愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。

    2019年01月


    中村紀洋、今後送られてくる「サイン依頼」には応じず 転売を知り「差控えさせて頂く事になりました」 - J-CASTニュース
    元プロ野球選手の中村紀洋さんが2019年1月29日、ツイッターを更新し、今後は送付されてくるサインの依頼に一切応じない考えを表明した。同じ人物が必要以上の枚数に ...
    (出典:J-CASTニュース)



    (出典 images.gunosy.com)


    中村紀洋さんはまだ人気有るのか、サインの転売とは驚きました。

    1 砂漠のマスカレード ★

    元プロ野球選手の中村紀洋さんが2019年1月29日、ツイッターを更新し、今後は送付されてくるサインの依頼に一切応じない考えを表明した。

    同じ人物が必要以上の枚数にサインを求めていたことや、自身のサインが販売されていたことが分かったためだという。

    「サイン入りカードや、サインした物が販売されている事の報告を受けました」
    中村さんは「サインのご要望につきまして」と題し、「いつも応援して頂きありがとうございます。嬉しい事にファンレターも沢山頂き、全て宝物として保管しております」と切り出すと、
    「しかし、悲しい出来事も続きましたので この場をお借りしてお伝えさせて頂きます」として、1枚の画像をアップした。

    それは直筆の署名とサインが付された文書だ。「こんにちは、中村紀洋です。
    いつも応援して下さりありがとうございます。ファンレターをお送りいただいてる方々にはいつも勇気づけられ 全て宝物として保管させてもらっています。
    この場をお借りして、御礼申し上げます」と感謝の言葉で始めると、

    「サインのご要望にもお答えしてきましたが、ここ数年のデータより同じ人が住所を変え、
    また、必要以上な枚数の増加に加え、この度サイン入りカードや、サインした物が販売されている事の報告を受けました。意としない結果にとても残念です」
    と自身のサインをめぐる現状について心情を吐露。そして、

    「純粋に応援して下さっている方々には大変申し訳ない気持ちでいっぱいですし、心が痛む思いですが、残念ながら今後一切 送付されてきたサイン依頼につきまして差控えさせて頂く事になりました事、お詫び申し上げます」
    と、送られてくるサイン依頼に応じない考えを表明した。最後に「引き続き、野球人口増加の一助と青少年少女育成の底上げに努めてまいりますので今後とも変わらぬご声援の程よろしくお願い申し上げます」と応援を呼びかけている。

    投稿には、

    「本当に残念な出来事です」
    「人の好意を利用して自分の利益に繋げる人がいたんですね。寂しい人がいたもんですね。中村さんの選択は間違ってないと思いますし、一ファンとしてその選択を尊重します」
    「丁寧なご説明をいただき、ファンに対するご配慮をいただきありがとうございます」
    と中村さんの決断に理解を示すリプライが寄せられている。

    https://news.nifty.com/article/entame/jcast/12144-176494/
    2019年01月29日 19時24分 J-CASTニュース


    (出典 img.dmenumedia.jp)


    (出典 i2.wp.com)


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    (出典 Youtube)

    大阪クラシック2日目 近鉄中村紀洋復刻


    (出典 Youtube)

    中村紀洋 応援歌 中日


    【【驚き】中村紀洋、今後送られてくる「サイン依頼」には応じず 転売を知り「差控えさせて頂く事になりました」】の続きを読む


    【巨人】モタ、日本のアニメ愛を激白「ワンピース、ナルト…」来日前に予習(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
    巨人に育成契約で新入団したイスラエル・モタ外野手(23)が29日、ジャイアンツ.
    (出典:Yahoo!ニュース)



    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    育成の新外国人ですね。何処まで伸びるか、楽しみです。

