愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。


    今後どうなるかな。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2022/01/18(火) 19:32:40.81

    スポーツ 野球
    2022年01月18日
    https://www.dailyshincho.jp/article/2022/01181103/?photo=1

    (出典 www.dailyshincho.com)


     ダイエット成功──1月13日、日本ハム・清宮幸太郎内野手(22)の“成果”がスポーツ紙によって一斉に報じられた。新庄剛志新監督(49)が「ちょっと痩せない?」と指示を出したことが大きな話題になっていた。

     ***

     例えば、サンケイスポーツ(電子版)の見出しは以下のような具合だ。

    《日本ハム・清宮が10キロ減!新庄ビッグボスの「デブじゃね?」に満点回答「見てほしいのはもっと違うところ」》

     担当記者が言う。

    「きっかけは昨年11月の沖縄・国頭村での秋季キャンプでした。監督に就任したてでマスコミから大きく注目されていた新庄監督が、清宮選手の脇腹を摘まみながら、『ちょっとデブじゃね? ちょっと痩せない? 痩せたほうががモテるよ。かっこいいよ』と声をかけたのです。この頃の清宮選手は100キロを超えていたと言われています」

     監督の指令に、清宮は素直に従ったようだ。秋季キャンプの後に行われた契約更改の記者会見で、取材陣に約6キロ減量したと明かした。

     そして今回、佐賀県内で行われているソフトバンク・柳田悠岐外野手らとの合同自主トレで、更に3〜4キロを落としたことを明らかにしたのだ。

     サンスポは前掲の記事で、《94キロ前後まで大幅減量に成功》と報道。《食事では脂質に留意し、秋季キャンプ中に始めた朝の散歩を自主トレでも継続》と、清宮のひたむきな努力も伝えた。

    ■パワー不足の懸念

     しかし、ここである疑問が浮かぶ。清宮は三段腹の中年会社員ではない。運動不足の肥満体であるはずもないだろう。プロ野球選手として厳しいトレーニングに臨み、公式戦に出場しているのだ。

     素人の肥満とはレベルが違う。そもそも減量が必要なのだろうか。10キロを落としたとなると、かえってパワーがなくなるのではないかと心配になってしまう。

     スポーツ紙は減量成功としか報じなかったが、夕刊紙の東スポ(電子版)は1月13日、「本人は効果実感も… 日本ハム・清宮の急激ダイエットに『期待』と『不安』の声」の記事を掲載した。

     文中では清宮本人の「やっぱり動きやすいです。あまり疲れないですし」という言葉を紹介している。更に、故障が減る、体のキレが戻る、守備にもプラス──とのメリットも指摘した。

     その一方で、《極端な減量は長距離砲にとってマイナス面もある。筋力を維持できなければ、パワー不足に陥ってしまう》と懸念も示した。

     ヤクルト、巨人、阪神で主砲として活躍した野球評論家の広澤克実氏も、「そもそも清宮くんの不振は、肥満が原因だったのでしょうか」と首を傾げる。

    「清宮くんが直面している問題を考えるため、現在、セ・リーグとパ・リーグで素晴らしい打撃成績を残している選手を列挙してみましょう。どんな共通点があるか考えてみてください」

    ■体重移動の問題

     年齢順に並べてみよう。セ・リーグでは、ヤクルトの山田哲人内野手(29)、広島の鈴木誠也外野手(27)、DeNAの佐野恵太外野手(27)、巨人の岡本和真内野手(25)、ヤクルトの村上宗隆内野手(21)。

     パ・リーグでは、ソフトバンクの柳田悠岐外野手(33)、オリックスの杉本裕太郎外野手(30)、同じくオリックスの吉田正尚外野手(28)──以上の8人になるという。

    「8人のバッターは、バッティング時の体重移動が優れています。ステップした時にピッチャー側へ体重は移動しますが、インパクトからフォローにかけて、必ずキャッチャー側に戻ります。ピッチャー側に体重が移動しっぱなしだと、いわゆる『体が前に突っ込んだ』状態になります。8人のバッティングフォームと、清宮くんのフォームを比較してみてください。清宮くんの体重はキャッチャー側に戻っていないことが分かるはずです」(同・広澤氏)

     清宮が一軍に定着できない理由は、バッティングフォームにあるわけだ。その修正が求められているのは言うまでもないが、ここで問題なのは、その原因が肥満にあるのかということだ。

