愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心にスポーツや
話題がない時は芸能、ニュースも取りあげて、
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。


    ソフトB 中村晃の体調不良は自律神経失調症 今後は治療に専念(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
    ソフトバンクは23日、中村晃外野手(29)が自律神経失調症による体調不良と発表した.
    (出典:Yahoo!ニュース)



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    これは結構大変かも知れないね。

    1 ひかり ★ :2019/03/23(土) 12:50:04.18 ID:MTLGqmnE9.net

     ソフトバンクは23日、中村晃外野手(29)が自律神経失調症による体調不良と発表した。

     中村晃は右脇腹を痛め9日からオープン戦を欠場。12日に福岡市内の病院で「右腹斜筋筋挫傷」と診断されていた。患部は快方に向かっているが、
    この日までに自律神経失調症と診断された。今後は治療に専念することになった。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190323-00000175-spnannex-base


    【【野球】ソフトバンク 中村晃の体調不良は自律神経失調症と発表! 今後は治療に専念】の続きを読む



    (出典 sportiva.shueisha.co.jp)


    これから活躍するかも知れない。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/21(木) 23:58:20.88 ID:q0LahFRv9.net

    <オープン戦:中日7-4オリックス>◇21日◇ナゴヤドーム

    かつてのドラフト1位が遊撃のレギュラー候補に浮上した。中日堂上直倫内野手(30)がオリックス戦の4回に1号2ランを放った。

    「1打席目に差し込まれていた。ストレート1本でいった。最後の打席で、もう1点取らないと。ああいう場面で打ってアピールしたい」。
    7回裏1死満塁で浅い右飛に沈み、喜びも控えめだったが、首脳陣に存在感を示した。

    巡ってきたチャンスだった。遊撃の大本命・京田が20日に緩慢プレーで懲罰交代。この日はスタメンから外れた。
    堂上は10日のロッテ戦以来となる遊撃先発で結果を残した。昨秋のキャンプから自ら打撃フォームを改造。
    バックスイングを後方に傾けて引くだけに変えた。村上打撃コーチは「あれでバットが外から出ず、内側から出るようになった。
    下半身も使えるようになった。ワンプレーン打法だね」と取り組みを称賛する。与田監督も「シーズンの中でもライバル争いをしてほしい。
    (レギュラーに)どっしりあぐらをかいてもらっては困る。これからも(レギュラー争いは)続く」と目を細めた。

    堂上は06年の高校ドラフト1巡目で中日に入団。昨年の契約更改で、こう言い切った。「来季は遊撃1本です」。
    遊撃は京田が2年間レギュラーを務め、ドラフト1位の根尾も加入した。不屈の30歳が再び輝きを放つ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-03210937-nksports-base
    3/21(木) 19:52配信


    (出典 nordot-res.cloudinary.com)


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【驚き】中日堂上1号2ラン「打ってアピール」遊撃候補浮上 !】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    会見すると質問が出たりして、下手なコメント出来ないと思ったのかな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/22(金) 23:42:01.48 ID:Ft2agPl49.net

    異例の行動が、イチローへのリスペクトが込められていた。
    中日松坂大輔投手(38)が22日、同日未明に現役引退を表明したマリナーズ・イチロー外野手(45)への会見を予定していたが、直前に急きょ中止。
    コメントを発表した。

    「イチローさん、28年間お疲れさまでした。
    イチローさんと何度も対峙(たいじ)できた事、オールスターや日の丸を背負い同じチームでプレーできた事、同じ空間で過ごし、いろいろな話ができた事、全てが特別な時間でした。
    プロ入り前からその姿を追いかけ、イチローさんがいたから今の僕が在ります。
    2試合とも観ていましたが試合中、試合後の姿を見て改めてイチローさんが特別な存在なんだ、と再認識しました。

    今は感謝の気持ちをとにかく伝えたいです。
    長い間、僕たちの目標で在り続けていただき、本当にありがとうございました! そしてこれからも僕の目標である事は変わりません! 
    ただ、できる事ならばもう一度、イチローさんに投げたかったです…。
    これからは自分のペースでゆっくりされて体と心を休めて下さい。メールでも伝えましたがいろいろと話したい事、
    聞きたい事があるのでまた今度食事に連れて行って下さい! 」