    1 風吹けば名無し

    【巨人】モタ、日本のアニメ愛を激白「ワンピース、ナルト…」来日前に予習

    巨人に育成契約で新入団したイスラエル・モタ外野手(23)が29日、ジャイアンツ球場で自主トレし、日本のアニメ愛を激白した。

    モタはドミニカ共和国で球団が行った17年度のトライアウトに落選。当時は細身で、テストを担当した大森剛国際部課長の印象にもそれほど残らなかった。

     それでもモタは野球を、日本行きを諦めきれず、昨年は無所属でドミニカ共和国内で浪人生活。トレーニングで体を大きくして188センチ、98キロとパワーアップした。
    それだけではない。この1年間、自分は絶対に日本に行くんだ、と言い聞かせて日本文化を猛勉強。日本語をアプリなどで独学で学び、日本の習慣や食事、アニメ文化も研究。
    日本行きの準備を進めてきた。

     昨年11月、巨人がドミニカ共和国で行ったトライアウトを再受験。約100人の受験者の中で、打撃練習で飛距離を猛アピールして合格。執念で日本行きの夢をつかんだ。
    大森課長からは「日本人であれだけ飛ばせる選手はいない」と大きな期待を寄せられている。

     ドミニカ共和国で日本行きの準備を進める中で、なぜアニメ文化を勉強したのかは大きな謎だった。
    そのことについてモタはこの日の自主トレ後に説明。もともとアニメ好きだったそうで「好きな日本のアニメはワンピース、ナルト、ドラゴンボール、七つの大罪。おもしろいですよね」と予習の成果を明かした。

     さらに、もう一つ好きなアニメがあると切り出し「ヤマノエース、ヤマノエース…」と日本語で説明しようと懸命に努力。
    周囲が困惑していると、スマホの検索欄に打ち込んで見せ、解決。表示されたのは「ダイヤのA(エース)」だった。
    「イエス、イエス」とうれしそうな顔を見せ「日本のアニメはとてもいいね」と何度もうなずいた。

     来日後には球団スタッフと焼き肉とラーメンを食べに行き、日本食はすっかりお気に入り。
    寮の食事も他の若手の日本人選手と一緒に楽しむ。モタは「ジャパニーズ・ドリーム」への階段を一歩一歩上っていく。


    【【何と】巨人新外国人モタ(育成)、アニオタだった!www】の続きを読む


    阿部か、炭谷か、小林か? 巨人の正捕手争い、原監督が指名するのは... - J-CASTニュース
    巨人の宮崎キャンプ1軍メンバーによる合同自主トレが2019年1月28日、KIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園でスタートした。正捕手争いが注目される阿部慎之 ...
    (出典:J-CASTニュース)



    (出典 www.j-cast.com)


    正捕手の座はやはり炭谷かな。

    1 風吹けば名無し

    阿部、炭谷と比べて存在感が薄かったのが小林だ。ブルペンでドラフト1位・高橋優貴投手(21)の球を受けたが、メディアでは高橋の話題ばかりが取り上げられ、巨人の正捕手候補としては注目度を欠いた。
    小林は昨季から打力の低さが指摘され、正捕手の座をつかみ切れないでいた。これに加え、今年1月上旬に写真週刊誌に車での衝突事故を報じられ、フロントの怒りを買ったという。

    球団関係者は「小林の事故の発覚が、長野が丸の人的補償として広島への移籍が決まってすぐのことでタイミングが悪すぎた。
    巨人への批判が高まっている状況で、フロントをはじめ球団がピリピリしていた中での事故報道だったので、関係者の怒りは相当なもの。
    この一件でレギュラーの座が遠のいたとの声も上がってます」と語った。
    https://www.j-cast.com/2019/01/29349139.html


    【【何と】巨人・小林さん、愛車の事故でフロントの怒りを買う】の続きを読む



    (出典 img.asagei.com)


    阿部は今季捕手で、出場機会が減ると思う。後は代打とかかも知れない。

    1 砂漠のマスカレード ★

    1月16日、コーチ会議を行った巨人が、2月1日からスタートする宮崎キャンプのスケジュールを発表。それは3日に早くも紅白戦を敢行するというのだ。

    キャンプ序盤は走り込みを中心に体力づくりを行うのが球界の“常識”だ。
    その後、キャンプ中盤から紅白戦を始め、3月のオープン戦に向けた実戦練習と一、二軍の振り分けを行うのだが、それが今季から一変する。変革の理由とは?

