    ■岡本選手「もともと阪神ファン」
    番組終盤、岡本選手から有吉へのメッセージが流れる。「巨人に入団しただけでもともと阪神ファン。
    巨人のことをボロクソに言っていたので有吉さんの気持はよくわかる」と有吉への理解を示し、「無理してファンになる必要もない。アンチもファンの1人」と切々と語っていく。

    この岡本選手の発言に有吉は「うれしい。オリックスにすぐ欲しい」と絶賛。「いい選手だから早く巨人を辞めて、ほかの伸び伸びできる球団で活躍してほしい」と本音を漏らした。

    ■視聴者の反応は?
    岡本選手へは好意的だった有吉だったものの、最終的にはやはり「巨人は嫌い」と締めくくった今回。視聴者はアンチ巨人を貫く有吉と歯に衣着せぬ岡本選手の発言を楽しんだようだ。

    有吉巨人見たけどどんなに嫌いな巨人の選手である岡本のことでも実力認めていい選手だって言ってくれてたの嬉しいなぁ?

    和真はすごいんだぞ!!

    ? 結愛?????? (@_OyumeR_) April 25, 2019

    巨人の岡本はパ・リーグ行った方がいい
    という有吉に同意。オリックスかはさておき(笑)

    で、岡本ってちょっと石井一久系?

    ? piro118 (@piro118) April 25, 2019

    有吉×巨人面白かった
    生え抜きの岡本和真くんがFAで元々ファンの阪神に行ったら巨人ファンも取られたって気持ちを少しでも理解してくれるかも知れないなぁ

    ? トンちゃん (@X4NSRTomFKN4Mmj) April 25, 2019

    岡本選手のように、どれほど魅力的な人材がいようと巨人軍にいれば宝の持ち腐れだと有吉は主張し続けている。
    人ではなく球団に対する不信感を募らせてきた有吉だけに、根深いアンチ巨人を払拭することは難しそうだ。

    https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162072977/
    2019年04月26日 12時00分 しらべぇ


    【【芸能】アンチ巨人の有吉、巨人軍4番打者・岡本和真選手は「巨人にはもったいない」.】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)


    長野も活躍しだしましたね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/27(土) 22:39:39.50 ID:OT2iS8Hn9.net

    「ヤクルト-広島」(27日、神宮球場)

    広島・長野久義外野手が先制二塁打を放った。0-0の六回、2死一塁の好機に勝負強さを発揮した。小川の140キロを強振し、右中間を破った。

    「打ったのはストレート。床田が頑張っていたので、何とか先制できて良かったです」

    二塁に到達した長野は拍手。ベンチからの祝福に、照れくさそうな笑みを見せていた。これで4試合連続安打となった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190427-00000153-dal-base
    4/27(土) 20:13配信


    (出典 portal.st-img.jp)


    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2019/cl2019042702.html
    試合スコア


    【【活躍中】対ヤクルト戦で広島・長野が先制2塁打! 】の続きを読む


    山本 泰寛(やまもと やすひろ、1993年10月10日 - )は、東京都荒川区出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属。 台東区立根岸小学校時代から荒川ジャンプで軟式野球を始め、荒川区立諏訪台中学校では世田谷西シニアに所属していた。 慶應義塾高等学校では投手から遊撃手へ転向。全
    8キロバイト (713 語) - 2019年4月24日 (水) 11:23


    中々の活躍で今後も期待出来そうですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/28(日) 06:09:59.58 ID:j6+EdFAb9.net

    ◆巨人5―4DeNA(27日・東京ドーム)

    巨人が25歳トリオの活躍でGウィーク10連戦の初戦を白星で飾った。山本は2回に中前先制打、4回にも左前に運び自身初となる1試合2本の適時打。
    原監督は「非常に成長の跡が見られる」と今後、レギュラーとしての成長を期待した。
    投げてはメルセデスが7回途中2失点で3勝目。8回から4番手で登板した中川は1イニングを抑え、連続無失点を10試合に伸ばした。
    この日2位ヤクルトが敗れたため、ゲーム差は2・5に。28日のDeNA戦(東京D)に勝てば平成首位締めが決まる。

    外角へ逃げるスライダーに、体を泳がされながらも山本は必死に食らいついた。両チーム無得点の2回2死一、二塁。
    DeNA先発・井納から先制点となる中前適時打を放つと、塁上で「よっしゃー!」と叫び両手を叩いた。
    「スライダーの軌道のイメージはしてたので、その中でいい形で、いい結果が出ました」と納得の一打でチームに勢いをもたらした。

    続く4回、1死一、三塁では一転、内角直球に対してうまく肘を畳み、バットを折りながらも左前へ運んだ。
    「去年は詰まってたりした。そこを振り抜けたのは少し成長してるんじゃないかなと思います」。
    どちらも3球目を振り抜き「ピッチャーも若いカウントでは厳しいところに投げてこないと思うので」と読み、積極打法で結果につなげた。

    昨秋から原監督に直接指導を受けている成果を発揮し、2安打2打点1四球。出場9試合で打率3割6分4厘だ。
    吉川尚が腰痛で離脱し、田中俊もこの日、選手登録を抹消。
    指揮官は二塁の中心を任せるかと問われ「すごいよね、フィールディングもいい*。まぁ、いいでしょう」と現状のレギュラー格として起用を明言した。

    16日に昇格し、即先発起用された広島戦(鹿児島)では2安打2得点。
    暴投の間に一気に三塁を陥れる好走塁も見せ、一気に上昇気流に乗った。
    21日の阪神戦(甲子園)でも西から適時三塁打を放つなど好調を維持している。

    大切にしている日課がある。「不安なので、毎日起きたらまずバットを振る。
    感覚は日々違うので。今日は体が開きそうだなとか」。大学時代から続けている自らのルーチンをこなした上で、
    その日の体調によってバッティング練習の中で意識するポイントを変え、修正を施している。

    部屋の中でバットを振れるよう「ものに当たらないくらいのスペースを取ってます」と話すが、以前はスイングした際にテレビや窓のガラスを割ってしまったこともある。
    それでも「懲りずにやってますね」と決して日課をやめようとはしなかった。

    指揮官も「非常に成長の跡が見られますね。甘いボールではないボールをヒットに出来ている。
    1打席目も彼(井納)のウィニングボールでしょ。2打席目もインサイドの(難しい球を)ね。そこに価値があると思う」と賛辞を惜しまなかった。

    「1軍にいないとチャンスはない。今はチャンスが回ってくる。今できることを毎試合やることが大事だと思うので、気負わず自分の役割を続けていけたらなと思います」と背番号56。
    何かやってくれる―。今季の山本には、そんな期待を抱かせるだけの力がある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190428-00000015-sph-base
    4/28(日) 6:04配信


    (出典 yoshilover.com)


    http://npb.jp/bis/players/93195132.html
    成績


    【【好調】巨人・原監督、山本のレギュラー明言!「非常に成長の跡が見られる」】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    坂本死球は久しぶりみたいですね。

    1 名無し募集中。。。 :2019/04/27(土) 16:38:52.48 0.net


    (出典 i.imgur.com)


    【【心配】巨人・坂本、死球大丈夫か?】の続きを読む

    このページのトップヘ