愛LOVEジャイアンツ

愛LOVEジャイアンツは野球の巨人軍を中心に野球の記事を
2チャンネル、5チャンネル、Twitterなどをまとめたサイ
トになります。


    自主トレですね。

    1 ひかり ★ :2021/12/03(金) 17:55:09.59

     ソフトバンクの柳田悠岐外野手(33)が3日、来年1月の自主トレを、日本ハム清宮幸太郎内野手(22)らとともに佐賀県嬉野市で行うことを明かした。

     これまで接点はなかったが、共通の知人を介して連絡先を知った清宮から無料通信アプリLINE(ライン)で帯同を申し込まれたという。「光栄ですし、恥じないように成績も出さないといけないというプレッシャーもあります。姿勢もしっかりしないといけないと思う」と語った。

     このほか、チームメートの真砂と谷川原、故障の状況次第で笹川、ロッテ安田、西武の戸川も参加予定。
    西日本スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fc407b1ae3349d2b1a15e40c6d607803741b85ed


    【ソフトバンク柳田が日本ハム清宮と自主トレ 帯同申し込まれ快諾】の続きを読む


    イマイチかな。

    1 風吹けば名無し :2021/12/03(金) 16:33:55.91

    かっこええわ


    (出典 i.imgur.com)


    【【悲報】巨人戸郷、謎サングラスのモデルになる】の続きを読む


    頑張りますね。

    1 jinjin ★ :2021/12/03(金) 14:13:07.29

    ムネリン41歳来季も独立リーグで現役続行!BC栃木と再契約合意発表「少しでも長く楽しくプレー」


    野球の独立リーグ、ルートインBCリーグ栃木は3日、川崎宗則内野手(40)との契約合意を発表した。

    在籍3シーズン目となる来年、6月に41歳を迎える川崎は球団を通じて
    「2022シーズンも栃木ゴールデンブレー*でプレーすることになりました。若い子たちと来シーズンも少しでも長く楽しくプレーしたいと思います。また球場でお会いしましょう。チェスト!」とコメントを発表した。


    鹿児島工高からドラフト4位で2000年にダイエー(現ソフトバンク)に入団。12年に大リーグへ移籍し、マリナーズ、ブルージェイズ、カ*の3球団でプレーした。

    17年にソフトバンクに復帰し、18年3月に体調不良で退団。
    19年は台湾プロ野球の味全で選手兼客員コーチを務め、20年から栃木でプレー。

    今季は45試合に出場し、チーム3位の2桁10盗塁を記録した。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/af4dc7722c94035b87451b524451cd862bf64ce5


    【ムネリン川崎宗則、41歳来季も独立リーグで現役続行! BC栃木と再契約合意発表「少しでも長く楽しくプレー」】の続きを読む


    坂本は大変ですね。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/02(木) 06:56:37.76

    12/2(木) 5:15配信
    東スポWeb

    〝ポスト坂本〟は育っていなかった(東スポWeb)

     真の〝坂本2世〟を求めて…。巨人の原辰徳監督(63)が、来季の主将として坂本勇人内野手(32)の続投を決めたことを明かした。来季で主将就任8年目となる坂本は、早くも今月で33歳。不動の遊撃手として長きにわたってチームを引っ張ってきたが、裏を返せば〝ポスト坂本〟が育っていないことも事実だ。球界内からはその理由として、意外な見方をする声も出ている。果たしてその内容とは――。

     来季も頼れる男がチームをけん引する。原監督によると、ジャイアンツ球場での秋季練習中、坂本に「(来季も主将を)どうだ?」と尋ねたところ、本人は「もう1年やります」と応じたという。誰もが納得の任命ではあるが、今回、指揮官があえて続投の可否の意思を確認したのは「少し楽な状態で野球をやらせるのもいいかな、というのもあった」という。それでも、即答で快諾した坂本のその決意には「たいしたもの」と脱帽した。

     主将としてナインを引っ張るだけでなく、不動の遊撃手としても長年、チームをけん引してきた。守備負担の大きい遊撃を守り続けているだけに、今月で33歳となる坂本には今後はコンバートも一つの選択肢となってくるが、指揮官は「そこは望むところだと思うよ。駄目だと思ったらその時に本人が(申告するはず)。僕自身もそれが正しいと思えば、話すこともあるだろうし」と、本人の意思を尊重することを明かした。

     問題は、坂本の存在を脅かす後任候補が育っていないことにもある。これまでも〝坂本2世〟と評され、遊撃のレギュラー奪取を期待された選手は数多くいたものの、定着には至っていない。

     その一因として、球界内からはこんな見方をする声も出ている。「恐らく『坂本勇人』という名前に若手が委縮してしまってるんだと思います」とはある球界関係者。そのワケとして「周囲から『坂本を超えろ!』と期待をかけられても、その壁はあまりにも大きすぎます。そもそも球界全体で見ても坂本選手を超える遊撃手なんていまだに出てきていないじゃないですか。そんな簡単に超えられる存在ではないわけですから、割り切って考えたほうがいいと思いますね」と指摘した。

     とは言え、世代交代は避けては通れない。球団内からは「そもそも、最初から『坂本さんは超えられない』とあきらめてしまってはいないか。現実問題として実際に超えるまでは難しくても、食らいついていく気持ちは持ち続けなければいけない」と、若手への発奮を促す声も聞こえた。

     右打者としては史上最年少での2000本安打を達成するなど、その壁はあまりにも偉大過ぎる――。果たして、この高いハードルに立ち向かう後輩は出てくるのか。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/90250e11bb5cf92a49ecd032cc27fc497070a57b


    【巨人「坂本キャプテン続投」で浮き彫りになった後継者不在…偉大すぎるの指摘も】の続きを読む


    劣化したんじゃないのかな。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/12/03(金) 07:26:00.43

    12/3(金) 7:00配信クランクイン!
    https://news.yahoo.co.jp/articles/70956eaac7868bcfacc57092309300d1b3f456db

     東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手に徹底取材した『プロフェッショナル 仕事の流儀 田中将大スペシャル2021』が、NHK総合にて12月6日19時30分より放送される。

     2013年、24連勝の記録を打ち立て楽天を初の日本一に導き、メジャーリーグでは6年連続2桁勝利の偉業を達成した田中投手(33)。2021年より楽天に復帰し、優勝を目指して強い決意で臨んだ今シーズンだったが、結果は“どん底”の不振にあえぐことに。カメラの前では「しんどいっすね」「最悪ですよ」と弱音を吐露。それでも田中投手は「逃げた瞬間にもう終わりだと思いますから、何回谷底に突き落とされようが、はい上がれるまで登り続けますよ」と言い切る。

     一体田中投手に何が起きていたのか? 苦闘の果てにたどり着いた「原点」とは? 番組では5回にわたる独占インタビューと関係者への徹底取材により迫っていく。ほかにも、明石家さんまらが語る“神の子”マー君の素顔も。さらに今回、田中投手の伝説的なエピソードの数々を、『グラゼニ』で知られる人気漫画家・足立金太郎の力も借り、ひも解いていく。

     出演は、田中将大、明石家さんまのほか、坂本勇人、ダルビッシュ有、百田夏菜子ら。語りを、橋本さとし、貫地谷しほり、山寺宏一が担当する。

     『プロフェッショナル 仕事の流儀 田中将大スペシャル2021』は、NHK総合にて12月6日19時30分放送。


    【楽天・田中将大、不振にあえいだ今シーズンを独占取材 『プロフェッショナル 仕事の流儀』放送】の続きを読む

    このページのトップヘ