愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心にスポーツや
話題がない時は芸能、ニュースも取りあげて、
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。


    ヤクルト ソフトB戦力外寺原を獲得調査へ 課題の投手陣補強
    ヤクルト ソフトB戦力外寺原を獲得調査へ 課題の投手陣補強  Yahoo!ニュース 個人
    (出典:Yahoo!ニュース 個人)



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    ヤクルトが寺原を調査します。投手の補強と言うことです。何処の球団になるか
    興味有りますね。

    1 砂漠のマスカレード ★

    ヤクルトがソフトバンクを自由契約となった寺原隼人投手(35)の獲得調査に乗り出すことが7日、分かった。

    プロ17年目だった今季の寺原は21試合に登板し、防御率2・39の成績を残した。
    中継ぎだけでなく、先発での経験も豊富で通算71勝を誇り、ロングリリーフもこなすことができる。
    日本一から一夜明けた4日に戦力外となったが、現役続行を希望している。

    山田哲に加え、青木が復帰した今季の打線はリーグトップのチーム打率・266。
    昨季の最下位から2位浮上の原動力となったが、先発、中継ぎ含めた投手陣には課題が残った。
    今オフはFA戦線に参戦しない姿勢を示しているが、状況を見極めつつ、慎重に調査を進めていくもようだ。

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/11/08/kiji/20181107s00001173362000c.html
    2018年11月8日 05:30


    (出典 www.nikkansports.com)


    (出典 www.ad-vank.com)


    http://npb.jp/bis/players/91095115.html
    成績


    (出典 Youtube)

    ソフトバンク 寺原隼人】日南学園時代 実況も大興奮、甲子園最速154キロ


    【【補強へ】ヤクルト ソフトB戦力外寺原を獲得調査へ 課題の投手陣補強!! 】の続きを読む


    巨人、FA丸&炭谷W獲りへ 丸には破格条件用意!6年契約総額25億円
    巨人、FA丸&炭谷W獲りへ 丸には破格条件用意!6年契約総額25億円  デイリースポーツ
    (出典:デイリースポーツ)



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    FAの丸に破格条件と炭谷獲りに動く。これから本格的になりそうですね。

    1 砂漠のマスカレード ★

    巨人が国内FA権の行使を明らかにした広島・丸佳浩外野手(29)の獲得へ向けた準備を本格化させる。
    7日、編成権を持つ原辰徳監督(60)が宮崎空港で取材に応じ「球団の方がきちんと動くと思いますよ」と事実上の参戦表明。
    広島との一騎打ちとみられる中、6年契約で総額25億円前後という破格の条件を用意しているとみられており、最大限の誠意を尽くす構えだ。
    また、同じく海外FA権行使を表明した西武・炭谷銀仁朗捕手(31)の調査にも本腰を入れ、15日の交渉解禁へ準備を加速させる。

    5年ぶりのリーグV、7年ぶりの日本一を目指す巨人が、今季のFAの“目玉”の獲得へ動きだす。
    リーグ3連覇した広島の中軸を張り続ける丸が国内FA権行使を表明。
    8日のMLBオールスター戦のためキャンプ地・宮崎を離れた原監督は、言葉を選びながらも獲得の意思をにじませた。

    「なんて答えたらいいんだろうな。球団の方がきちんと動くと思いますよ。今、僕からはそのことしか言えないな」

    現場で指揮を執るだけでなく、編成権も持つ原監督の言葉は重く、事実上の参戦表明といえる。
    不動の中堅として常勝チームを支えた丸は補強ポイントに合致する。
    ここ数年の巨人は若手外野手の台頭が乏しく、30代の陽岱鋼、長野も中堅の域に入っている。
    さらに左の長距離打者は不足。今季39本塁打を放った男が加入すれば、攻守に大きい。

    チームは丸に何度も痛い目に遭わされてきた。同一リーグからの獲得となれば大きな意味を持ち、センターラインの強化にもなる。
    条件は破格で、6年契約で総額25億円前後を用意しているとみられている。準備が整えば15日の交渉解禁と同時に速攻でアタックする可能性もある。