    熱い思いがあふれていた。
    当初はリハビリをするナゴヤ球場で会見を行う予定だった。
    午前9時に球場入りし、同10時30分にマスコミ各社での囲み取材に応じる姿勢を示した。
    テレビカメラ6台がセッティングされ、記者もスタンバイ。
    本人の登場を待つだけだった。しかし、「会見で中途半端なコメントは出せない。
    後でコメントとして流させて欲しい」と、球団広報を通じて会見の中止を連絡した。

    2月の沖縄キャンプでファンと接触したことから右肩の炎症を起こし、キャンプを離脱。
    2月末からナゴヤ球場でリハビリを続ける。
    この日も、約40メートルのキャッチボールをして調整した。
    しかし、球場外でのリハビリも並行しているため、短時間の取材でイチローを語ることを控えた。

    松坂にとってイチローの存在は大きかった。
    98年、ドラフト1位で西武に入団。ルーキーの99年5月16日のオリックス戦(西武)で初対決。
    5年連続首位打者だったイチローから3打席連続三振(1四球)を奪った。
    「プロでやる自信が、確信に変わった」と、試合後のインタビューで名言の残した。

    その後、06、09年のWBCでは日の丸を背負い連覇を達成。
    メジャーでも、敵味方に分かれ、対戦した。
    球界をけん引してきた先駆者のイチロー。
    会見を取りやめコメント発表に変えたのは、平成最後の年に現役引退した先駆者へ、「平成の怪物」が見せたリスペクトだった。

    3/22(金) 18:23配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-03220805-nksports-base


    【【驚き】松坂がイチローへ見せたリスペクト…急きょ会見中止!】の続きを読む



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    結局2番は丸でなくなっているね。5番以降どうなるかですね。

    1 ひかり ★ :2019/03/22(金) 21:47:26.32 ID:Y/85ac4U9.net

     巨人・原辰徳監督(60)が22日、東京・千代田区のホテルニューオータニで行われた激励会に参加。「1番から4番まで打順は決まっております」として、
    「1番は吉川尚輝でいきます。2番・坂本勇、3番・丸、4番・岡本」と開幕オーダーの一部を披露した。

     また、3月29日の広島戦(マツダ)の開幕投手はすでに明言している菅野を指名。さらに4月2日の本拠地開幕戦となる阪神戦(東京ドーム)の先発は
    山口に任せるとし、「チーム一丸となって日本一を目指して戦ってまいります」と改めて誓った。

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00000570-sanspo-base

    (出典 www.sanspo.com)


    【【何と】巨人・原監督が開幕オーダーの一部を明かす「1番は吉川尚輝。2番・坂本勇、3番・丸、4番・岡本」】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)


    優勝は日本一を指しているのかな。

    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/03/22(金) 19:42:24.19 ID:82+WbP/X9.net

    3/22(金) 19:16配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00000197-sph-base

     読売新聞グループ本社の渡辺恒雄代表取締役主筆(92)が22日、都内のホテルで行われた「2019 読売巨人軍激励会」に出席。監督、コーチ、選手と壇上に上がり、主催者あいさつとしてスピーチした。

     冒頭で巨人が4年連続で優勝を逃していることに触れつつ、16安打13得点で快勝した前日21日の西武とのオープン戦(メットライフ)の結果を紹介。「昨日の試合を見ると、いよいよ今年は優勝する年だなと、確信せざるを得ない。陽岱鋼くん、重信くん、坂本くん、岡本くんの4人がホームランを打ってくれました」と順調な仕上がりに手応えを感じている様子だった。

     3度目の監督就任となる原監督については「向こう10年くらい頑張って」とエールを送り「10年と申しましたが、私はあと2か月で93歳になります。あと10年生きるかどうか分かりませんが、*だ後もひとつ、引き続き巨人軍には頑張ってもらいたいし、もういっぺん優勝するまでは*わけにはいかないという心境であります」と優勝を願った。

     渡辺主筆は昨年、頸椎(けいつい)の一部を骨折して8月に入院したが、元気な姿を披露した。


    【【驚き】巨人・渡辺恒雄氏「もういっぺん優勝するまで亡くなるわけにはいかない」】の続きを読む

    このページのトップヘ