愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心にスポーツや
話題がない時は芸能、ニュースも取りあげて、
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。



    (出典 i.pinimg.com)


    先発も中継ぎも結構大変かな。

    1 風吹けば名無し :2019/11/15(金) 20:24:23

    巨人、美馬に直接断わられる 鈴木大地は返事待ち
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191115-11150888-nksports-base

    巨人大塚淳弘球団副代表(60)は15日、都内で楽天から国内FA権を行使した美馬と会談し、
    5度目の対面で直接断りの意思を伝えられた。「10時ごろに本人から電話があって夕方に会いたいと。
    そこで伝えられました」と説明した。宮崎から帰京した原監督には電話で報告。
    課題の先発補強については「外国人はずっとあたってましたから、あとはトレード。リストアップして
    可能性あるかどうか調査しないといけない」と話した。ロッテから国内FA権を行使した
    鈴木については「返事待ち」とした。


    【【仰天】巨人 FA美馬にふられ、先発補強はトレードか??】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    かなり重要な試合になりそうですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/15(金) 07:38:10

    野球の国際大会「第2回プレミア12」は14日、試合がなく、2次ラウンドを3勝1敗で首位に並ぶ日本代表は全体練習を行わなかった。
    各自休養して英気を養う中、16日の韓国戦に先発が予想される岸孝之投手(34)=楽天=だけが練習。試合会場となる東京ドームのマウンドを使って投球練習を行い、決勝進出がかかる大一番へ、「いくしかない」と闘志をのぞかせた。

    東京ドームのマウンドを“貸し切り”した。コーチ3人が見守る前で、岸が熱のこもった47球のピッチング。韓国撃破へ右腕をしならせた。

    「ぜいたくな時間をさせてもらった(笑)。ここまできたら何としても勝ちたい。チームのために貢献したいです」

    当初はブルペンで投げる予定だったが、マウンド使用可能という吉報を聞き、本番さながらに投げこんだ。
    10月30日に発熱。11月6日のプエルトリコ戦先発を回避したが、復調をアピールして16日の韓国戦先発へスタンバイOKだ。

    決勝進出のかかった大一番。東京ドームのマウンドは「硬いです。でも(より硬いとされる)札幌(ドーム)を経験しているんで」と意に介さない。
    今季は登板がなかったが、昨季は東京ドームで2試合に登板して2勝。西武時代の2008年日本シリーズ第6戦ではロングリリーフで巨人から白星を挙げ、日本一に貢献してMVPにつなげたゲンのいい球場だ。

    「投げろといわれたところでベストを尽くすだけです」。韓国打線は大会を通じてチェックしている。待望の初先発。NPB通算125勝の実力を存分に発揮する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191115-00000505-sanspo-base
    11/15(金) 5:00配信

    https://baseball.yahoo.co.jp/baseball_event/schedule/
    日程


    【【決戦へ】日本VS韓国戦16日(土)19時〜 先発予想の岸がドームで練習!】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)


    破格の待遇ですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/13(水) 09:19:27

    福田の今季年俸は3600万円、単年ベースで約5倍の好条件

    楽天が、国内FA権を行使してフリーエージェントとなったソフトバンクの福田秀平外野手に対し、4年7億円プラス出来高という破格の条件を提示することが分かった。
    楽天は13日に福岡市内で球団首脳が福田本人と初交渉を行う。

    楽天は石井一久GMらが13日に福田と直接交渉を行うが、そこで破格の好条件を提示する。
    球界関係者によれば、今季の年俸3600万円(金額は推定)の福田に対し、
    楽天は4年7億円プラス出来高、出来高の項目を全てクリアすれば、総額で10億円を超える条件を準備。
    単年ベースに換算すれば、年俸だけで今季から約5倍という信じられないような好待遇を用意した。

    福田には楽天のほか、ヤクルト、西武、ロッテ、中日なども獲得に名乗りを挙げ、既に交渉を済ませている。
    今季までプレーしたソフトバンクも4年5億円の好条件を提示して、残留を要請しているものの、楽天の提示はそれを遥かに上回るものとなる。

    走攻守で高い能力を持つ福田だが、ソフトバンクでは柳田や中村晃、グラシアルといった球界を代表する選手たちがいたこともあり、レギュラー獲得には至らず。
    それでも、今季は80試合の出場、183打席で自身最多となる9本の本塁打を放った。
    走塁、守備面でも高い能力を持ち、他球団から高く評価されている。

    福田自身は条件面には固執しておらず、あくまでも自身を選手として高く評価し、本当に必要としてくれていると感じられる球団でプレーすることを望んでいるという。
    ソフトバンクも含めて6球団による争奪戦となっている福田の去就。
    果たして、いかなる結論が導き出すのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00598952-fullcount-base
    11/13(水) 6:10配信

    http://npb.jp/bis/players/11615114.html
    成績


    (出典 newscollect.jp)