    丸だけではなく、長く西武の主戦捕手を張った炭谷の獲得にも動く。
    通算1169試合出場の経験を誇るその実力は申し分なく、小林、宇佐見、大城ら若手捕手にとっても大きな刺激となる。
    阿部も捕手復帰を決断しており、捕手陣の活性化にもつながる。覇権奪回を期す来季へ向け、原巨人が大型補強に打って出る。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000013-dal-base
    11/8(木) 6:00配信


    (出典 image.chess443.net)



    (出典 Youtube)

    闘魂こめて


    (出典 tsms-affiliate.com)


    【【野球】巨人、FA丸&炭谷W獲りへ 丸には破格条件用意!6年契約総額25億円!@@】の続きを読む


    侍ジャパンが9回反撃も及ばず台湾に惜敗、甲斐キャノン炸裂も
    侍ジャパンが9回反撃も及ばず台湾に惜敗、甲斐キャノン炸裂も  livedoor
    (出典:livedoor)



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    昨日の侍ジャパン台湾に負けたね。昨日見てたら、実力は台湾が上に思えた。

    1 ほニーテール ★

    ◇侍ジャパン壮行試合 日本5―6台湾(2018年11月7日 ヤフオクD)

     日米野球(9日開幕、東京ドームほか)に臨む侍ジャパンは7日、ヤフオクドームで台湾との壮行試合を行い、5―6で惜敗した。

     先発投手の左腕・笠原(中日)が2回1安打無失点、2番手の左腕・浜口(DeNA)が2回無安打無失点と好投。だが、0―0で迎えた5回、この回から3番手として登板した左腕・岩貞(阪神)が1回5安打5失点と炎上した。

     岩貞は先頭から安打、犠打、安打で1死一、三塁のピンチ。2死を取った後、9番・郭永維に中前適時打を許して先制されると、1番・陳傑憲にも適時打。さらに2番・藍寅倫には左越え3ランを被弾して一挙に5点を失った。

     打線も5回まで江辰晏、施子謙の前にノーヒット。台湾のマウンドが3番手・呉丞哲に代わった6回、1死から9番・田中和(楽天)が右中間へチーム初安打となる二塁打を放ったが、秋山、源田の西武コンビが凡打に倒れて得点はならなかった。

    8回には6番手の左腕・高梨(楽天)が3番・陳俊秀に右中間へソロ本塁打を浴びて6点差。侍ジャパン初選出の田中和が左翼の守備で3回に見せた好捕に続いて二塁打を放つなど気を吐き、広島との日本シリーズで6連続盗塁刺を見せて育成出身初のMVPに輝いた甲斐(ソフトバンク)が9回から捕手に入り、台湾の盗塁王・王威晨の二盗を刺す場面もあった。

     その裏の9回の攻撃では先頭の田中広(広島)が左越え二塁打で出塁すると、続く山田哲(ヤクルト)が中前適時打を放って反撃開始。柳田(ソフトバンク)の左前打と岡本(巨人)の四球で1死満塁とし、相手失策と押し出しでさらに2点を追加すると、外崎(西武)の中前適時打で1点差に迫ったが、最後は田中広が空振り三振に倒れた。

     稲葉篤紀監督(46)率いる侍ジャパンはMLB選抜と9日開幕の日米野球で6試合を戦う。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000157-spnannex-base


    【【負けた】 侍ジャパン壮行試合 9回反撃及ばず台湾に惜敗 3番手・岩貞(阪神)が1回5失点と炎上!!】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    原監督がFA表明した広島丸選手の事を話した。さてどうなるだろうか、楽しみです。

    1 ひかり ★

    巨人の原辰徳監督は7日、広島の丸佳浩外野手が国内フリーエージェント権の行使を表明したことについて、
    「球団の方がきちんと動くと思いますよ。今、僕からはそのことしか言えないな」と話した。

    以下全文サンスポ
    https://www.sanspo.com/smp/baseball/news/20181107/gia18110716470007-s.html

    (出典 www.sanspo.com)


