愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。


    開花するかな。

    1 ニーニーφ ★ :2023/02/01(水) 23:13:18.54
     巨人に加入したオコエ瑠偉外野手がフリー打撃を行い、原監督が早くも直接指導に乗り出した。

     昨年の現役ドラフトで楽天から獲得。原監督もその潜在能力を高く評価しており、打撃ケージに入ると興味深そうに歩み寄り、身ぶり手ぶりを交えて何度もフォームを確認した。
    助言後、左翼席へ次々と柵越えを連発すると、指揮官は何度もうなずいていた。

     練習後、指揮官は「やっぱりいいものを持っていると思いますね」と称賛。
    原監督、大久保コーチ、亀井コーチの3人体制で熱視線を送っていたが「たいした指導ではないですけど、何かヒントになれば、それはいいと思いますね」と語った。

     オコエは助言の内容について、「ちょっとベースから離れすぎと言われたので寄っていって。何でこれだけ離れるの?と聞かれながら教えていただいので、すごく納得しながら」と、充実の表情だった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/faaaec6d7cb587d639d208f8eaaed5f1b5357e72
    デイリースポーツ

    【巨人・原監督が早くもオコエを直接指導 「やっぱりいいものを持っている」と称賛】の続きを読む


    大きな当たりですね。

    【【爆笑】巨人・オコエ瑠偉、フリーでレフト上段に140m弾mm】の続きを読む


    ハンカチに拘ってるかな。

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/02/01(水) 11:14:43.74
    2023年2月1日 10:25

     元日本ハムの斎藤佑樹氏(34)が1日、老舗ハンカチメーカーの川辺株式会社とパートナーシップ契約を締結した。

     新たな化学反応が起きるか? 斉藤氏はかつて、全国制覇を成し遂げた早実時代に「ハンカチ王子」として一世を風靡した。トレードマークとも言える「ハンカチ」だが今回、この日で創業100年を迎える東京の老舗ハンカチメーカー・川辺株式会社とタッグを組むこととなった。

     ハンカチへの熱い思いを持つ者同士による新たなプロジェクト。「ハンカチ王子」の第二章の幕開けとなるか。

    東スポWEB
    https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/252655

    【ハンカチ王子第二章の幕開け! 斎藤佑樹氏が老舗ハンカチメーカー・川辺と強力タッグ】の続きを読む


    マメ大丈夫かな。

    1 それでも動く名無し :2023/02/01(水) 18:09:02.10
    巨人・ドラ1浅野 キャンプ初日から“アクシデント” フリー打撃で左手マメが破裂「そこは悔いが」

     巨人のドラフト1位・浅野翔吾外野手(18)=高松商=がキャンプ初日から“アクシデント”に見舞われた。フリー打撃で左手のマメが破裂。33スイング中、柵越えは1本にとどまった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3d56e559b9673546cbfb6b724f32056ae265b669

    【【悲報】巨人浅野、33スイングで柵越え1本&マメ破裂meme】の続きを読む


    色々と有ったのかな。

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/02/01(水) 11:09:54.41
    「中日にセレモニーを要求」と報道されて…平田良介がいま明かす“あの退団会見”の真相 34歳の引退決断は「家族を養っていくことを考えたら…」
    2/1(水) 11:02配信 Number Web

    昨年末に現役引退を発表した元中日・平田良介。現役時代に突如襲われた原因不明の病気との闘い、そして退団会見での“あの騒動”について、Number Webのインタビューで語ってもらった。(全2回の#2/#1へ)

     2021年4月上旬、深夜。

     中日の平田良介はベッドから飛び上がるように目が覚めた。胸が苦しい。動悸が激しく、まともに呼吸ができない。家族がすぐに救急車を呼び、病院へ搬送されている車中で血圧を測ると、130未満が正常とされる数値が188まで上昇していた。

    2年前、突如襲った病気

    「これ、死ぬんちゃうん?」

     恐怖心が襲う。幸いにも病院で応急処置を受けると症状が治まったため、入院せずに済んだ。ところが、3週間後にまた動悸と呼吸困難で苦しみ、再び救急医療へと向かった。

     異型狭心症。

     医師から告げられたのは、聞き馴染みのない病名だった。心臓の血管が極度に縮むことによって発症する病気なのだというが、不摂生どころかアスリートとして人一倍、体に気を配っていた平田からすれば、「なんで?」という疑念しか浮かばなかった。

    「トレーニングだってサボっていたわけじゃないし、食事だって嫁が気を使ってくれていたり体調管理しているのに、急に病気になりました――すぐには納得できないですよね」

     4月の下旬に一軍登録を抹消された平田は、まともに野球ができなくなった。それどころか、病は日常生活に支障を来していく。

    「体調管理できてないから、とか書かれたり」

     まず、運転ができない。ハンドルを握り、アクセルを踏むと、まるでジェットコースターが急降下したような感覚に襲われる。「やばい!」。危険を察知して路肩に車を停める。正常なら自宅から15分程度で着く球場まで、40分ほどかけ安全運転で向かう日もあった。

     本当ならばゆっくり体を休められるはずの夜も、平田にとっては苦痛だった。胸が苦しくなると、寝返りを打つのも辛い。動悸や息切れの症状が気になり、眠ることすらままならなくなっていった。そんな状況ではあるが、敏感なアスリートはふと冷静にもなる。

    「あ、筋肉がしぼんでる」

     9月の下旬に実戦復帰こそできたが、肉体の衰えは平田を落胆させた。ウエートトレーニングでスクワットをする。180キロのバーベルを持ち上げられた肉体は、80キロで悲鳴を上げた。正確には踏ん張ろうと息を止めると、胸が苦しくなり動きが止まるのだ。

    「『もっと重いの担げんのに、こっち(心臓)がアカン、アカン! 』って、追い込んでトレーニングできなかったんで。『どうしよう……』っていう気持ちが続いてましたね」

     新型コロナウイルスによるパンデミックで、日本中が混乱した前年の20年。プロ野球も開幕が延期となり、平田自身も体調不良や下半身の故障などで本来のパフォーマンスを発揮できず、55試合の出場に留まった。打率2割4分、3ホームラン、17打点。レギュラーとなった11年以降ではワーストの成績だっただけに、21年は捲土重来を期していた。それが、突然の病気によってさらにパフォーマンスを落としてしまったのである。

     平田の目線が少し落ちる。

    「しんどさはありましたね。『体調管理できてないから、そんな病気になったんや』とか、そんなことをどっかに書かれたり。人になかなか分かってもらえるものじゃないから」

    続きはソースをご覧ください
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e6c005bf6f622c545d49d3004f8de1cd576d3c76

    【「中日にセレモニーを要求」と報道されて…平田良介がいま明かす“あの退団会見”の真相】の続きを読む

    このページのトップヘ