    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    【【仰天】楽天がFA・福田に4年総額10億円超の破格条件を提示し、13日に石井GMらが初交渉した模様!】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    色々と言われますね。

    1 風吹けば名無し :2019/11/15(金) 12:30:12.37

    5年ぶりのリーグ優勝を果たすも日本シリーズでは無残な4連敗に終わった原巨人。「かつての巨人軍にあった底力が感じられない」と嘆くのは、錚々たる巨人軍OBたちも同じ。おのおのの「再建私案」を15人分紹介しよう。

    ●杉下茂氏(94):投手陣のコントロールが悪い。投げた後の腕・足の位置を確認しながら、投球フォームを固めることが大切だ。

    ●広岡達朗氏(87):日本シリーズの4タテは監督、コーチの責任。DHなどの制度変更を求める前に、野球を勉強しなさい。

    ●森祇晶氏(82):とくに短期決戦では誰がマスクをかぶろうと同じ。首脳陣が相手の分析をきちんとすべき。

    ●中村稔氏(81):OBの意見に耳を傾けるべき。球場内でOBが入れないエリアが増え、選手に修正点を伝える機会を逃している。


    【【悲報】巨人のOB、今年セ・リーグ優勝した巨人に提言!】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    何処に行くか注目されていたね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/11/15(金) 07:46:25.73

    楽天から国内フリーエージェント(FA)権を行使した美馬学投手(33)が、ロッテに移籍する意志を固めたことが14日、サンケイスポーツの取材で分かった。
    複数の球界関係者の話を総合すると、美馬が親しい関係者に伝えているという。
    巨人、ヤクルト、宣言残留を認めていた楽天が争ったが、実力派右腕は新天地を千葉に決めた。

    野球人生の岐路に立っていた美馬が、悩んだ末に重い決断を下した。
    ロッテは3年契約で3億9000万円程度プラス出来高払いを用意。
    ヤクルトも同等、巨人はそれ以上とみられる条件を提示し、楽天も宣言残留を認めていたが、ロッテ移籍を決断したもようだ。

    投手不足のロッテは、シーズン中から水面下で調査。今月3日に交渉が解禁されると積極的にコンタクトを取り、熱意を伝えてきた。
    11日の初交渉後、松本球団本部長は「うちは若い投手が多いので見本になってくれる人物。全力で説明できたかなと思う。誠意は見せられた」と語っていた。

    前日13日、巨人は原監督が出馬し、4度目の交渉の席についた。予期せぬサプライズ。
    父親が巨人ファンの美馬は以前、「巨人に入団したら喜ぶだろうな」と話していた。
    気持ちが傾きかけたこともあったようだが、ロッテの熱い訴えが心に響いていた。

    今季中に国内FA権を取得した右腕は10月27日の宣言前、サンケイスポーツの取材に対し「必要とされるチームでプレーしたい。
    野球人生の中で、今後は年齢的にもうFA宣言はできない。一生に一度の選択だから、後悔したくない」と激白していた。
    10月に第1子が誕生したこともあり、関東に住む家族との生活を最優先し、「関東のチームでプレーしたい気持ちもあって、FA権を行使しました」と明かしていた。

    美馬は中大を経て、東京ガスから2011年に楽天入り。身長169センチと小柄ながら、打者の内角を突く強気の投球で、17年には自己最多の11勝を挙げた。
    13年には球団初のリーグ優勝と日本一に貢献し、日本シリーズではMVPに輝いた。

    9年目の今季も25試合に登板して8勝5敗、防御率4・01。
    QS(クオリティスタート=6回以上、自責点3以内)は13度を記録した。
    岸、則本昂が長期離脱する中、チームでただ一人先発ローテーションを守り、規定投球回(143回)にも到達した。

    経験と実績のある右腕が入団となれば、波及効果は大きい。
    ロッテは今季、石川と種市がチーム最多の8勝をマークしたものの、シーズンを通して先発陣の薄さが浮き彫りとなった。
    さらに、頭角を現してきた同じ右腕の岩下ら若手にとって、格好の手本にもなる。

    楽天一筋9年で、生え抜きでは球団第1号のFA移籍選手となる。
    「いま自分があるのは、楽天が育ててくれたおかげです。本当に感謝しています」という来季34歳のベテランが、新天地で新たな輝きを放つ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191115-00000020-sanspo-base
    11/15(金) 7:00配信

    http://npb.jp/bis/players/01605133.html
    成績


    【【驚き】楽天・FA美馬が熱い訴えに応えロッテ移籍決断!】の続きを読む

    このページのトップヘ