    【【ターゲット】広島・丸FA表明で巨人・原監督、「球団がきちんと動くと思う」!!www】の続きを読む


    オリックス、ソフトバンクと三つ巴の西武・浅村争奪戦 「楽天1番手」のワケ
    オリックス、ソフトバンクと三つ巴の西武・浅村争奪戦 「楽天1番手」のワケ  Yahoo!ニュース 個人
    (出典:Yahoo!ニュース 個人)



    (出典 www.newscafe.ne.jp)


    浅村の争奪戦、何処が獲得するかな。

    1 ひかり ★

     西武・浅村栄斗内野手(27)が5日、球団側に国内FA権行使の意向を伝えた。今季、主将として10年ぶりのリーグ優勝に貢献し打率3割1分、
    32本塁打、127打点で2度目の打点王に輝いた浅村にはすでにオリックス、楽天、ソフトバンクのパ・リーグ3球団が水面下で激しい綱引きを開始している。
    中でも一番手といわれているのが、西武とは29・5ゲーム差で最下位に沈んだ「楽天」だ。優勝チームの主将がその年の最下位チームにFA移籍するとなれば
    前代未聞の事態だが、その根拠となっているのは…。

     FA交渉に関しては昨年まで、交渉の「ジョーカー役」を担ってきた渡辺久信シニアディレクター兼編成部長(53)が正式な交渉役として今オフから
    本格登板。今回が通算3度目のFA交渉となる炭谷銀仁朗捕手(31)とともに両者を「全力で引き留める」と完封宣言した矢先の意思伝達だった。

     この日、西武球団側に権利行使の意思を伝えた浅村は、近日中に正式表明を行いFA申請手続きに入ることになる。もちろん、西武側も「宣言残留」を認めた上で
    最終交渉への秘策を練っていくことになるが、野球以外ではあまり目立つ行動を好まない浅村が手を挙げたことへの反響は大きい。チーム内では「SDがあれだけ手順を
    間違えずに交渉しても、他球団の評価を聞きたいというのには、よほどの事情があるんでしょう」と移籍やむなしの声すら上がっている。

     西武はすでに2012年オフに中村剛也内野手(35)が結んだ日本人選手最高契約の「年俸4億1000万円+出来高の4年契約」を超える「年俸5億円の4年契約」を
    提示し引き留めへ最大の誠意を示しているが、ライバル球団も西武と同等、またはソフトバンクの「出来高を含めた最大年俸7億円の4年契約」を筆頭に
    銭闘条件を用意し大争奪戦に備えている。

     しかし、そのホークス関係者が「ウチの誠意は今のところ条件だけ。楽天のような人的アドバンテージはない」と劣勢を認識しているように、争奪戦の
    ポールポジションにいるといわれているのが最下位・楽天。その「人的アドバンテージ」と警戒されているのが昨年までの4年半、西武に在籍していた
    渡辺直人内野手(38)の存在だ。

     これまで在籍してきたDeNA、西武、楽天の3球団でいずれも「兄貴分」としてベンチをまとめ若手ナインの良き相談役となってきた渡辺は「浅村交渉」に
    関して、同じ西武OBの石井一久GMに次ぐ“特命編成担当”としての任務を与えられているともいう。

     シーズン中から西武関係者も「当然、仙台遠征に行けば銀仁朗と同じようにグラウンドで話もしているし互いに携帯番号も知っている。向こうには岸もいて
    同級生の則本ともすでにいい関係を築いている。何より同じ野手に直人がいるのは環境的に飛び込みやすいでしょ」とキーマンの存在に警戒を強めていた。

     いずれにしても交渉は生き物。最初に決めていた方向性を貫き通すこともあれば、思わぬ誰かのひと言や条件提示、ボタンの掛け違いひとつで局面はガラッと
    変わってしまうもの。西武残留の目も含め浅村争奪のガチバトルが始まろうとしている。

    東スポWEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181106-00000027-tospoweb-base


    【【FA】オリックス、ソフトバンクと三つ巴の西武・浅村争奪戦 「楽天1番手」!!】の続きを読む

    このページのトップヘ