    「たとえ肥満体だったとしても、バッティングフォームの体重移動に悪影響が出るとは考えにくいです。新庄監督がどのような考えから減量を命じたのか、もちろん私に真意が分かるはずもありません」(同・広澤氏)

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)


    【日本ハム・清宮幸太郎“10キロ減量”を心配する声 打撃不振と体重は無関係でデメリットがある】の続きを読む


    延長するんだ。

    1 風吹けば名無し :2022/01/18(火) 05:16:31.93

    日本野球機構(NPB)が今季のプロ野球のレギュラーシーズンの延長戦について、2019年までの12回制に戻す方向で調整に入っていることが17日、分かった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で20年は10回、21年は延長戦なしで行われていた。

    現在、オミクロン株による感染再拡大が急速に進み、見通しは不透明。開催地の自治体と協議し、今後の感染状況をにらみつつではあるが、今季は延長12回を戦う方向だ。18日の実行委員会で基本方針として確認される見通しとなっている。

    昨年は9回打ちきりだったため、引き分け試合が激増。19年はセ・パ計22試合だったが、21年は同計102だった。セ・リーグは阪神が最多の77勝をマークしたが、引き分け数の差(阪神10、ヤクルト18)で勝率ではヤクルトが5厘上回り、優勝を逃すという珍しい現象も起きた。

    今後、コロナの感染状況が悪化すれば、20年に採用されていた10回制や、11回制に短縮する可能性もある。3月25日の開幕まで約2カ月。最終判断を下すまで、慎重に検討を重ねていく。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/99467aee9cb5b0e510284cf1d4bb4eade9d89c48


    【プロ野球延長12回www】の続きを読む


    戻れないからね。

    1 THE FURYφ ★ :2022/01/18(火) 17:21:33.92

    野球解説者で元西武のG.G.佐藤さん(43)が18日、ツイッターを更新。映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズに登場する
    アメ車の写真を添え、ある1日に思いをはせた。

    佐藤さんは机の上に置いたミニカー「デロリアン」の写真を投稿。劇中ではこの車がタイムマシンとして用いられているため、
    「えーと…20080822っと」と、ある1日を選び、「#セット完了」のハッシュタグを添えた。

    佐藤さんが設定した2008年8月22日は北京五輪・野球の準決勝「日本―韓国戦」が行われた日。代表に選出された佐藤さんは
    「7番・レフト」で先発し、慣れない守備位置と球場だったため、3失策を記録。敗戦につながる落球をしてしまった。
    今も語り継がれる大エラーは、もはや佐藤さんのネタにもなっている。

    「あの日に戻りたい」という佐藤さんの切なる叫びにフォロワーも即座に反応。「戻って何する気スかwww」「いやいや、
    試合に出てるGG佐藤ともう1人のGG佐藤が鉢合わせて大変なことになるww」「時間もセットしないと」と盛り上がっている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a44c54e05ac8c02246fcb8156e240b9bc5b584a0


    【元西武のG.G.佐藤さん、「デロリアン」で戻りたいのはやっぱりあの日】の続きを読む


    期待出来るのかな。

    1 風吹けば名無し :2022/01/18(火) 14:35:58.03

    巨人ドラ1大勢、立ち投げで強烈剛速球 2位山田龍聖も仰天「怖かった」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bbe2cdb84efa34658c98528a1e5e14dfcb9e6f87?s=09
    >初めてブルペンで5分間の立ち投げを行った。ドラフト2位の山田龍聖投手(21=JR東日本)へ8球を投げたところで、大竹トレーニング統括補佐から「大勢、球強すぎるからチェンジで」と受け手が山田からブルペン捕手に変更となった。

    大勢は「5割、6割くらいだった。フォームを重視しながら投げていたので、その分、球がいっちゃったかな」と振り返った。受け手を交代となった山田は「早いというより強いですね。なかなかいないですね。今のところ一番強いかもしれないです。持ってかれるというか。グラブのひもが切れそうで怖かったです」と経験したことのない強い球に驚いた。


    【巨人ドラ1・翁田、「爆弾ストレート」だったmm】の続きを読む


    助っ人見る目が有るのかな。

    1 風吹けば名無し :2022/01/18(火) 08:59:29.77

    ラミレス氏の次なる野望は「GM」 助っ人見極める“目”に自信「25~30HR保証」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3cab8a07f95e5e80ff2447cc580703f4d88b655a


    【ラミレス「もし僕に外人野手を連れてくる権限を与えてくれれば必ず30本打つ選手を連れてきてみせる」】の続きを読む

    このページのトップヘ