    「紅白戦は一軍の若手と二軍選手中心となっているが、ベテラン陣の方が気を揉んでいる。
    内海哲也、長野久義がFAの人的補償で放逐された今、『次は自分の番か』と…。とりわけ、控え捕手の阿部慎之助は心中穏やかではないだろう。
    紅白戦の早期実施は、実は中日時代、落合博満監督の『オレ流』を真似た“ロートル狩り”。阿部に引導を渡すのが狙いという情報もある」(スポーツ紙デスク)

    中日の監督に就任した当時の落合氏と、今季巨人の監督に就任した原辰徳氏(60)は、チーム状況が酷似している。ともに前年まで4年連続V逸。
    どん底にあるチームの再建を託され監督に就任したからだ。

    そんな当時の落合氏が実施したのが、キャンプ序盤からの紅白戦だった。ベテランも若手も分け隔てなくガチンコ勝負させ、必要な戦力をふるいにかけた。

    結果、不満分子になりかねないロートル選手はベンチに追いやられ、監督在任8年でリーグ優勝4回、2位3回。
    クライマックスシリーズでリーグ優勝した原巨人を打ち負かし、日本一に輝いたこともあった。

    当時、敵将として身をもって「オレ流」を体感した原監督。思い切った血の入れ替えと選手の若返りでV奪還を目論んでいるのだ。

    それを窺わせたのが、大相撲初場所で初日から3連敗を喫し、引退した横綱稀勢の里への、原監督からのコメントだ。

    「燃え尽きたんでしょうね。ご苦労様ですね。相撲の世界の厳しさでしょう」

    昨年の秋場所千秋楽から8連敗で、横綱としてはワースト記録を更新。
    それを考えれば、稀勢の里の引退はしごく当然なのだが、
    「聞きようによっては、ポジションがないまま巨人ベンチのボスに君臨し続けるベテラン、阿部への当てつけとも取れる」とは、前出のスポーツ紙デスクだ。

    阿部は、’00年のドラフト会議で1位指名され、’01年の開幕戦からスタメンの座に座り、正捕手として長嶋巨人、原巨人を牽引してきた功労者だ
    しかし、近年は故障続きで、’16年からは一塁手に転向。その一塁にも、昨季から新四番の岡本和真(22)が定着した。
    今季から捕手に復帰し小林誠司(29)から正妻の座を取り戻す心づもりのようだが、原監督に「捕手・阿部」というプランはない。

    「目立たないが、小林は3年連続セ盗塁阻止率1位で投手陣の信頼も厚い。しかもこのオフ、西武から捕手の炭谷銀仁朗(31)を獲得した。
    若手捕手の大城卓三、宇佐見真吾らも成長しており、これだけライバルが多くては、紅白戦の出番さえないのが現実だ」(同)


    http://dailynewsonline.jp/article/1671615/?page=2
    2019.01.29 17:45 週刊実話


    【【何と】巨人 原監督が長嶋派一掃 阿部へ下す「引退勧告」!?】の続きを読む


    阪神・能見、FA加入の西に「茨の道に来たな」 オリックスとの“違い”力説 - スポニチアネックス Sponichi Annex
    阪神一筋15年目を迎える能見篤史投手(39)が30日放送のMBS「戦え!スポーツ内閣」(水曜深夜11・56)に出演。クールに見られがちな能見が阪神について歯に衣着せ ...
    (出典:スポニチアネックス Sponichi Annex)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    FA西に対して言った事みたいですね。

    1 風吹けば名無し

    オリックスから阪神にFA移籍した西勇輝投手(28)について、
    能見は「茨(いばら)の道に来たな、と思いました」と語り、スタジオはどよめき。
    「オリックスの選手たちは楽しく(野球を)やってるな、という感じを受ける」とし、
    「阪神でそれは無理なんで」「(西本人が)思っている以上に大変だと思います」と断言する。

    オリックスから阪神に移籍した桑原も「実際、オリックスにいたときは楽しかったです」と同調。
    小杉に「その言い方やったら“今は楽しくない”になってまうで!」とツッコまれる事態となる。

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/01/29/kiji/20190129s00001173234000c.html


    【【驚き】能見「阪神で楽しく野球をするのは無理」桑原「今は楽しくない」】の続きを読む

    このページのトップヘ