(出典 lpt.c.yimg.jp)


太目の時代になるのかな。でも野球は打つ、守る、走るが有るからね。

1 pathos ★

 全豪オープンの大坂なおみはすごかったね。

 2年くらいかけ、筋量を落とさず10キロ減量したと聞いた。俺はテニスは門外漢だが、体のキレもアップしていたし、これからも、まだまだ勝ち続けるんじゃないかな。楽しみだね。

 ところで、突然だけど、野球選手は太ったほうがいいと思う? それともやせたほうがいいと思う?

 昔から特に自主トレやキャンプの時期に「体を絞った」「体重を落とした」という話をよく聞く。
 体のキレという点では、体は絞ったほうが確かにいい。ランニングを多くして絞ればスタミナもつく。
 ピッチャーや野手でも守備や走塁に関しては、そうやって体を絞ったほうが絶対にいいと思う。
 でも、バッティングはどうなのかな。

 俺が現役時代、山本浩二監督の時代だけど、小早川毅彦が体重100キロを超えてキャンプに来たことがある。浩二さんもコーチもみんな怒った、怒った。
「体を絞れ。それでは球が飛ばないぞ!」ってね。
 その後、小早川はランニングを増やしたり、食事量を落としたりして実際に体重を落としたんだけど、そうしたら打撃練習でボールがまったく飛ばなくなった。
 いま考えれば、減量で筋量も落ちちゃったんだね。コーチも今さら「太れ」とは言えないし、複雑な顔をしていたよ。

 パワーというのは筋量に比例するもので、筋量を増やすには食事も大切と聞く。つまり多少贅肉があってもいいから、ドンドン食べて体重を増やし、ウエートをガンガンやったほうが「ボールを飛ばす」ということにおいてはいい、ということらしい。
 実際、女子ゴルフプレーヤーにデブ、いや失礼、少しぽっちゃりした選手が多いのは飛距離を出すために意識して体重を増やしているからという。

 プロ野球のバッターにも、間違いなく、デブの時代ではなく、太めの時代が来ている。

 この間、アジャことロッテの井上晴哉が下半身のウエート・トレで増量し、114キロから120キロに達し、日本人選手最重量になったという記事を見た。

 ほかにも昨年大ブレークした西武の山川穂高、おかわり君こと中村剛也、ソフトバンクのデスパイネとか、太めのホームランバッターが増えている。

 加えれば1980、90年代の映像を見てもらえば分かるけど、プロ野球選手全体の体がむちゃくちゃでかくなっている。

 ただ、昔から経験則で分かっていた選手はいた。

 いまみたいに筋量がどうこうは言われてなかったけど、南海の門田博光さん、あと落合博満さん(ロッテほか)がそうだった。落合さんは、信子夫人に言われて体重を増やしてからボールが飛ぶようになったという。

 アジャの話に戻るが、2019年からZOZOマリンにホームランラグーンができるのも頭にあったんじゃないかな。狭くなった分、少しの飛距離アップで一気にホームラン数が劇的に変わってくる可能性もあるからね。

 ただ、体重増にも限度はある。清原和博も巨人時代に1年1年でかくなったけど、それでヒザの故障を悪化させた。腰やヒザへの負担は、体重が増えると、どうしても増す。選手寿命を考えたら自分のベスト体重は把握したほうがいいだろう。

 さらに言えば、最初に触れたように野球はポジションによって求められるフィジカルがまったく違う。ここまで挙げた選手は、大抵一塁手かDHだけど、ショートやセカンドなら、やはり体は絞ったほうがいい。外野も足の速さは重要だしね。

 あと投手もそう。俺は自分がそうだったこともあるけど、肩周りの可動域はもちろんだけど、先発投手は特に、体を絞ってキレを出し、柔らかく使ったほうが球持ちのいいフォームになる。だから、これまでも巨人・田口麗斗に走れ、走れと書いてきた。

 でも、広島時代の江夏豊さんがそうだったけど、クローザーとか短いイニングを投げるだけなら、それほど関係ないかもしれないし、メジャーの選手を見ていると、「速い球を投げる」というだけなら、ある程度、筋量をつけてもいいのかもしれない。

 投手、野手にかかわらず、大事なのは自分がどんなスタイルの選手を目指している、ということかな。
http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20190130-02





83

>>1
誰の記事か書けよ無能
「僕」じゃないんだよ


3

ピッチャーはデブでなくてもいいと思う。
ダルも大谷も体を大きくしたのが失敗じゃない?


31

>>3
関係ないよ
1970年代に筋トレを導入したノーラン・ライアンは46歳まで投げたからね
46歳で153km出してたそうだw

肘や腱は投げるたびに磨耗していく
同じだけ投げて壊れないかどうかはもう体質と運


4

メジャーリーグはデブだらけ


21

>>4
そんなことねーよバカ


85

>>21
デブばっかだよwww


13

サッカーはハゲだらけ
軽さを極限まで追及してる


22

>>13
それはあるぞ!


96

>>13
ボンバー中澤「俺も薄くなった」


30

デブやチビの運動音痴しか野球やらない理由


72

>>30
プロ野球の平均身長は181cm、平均体重は84kg
イチローが180cm、80kgだからどんな体格か分かるだろ? デブでもチビでもないな

ちなJリーグは178cm、72kg
ハンカチ王子が176cm、76kgだからだいたいどんな体格か分かるだろw


81

>>72
体脂肪率は?w


33

体重が重いピッチャーは、重い球を投げられるんだから
体重が重いバッターも、重い球を打てるはず


45

>>33
物理の法則からして
一度手を離れたら、重いも軽いもない


34

デブだと有利になるってのがスポーツとしては致命的だと思う
スポーツって殆どの人にとっては健康増進が主目的なんだし


49

>>34
格闘技


53

>>49
格闘技って大抵階級別になってるからね
プロレスとかを除いたまともな競技なら


50

>>34
ならんよ
走ったり守ったりしなきゃならないもん
ボンズの打撃性能を持った小錦が8人守備についたらたぶん負ける


65

>>34
野球は「スポーツ」ではなく「ゲーム」なのだ 
日本でもオールスターゲームとか言ってるだろ
ゲームのプレイヤーは監督であったり、オーナーだ

選手は都合のいいようにいくらでも代えられる「駒」なのだ

ゆえに特色のある一芸に秀でただけの駒でも重用される
ホームランを50本打てるだけの選手でも数億円の年俸を稼げるのだ
デブの選手がいる理由でもある


95

>>34
実際にデブだらけだから若者に見放されてる


98

>>34
相撲「せやな」


37

江夏豊とか晩年は超絶腹でまくりだったな


(出典 festy.jp)


74

>>37
江夏に言わすと、横腹が出るのはダメだが前に腹が出るのはかまわないそうだ。


40

デブはダメだけど太めの男好きな女は結構いると思う。街中見てみろ、デカイ男がイイ女連れてるのよく見るぞ。


76

>>40
小柄な女はなぜかでかい男を好む。


41

若い頃の清原はしなやかなスイングで打球を遠くに飛ばしてたのに筋肉付けてから急におかしくなったな


46

>>41
西武の頃は流しても引っ張っても良かったイメージあるわ


66

>>41
筋肉ムキムキになってからは上半身の力に頼りすぎてやたら力んでたよね
清原の本来の良さがすっかり影を潜めてしまった